みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

40代がネット婚活を成功させるために必要な条件とは


ネット婚活そのものはもはや珍しいものではありません。

かつてインターネットは「あると便利」なものでしたが、もはや現在では「なければ困る」と言っても良い程に我々の生活に馴染んだものとなっています。

それだけに様々なサービスがインターネット上で行えます。

婚活もその一つです。

インターネット環境での婚活、いわゆる「ネット婚活」はもはや当たり前のように行われている一方、いくらインターネット上ではあっても結局は人間同士のやり取り。

どこで相手に判断してもらうのかといえば自分自身そのものなのですが、現実同様若い方が有利なのは否めません。

かといって絶対に不可能なものではありません。

年齢を重ねていても自分自身の努力によって結婚という新しいスタート地点に立てた人も大勢いるのですが、では40代ではどうなのでしょうか。40代という年齢は正直若くはありません。

それだけに、成功へのハードルは低くはありませんが決して不可能ではありません。

そこで40代がネット婚活で成功するためには何を心がけるのかを考えてみましょう。

40代という年齢を知っておこう

どれだけ気分が若かったり、あるいは周囲から若いねと言われるような外見の持ち主であったとしても男女を問わず、残念ながら40代という年齢は武器にはなりません。

「若い」という印象はあくまでも「40代にしては」という意味ですし、婚活の際、ライバルは40代だけではありません。

20代や30代といった自分よりも若くて将来性のある相手がライバルになる可能性とて低くはありません。

40代の中だけで婚活を行うのであれば周囲の「若いね」という評価は大きな武器になってくれるでしょう。

ですが婚活に年齢制限はありません。

20代でも婚活を行っている人はいますし、同じ相手に興味を抱けば当然ですがライバルになります。

その際、先にも挙げた若さや将来性ではどうしても勝てません。

酷な言い方ではありますが、若さや将来性で相手と張り合った所で勝てないのは目に見えているのです。

40代という年齢だからこそ出来ることも多々あるはずです。

それが相手から求められるものなのかは別ですが、若い人と同じ部分で競おうと思っても難しいのです。

40代だからこそアピール出来るものは何かを考えるべきでしょう。男性であれば安定性や経済力、包容力。

女性であれば料理や炊事といった家庭的な面など、若い相手では得られないものをアピールすべきです。

残念ながら「若々しい」というのは婚活に於いてはそこまで大きな武器にはなりません。

40代ともなれば婚活に対して現実的な視点を持って臨んでいる人ばかりになりますので、「よく若いって言われます」といったことなど何らアピールにはならないと覚えておきましょう。

選ぶよりも選ばれる側だと知っておこう

こちらも少々酷な言い方ではあるのですが、婚活市場を考えた時、男女を問わずに若い相手を望むものです。

男性であれば若い女性が良いと思いますし、女性であっても同じような経済力であれば若い男性を選ぶものです。

残念な話ではありますが、40代という年齢はもはや選ぶ側ではなく、選ばれる側となってしまっているのです。

この現実に何よりも早く気付くべきです。

選ばれる側だという自覚がないと相手を選り好みしてしまうものです。

40代という年齢を考えたら決して悪い相手ではないのでは?と思うような相手にも「もっと良い人がいるかもしれない」という気持ちを抱いてしまうのですが、残念ながら選ぶ側ではなく、選ばれる側です。

年齢が若ければ断ったとしても他の相手から次々とアプローチがあるでしょう。

その点では間違いなく「選ぶ側」なのですが、つまりは40代ともなれば相手にアプローチする側なのです。

「もっと経済力を」「もっと安定した人を」といった願望を抱くのは自由ではあるのですが、本気で結婚を考えているのであればある程度の妥協が求められる年齢です。

誰だって良い条件の相手と結婚したいと思っていますが、結婚は一人だけでは出来ません。

相手とて「良い相手を」と思っているのですが、40代ともなれば相手から良い相手だと思ってもらえるかどうかになってきます。

自分がどう思うのかではなく、相手からどう思われるのか。

このような展開が続く婚活になっていくことくらいは覚悟しておくべきです。

男性であれば医者、弁護士、官僚、社長。

女性であれば経済力と美貌が伴っているといったように、余程のステータスがなければ40代は残念ながら「選ばれる側」だと弁えておきましょう。

客観的に自分を見て、条件と釣り合っているのか考える

ネット婚活に於いて、結婚相手に条件を出すのは当然です。

選ばれる側ではあってもある程度理想を持っておくことは大切ではあるのですが、果たしてその理想が婚活市場を見た時、相応なものなのか、或いは夢を見過ぎているものなのかによって、婚活の成否も変わってくるでしょう。

婚活はある意味シビアです。

例えば学生時代からの付き合いであれば相手への情が深いので相手の職業など二人の気持ちで何とかなるだろうと考えるのではないでしょうか。

困難も乗り越えようと思えるだけの気持ちがあるのですが、婚活でとなると話は別です。

情そのものがないのです。

そのため、どうしても相手に対してはシビアな現実的な視線を送るしかありません。

女性であれば男性の収入、ステータス。

男性であれば女性の年齢。女性にとって結婚とは自分の人生がかかっている相手と言っても過言ではないだけに、経済力があるハイステータスの男性と結婚したいと考えるのは当然ですし、男性にとっては子供をとの気持ちがあるからこそ婚活を行っているのであって、子供が埋めない年齢の女性を選ぶ理由がそうそうありません。

そこでです。

例えば40代の女性が「相手は年収1,000万円以上で」と思い描いたとして、では実際に年収1,000万円以上の男性が自分を選ぶのかを客観的に考えてみましょう。

自分が相手に対してシビアにステータスを求めるのと同様、相手とて理想があるのです。

男性も同様です。

40代の男性が「20代の女性が良い」と思うのは自由ですが、では20代の女性が好き好んで貴女を選ぶだけの理由はあるのか?という点です。

先に挙げたようなハイステータスであれば20代の女性から選ばれる可能性もあるでしょう。

女性としても医者や弁護士、官僚といった将来が安泰な職業の男性との結婚は大歓迎です。

ですが例えば年収が300万円にも満たない、正社員ではない。

そのような40代の男性を20代の女性が選ぶのか?という話です。

シビアではありますが、自分自身を客観的に考え、どのような相手とであれば結婚出来るのかという現実を見ることもネット婚活を成功に導く上ではとても大切なのです。

真実を明記しましょう

40代ともなるとどうしても自分自身が年齢や若さといった武器がないので若い人間よりも不利だということくらいはすぐにでも分かるでしょう。

40代でネット婚活を成功させたいと思った時、どうしても自分自身が不利だと自覚するシチュエーションに度々出くわすことにもなりますので、プロフィールなどを少々盛ってしまう人も多いでしょう。

虚偽の事実を記載してもネット婚活であれば会わないまではバレないだけに、あまり深く考えず、男性であれば多少収入を高めに記載したり、女性であれば年齢を若くしたり。

まさに「婚活あるある」と言っても良いかもしれませんが、本気で結婚したいのであれば虚偽記載は控えるべきです。

仮にですが、良いなと思った相手と巡り合えたとして、その虚偽をどのように打ち明けるつもりなのでしょうか?

もしかしたら仲良くなれば嘘もあやふやに出来ると考えているかもしれませんが、厳しい言葉を使わせてもらうと、虚偽記載で相手と仲良くなったとしても相手を騙していることになります。

逆の立場で考えてみてください。

年収を騙された、あるいは年齢を騙された。

デートを重ねて良い人だな、この人なら…と思っていた時に「実はそれらは嘘です」と言われて「そのくらい大丈夫だよ!」と言ってくれるような相手がいると思うでしょうか?

漫画やドラマであればそのような展開もあるかもしれません。

ですがネット婚活の場合、相手はいくらでもいるのです。

「本当は収入が低いのか」「本当は若くはないのか」といったように冷静に考えるよりも、何より「今まで騙されていたのか」という気持ちが出てくるでしょう。

そのような相手と結婚出来るのかと考えた時、虚偽記載をしない方が良いという意味も分かって頂けるはずです。

言葉遣いは気を付けましょう

ネット婚活の場合、基本的に会うまでは文字でのやり取りになります。

文字だけでのやり取りは難しいもので、顔を知っている相手であればどのようなつもりで文字を打っているのか分かるものの、まだ会ったことがない相手だと顔が分からないので分かっている情報から、どのようなつもりで文章を打っているのか推測するしかありません。

つまり、相手は40代だと分かっていますので、あまりにも拙い文章や自分本位な文章の場合、「40代なのにこれか…」といった気持ちを抱かれてしまうでしょう。

40代ということで、相手はどうしても年齢相応のマナーやモラル、言葉遣いを求めるものです。

ですが誤字や脱字が多かったり、やたら顔文字や絵文字を使ったり、ギャル文字や匿名掲示板にあるようなネットスラングを使っていると、「40代でこれか…」と思われるでしょう。

言葉使いは人間性を表すと言われていますが、ネット婚活の場合、実際に顔を合わせる前はどうしても知られている情報から相手を想像するしかありません。

40代だと知られている以上、40代として弁えておかなければならないマナーやモラルは意識しなければならないでしょう。

若さをアピールしたいがためにやたらと絵文字や顔文字を使ったり、女性であればギャル文字を使ったりする人もいるようですが、ネット婚活に於いてはそれらは逆効果です。

まだ会ったことのない相手にどのような文章を送るのか。

40代として相応しいものなのか。これらを意識しておくべきでしょう。

相手は想像するしかないだけに、良い部分をアピール出来れば良い印象をより与えられるのですが、悪い印象は余計悪化してしまうのです。

40代の「武器」を知っておこう

相談

40代の男女が婚活を行う上での武器になるもの。

それは「落ち着き」です。

40代という年齢は若いかと言えば残念ながら若くはありません。ですがまだまだ高齢者に分類される年齢ではありません。

ではネット婚活で40代は何を武器にすれば良いのか。

その答えこそ「落ち着き」です。

40代よりも下の層からは落ち着きのある大人として、それ以上からは年下ではあるけど落ち着いているといったように、40代の武器は何よりも落ち着きにあるのです。

若くはないと繰り返しお話していますが、若くはないのは決して悪いことではないのです。

自分次第では武器にすることとて不可能ではない部分なだけに、40代がネット婚活で何よりもアピールするのは落ち着きです。

落ち着いた受け答え。

慌てて会おうとせかすのではなく、じっくりと相手とコミュニケーションを取るなど、落ち着きのある行動が40代をより魅力的な存在として輝かせてくれるでしょう。

言葉遣い、モラル、相手への配慮。落ち着きを見せられればそれらがすべて「さすがに落ち着きがある」といったように良い印象を与えられるのです。

逆に落ち着きのない40代の場合「40代であれか…」といったようにマイナス面をより強くさせてしまいます。

つまり、40代は落ち着いていれば若い人よりも良いイメージを与えられるかもしれないのですが、落ち着きが無ければよりマイナスイメージを与えてしまうことになるのです。

落ち着きは武器になるというよりも、40代として持っておかなけらならないものだと思っておいた方が良いかもしれません。

今の時代40代の婚活は決して珍しいものではないのですが、婚活を成功にと思った時、やはり若い時と同じようにとはいきません。

若くはない分、40代ならではな部分をアピールするのはもちろんですが、40代ということで弁えておかなければならない点があるのも事実。

それに気付けるようであれば婚活の成功も見えてくるはずです。


  関連記事