みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

男性が女性にモテるためにすべきこと


男性が女性にモテるためにすべきことはいろいろありますが、これを続けるためにはモチベーションの維持が大切です。

私はこのサイトでモテるためにすべきことのコツをいろいろ紹介しています。

しかし、出会い系でせっかくお気に入りの女性が見つかり、なんとか恋愛を成就させたいと願っていても、内心で「失敗するかもしれない」「彼女には自分より他の男の方が魅力的に映るかもしれない」などと思ってしまえば、モテるためにすべきことのコツも効果は半減してしまいますね。

モテるためにすべきことのコツは数多くありますが、それを有効に活用するのであればモチベーションを持ち続ける方法を知っておく必要があります。

そこで今回は「男性が女性にモテるためにすべきこと」と題して、女性からモテるために欠かせないモチベーション維持を実現するための効果的な方法を解説しましょう。

願望を叶えるモチベーションは2つの因子で成立している

「いろいろな女性とエッチしたい!」という男性の強い願望、これは確かにモチベーションになります。

しかし男性が女性にモテるためにすべきことをしても、必ず願望が成就するとは限りません。

失敗すれば願望も萎縮してモチベーションが下がってしまうのはよくあることです。下がったままでは次の恋愛に進もうとしてモテるためにすべきことを実践しても、上手くいかないのは当たり前の話ですね。

逆に、1人の女性で失敗してもモチベーションを維持させれば、次のモテるためにすべきことがぴったりと他の女性のツボにはまり、恋愛成就させる可能性が高くなるわけです。

そのためにもモチベーションとは何か?それをしっかりと理解しておきましょう。

2つの因子は連結せず別物と考える

モチベーションは意欲とか動機づけといった意味を持っています。

男性の「素敵の女性とエッチしたい!」という願望は確かにモチベーションとなりますが、願望だけでは男性が女性にモテるためにすべきことを続ける要因にはなりません。

モチベーションは要約すると2つの因子から成り立っています。

①自分はモテるためにすべきことをこれだけやったから成功する!
②モテるためにすべきことをやったら恋愛成就できた!

この2つは過程と結果、動因と誘因などいろいろな呼び名を持っており、心理学教授のハーツバーグ・フレデリックが提唱した二要因理論を当てはめると①が衛生要因となり、②が促進要因となります。

男性が女性にモテるためにすべきことを続ける上で、呼び名や理論はそれほど役に立ちませんが、この2つの因子は連結せず、互いに別物であるという理解は必要です。

つまり、どちらが欠けてもモテるためにすべきことを続けるモチベーションは維持できない、ということですね。

人生の成功者は2つの因子を体験済み

私の知人には、それほど才能に恵まれているとは思えないのにビジネスで成功を収めている人、研究で成果を上げている人たちがいます。

その知人たちは例外なくビジネスや研究が大好きで、自分が成功するための行動しかしません。会話をしていても自分が興味を持ち、ビジネスや研究に役立つエリアでしかノッてきません。むしろ、そのエリア以外の会話や行動は時間のムダと考えているでしょう。

そこまで没頭できるからこそ、その知人たちは成功できるのだ、というのが私の素直な感想です。

知人たちは分野が違っていてもモチベーションを維持するための2つの因子を体験しているわけですね。だからあらゆる方法を探り、積み重ね、その成功報酬を受取っているから面白くて没頭できるのです。

そして、それほど才能に恵まれているとは思えないのに女性にモテている男性も、この2つの因子を理解した上で、モテるためにすべきことを実践しているのです。

他の男性よりも工夫や努力をしている自負を持つために

ここでは、男性が女性にモテるためにすべきことを続けるモチベーションの因子を便宜上、①「自分はモテるためにすべきことをこれだけやったから成功する!」を内的要因とし、②「モテるためにすべきことをやったら恋愛成就できた!」を外的要因とします。

もちろん自分なりに分かりやすい言葉へ置き換えても構いません。

内的要因と外的要因は連結しているわけではなく別物であるという理解が必要、と前述しました。その理由を知ることが理解を深める手段となります。

成功報酬への多大な期待はモチベーションの低下を招く

男性が女性にモテるためにすべきことを継続して実行すれば、いつか必ずお気に入りの女性と恋愛成就させることができます。問題はその時期がいつ訪れるか、ということですね。

出会い系を利用し、すぐにお気に入りの女性が見つかり、このサイトで紹介しているモテるためにすべきことの1つや2つを実践しただけでエッチまで発展することだってあるでしょう。

当然、モチベーションは高まりますね。
でも、これはいわゆるビギナーズラック。

偶然の産物でしかありません。

モチベーションの因子は外的要因となりますが、当然、毎回そんなにうまくいくはずもなく、失敗する度に、男性が女性にモテるためにすべきことの効果に不安が広がっていきます。

こうなると、モテるためにすべきことが何か分からなくなり、モチベーションが下がって悪循環に陥ってしまいますね。

成功報酬となる外的要因を期待するのは当たり前のこと。しかし必ず成功報酬が得られると思うから失敗するとモチベーションが下がってしまうわけです。

外的要因でモチベーションを高く維持するためには、成功報酬は単なる結果に過ぎないと自分に言い聞かせるようにしましょう。

内的要因をレベル0に引き上げるには「1万時間の法則」を使う

男性が女性にモテるためにすべきこと、それを継続させるための外的要因はモチベーションのプラス要素ですが、内的要因はマイナス要素です。

モテるためにすべきことを実行、さらに継続してようやくレベル0に達するわけです。

したがって内的要因で「これだけやったんだから、必ず成功する!」と勝手な思い込みをすることも失敗した時のモチベーションを下げる原因になります。内的要因でモチベーションを維持するためには、成功報酬を求めるのではなく男性が女性にモテるためにすべきことのレベル0を目指すことです。

とはいえ、男性が女性にモテるためにすべきこと、それをどこまでやれないいのか?と疑問に思う人もいるでしょう。

そんな人に参考となるのがアメリカのジャーナリスト、マルコム・グラッドウェルの著書「天才!−成功する人々の法則」です。これを読めば、天才という称号は生まれてきた時に与えられているのではなく、成し得た偉業に与えられるものであることがよく分かるはずです。

この著書の中で有名なのが「1万時間の法則」ですね。ある音楽学校の調査で、生徒の実力を分類し、それぞれの練習時間を調べたところ、音楽学校の教師を目指しているタイプは4000時間、プロとしてやっていけるタイプは8000時間、世界的ソリストになれるタイプは10000時間行っていることが分かりました。

これは音楽学校の生徒だけでなく、スポーツやアート、またビジネスの世界にも当てはまる法則であるとグッドウェルは言っています。

男性が女性にモテるためにすべきこと、これについても然り、ですね。

いつか「天才的にモテる」と呼ばれる日のために

スキルを高めるためには、ただ単純に時間をかければいい、というものではありませんが、それでも同じ学習方法をしているのであれば時間をかけた方がスキルアップするのは間違いありません。

男性が女性にモテるためにすべきことでも同じでしょう。

出会い系で他の男性より多くメールを出している、他の男性よりも女性の気持ちを理解しようとしている、実際に出会った時は他の男性よりも女性を楽しませている、といった自負が持てるような工夫と努力をすることが「1万時間の法則」につながり、そしてモチベーションの内的要因をレベル0に近づけることができるのです。

成功報酬となる外的要因は、男性の願望である「いろいろな女性とエッチしたい!」を最終目標としましょう。返信メールがあった、メールのやりとりをした、実際にデートすることができた、というささやかな喜びも立派な成功報酬です。モチベーションのプラス要素となり、その積み重ねが最終目標へ到達する確実なルートになるのです。

男性が女性にモテるためにすること、そのモチベーションを維持するための方法を具体的に出会い系で応用してみましょう。

若い女性を目的にするのであればワクワクメールやハッピーメールなどを、大人の女性を目的にするのであればPCMAXやYYCで出会いを探すことになりますが、まずは好みの女性にメールを多く出すことで内的要因を満足させ、モチベーションをレベル0に近づけることができます。

もちろん出したメールすべてに返信があるわけではありません。しかしここでモチベーションを下げてしまうと外的要因の成功報酬に対する喜びが減少してしまいます。

たとえ1通でも返信があれば、それはモチベーションの外的要因を満足させるプラス要素となります。あとは男性が女性にモテるためにすること、そのコツを次々と出していきましょう。

「1万時間の法則」はこの繰り返しです。

男性が女性にモテるためにすべきことを、モチベーション維持のまま継続していけば、やがて「風采や才能は普通なのに天才的にモテる男性」と呼ばれる日が来る可能性は誰にでも十分にあるのです。

まとめ

以上、「男性が女性にモテるためにすべきこと」でした。

男性が女性にモテるためにすべきことは、このサイトで紹介しているように沢山あります。

しかし、それらは手段でしかありません。出会い系に登録している女性にはいろいろなタイプがいて、そのタイプに合わないアプローチの手段を使ってしまえば交際まで発展しないこともあります。

そんな時に重要なのが、男性が女性にモテるためにすべきことを続けるモチベーションの維持です。

「いろいろな女性とエッチしたい!」「素敵な女性を見つけて交際したい!」という最終目標の成功報酬を得るためにも、モチベーションの内的要因と外的要因をしっかりと理解し、モテるためにすべきことを実践しましょう。

それでは快適な出会い系ライフを〜。