みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

モテたいなら脱毛は当たり前!部分別に見るムダ毛のデメリット


男性専用のエステまで登場するなど、男性の脱毛も決して珍しいものではなくなっています。

むしろモテている男性は身だしなみの一環としてエステに通っていることも多い程。得に清潔感が求められているだけに、脱毛は男の身だしなみと言っても過言ではない程。

モテたいのであればもはやムダ毛処理は当然です。

ムダ毛がセクシー、男っぽいと言われていたのはもはや過去の話ですが、脱毛と言っても様々な部位があるものです。

そこで、部位別に女性からどのように思われているのか、どれくらい脱毛の必要性があるのかをチェックしてみるとしましょう。

モテたいなら絶対にすべき、「ヒゲ」

ヒゲが濃いといわゆる泥棒ヒゲとなってしまいます。

しっかりと剃っているにもかかわらず、肌が灰色。

残念ながらこのような男性はモテません。

ヒゲが濃いことは悪いことをしている訳ではないものの、女性からするとあまり良い印象ではないのです。

ヒゲが濃いだけで実年齢よりも上に見られてしまいますし、更にはヒゲ剃りをしても灰色で、更にはジョリジョリしている。

しかもヒゲが濃いとヒゲ剃りの負担も大きくなってしまいます。

朝には剃ったのに昼過ぎにはうっすらと生えてくる…。

本人は何も悪いことをしていないのですが、ヒゲの印象は最悪です。そのため、脱毛した方が良い部分です。

ヒゲの濃さの種類も様々かと思いますが、朝剃っても昼過ぎにはうっすらと生えてくるような、いわゆる泥棒ヒゲの男性であっても一年も脱毛に通えばツルツルの肌を手に入れられるでしょう。

しかもヒゲがなくなることによってヒゲ剃りの負担がなくなりますので、時間を有効活用出来るようになりますし、それまで毎日のように自分の肌にシェーバーを当てていたのです。

負担にならない訳がありませんが、それもなくなります。

見かけだけではなく、肌への負担、そして精神的にもまったく違うものになるでしょう。

例えばせっかく恋人が出来てお泊りをと思った時、ヒゲが濃いとどうしても次の日のことを考えてしまうのではないでしょうか。

きっちりと剃ったものの、翌朝はまるで泥棒かのように顔に灰色のヒゲが生えてくる。

結果、二人の雰囲気を台無しにしてしまうことも十分に考えられるでしょう。

ですがヒゲ脱毛を行っておけばそのような心配も無用です。

ヒゲ脱毛を行ったことによって急にモテるようになったという男性は決して珍しくありません。

ワイルドなんて今は昔。印象最悪の「胸毛」

かつてはワイルド、セクシーともてはやされた時期もありましたが、残念ながら胸毛はもはや男らしさの象徴ではなく、不潔の対象でしかありません。

ヒゲと異なり、服を着ていれば隠せるとはいえ、だからこそ余計厄介なのです。

せっかく恋人が出来た、或いはよいムードの女性が出来てベッドでとなった時、胸毛が生えている。

しかもかなり濃い。

これでは女性も一気に正気に戻ってしまうでしょう。

特に日本人の場合、黒い胸毛になってしまうのでどうしても汚らしい印象を与えしまうのです。

欧米人であれば胸毛など、ムダ毛も金髪だったりしますので不潔感が和らぐものの、日本人男性の黒々とした胸毛は清潔感が求められている今の時代ではモテない原因にしかなりません。

また、胸毛は裸になるとまず目に入る部分なため、女性としても一緒に居るのが嫌になってしまうシチュエーションがあるのです。

そうです、海やプールです。

夏場のデートの定番とも言うべき海やプール、水着で開放的に楽しみたいと思っても、恋人の胸に不潔感極まりない毛が生えている。

残念ながらこれではモテないでしょう。

むしろ女性からすると、「よくそんな胸毛で海やプールに来れるね」といった印象を覚えてしまうものです。

処理をするのは当たり前なのですが、胸に接した時にチクチクするようでは雰囲気も台無しになってしまいますので、胸毛もまた、脱毛しておいた方が良いでしょう。

脱毛サロンであれば髭よりも短期間で脱毛出来ます。

胸毛がなくなれば「脱いでも勝負出来る」という精神的な余裕を生み出してくれますので自分に自信を与えるという点でも胸毛は脱毛しておいた方が良いでしょう。

実は目立つ「腕毛」もモテたいなら脱毛すべき

腕の毛というのは胸毛よりも隠すことが出来ますし、そもそも男性であればある程度は生えているものなだけに、そこまで気にする必要もないのではないかと思っている男性は多いでしょう。

ですが女性は案外見ているものです。

確かにヒゲや胸毛と比べればそこまで悪い印象を与えるものではないのですが、夏場ともなれば誰もが腕を出した格好をするようになります。

その際、毛深いとそこでも不潔感が出てしまいます。

毛深いことは決して悪いことではないのですが、清潔感を求める女性が多いだけに残念ながら腕毛も脱毛しておいた方が良いでしょう。

腕毛が濃いとせっかく良いムードになって手をつないだり腕を組んだ時に相手がチクチクしたり、ジョリジョリしたりしてしまいます。

決して目立つ部分ではないですし、冬場のように腕を隠すシーズンであれあ大丈夫だろうと思ってしまう人もいるでしょう。

ですが冷静に考えてみてください。

冬場こそ脱毛しておくべき部分でもあるのです。

なぜなら冬場は寒いとはいえ、寒いのは外だけです。

会社や電車の中、あるいはデートの場合、建物の中なので十分に暖かいのではないでしょうか。

そこで袖をまくったら剛毛を生やした腕が出てくる…。残念ながらイメージは良くないでしょう。

モテたいのであればこちらも手入れしておくべきです。

腕の毛がないことによって自分自身も安心して腕を晒せるようになりますので、夏場でもわざわざ長袖を着る必要もないですし、いつ腕を晒しても良いので自分自身の気持ちも変わってくることでしょう。

どうすれば良いのか悩む腋毛…

腋毛の脱毛に関しては悩むでしょう。

なぜなら、いくらモテる男が脱毛を行っているとはいえ、腋毛がツルツルの方が男としては気持ち悪いのではないか。

むしろ腋毛くらいはあった方が良いのではないかと思っている方も多いでしょう。

確かに他の部位と異なり、腋毛に関しては女性もある程度は寛容です。

あって当たり前とも思っているのですが、量によってはこちらも脱毛した方が良いでしょう

。一つの目安と言われているのが脇を閉じた際に毛が出てくるようであれば腋毛の量が多いというものです。

脇を閉じても毛が出てこない程度であれば敢えて脱毛する必要はないのですが、脇を閉じても肌から毛が出てくるようであれば脱毛すべきです。

また、腋毛の脱毛は思わぬ効果をもたらしてくれます。

それはワキガ対策です。

軽いワキガであれば腋毛の脱毛によって軽減出来るのです。

重度のワキガであればワキガ治療をすべきですが軽度であれば毛に匂いが染み込んでしまうので匂いを感じる程度なのです。

そもそも腋毛はかつては異性を匂いによってアピールするためのものでした。

その名残とも言われているのですが、それはまだまだ人間が進化する途中の話。

清潔感が求められている現代の男にとってはワキガなどアピールになるものではなく、モテない要因となってしまいます。

腋毛が濃いのであれば脱毛することによって匂いの心配も払拭出来る可能性がありますので、濃いなと悩んでいる人は脱毛するのも良いでしょう。

ツルツルであっても今の時代はそこまで違和感はありません。

いわゆるVIO近辺の脱毛は…

女性であればVIO脱毛は必須と言っても良いくらいですが、男性にとってもまた、モテたいのであれば行っておいた方が良い脱毛ではあります。

VIO脱毛とは性器やお尻周辺の脱毛です。

この近辺は女性であればいわゆるデリケートゾーンになりますので水着になった時やせっかくのデートの際に脱毛を怠っていると取り返しのつかないダメージを負ってしまう部分とも言われていますが、男性とて近年は脱毛しておくべき部分です。

特にお尻部分は脱毛しておいた方が良いでしょう。

なぜならこの部分は普通はあまり毛が生えていない部分なだけに、毛が生えているとどうしても目立ってしまうのです。

プールや海で水着になったら水着から毛がはみ出ていては自分自身も恥ずかしいでしょうが、何より一緒にいる相手も恥ずかしい気持ちになってしまうでしょう。

更に厄介な点は自分での脱毛がとても難しい点にあります。

例えばヒゲにせよ胸毛にせよ腕にせよ自分の目で確認出来ます。

ヒゲであれば鏡が必要ではありますが鏡と向き合えばいつでも確認出来ます。

ですがお尻の場合、肉眼では確認出来ない箇所もあるだけに脱毛そのものがとても面倒なのです。

それだけに出来ることなら脱毛しておいた方が良いでしょう。

また、お尻に毛があると自分自身としても何かと気を使うのではないでしょうか。

特に女の子と良い雰囲気になったとしても、お尻の毛を考えたら恥ずかしいので…なんてケースもあるかもしれません。

いわば自分の気持ちにブレーキをかけてしまい、結局女性から「期待外れ」との烙印を押されてしまうことにもなりかねませんので、モテたいのであれば自分のブレーキを外すという点からも脱毛しておいた方が良い部分です。

すね毛は脱毛しておくべき部分です

すね毛もまた、男であればある程度は生えてくる部分なだけに、女性も寛容…と思いたい部分ですが、むしろすね毛には厳しい視線が向けられますのでモテたいのであれば脱毛しておいた方が良い部分です。

なぜなら、すね毛は日常生活では露出させるケースは珍しいかもしれませんが、いわゆるオフシーンではすね毛は何かと目に入ってしまうのです。

海やプールはもちろんですが、例えば部屋に入ってリラックス出来る格好になった時、長いパンツを履いていた時には分からなかったものの、実はすね毛がもじゃもじゃしている。

これでは印象は悪くなってしまうでしょう。

また、すね毛が濃いと不潔感が高まってしまいます。

先にも触れたように、日本人男性のムダ毛は黒々としているだけにどうしても汚らしい印象となってしまうのですが、すね毛の場合さらにその傾向が強いのです。

脚というのはそこまで清潔な部分ではないだけに、そもそも「あまり綺麗ではない」という先入観を持たれてしまっています。

そこに毛がもじゃもじゃしていたら、実際には気を使っているとしても「不潔」という印象を持たれてしまうでしょう。

モテない原因が濃いすね毛という話は決して珍しくはないのです。

更に昨今では夏場は男性も短パンなど丈の短いパンツルックのファッションが増えていますので、濃いすね毛だとそれだけで似合わないのです。

このように、どうしてもあまり良い印象を与えない部分ですので脱毛した方がモテるでしょう。

盲点?背中も脱毛しておくおべきです

言うなれば盲点とも言うべき部分が背中です。

背中は自分の肉眼でチェック出来ないだけに、そもそもムダ毛が生えているということさえ知らない人もいるかもしれませんが、毛深い人の場合、背中にもみっちりと毛が生えています。

文字通りムダ毛でしかありませんので、こちらも脱毛しておくべきでしょう。

背中のムダ毛が厄介な点としては自己処理出来ない点だけではなく、夏場ともなるとTシャツになるケースも多いかと思いますが、Tシャツから背中の毛が見えてしまうなど、清潔感の演出とは程遠い自分になってしまう点にあります。

また、ムダ毛の存在に気付いたとしても自分で脱毛するのがとても難しい部分です。

鏡越しにと思っても自分の動きとは逆に動くのです。

ともすればそのおかげで背中に傷を作ってしまう可能性もあるでしょう。

それだけに、背中は脱毛してもらった方が良いでしょう。

背中が綺麗だと清潔感がより際立ちます。

海やプールはもちろんですが、大切なシチュエーションでも綺麗な背中は十分なセックスアピールになります。

モテたいのであれば背中もまた、気を使う部分です。

軽く鏡越しにチェックしてみてムダ毛が明らかに目立つようであれば脱毛してもらった方が良いでしょう。

背中、そしてうなじ近辺が毛深いとそれだけで不潔感やおじさん臭いという印象を与えてしまいますので気を付けるべき箇所なのです。

ムダ毛は体質である以上決して悪いものではないのですが、モテたいのであれば脱毛すべきです。時代が清潔感を求めている以上、残念ではありますがムダ毛を生やすということは、モテない理由でもあるのです。


  関連記事