みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

脱毛サロンって生理中でも通える?


datumousaronseiri0504
生理中は体調を崩したり、お肌の調子が悪くなったり…と、毎月憂鬱になりますよね。

・ニキビができる
・肌が乾燥する
・肌が脂っぽくなる
・肌のバリア機能低下で、ちょっとした刺激でも敏感に反応する
・肌がくすむ
・普段より紫外線の影響を受けやすくなる
・貧血気味になる

生理はお肌のコンディションと繋がりが深いので、脱毛サロンの施術を受けられるのかと気になると思いますが、基本的にはOKとする所が多いです(VIOラインは施術不可)。

ですが、生理中の脱毛は避けるに越したことはありません。

このページでは、生理で肌がどんな影響を受けるのか、肌荒れを出来るだけ軽減させるためのお手入れ、そして脱毛のベストタイミングについてお話します。

生理中の脱毛をおすすめしない理由

osusumesinai0504
生理中はホルモンバランスが崩れてしまうため、脱毛の施術を受けるとこんなリスクがあります。

・普段は痛みを感じないのに、敏感になってしまう
・抵抗力が落ちるため、施術後に肌荒れを起こしやすい
・いつもと同じ脱毛効果が得られない可能性がある

どれも脱毛するには困ることばかりですよね。
多くの脱毛サロンは、デリケートゾーン以外であれば生理中でも施術可能としていますが、肌状態を見て施術を控えるように言われることもあります。

生理周期が安定していない人は、いくら気を付けていてもサロンの予約日とかぶってしまうこともあるでしょう。そんな時は、残念ですがキャンセルをおすすめします。

前日までに連絡すれば、キャンセル料が発生しない所がほとんどですから、次の機会を待ちましょう。

生理に影響しないお肌の作り方

hadanotukurikata0504
生理が関係する肌荒れは絶対に避けられないものだと思っている人は多いですが、それは違います。
生理前から正しいスキンケアを心がけていれば、生理の影響を最小限に抑えることができるので、これから2つのホルモンについて勉強しましょう。

女性の体には「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」が分泌されていますが、黄体ホルモンがたくさん分泌される時期は肌トラブルを起こしやすいので注意しなくてはいけません。

卵胞ホルモン:
女性らしい丸みのある体を作る/排卵と受精をする環境を整える/自律神経を安定させる/肌のコンディションを整える/血行促進 等


 

黄体ホルモン:
妊娠後、胎児に届けるための栄養や水分を溜めこむ/粘りのあるおりものを出し細菌をブロックする/肌トラブルを引き起こす/腰痛が起こりやすい/便秘しやすい/胸が張って痛みがある/気分の浮き沈みが激しくなる/ストレスが溜まりやすい 等

卵胞ホルモンと比べると、黄体ホルモンは困った症状も引き起こしてしまうのですが、どちらも女性の体には欠かせません。

重要なのは、黄体ホルモンの分泌量が増加する時と、減少する時にどうスキンケアを工夫するか…です。

黄体ホルモンが増量中!のスキンケア

生理になる1週間くらい前から黄体ホルモンが分泌量が増えます。
この時期、目に見えて分かるお肌の変化は、肌のべたつきですよね。
皮脂が過剰分泌されていると、菌が繁殖しやすい肌環境になってしまうので、次のことを実践してください。

ポイント
・しっかり汚れを落とすこと
・脂っこい食事は控えること
・髪の毛が顔にかからないようなヘアスタイルにすること
・布団や枕カバーを清潔にすること

黄体ホルモンが減少中!のスキンケア

生理が始まると黄体ホルモンがガクンと減少します。
だから安心というわけでもなく、今度はベタつきから一転して乾燥しやすい状態になります。

ポイント
・保湿を中心にケアすること
・新しい化粧品やボディクリームの使用は控えること
・ピーリングは控えること

この期間はピーリングでも大きな刺激になってしまうことがありますから、保湿を重視したスキンケアがポイントです。とにかく刺激を与えないように心掛けましょう。

生理の1週間前~生理中にかけて肌は大きく変化しますので、この変化についていけるようになると、肌トラブルを回避できるようになります。

脱毛エステへ通うベストタイミングは?

best0504
生理が肌にどう影響するか、脱毛するには不向きだとお話してきましたが、じゃあいつだったらいいの?ということですよね。

脱毛する最高のタイミングは、生理が終わってからの1週間です。
この時期は「卵胞期」と呼ばれていて、肌の水分と油分のバランスも最高、新陳代謝も活発になります。

この時期は、ピーリングしても良し、新しい化粧品を試しても良し…と、攻めのスキンケアもおすすめなんです。

若返りのビタミンと言われているビタミンEを積極的に摂って、女性ホルモンの分泌も支えてあげましょう。

ビタミンEを含む食材:アボカド・カボチャ・赤ピーマン・アーモンド 等

 

毎月の生理は色んな意味で大変ですが、女性は何十年も生理と付き合っていくのが普通です。
ストレスなくこの期間を過ごせるように、生理の影響を受けない体作りをしていきましょう。

参考:ホルモンのこと、どれだけ知ってる?ムダ毛と上手に付き合うコツ

また、脱毛エステでも生理中は控えたほうが良いのですから、もちろん自己処理も控えてください。
ムダ毛が気になる気持ちは分かりますが、それと引き換えに肌荒れしてしまっては、何のために処理を頑張ったか分からないですよね。


  関連記事