みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

恋人&パートナーとの喧嘩を防ぐ方法まとめ


どれだけ仲のいいカップルだとしても、交際期間が長いカップルだとしても、いつかは喧嘩する日がきます。

それが小さな喧嘩であればその後の仲直りもしやすいでしょうが、お互いに一歩も引かずに喧嘩が長引いて事態が悪化してしまうと、仲直りのタイミングが掴めなくなって大喧嘩に発展して、破局の危機を迎えるケースもでてくるでしょう。

実際に多くの人が、大喧嘩が原因で恋人と別れてしまった経験をお持ちだと思います。

ということで今回は「恋人&パートナーとの喧嘩を防ぐ方法まとめ」と題して、カップルの喧嘩が勃発する原因と、喧嘩を防ぐ方法をご紹介していきます。

ほんの一例ではありますが、もしかしたらここでご紹介する原因に心当たりがある方もいると思いますし、ここで紹介した方法で喧嘩を未然に防ぐことができるかもしれません。

今お付き合いしている恋人とより長く楽しく付き合っていくためにも、ぜひ参考になさってみてくださいね。

カップルの喧嘩が勃発する原因

付き合いが長くなるにつれて喧嘩が増えていくカップルもいれば、付き合ったばかりの頃から大喧嘩が絶えないというカップルもいるでしょう。

喧嘩ばかりが続けばそう遠くない未来に破局という結果を迎える可能性も高まりますので、今付き合っている相手と別れたくないと考えるなら、未然に防げる喧嘩は防いでおきたいもの。

破局の原因になりえる喧嘩を未然に防ぐためには、まずその原因を知っていく必要があります。

カップルの喧嘩が勃発する主な原因は、以下の2点があげられます。

・相手の行動や言葉を否定したり批判する
・自分の考えや思いを相手に押し付けすぎる

自分の中では「自分の考えが正しいから!」「自分の言うことが間違いないから!」という考えに陥ってしまいがちです。

そのため、相手のやることなすことが受け入れられず、相手の言動を否定したり批判したりしてしまいます。そして自分が正しいと思っていること、自分の考えを押し付けようとします。

このような自分本位の考えや言動が、多くのカップルの喧嘩の原因になっているので、あなたも自分の言動を見直してみてください。

きっと思い当たる点があるのではないでしょうか。

カップルの喧嘩が勃発する原因その1:「相手の行動や言葉を否定したり批判する」

人は誰とでも分かり合えるわけではありません。

価値観の違いや生まれ育った環境の違いも影響して、相手の行動や言葉を受け入れられずに否定したり批判してしまうケースは珍しくないのです。

むしろ分かり合えないこと・受け入れられないことの方が圧倒的に多いと言っても過言ではないでしょう。

生まれてからずっと一緒にいる家族の間でさえも分かり合えないことがあるのですから、全く違う環境・違う人格で生きてきた他人同士が何もかも分かり合おうなんて、難しいことです。

そうした違いがあることを忘れて、自分本位の考えや思いから相手の言動を否定したり批判すれば、相手も快く思うはずがありません。

もしもあなたが逆の立場で言動を否定されたり批判されれば、ムッとしたりイライラしたりしますよね。
相手の立場に立ってみれば、否定や批判は喧嘩の原因になりうるものだと気づけると思います。

カップルの喧嘩が勃発する原因その2:「自分の考えや思いを相手に押し付けすぎる」

相手の行動や言葉を否定したり批判したりすると、次にやってしまいがちなのが「自分の考えや思いを相手に押し付けすぎる」ということです。

「あなたのその行動は間違っている、だから私のこの行動をとるべきよ!」
「あなたのその言葉は正しくない、だから私の言葉通りにするべきだ!」

といったように、相手の言動を否定し批判したうえで、自分が正しいと思っていることを相手に押し付け強要しようとします。

これはカップルの喧嘩の勃発において、かなりのウェイトを占める原因だと言えるでしょう。

原因その1でも書いたように、人はそれぞれ個人差があり、生まれ育った環境も違えば性格も異なり、それぞれ人格も違っていて、それが当たり前です。

むしろ何もかもが全く同じという人間は、この世には存在しません。
同じ遺伝子を分け合った双子でさえも、似ている部分は多くとも違う人間なのです。

他人同士が絆を深めていくのがカップルであり、恋人であり、その末に深い絆を手に入れるのが夫婦というもの。
お互いが違う思いや感情を持った人間であるということを忘れないことが、他人と付き合っていく上でとても重要となります。

何もかもが違う相手に、自分の考えや感情を押し付けるというのは、ただの強要にすぎません。

もしもあなたが他人から考えや感情を強要されれば、不快ですし一緒にいるのがツライですよね。

そのような感情や考え方の押し付けは、多くのカップルが体験するでしょうし、押し付けが原因で喧嘩が勃発します。

あなたも意識せずに、考えや感情を押し付けて強要してしまっているかもしれませんので、日々その点においては注意する必要があると思います。

恋人・パートナーとの喧嘩を防ぐ方法や対策は?

今回は主に「相手の言動を批判・否定する」、「考えや思いを押し付ける」という原因をご紹介しました。

次はこの2つの原因から発生する、恋人との喧嘩を防ぐ方法や対策についてご紹介していきます。

原因を知って自分に心当たりがあると分かったならば、その原因に適した喧嘩を防ぐ方法や対策を実践して、喧嘩別れの可能性を少しでも下げていきましょう。

それでは上記で解説した原因に対する対策をそれぞれ解説します。

原因その1に対する対策:「否定、批判ばかりでなく肯定や感謝の言葉を伝えよう」

人は相手のミスや失敗、ちょっとだらしないところを見つけると、ついつい口うるさくなってしまいがちです。

靴下が脱ぎっぱなしになっていれば小言を言ってしまいますし、物が出しっぱなしになっていれば「片付けなさいよ!」とガミガミ言ってしまいます。特に女性は心当たりがあるのではないかと思います。

男性も、ちょっと気に入らないことがあったり思い通りにいかないと、文句を言ってしまうものです。

友人や知り合い程度ならば衝突を避けようとスルーするかもしれませんが、一歩踏み込んだ関係である恋人同士となると、小言や文句もついつい口に出てしまいます。

けれども相手への否定や批判、文句や小言というのはネガティブな言動です。お互いにイヤな気持ちになってしまうネガティブな言動よりも、相手を受け入れる言葉・肯定する言葉・感謝する言葉を多く伝えていきましょう。

「いつもお仕事お疲れさま!」
「いつもありがとう!」
「●●してくれて嬉しいな!」

といったように、相手が喜ぶような、前向きな気持ちになるような言葉をたくさん伝えてあげることが大事です。
また、素直にあやまることも関係を良好にキープするためのポイントとなります。

素直に謝るのは大人になればなるほど難しく感じてしまいますが、意地っ張りな気持ちを乗り越えて、自分から素直に歩み寄ることを心がけてみてくださいね。

原因その2に対する対策:「強要せずにお願いしたりやんわり伝える」

例えば恋人が靴下を廊下に脱ぎっぱなしにしているのを見つけた時、「洗濯機にちゃんと入れて!」と小言&強要の言葉をかけてしまいがちです。

けれども言われた方は「後でやろうと思ってたのにうるさいな」「なんで命令されるんだ」とついつい反発してしまいます。

強要や小言や文句の言葉を避けるならば、やんわりとしたお願いにシフトしてみましょう。

「靴下が廊下にあるけど、掃除するから洗濯機に入れておいてくれる?」
「洗濯物を終わらせたいから、靴下も洗濯機にいれてもらってもいい?」

と、優しくやんわりと、お願いする形で伝えてみましょう。

優しくやんわりとお願いされると、たいていの人は素直な気持ちでお願いを受け入れられるものです。

相手も自分もイヤな思いをせずにやり取りができるコミュニケーションは、カップルの喧嘩を防ぐ方法としては重要ポイントです。

我慢はいつか爆発する!ルールを設けて喧嘩を未然に防ごう

恋人の喧嘩が勃発する原因や、喧嘩を未然に防ぐ方法をご紹介しましたが、喧嘩を未然に防ぎたいからと我慢するのはNGです。

言いたいことを言わず、気になることも我慢していると、人はいつか我慢が爆発します。人というのは我慢の限界がありますので、ただひたすら我慢するというのは、さらなる喧嘩の原因になりかねません。

パートナーを否定せずに気持ちを押し付けずにいることが喧嘩を防ぐ方法だとしても、安易に我慢するという選択は間違いです。

特に他人であるからこそ、お互いに思っていることを素直に言えないこともあります。

けれども素直になれないからと我慢を続けていると、人はいつか我慢の限界を迎え怒りが爆発してしまい、カップルの大喧嘩似発展する可能性が出てきます。

では我慢しないためにはどうしたらいいのでしょうか?

2人の間でルールを設けておく

今お付き合いしているパートナーと長く付き合っていきたいのであれば、喧嘩別れの確率を下げる努力が必要です。

喧嘩別れの確率を下げたいならば、2人の間でルールを設けましょう。

カップルという他人同士が付き合いを続けていくには、お互いの意志をできるだけ自由に尊重できるルールを話し合って決めておくのです。

一緒に過ごす時間が多いカップル・恋人同士ですから、2人で過ごす時間をお互いに楽しく過ごせるような内容に重点を置いてみてください。

靴下の投げっぱなしで喧嘩になってしまうなら「脱いだ服は洗濯機に入れる」
飲み会で帰りが遅くなることで喧嘩になってしまうなら「遅くなりそうなときには連絡をする」
お互いの意見が異なる時には「協力して妥協点を探る」
不満に思ったことがあった時には「素直に優しく話す」

このように喧嘩になりそうな原因について、2人でメモに書き出してお互いがイライラせずにすむ妥協点を探っていくのです。

私たちの社会でも、人間関係でも会社でも、ルールを守ることで衝突やトラブルを避けることができます。

同様に恋人同士の間でもルールを設けて、破局の原因となりうる喧嘩を未然に防ぎ、喧嘩別れの確率を低くする努力をしていきましょう。

喧嘩対策における生の声を聞きたいなら・・・

恋人と喧嘩したときって誰かに相談したいものですよね。

とはいえ、友達などに相談するとそれが原因でさらに関係が悪化してしまう可能性もあるし、何より自分たちの内情を知られたくないという思いから相談することをしないというケースは珍しくありません。

そんなときは「出会い系サイト」で相談役を求めてみるのがいいと思います。

事実、出会い系サイトには出会い以外にさまざまな目的を求めて利用してる男女ユーザーがあふれています。なかには相談にのりたいというユーザーもいるので、掲示板をつかって相談役を募ってみるのもいいと思いますね。

とはいえ、あまりにもチャラい層が集まる出会い系サイトだと、思ったように相談役を見つけることが困難だと思うので、出会いに対して真剣なユーザーと真面目な男女が集まる出会い系サイト「YYC(ワイワイシー)」を利用することをおすすめしますね。

ぜひ出会い系サイトを違った視点から利用してみてください。

まとめ

以上、「恋人&パートナーとの喧嘩を防ぐ方法まとめ」でした。

カップルのケンカを未然に防ぐには、まず原因を探ることが大切です。

恋人同士になったからと言って相手の気持ちにズケズケと入っていくのは「親しき中にも礼儀あり」に反することです。

相手の行動や言葉を否定したり批判することは、相手をイヤな気持ちにさせます。自分がされてもイヤですよね。そして自分の考えや思いを押し付けて強要するのも、パートナーの意志を尊重することからかけ離れています。

カップルのケンカを防ぐためには、否定や批判ばかりではなく相手のことを肯定する機会を増やし、感謝の言葉をたくさん伝えましょう。

自分が前向きな気持ちでいることが、相手の心を素直にさせるのです。そして自分の考えや思いばかりを押し付けて強要するのではなく、気になるところや不満があれば優しい言葉でやんわりとお願いするような言葉を選びましょう。

しかし相手との衝突を避ける、相手のことを思い過ぎるあまりに我慢し過ぎるのはNGです。

我慢の容量は人それぞれ異なりますが、我慢を積み重ねていればいつか我慢が爆発して、取り返しのつかない大喧嘩に発展する可能性が出てきます。

我慢しないためにも2人の間でルールを決めて、些細な喧嘩や我慢の原因を回避していくことも大切です。

大事な恋人と喧嘩別れなんて悲しいことになってしまわないように、2人で協力して努力していきましょう。

それでは快適な出会い系ライフを~。