みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

女性を落とすために最適な「ショートカット」とは?


好みの女性を見つけるためには、まずは好みの女性を探し出す努力をしなくてはいけません。

そりゃそうですよね・・・願ってもないような出会いが、向こうからやってくるってことはなかなか無いですから。特に男性は自分がイケメンでもないかぎりは、女性からちやほやされるなんてことは滅多にありません。

そんな滅多にない出会いを闇雲に捜すよりは、できたら効率よく探したいものです。

とはいえ、効率よく探すとはいってもその方法がわからない方がほとんどだと思います。

あなたはパソコンの世界における「ショートカット」という言葉をご存知でしょうか?これはまさに効率的に動くことなのですが、出会いの世界でも活用することができる重要なテクニックのひとつなんです。

ということで今回は「女性を落とすために最適な「ショートカット」とは?」と題して、好みの女性の見つけやすさを演出してくれるショートカットの世界を詳しく解説していきます。

まずは「ネット世界のショートカット」の説明から

本記事は恋愛に有効なテクニック「ショートカット」の説明なのですが、そのテクニックを解説するためにインターネット上で用いられるショートカットから解説していきたいと思います。

インターネットの世界においてサイトやブログなどを運営していた場合、当然ながら誰もが人気のコンテンツになるべく努力していることと思います。

早い話が、インターネット検索において自分のサイトやブログがなんでも検索にひっかかりやすいことが大切というわけです。

たとえば、あなたが運営しているサイトが「東京 渋谷」というキーワードをメインとしている場合、そのキーワード検索をしたら、検索結果何番目に表示されるでしょうか?

ここであなたのサイトもしくはブログが1番目に表示されるか、何十ページもあとに表示されるかでは、注目度に雲泥の差ができるのです。インターネットに携わる人にとって、この検索の表示順というのは命の次に大切なくらい重要です。

インターネットの世界では、見つけやすさというのを「ファインダビリティ」と呼んでいます。これは、どういった検索キーを選んで目的のものを探し出すかということです。「東京 渋谷」と入力したので、かなり絞れた感がありますが、まだまだ目的のものを探すには不十分です。

旅行なら、さらに「観光」という文字を追加したらいいでしょう。

そのようにどんどん検索キーワードというものを増やして目的のものを狭めていくのです。こうすることで、かなり自分が求めている目的に近づいていくはずです。

反対にこれを「東京」といった一つのワードで検索してみたらどうでしょうか。

きっと膨大なページになってしまいますし、これだったらおそらく何も見つけられないでしょう。

実はこれ、ネットでなく現実世界でも同様のことがいえるんです。

検索キーで狭めていくことが「ショートカット」

それではネット検索を女性に当てはめてみます。

「東京」と検索キーに入力するのは、「女性」と検索ワードとして入力するのと変わりません。そうなると、こっちは20歳前後のピッチピチの女の子を探したいのに、70歳超えのおばあさんまで検索に引っかかってしまいます。

そうならないためにも、検索には「女性 若い」なんて入れるようにしたらもっと狭まりますし、少なくとも70歳超えのおばあさんは検索から除外されることでしょう。

このように、検索キーワードを増やして、目的とするものを狭めていくことを、ネットの世界で「ショートカット」と呼んでいるのです。

これは「東京」とか「女性」なんて入力するよりも、「東京 渋谷」「女性 若い」なんて入力するほうが目的の情報に少しでも早く到達するからです。

恋愛の世界でのショートカットとは?

ネットの世界でのショートカットについて説明しましたが、いよいよ「恋愛の世界でのショートカット」を解説していきたいと思います。

ショートカットを利用することで探している情報をより早く確実にゲットすることができるにはご説明したとおりです。

これはインターネットにおいても現実においても同様。インターネットなら少しでも求めている情報を早く入手するために、的確なキーワードを入力。現実における恋愛ショートカットを目指したいなら、ありとあらゆる手をつかって短縮するはずです。

とはいえ、多くの人はこのことを意識することなく、自然にこれまでも使っています。

それでは女性の場合はどうでしょうか?

ネットと恋愛ではまったく趣が違うのですが、良く考えてみたら似ていることに気が付くんです。

恋愛におけるショートカットを身に付ければ、それだけ女性を素早くゲットできるようになります。ぜひともこの機にショートカットをマスターして、より多くの女性をゲットしちゃってください。

女性をゲットするために利用するショートカット

ネットと恋愛でのショートカットがどのように結びつくのか、はたまた結びつかないのか、まずは女性のショートカットを考えてみます。

もっともそれほど深く考える必要はないんです。

というのもこれは女性とどのようにしてお近づきになれるかということなんです。どういうことかというと、ショートカットとは言ってもどちらかというと「急がば回れ」ということです。

話が胡散臭くなってきそうですが、これがまた理に適っているんですよ。女性はどうしても警戒心が強くなっています。それは、夜道を一人で歩くのは危険ですから、それを考えたら当然でしょう。身も知らない男性からいきなり交際を申し込まれてもすぐに、はいなんて言えるものではないのです。

それでもこっちの方としては、女性が知っている知らないにかかわらず、ストーカーと言われても仕方がないくらずっと前からその女性を見ていたのです。

そうなるとどうやってその女性とお近づきになるかを考えたら、当たって砕けろという先方は間違いなく当たって砕けてしまいます。

そこで大事になってくるのが、その女性の友好関係を探るというアクションになります。

その女性の友だちに自分の知り合いがいたらまたとないチャンスです。そんな都合のいい知り合いがいないのでしたら、一人くらいは異性の友だちがいることでしょう。その人脈から目当ての女性の知り合いを見つけるのです。

それか、自分の友人の彼女を利用してもいいです。とにかく自分の人脈をフルに駆使して、その女性とお近づきになるのです。人脈を辿ってその目当ての女性に紹介してもらいます。もちろんそこからは、自分を信じてアタックしていくしかありません。

直接的に何の下準備もせずにアタックしたら、相手も警戒心が先に立って断られるのがオチでしょう。しかし、知人の紹介ということになると、相手も無下にもできないものです。少々卑怯なというか姑息な手のようにも感じてしまいますが、こういったことが大事なのです。

出会いをつかみとったら後は実力の世界

正直なところ、どのような出会いであってもそこからは自分の腕次第なのです。

あの女性となんとかして知り合いになりたい、仲良くなりたいという強い気持ちがあったら、出会いのきっかけにはわらをも掴む気持ちで臨むようにします。

頼みたくない相手に頭を下げることもあるでしょう。このような出会いのきっかけを作るのは頼まれるほうも嫌なものかもしれません。それは自分の胸に手をあててみたらよくわかります。そのような状況で紹介してもらうのですから、紹介してくれた人には何か後で包みでも持っていったほうがいいでしょう。

さて、なんとかきっかけを掴んだとしたら後はどうしたら後はどうしたらいいでしょうか。

もっとも答えは一つで、あとはアタックするのみということになります。

しかし、ここでもショートカットをしたほうがいいのです。

ショートカットは出会いのきっかけに使うと思っていた人も多いことでしょう。そのために頼みたくない相手に頭を下げて紹介してもらったのですから、さらにショートカットを使うというのは、気が進まないことかもしれません。

しかし、今度は自分自身でショートカットを使います。それはどういうことかというと、相手を断らせないショートカットなのです。そんな魔法のようなショートカットならどんどん使いたいと思うことでしょう。

これなら絶対に大丈夫ということはないのですが、ある程度会話ができるくらいまで、接近していることが条件になります。それには、相手の女性の情報もある程度は仕入れておかなければいけません。

それは、女性がテニススクールに通っているとか、早朝ジョギングをしているとか、何かスポーツをしているのでしたら話を持っていきやすいです。

「なんだか最近運動不足でさ、何かいい運動しているんなら紹介してくれない?」

ここでも紹介という言葉が出ましたが、これはあくまでも相手に直接お願いしているシチュエーションです。

それまでに情報ですでに、相手の女性が何らかのスポーツを知っている状況ですから、軽いタッチでお願いすると、相手も「それじゃ一緒に行く?」なんてことになるかもしれません。もちろん、そう言ってくれるように努力をしなくてはいけませんし、これも直接的ではなく、「最近運動不足で・・・」なんて言うところがミソなのです。

これもいわゆるショートカットということなのです。

女性を落とすためのショートカット

女性は直接的にモノを言われるのが好きだと思います。
しかし、それも最後の最後でいいでしょう。

それまではショートカットを使いまくるのです。
これこそがズバリ女性を落とすための近道というわけです。

この段階ではすでに友だち以上の関係であることが必要になるのですが、ここでも直接的な言葉は避けて、何か理由をつけては食事に誘うとか、できれば映画に誘うなんてことをしたらベストでしょう。

映画などはある程度前から、「この映画がすごそうなんだけど・・・」と言っておくのです。

有名な映画のほうがいいですね。見たいと思わせることができますし、何よりも話題性があるので誰でも話すことができるからです。食事は意外と軽く誘うことができるかもしれません。あくまでも自然体がいいです。

直接的ではなくあくまでも、間接的に「小腹が空いたから何か食べにいく?」なんて感じで聞いてもいいでしょう。

映画も「すごい良さそうな映画だからつきあってよ」くらいのノリでいいです。何か一言つけることがショートカットの法則なのですから。

出会い系サイトでショートカットを活用しまくれ!

ショートカットについて説明してきましたが、恋愛だけでなく出会い系サイトで活用するのもおすすめです。

一般的な恋愛ではいろいろと工夫したり、気遣いが必要になってきますが、出会い系サイトではその必要がありません。もちろん、まったくないというわけではありませんが、出会い系サイトのほうがラフに利用できるというのは事実なんです。

とはいえ、どのような出会い系サイトでもいいというわけではありません。

ショートカットを活用するにふさわしい出会い系サイトの条件は以下のとおりです。

1)ユーザー登録数が多い出会い系サイト
2)アクティブユーザー数が多い出会い系サイト
3)女性ユーザー登録数が多い出会い系サイト
4)サポートがしっかりしている出会い系サイト
5)セキュリティが整っている出会い系サイト
6)サクラ・業者が少ない出会い系サイト

1)と2)は優良の定番出会い系サイトをチョイスすれば難なくクリアすることができます。そして3)も同様なので、それに該当する出会い系サイトを探すことに苦労することはないと思います。

4)と5)においては優良出会い系サイトを選んだとしてもそれぞれその内容が異なります。ですので、登録する前に規約をはじめ、口コミなどを参考にしてください。

そして6)ですが、これがもっとも重要です。

サクラや業者で溢れている出会い系サイトを利用したところで、女性ユーザーと出会える確率はきわめて低くなります。だからこそサクラゼロ宣言であったり、業者撲滅に尽力している出会い系サイトを選ぶ必要があります。

特に私がおすすめする出会い系サイトは「PCMAX」ですね。

言うまでもなくPCMAXは以上の6項目すべてをクリアしていますし、何よりも女性ユーザーとマッチングしやすく出会いやすいんですよね。

まだ出会い系サイトを利用したことがないという方にもおすすめなので、ショートカットを活用したい方はもちろん、とにかく出会える出会い系サイトを探している方はぜひ登録してみてください。

まとめ

以上、「女性を落とすために最適な「ショートカット」とは?」でした。

ある程度ショートカットを使いこなすことができたら、最後は締めということになります。

ここでは、それまで回りくどくショートカットを駆使してきましたから、交際を正式に申し込むときは、単刀直入に飾りの無い言葉で言いましょう。

「とにかくまわりくどい男」と思われてしまったらゲームオーバーになります。つまり、ショートカットに頼りきりになってしまい、ショートカットを多用しすぎてしまうと逆効果になってしまうということ。

そのため、女性へアタックするとき、もしくは最後の締めはびしっと決めなくてはいけません。

そのメリハリは相手女性に「あれ?いつもと違うみたい」という意外性を持って考えることができて、それがOKの返事を導き出す大きな呼び水となるのです。

それでは快適な出会い系ライフを~。