みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

【ファーストステップ】モテる男になるためにすること


モテたい、めちゃくちゃ美人な女性をモノにしたい!
男ならば1度ならず何度でも思う・・・夢見る願いですね。

「女性をモノにするためにはどんな技術が役立つのか?」

あなたはどんな技術が必要だと思いますか?

彼女をイカせられるテクニックでしょうか?
高嶺の花なスーパーモデルから電話番号を聞き出すためのコツ?

セクシーな女優とあんなことやこんなことできちゃう色気だと考える方もいるでしょう。

どれもこれも有効打だと考えているのならば、それは大きな間違い!
正直言って女性はそういう直接的なテクニックはご所望ではありません。

今回は女性をモノにしたいと思っているあなたのために「モテ男になるためにすること」と題して、女性にモテるために必要な2つのテクニックを詳しく説明していきます。

女性にモテるために必要な2つのテクニックとは?

男性は女性をモノにするために、セックスのテクニックを磨いたりセクシーさを演出しようと考えがちです。しかし多くの女性がハートを撃ち抜かれるモテ男というのは、そういった肉体的テクニックは二の次。

女性に不自由しない人生をお望みならば、以下の2つのテクニックを磨きましょう。

  • 女性と親密になるためにテクニック
  • 時には拒絶するテクニック

これらのテクニックを磨くことができれば、あなたのモテ度は間違いなくアップするでしょう。

それではこの2点のテクニックをくわしく解説していきたいと思います。

女性と親密になるためのテクニック

これはとても重要なテクニックです。

親密にならなければ2人で出かける機会もなければ、体を触れ合わせる機会もめぐってこないでしょう。

しかしただ闇雲に距離を近づけて親密になればいいというわけでもありません。

親密になればなるほど女性からの信頼は寄せられるでしょうが、2人の間にイイ雰囲気・ドキドキするような展開が起こるよりも前に、あなたは彼女にとっての「ただのお友達」に収まってしまう可能性が出てきます。

しかし女性と親密な関係になることを拒絶するばかりだと、いざイイ雰囲気になった時でも肝心の信頼がないために、一線を越えられません。

イイ雰囲気になりかけても拒絶ばかりでは、女性も「こりゃダメだ」と離れていってしまいます。

時には拒絶するテクニック

恋愛の駆け引きテクニックの1つに「押してダメなら引いてみろ」なんて言葉がありますね。

親密になるために押すことも大切ですが、押すばかりでなく拒絶というテクニックで引くという恋愛における緩急がものを言うのです。

女性に不自由しないモテる男になるためには、親密になるテクニックと時には拒絶する、どちらのテクニックも身につけることがポイントとなります。

世の中のモテ男たちは、意中の女性とベッドになだれ込むために、女性との深く親密な関係を築くことが重要だと考えています。

もちろん親密度アップは有効ですし、モテ男たちは女性と親密になることでハイレベルな女性をベッドに誘うことに成功し続けているのは事実。けれども、さらにワンランク上のモテ男たちは、親密さをアップさせて女性と心の距離を近づけて、さらに他の男とは違うと思わせるために拒絶を織り交ぜています。

親密になりつつも時々、ちょいワルな一面を見せてカリスマ的なイメージを女性に与えることで、モテ男のステップを駆け上がっていける。

ではその親密と拒絶の2通りのテクニックを織り交ぜるためにはどうしたらいいのか?

全く真逆に思える親密と拒絶を身に着けるためには、まずありのままの自分という現実を受け入れましょう。

モテ男になるために「現実を受けいれる」

女性に不自由しない人生を送っている羨ましいモテ男というのは、そう多くありません。
多くの男性はそこまでモテないのが現実です。

そこまでモテないどころか、何度アタックしても連敗続きで、女性を落とす成功法を掴めずにいませんか?

連敗続きでモテ男への成功法が掴めずにいる男性は、まずモテない男となっている現実を受け入れましょう。

モテない現実を受け止めてみると、以下のような特徴が当てはまってくるのではないかと思います。

●モテない男の共通点「BNB」

B・・・Boring (退屈)
N・・・Nervous(気が弱い)
B・・・Bonehead(マヌケ男)

女性というのは男性が持つこのBNBにとても敏感です。

遠くから一目見ただけでも、女性に対し尻込みしている男性というのは、一発で女性に見抜かれてしまいます。

女性と親しくなりたいと思っていても「拒絶されるのが怖い」、「笑われてしまうのではないか?」という怯えや恐怖があっては、女性の心はゲットできません。そしてそのような女性へのマイナスな心理というのは、男性の言動に自然とにじみ出るもの。

怯えや尻込み、恐怖が自然と神経質なジェスチャーとしてにじみ出てしまうものです。

そして粗野だとかだらしない、頑固だとかウザイとか真面目すぎる男に見られやしないかと不安になるあまり、BNBが言動に出てしまいます。

このBNBは、女性が一目見ただけですぐにバレることを心得ておきましょう。

モテない男性はBoring、退屈な男だと気づこう

ちょっとばかり問題があったり悪いところがある男というのは、良い男ではないけれども退屈を感じさせることはありません。

これまで女性の視線ばかりを気にして無難な言動を第一としているかもしれませんが、それらの言動は女性にとってありきたりで退屈なものなのです。

特にモテない男はその多くが「退屈さを感じさせている」ことに気付いていない。

女生徒の会話もありきたりで退屈なものばかり。
行動も意外性はなくつまらないものばかり。

女性との付き合いにおいてリスクを冒さないように気を付けているかもしれませんが、その無難さこそが女性を退屈にさせています。

BNBがにじみ出ている男性とは?

BNBが言動でにじみ出ている男性というのは、「自分は退屈な男です」と自分で白状しているのと変わりありません。

BNBがにじみ出ているというのは、例えばありきたりな服装だったり、他の男性ととにかく横並びになろうとしていたり、女性の言いなりになろうとしているような態度だったり、女性に気を使い過ぎて距離が縮まらないといった言動のことです。

知らず知らずのうちにBNBをにじみ出させてしまっている男性は、女性と距離を縮めたり関係を深めたりするにあたって、リスクをとにかく避けようとします。

リスクを避けるあまりにロマンティックな雰囲気、ベッドにもつれ込めそうな雰囲気に全くなりません。かといってとにかく女性の尻を追い回しまくって体をベタベタ触ればいいというわけでもありませんよ。

リスクを回避しようと気弱な男になるあまり、電話番号も聞けずに、女性を褒めたりちょっと批判したりといった緩急もつけられずにいれば、それはただの退屈な男にすぎないのです。

女性にとって予測しにくい言動というのは、時には女性を怒らせたり傷つけたりすることもあるかもしれません。

しかしそのリスクこそが時には刺激となって、女性に退屈させない男だと感じさせることができるようになります。

モテ男になるために「自分も選ぶ側になる」

例えばあなたが車を買う時に、何かしらの判断基準があるはずです。

軽自動車を買うのか、四駆を買うのか、スポーツカーを買うのか、軽トラを買うのか・・・

走れればいい、目的地に着ければいいからといって、何でもいいわけではないでしょう。

車種だったりカラーだったり車の形だったり、何かしらのこだわりがあるはず。しかしBNBな男性というのは、とにかくお付き合いできればこだわりも持たない、女性ならばとりあえずイイと考えがちで、そういった考え方もモテない理由の1つです。

モテる男になるためには、あなた自身が女性を選ぶ基準をもち、あなたが選ぶ側であることも大切にしましょう。
とりあえずこだわらないという考え方も、やはり女性は見透かします。

女性に不自由しない人生を目指すならば、自尊心を失ってはいけません。

本当にその女性が魅力的でモノにしたいと思える相手なのか、あなたも選ぶ側に立つべきです。

そういった自尊心やこだわりのある姿勢というのは、女性を退屈させませんし刺激的な存在として印象づけます。

ネガティブ発言は控えることも大切

すっかりBNBにひたりきっている男性というのは、長らく女性をモノにできずにベッドにもつれ込むこともできずに、欲求も溜まっていて性格がねじ曲がってしまいがちです。

そのために「どうせ自分は何をしてもダメなのだ」という意識が強く、口にする言葉が不平不満になってしまいます。

そんなタイプの男性は、恋人であろうと友人であろうと、女性からしてみれば絶対お断り!マヌケですしつまらないもの。グチばかり、不平不満ばかり言ってる男性というのは、女性にとって頼りないですし、イジイジしていますし、一緒にいて不快感を感じさせる存在にしかなりません。

けれどもモテる男というのは、そういったネガティブな発言は滅多にしません。

いつもポジティブというわけでもないけれど、基本的に前向きで明るく楽しい会話を心がけ、時折ちょいワルを織り交ぜたり批判などの毒を少々織り交ぜて会話を刺激的にさせます。

ポジティブな会話で親密になりながらも、時折まぜるちょいワルさや批判で拒絶を表現しているのです。

BNBに心当たりがあるならば、まずは自身の退屈で気弱でマヌケな男というイメージを払拭するために、今までのネガティブ発言を反省しましょう。

まとめ

以上「モテる男になるためにすること」でした。

男ならば誰もが一度は夢見る「モテ男」。
女性に不自由しない人生は多くの男性が憧れるものです。

男性は電話番号を聞き出すテクニックやベッドにもつれ込むためのテクニックといったような、直接的なテクニックを得たいと考えがち。けれども実際にモテる男というのは、女性と親密になって時には拒絶するなど緩急のあるテクニックを身につけています。

押してダメなら引いてみる、親密ばかりでなく拒絶を織り交ぜることで、女性は男性の中にちょいワルな一面を垣間見てドキドキするものです。

そして退屈で気弱でマヌケなBNBという自分の現実を受け入れ、気づきましょう。

あなたの言動は女性にとっては意外性もなくありきたりでつまらないものになっています。
今のままでは女性を落とすこともできず、ベッドに誘うこともできません。

そしてBNBを脱するために、自尊心を持って女性を選ぶ側でもあると考え、BNBを体現するようなネガティブな不平不満を控えることを心がけましょう。

これらの心がけ次第で、あなたの人生はよりモテ男へと近づけるようになりますよ。

それでは快適な出会いライフを~。