みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

ホルモンのこと、どれだけ知ってる?ムダ毛と上手に付き合うコツ


dannseihorumonn0428
最近、男性化する女性(オス化女子)が増えてきています。
これは、体毛が濃くなる、大して汗をかいていないのに体臭が強くなる、抜け毛が増える等、男性によくある悩みが体に出てくる現象の事を指しています。

特に、ヒゲが濃くなってきたなぁと感じたら要注意!男性化の初期症状には、ヒゲが濃くなるという特徴があるので、ホルモンバランスが崩れているサインだと認識してください。

そもそも、どうして男性化してしまうのかというと、それは現代社会が大きく関係しています。
ストレスや不規則な生活、食生活の乱れ等、ホルモンバランスの乱れが男性化を引き起こしてしまうのです。

このページでは、女性ホルモンと男性ホルモンの役割、男性ホルモンが過剰分泌されるとどうなるのかを解説。そしてホルモンバランスを正常に戻す方法についてお話しています。

男性ホルモンが過剰分泌されると、女性の体はどうなるの?

horumonke0428
男性ホルモンは、女性にも一定量分泌されています。
一般的には10分の1程度と少ない量ですが、このバランスが崩れてしまうと、あなたにとっては好ましくない変化が起こります。

男性ホルモンが過剰分泌されると…
顎にヒゲが生える/抜け毛が増える/顔がベトつく/ヒゲ以外にも体毛が濃くなる/イライラする/体臭が強くなる/肌のキメが荒くなる/振る舞いが男性っぽくなる/口周り・胸・背中に吹き出物が出やすくなる

男性ホルモンが増える原因は、主に日常生活の中にあります。

・ストレスを常に抱えている
・自分時間がなかなか取れない
・寝る直前までスマホを見てしまう
・炭水化物の摂取を極端に減らすダイエットを実践中
・仕事が忙しい
・慢性的な睡眠不足

上記に当てはまる人は、きっとたくさんいるでしょう。
現代人は、生活習慣が乱れがちですから、珍しいことではありませんよね。

ですが、こうした生活を続けていると、色んな問題が出てくるんだと思えば、危機感が芽生えてくるのではないでしょうか。

心と体に負荷をかけない生活は、美容と健康には欠かせません。ホルモンバランスの乱れを自覚したなら、今からできることを早速実践していきましょう!

→女性に男性ホルモンは一切不要?
女性の体内で男性ホルモンが過剰分泌されると色々な問題が起こりますが、男性ホルモンが不要というわけではありません。
男性ホルモンは女性の体内でこんな役割を果たしています。

・性欲や性衝動を高めたり、維持する
・筋力を維持
・骨量(骨に含まれるカルシウムの量)を維持
・精神活動(モチベーションを高める・リーダーシップを発揮する・チャレンジ精神が湧いてくる等)を支える
・生活習慣病を予防する

ホルモンバランスを整えるコツ4個

barannsu0428

質の良い睡眠を心掛けよう

睡眠はホルモンバランスに大きく影響すると言われていて、睡眠不足や質の悪い睡眠は男性ホルモンの分泌量を増やしてしまいます。

夜10時~遅くても0時までには眠るようにする、6時間以上の睡眠時間を確保するといった基本的なことを踏まえ、更に睡眠の質を上げていく必要があります。

質の良い睡眠とは…
・部屋を暗くして、静かな環境にする
・毎日同じ時間帯に就寝する
・睡眠前に体温を上げる
・長時間の仮眠を取らない

睡眠は少しの工夫を取り入れるだけでも、質が大きく変わります。
良い習慣をしばらく続けていると、体が軽くなっていたり、いつの間にかストレスが解消されているような感覚が出てくるでしょう。

習慣として根付くまでは大変かもしれませんが、絶対に全てやるということではなく、ひとつでも良いので続けてみようという心掛けが大切です。

ストレスを翌日に持ち越さないようにしよう

ストレスが全くない人はいませんよね。
問題なのは、多大なストレスを抱えていること、そして解消せずに翌日へ持ち越してしまうことです。

その背景には、仕事に求められる能力水準が上がったとか、携帯電話やインターネットの普及で24時間体制で仕事を意識するようになったというように、働き方が大きく関係しています。

出来ればストレスを軽減できる環境で仕事をすることが望ましいですが、なかなか難しいと思うので、こまめに解消する習慣を取り入れていきましょう。

・軽い運動(短時間でもOK)
ウォーキングやストレッチ等の軽い運動は、ストレス解消に適しています。
30分以上歩くといったノルマは一切ありませんので、気持ち良いと思える範囲で楽しみましょう。
逆に、激しい運動は体への負担も大きくなりますし、やり方によっては余計にストレスとなってしまう場合もあります。

・連絡手段を絶つ
今では、携帯電話やメール、ライン等いつでも連絡が取れる便利な世の中になりました。でもその反面、いつでも誰かと繋がっていることに重圧を感じてしまうこともありますよね。そのストレスを解消する為に、一切の連絡手段を絶つ時間帯を作ってみましょう。
1日に10分でも良いので、携帯電話の電源を切り、メールやラインがチェックできない環境で過ごしてみてください。初めは不安に思うでしょうが、慣れてくると解放感がクセになりますよ。

・ハーブを楽しむ
ハーブはストレス社会には最高の食材です。
どの種類もリラックス効果が期待できますが、中でも女性ホルモンの分泌を高めると言われている、ローズ・カモミール・セージがおすすめです。化粧品やハーブティーとして取り入れていきましょう。
ちなみに、趣味に没頭するというのもストレス解消法としては良いのですが、興奮や緊張、体への負担が大きくなるような趣味は、逆効果になってしまう事もあります。

ときめこう

女性は恋をするとキレイになるとはよく言われますが、これは女性ホルモンの分泌量が増えるからです。
肌にハリが出る、肌トラブルが改善する、バストサイズがアップする等の効果を体感したという人も多いと思います。

ときめきは恋人や好きな人がいなくても、引き出すことができます。
恋愛映画やドラマ、漫画を楽しんだり、イケメンを眺めたり、男性と出会える場所へ出向いたりなど、男性を意識する環境を作ってみましょう。

サプリメントを取り入れよう

女性ホルモンの働きを活発にするのは、食生活の改善も大切です。
代表的なのが大豆イソフラボンですよね。
大豆に多く含まれている成分で、化学構造や働きが女性ホルモンと似ているという事から、女性ホルモンを補えるというのは有名な話しです。

ただ、食生活の中に毎日大豆を取り入れるのも難しい人もいますし、人によっては効果が実感できない場合があります。

食事の補助的な役割として、サプリメントも上手に取り入れてみましょう。

サプリメントであれば、毎日飲み続けるだけなので簡単ですし、効率的に成分を摂取できるというメリットがありますので、忙しい人や面倒くさがりな人には特におすすめです。
サプリメントを選ぶ際には、大豆イソフラボン・プラセンタ等が多く含まれている物を選びましょう。

食生活のポイント
実は、女性ホルモンの分泌を低下させてしまう食べ物・飲み物があります。
適量であれば問題ありませんが、日頃からたっぷり摂っているのなら、食生活を見直す必要があります。

要注意な食べ物・飲み物
白米・白砂糖・パン・パスタなどの白い食べ物/冷たい食べ物・飲み物/インスタントもの

また、ぜひ取り入れて欲しいおすすめの食材は、大豆製品に加え、黒ゴマ・黒豆・ひじき・黒酢といった黒い食材です。ホルモンバランスを整えるだけではなく、ダイエットにも効果的です。


 

男性ホルモンが過剰分泌されると、全ての体毛が濃くなるというわけではありません。
ムダ毛には、ホルモンの影響をあまり受けない「無性毛」と、第二次性徴期に生えてくる…つまりホルモンが大きく関係する「性毛」の2種類あります。

その中で、男性ホルモンが色濃く出てくる部位は、頭頂部・前頭葉・ヒゲ・陰毛の上部・背中などです。

ホルモンバランスは病院で調べてもらわなくても、見た目の変化だけで、ある程度は察知できますので、一番簡単にできる対策から始めてみましょう。

特にストレスの軽減は重要ですよ!


  関連記事