みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

恋愛市場価値を高めるために知っておくべき基礎知識


恋愛は感情という捉えどころのない精神的要素で成り立っているため、その実体は見ることができない不確かな存在となっています。

不確かだから女性が自分を愛していると勘違いして自己中心的になったり、逆に自分のことを本当に愛しているのかと不安になったりするわけですね。

たまには、もっと見やすい形に変換して冷静に自分の恋愛を測ってみるのも恋愛を上手く成就させる方法のひとつとなります。

たとえば経済学観点からの恋愛市場価値。

経済市場は利益、不利益という分かりやすい法則が働いています。これを恋愛に置き換えた時、現在の恋愛状況や結婚の価値、あるいは不倫のリターンやリスクが別の視点で見えてくると同時に、恋愛における自分の市場価値を高めることができます。

ということで今回は「恋愛市場価値を高めるために知っておくべき基礎知識」と題して、恋愛市場価値の基本的概念をくわしく説明していきたいと思います。

恋愛市場価値は相互のバランスが取れることで商取引が成立する

経済市場には売り手と買い手、商品の流通バランスがあります。

恋愛市場では男女ともに売り手と買い手、そして自分自身が商品となります。つまり商品の代償が金銭ではなく恋愛となることで売り買いが成立する、いわば物々交換的な市場になるわけですね。

恋愛市場では、男女ともに互いの価値が均等であると判断することで損得勘定がなくなり、物々交換によって互いが保有権を所持できると考えてください。

逆に言えば、男女間において互いの価値が均等ではないとどちらかが判断した時は物々交換が不成立、つまり恋愛関係まで発展しないということになります。

なぜ恋愛がうまくいかなかったんだろう?と考える時、恋愛市場における価値のバランスを考えると納得できる部分が見えてくるはず。また恋愛を発展させるためにはどの部分の価値を高めるとバランスが取れるのかというポイントが見えてきます。

相手女性の商品価値を数値に置き換える

恋愛前段階では恋愛市場における男性自身と女性の相互価値を数値、点数でも円単位でも構わないので置き換えてみると分かりやすくなります。

円単位にした方が経済学的観点らしくなりますが、それではあまりにもドライなのでここでは点数で価値を数値化していきますね。

たとえば最初のデートの時。

女性の服装のセンスや化粧、気遣いや食事の仕方などについてそれぞれ点数をつけます。それに対して同じ項目で自分にも点数をつけてください。その総合得点を照らし合わせ、点数差がなければ商品価値としてのバランスが取れているので物々交換が可能となり、恋愛市場においては次回もデートする価値が十分にあると判断できます。

ただし、女性の方が総合得点で上の場合、男性がどれほど望んでもデートできない場合もあれば女性の方が明らかに下回っていた場合はデートする気もなくなりますね。

難しいのは明らかに男性の方が総合得点は下回っているのに、女性が次のデートを承諾した時。

そういったケースでは男性自身が気がついていない魅力を女性が発見している可能性が高くなります。デートの内容を思い出し、何が女性に取って高い評価点となっていたか見つけることが自分の商品価値を高めることにつながります。

恋愛市場価値の評価基準は変動相場制

恋愛市場価値の基準は自分自身にあります。

たとえば女性がどれほど高価なブランド品を身につけていたとしても、それは一般的に見れば価値が高そうに思えますが、自分と不釣り合いであり、しかも女性がどのようにして高価な服飾品を購入したのかという方法次第では評価点が低くなります。

親に買って貰った、あるいは男性からの贈り物やカード決済ばかり、という所持方法であれば経済観念に不安が残り、物々交換した後の瑕疵担保責任、つまり所有権確保後のリスクが高確率になると予想されます。

しかし服飾品で一点だけ豪華、というケースである場合、女性がその商品のことを理解し、本当に欲しいものだけを所持したいという姿勢であれば経済観念の不安が払拭される上に誠実な性格であることが推測されるので評価点を高くすることができますね。

恋愛市場における物々交換の商品所持最終形態は『結婚』です。

それまでの恋愛期間中、商品価値は変動相場となります。最終的な物々交換に至るまでは男性自身と相手女性の商品価値をつねにチェックすることが恋愛市場価値において重要なポイントとなります。

男女の市場形態特性から見る利益と不利益

恋愛市場における相互価値を冷静に判断することで物々交換の流通バランスを保つという商取引の次は、恋愛市場の形態特性について説明します。

恋愛市場価値を経済学的観点から見るのであれば、たとえ物々交換であってもそこに互いの利益が発生しなければ経済効果といえず、単なるボランティア活動になってしまいます。

利益が生じなければ損するだけで、利益が生じるという気配があれば投資することも将来的な意味では有効ですが、その確率が低ければ投資は避けた方が賢明ということになります。

ただし、利益といっても市場形態によって異なってきます。

市場形態とは恋愛、結婚、不倫または浮気ですね。これらの形態特性における利益と不利益を考察します。

結婚市場の形態特性には多種多彩な利益が存在する

恋愛段階における市場の形態特性はお互い商品を見定めている状態で、完全な所有権確保まで至っていないことです。

いわば商品お試し期間のため、利益も薄い代わりに不利益も少ないことが特徴。

評価点で自分との物々交換の価値がないと判断したら商取引を中止できるという点が不利益の少ないことにつながります。

セックスの相性がいいというのは恋愛市場における高い利益を生み出しますが、子供ができるという不利益、またいつでもできるわけではないという不利益もあります。

恋愛市場の形態特性は感情的に熱気を帯びていますが、経済学的観点から見れば意外と利益と不利益のバランスが取りにくい市場といえます。

しかし恋愛市場でバランスを取り続ければお試し期間が終わり、長期の所有権確保、つまり『結婚』市場に発展します。この市場形態特性は利益は安定しているけれどその質が変化すること、また不利益が生じた時は重大な損失につながることです。

結婚市場の利益として上げられるのは以下のように多種多彩です。

▼愛し合っている相手と結ばれる。
▼その相手と好きな時にセックスできて子孫も残せる。
▼結婚によって社会的認知度が高まる。
▼子供ができれば女性の母性が強まるので安定した家族関係を築ける

ただし、結婚後も恋愛市場価値は継続されており、互いの評価点が食い違いを見せ始めた時、長期の保有権を確保しているだけに不利益が大きくなります。

つまり、家庭不和や離婚という、とても面倒なことを背負わなければならなくなるわけですね。

ハイリターンハイリスクの危険で魅力的な市場

恋愛市場の形態特性、最後は『不倫または浮気』の利益と不利益です。

恋愛市場で他の商品、つまり他の女性に目移りしたとしても完全に所有権を確保した物々交換が成立しているわけではないので、多少、感情的なしこりが残ったとしても経済学的観点からは問題が発生することはありません。

しかし結婚市場まで到達した後では、長期所有権を確保している相手の商品、つまり妻となる女性にその事実が発覚した場合、結婚市場形態の特性における不利益がさらに甚大になります。

浮気した相手の女性が独身であった場合は状況にもよりますが、離婚を迫るというリスクが発生し、また不倫の相手も状況次第では不倫相手の長期保有権所有者、夫を巻き込む恐れもあります。

これらの不利益の可能性とハイリスクを抱えていても浮気や不倫をするのは、そこにセックスの快感や再び恋愛気分を味わえるという高い利益があるからですね。このハイリターンハイリスクこそ、不倫または浮気市場の形態特性です。危険ではあるけれど、確かに魅力的な市場といえるでしょう。

出会い系サイトは自分に適した商品を選ぶための恋愛市場

恋愛市場価値は出会い系にも適用することができます。

出会い系サイトが商品を選ぶ市場となります。まだ独身でお試し期間を確かめたい、つまり恋愛を最初から始めて商品の評価点を高めていきたいのであれば、恋愛志願の登録者が多いYYCや若い女性が中心のワクワクメール、不倫市場という危険だけれど甘い商品を求めるのであれば人妻が多数在籍しているPCMAXが市場として最適です。

恋愛市場価値の評価点をつけやすいというのも出会い系サイトが市場として適していることにつながります。

最初から相手のプロフィールが分かっているので自分とバランスが取りやすい相手を選ぶことができ、しかもメールの交換から始まるので評価点の項目が少ないため、自分の価値とバランスが取れないと判別した時はすぐに他の商品評価へ変えることも可能です。

ただし、メールで男性自身の商品価値評価点を高めることは簡単ですが、出会った後でその評価点が下がるようなことがあると、相手の女性に取って過大広告となることを覚えておいてくださいね。

まとめ

以上、「恋愛市場価値を高めるために知っておくべき基礎知識」でした。

恋愛を経済学的観点から測ると自分自身も含めて商品価値の冷静な判断をすることができますが、評価点の捉え方によっては商品価値が大きく変わるので、予め自分自身で採点基準を設けておくことをお勧めします。

ラーメン店に入って、ラーメンはすごく美味しいけれど店舗内が汚いとか店主の態度が悪いというケースはよくありますね。同じように店舗内は汚くないし店員の愛想もいいけれどラーメンの味は普通ということも珍しくありません。

これを恋愛市場価値に置き換えると、金銭感覚はだらしなく生活習慣も乱れているけれどセックスの相性が良くて離れられないという女性がいて、同様に顔もスタイルも平均的だけれど男性に尽くすタイプという女性もいます。

特化型と平均型で総合評価点が同じ場合はどちらを選ぶのか、よく考えてから行動に移してください。

一般的には恋愛は特化型、結婚は平均型と考えがちですが、特化型を長期所有するというのもなかなかスリリングな人生を送ることができるはず。また平均型は安定しているけれど長い人生では飽きが来る、とも考えられます。

もっとも、その飽きのために不倫または浮気市場があると思えば有意義な人生を送ることができますね。

いずれにしろ、確実と思った商品でも先を完全に読むことができないのは経済市場も恋愛市場も変わりません。市場で優位性を保つためにはつねに恋愛市場価値を高めておく心がけが大切です。

それでは快適な出会い系ライフを〜。