みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

「レーザー脱毛は保険適用?」安く利用するためのマメ知識


1hokentekiyou0629
脱毛は学生さんでも気軽に通えるくらいリーズナブルになってきましたが、医療機関で行うレーザー脱毛に関しては、まだハードルが高いかなという感じです。

例えば、全身脱毛をするなら6回分でこれくらい違います。

湘南美容外科…435,370円
脱毛ラボ…109,760円

エステサロンの場合、クリニックよりも2倍以上は回数が多くなると計算しても、やっぱり43万円はかなりの金額ですよね。

本当はクリニックが良かったけど、予算オーバーで諦めた人はきっとたくさんいるでしょう。

保険適用であれば、もっと気軽に通えそうですが、残念なことに、例え健康保険の認定を受けている美容クリニックであったとしても、脱毛は基本適用外となっています。

このページでは、レーザー脱毛で唯一保険適用となるケース、そして、出来るだけ金銭的な負担を減らしてクリニックに通うためのコツについてお話します。

多毛症なら保険適用になる可能性がある

2tamousyou0629
あなたは多毛症という病気があることを知っていますか?

本来薄いはずの毛(腕や口周り、乳房周り等)が硬くて濃くなる症状。女性や子供に見られることがほとんどで、男性ホルモンの増加や薬の副作用が原因です。

この多毛症と診断された場合にのみ、レーザー脱毛が保険適用になる可能性があります。

「可能性がある」と濁したのは、多毛症であること以外にも条件があるためです。

・多毛症によって臓器に何らかの異常がある
・治療の一環として脱毛の必要性がある 等

多毛症かどうか…の判断については、毛深い男性のようにヒゲが生えてきたり、胸や腕もすね毛のような明らかに濃い状態になるので、自分でも気づきやすいです。

ただ、どの程度症状が現れるかは個人差がありますので、引っ掛かる部分があれば、内科や婦人科、皮膚科のいずれかで診察を受けましょう。(できれば、多毛症に詳しい医療機関を探してみてください)

検査は、血液検査や染色体分析、画像診断などを行うのが一般的。治療法については、多毛症の原因を特定した上で、薬物療法や脱毛を行います。

多くの場合、正しい治療で改善できると言われています。

レーザー脱毛を出来るだけ安くするコツ4個

3re-za-yasuku0629-768x514

①料金の比較は絶対に必要!

各脱毛クリニックでは自由に料金設定ができるので、力を入れている部位とそうでない部位が割とはっきりしていることが多いです。

明らかな差が出ている例としては、両ワキ脱毛が挙げられます。

断トツで安いのは湘南美容外科。何と5回で1,000円という安さなんです。これなら、エステサロンにも負けないレベルですよね。

他のクリニックだとこんな感じになります。

アリシアクリニック…5回で13,750円
リゼクリニック…5回で19,800円
新宿クレアクリニック…6回で29,160円
ドクター松井クリニック…6回で28,350円

サービスや保証内容は各クリニックで異なるので、総合的に見た安さというのは人それぞれだと思いますが、それにしても1,000円は安すぎですよね!

これだけ極端な例は、なかなかないにしても、数万円くらいの差は普通にあるので、必ず料金プランの比較はしておきましょう。

②支払い方法に注目して

最近は支払い方法が充実しているので、予算オーバーでレーザー脱毛を諦めていた人でも通いやすくなってきました。

アリシアクリニックの場合:
毎月一定額が口座引落しになる月額払いがあります。

金利手数料が10回までは無料になるので、それを活かせば余計な出費がなく、少額の負担で脱毛通いをスタートできます。

もちろん、支払い総額に変わりはありませんし、ローンを組むのなら、基本的に金利も支払っていく必要がありますので、安いとは言えません。

ですが、こんな考え方もあります。

仮に脱毛エステに通うとして、一定回数通うと自己処理不要のレベルまでいきますが、数年経つと再び毛が生えてくる可能性があります。

場合によっては、脱毛通いを再開する必要が出てくるでしょう。

参考:エステで永久脱毛はできないの?期待どおりの効果を得るための予備知識

通い放題であれば追加料金はかからずに済むものの、何度も通う手間を考えると面倒に感じますよね。

金額だけ見ればエステのほうが安いですが、早く脱毛したい、確実に脱毛したいということであれば、トータルでクリニックのほうが満足だという人は多いでしょう。

参考:脱毛するなら、エステとクリニックどっちがおすすめ?効果・痛み・料金を比較

③一旦はエステ脱毛もあり

脱毛クリニックの高さはどうしても乗り越えられない…。

それならば、いくら効果が高いとは言え、無理してでも通うのはおすすめできません。

時間はかかりますが、エステ脱毛ももちろん効果はしっかり出てきますので、一旦はエステを選ぶというのはどうでしょうか。

エステのフラッシュ脱毛は、数年後に必ず毛が生えてくるということではありません。

中には、何年経ってもツルツルのままという人も多いんです。

そこでおすすめしたいのが、数年後に毛が再生したら、その部分だけレーザー脱毛を受けるという方法。

これなら、脱毛範囲もかなり狭まりますし、エステである程度は効果が出ている分、少ない回数で済みます。

エステ通いだと1年半~2年くらいは通うことになりますし、その後クリニックにも行く可能性があるとすれば、脱毛完了までに時間はかかります。

それでも構わないという人には、とてもおすすめの方法になります。

④痛みの強さを確認しよう

レーザー脱毛の痛みを侮ってはいけません。何とか我慢できるだろうと思っていたのに、いざ施術を受けてみると、飛び上がってしまうほど刺激が強くて、中には通うのを断念する人もいるくらいなんです。

脱毛マシンの進化で、以前よりはかなり軽減されたとは言え、脱毛効果が高い分、ある程度の痛みは覚悟したほうが良いでしょう。

痛みは部位によって変わってくるのですが、デリケートゾーンや脇、ひざ下あたりは要注意です。

脱毛エステのように、キャンペーンを実施している所は少ないですが、無料もしくは格安でお試しができるようになっています。

”安いクリニックを選ぶコツ”からは少し外れていますが、痛みに耐えられなくて解約してしまったら手数料の負担がもったいないですよね。そういう意味ではお金が絡んでくるので紹介しました。


 

レーザー脱毛が誰にでも保険適用…というのは難しいでしょうが、今後料金が安くなっていく可能性はあると思います。

エステのフラッシュ脱毛も、昔は全身脱毛が50万円、70万円なんて時代もあって、今は10~20万円くらいで落ち着いているのですから、十分期待できますよね。

金額がネックになって迷っているという人は、とりあえず1回トライアル脱毛をしてみてください。実際に体験してみたら、金額以上の価値があるかをあなた自身で判断できます。

ちなみに余談ですが、美容外科の施術であっても、保険適用になるものがありますので紹介しておきます。

ワキガ手術(手術法は決まっている)/アザのレーザー治療/巻き爪/目頭切開(逆さまつげが重度の場合)/でべそ(臍ヘルニア)/プラセンタ注射(更年期障害や肝機能の治療にのみ適用)/ヤケドや傷跡/ほくろ除去 等

もちろん条件はありますが、意外なものが適用されていると思いませんか?もし当てはまる症状があれば、一度診察を受けてみることをおすすめします。


  関連記事