みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

【恋愛】恋人と温度差を感じた時まとめ


人間関係、温度差があって当たり前。

まして男性と女性は違う思考形態を持っているヒトなので温度差は広がる一方です。

温度差があっても仕事では達成する目標があるので共同作業をすることができますが、恋愛は定まらない最終目標に向かって感情を剥き出しにする関係です。

この関係の足元をいつも揺るがすのが温度差という言葉。ちょっとした意見の食い違いや勘違いを温度差に置き換え、価値基準が合わないのではないか?と判断してしまうわけですね。

もちろん私もお付き合いいただいた女性すべてと温度差がぴったりだった、などというわけではなく、中には著しく温度差を感じた女性もいました。

そういった女性でもベッドインまでを最終段階とするなど、目標を明確にすることで温度差をできるだけ相手に合わせて解消してきました。

温度差は女性の方が敏感です。男性から温度差を埋めるようにすれば女性は男性に対する好感度を上げてくれます。

そこで今回は「恋人と温度差を感じた時まとめ」と題し、温度差のケースとその対処法を解説します。

ケース1.「付き合い始めて間もない時にメールの返事がそっけない」パターン

気に入った者同士、なんとなく恋人まで発展しそうな雰囲気がある時は温度差が微細でも関係に大きく影響する時期です。たとえばメールの交換だけでも女性は温度差を感じる時があります。

夜、いつも「おやすみメール」を交わしているのに男性がそれを忘れ、しかも翌日になっても気がつかない時。また女性が愚痴と分かっていながらその内容をメールしているのに上から目線で説教された時。

それから温度差を感じた時のパターンで意外と多いのが「今、何しているの?」メール。

これらのパターン、男性にとってはたいした問題ではないと考える人が多数のはず。

しかし、メールの交換意義は男性と女性では違うと認識しなければ温度差が埋まることはありません。

では、この温度差を解消するにはどうしたらいいのでしょうか?

以下に具体的な解決策を記していくので、ぜひチェックしてみてください。

メールで女性が温度差を感じた時の対処法

メールはコミュニケーションツールのひとつですが、女性は会話的に使い、男性は意思伝達に使います。つまり男性はメールでなんの意味も持たない内容を好まないということになります。

温度差は時間差でもあります。

会話していて、相手が即答しなければ自分に対して興味がないのでは?と抱くのは当然のこと。したがって「おやすみ」メールをうっかり忘れた時は朝、速やかに「おはよう」メールを返すだけで時間差を縮めることができます。

また「今、何しているの?」メールは一読すると意味がないように思えますが、これは女性が一緒に遊んでほしいというサインです。もちろん会ってデートすることがベスト。しかし時間的制約もあるのでメールの交換だけでも女性は満足できます。

仕事でどうしても相手ができない時であれば、それをきちんと伝えるだけで温度差まで感じることはありません。

もし、それでも文句を言う相手であれば男性側が温度差を感じても構わないでしょう。

ケース2.「デートの最中、いきなり彼女が無口になるパターン」

デートは女性にとってハレの時間。

とくに恋愛初期においては男性に気に入られたいという願望だけでなく、デートによって自分を着飾ることができるという喜びがあります。この点を理解しない男性が多いことから、デートの最中でも女性は温度差を感じた時に遭遇してしまうわけですね。

たとえばデートの回数が少ないのに、早くもカジュアルな格好で身だしなみも整えていない時。女性がオシャレしているのに食事がファミリーレストランだったり、一緒に行く映画が男性好みのアクションやホラーだったり。あるいは初めて女性友達に紹介するのに言葉使いや態度が粗野だった時。

他にもそれほど親しくないのにやたらと人前で肩を組んだり手を握ったり、といったスキンシップも女性によっては好ましく思いません。

これらの行動で女性が無口になった時は温度差を感じた時です。

では、このようなときはどういった対処をすればいいのでしょう?

女性がデートで温度差を感じた時の対処法

恋愛初期段階のデートは足元を固める大切なチャンスです。

女性が喜べるように事前準備を怠らず、予防策を張っておくのが女性に温度差を感じさせない最善の方法となります。女性のオシャレは個人差があるので一概には言えませんが、普段の洋服のセンスを観察する、デートの前日は「明日、どんな服を着てくるの?」と聞くだけで予防策になります。

デートコースを予め想定しておくことは言うまでもありませんね。

それでも万が一、デートの最中に女性が無口になった時はけっしてその場で無口を追求したり逆ギレしたりするのは足元を自分から崩す行為だと自覚してください。

女性は温度差を感じているけれど、この温度差ぐらいで男性を失うのはもったいない、と心の中で逡巡している最中なのです。

温度差を感じた時の要素が何であるか冷静に判断し、デートの最中でも構わないので、少し時間を開けてから「気がつかないでごめんね」と謝れば温度差は一気に解消します。

ケース3.「最初のキスで女性の温度が一気に冷める」パターン

キスは性的行為です。

女性との仲が深まれば実感できますが、初期段階においては女性にとってロマンチックな愛を交わす行為という意識があるため、キスの仕方や場所で女性は一気に盛り上がることもあれば、逆に冷めて二度と会わないという事態に陥ることもあります。

まさにキスはギャンブル。

キスをしたがって女性をわざと暗闇に連れて行こうとするケースは、女性がもっとも温度差を感じる時です。また性欲に任せて強引に迫れば身体が目的と思われ、最初からいきなり舌を絡めようとすれば女性からロマンチックじゃないと嫌われます。

ただし、こういったキスはすべての女性が温度差を感じた時になるとは限りません。

むしろ濃厚なキスを望んでいた、あるいは情熱的なキスほど相手を好きになるという女性もいます。相手のタイプを見極めてからファーストキスのタイミングと方法を決めるようにすれば、女性も温度差を感じずに盛り上がるはずです。

キスで温度差を感じさせてしまった時の対処法

性的行為を露わにしたファーストキスで女性が拒絶し、引いてしまった時は男性に取ってピンチ的状況であることは間違いありません。

しかしピンチの時こそチャンスなり!とは多くの著名人が格言に残しています。

よほど嫌われているところに強引なキスをねじ込んだ場合は別ですが、軽いタッチまでのキスを許したのであれば女性は男性に好意を持っているので、多少、舌を絡めたところで拒絶させても嫌われているわけではありません。

まずは落ち着いてください。

それから相手の目を見つめて「ごめん、あまりに魅力的なのでつい…」と、このセリフを言うだけで女性は自分にその魅力があると思い込み、空気が一気に和むだけでなく次のステップに進みやすくなります。

くれぐれも深追いだけはしないでください。これがピンチ的状況をさらに悪化させます。

ケース4.「ベッドイン後に男性の態度次第で温度差が広がる」パターン

ベッドインまで漕ぎ着けたということはそれまでの温度差を解消できた、ということですね。しかしベッドインは男女間で温度差が極端になる時です。

相性がよければ温度差がまったくなくなり、悪いと一気に開いて恋人関係すら揺らがせる結果になります。

一般的に女性がベッドイン後、温度差を感じた時は男性が自分勝手にエッチをして満足する、エッチが終わった後に抱擁してくれず冷めた表情になる、などがありますが、女性によってはエッチが下手というケースも見受けられます。

これは男性にも言えることですね。

未開発の女性を好む男性であればマグロ的な状況下でも興奮しますが、やはりエッチを2人で楽しみたいという男性にとっては物足りない、つまり温度差を感じた時となります。

また最近は矯正下着が流行っているので、服の上からでは身体のラインが分からず、いざベッドインした時はまったく自分好みの体型ではなかった、という場合も温度差を感じた時になってしまいます。

このコラムを読んでいる男性は恋愛テクニックを少しでも学んでいるはずなので、自分勝手なエッチをする人はいないでしょう。したがってベッドインで男性が温度差を感じた時、無理をしてまで女性に合わせる必要はありません。

ここで無理をして温度差を合わせると女性は一気に結婚までたたみかけてくる可能性があります。エッチの温度差を感じたままゴールインしてしまうと長い人生、後悔することになるので切り上げるべき時は早めに決断しましょう。

ケース5.「出会い系サイトで女性が温度差を感じる」パターン

出会い系サイトに登録している女性はどのような形であれ、男性と付き合うことを目的としているので温度差に対しては比較的寛容です。

とくにPCMAXなど年齢層の広い出会い系では若い女性登録者が比較的年齢の高い女声登録者に取ってライバルとなるため、微細な温度差を追求していたらお付き合いできない、という現状を持っています。

したがって温度差が少ないメールの交換を実現できますが、実際に会う段階になるとメールで交わした内容とどれだけ違うか、冷静に品定めを行ってきます。

そこでメールの文章と違って話し方が乱暴、申告していた年齢よりも上または体型が異なる、交換した写真も修正している、などの相違点が見られると一気に温度差を感じて冷めた出会いになってしまいます。

出会い系サイトで温度差を感じさせないための対処法

ファーストメールを送る際、女性のプロフィールを予め見ておけば温度差が違うと思われる女性を避けることができますし、また気に入った女性であれば温度差の調節が可能です。

つまり出会い系サイトは最初から温度差の少ない恋人選びができるのです。

また出会った時、女性が男性に対して温度差を感じるように男性も当然、温度差を感じた時が出てくるはず。そんな時でも、その女性に固執せず他の女性へ速やかに切り替えることができますね。

女性もメールで必ず正しいことを申告してくるとは限りませんが、少なくとも男性側から身体特徴や交換写真に関して正直に申告していれば女性が温度差を感じる時はありません。

出会い系サイトで温度差を感じさせないための最善策は、出会いまで持っていくために加飾するのではなく謙虚になることです。容姿を過少申告しておけば、出会った時にむしろ女性の温度を上げることができます。

もし、あなたが今後出会い系サイトで多くの女性を虜にしたいと思っているのであれば、ぜひとも今からこのスキルを身につけるように努力してください。

しかし、まったく出会うことのできない出会い系サイトを利用してもトレーニングを積むことが不可能なので、トレーニング目的であれば人で溢れている出会い系サイトをチョイスする必要があります。

そこで私がおすすめしたい出会い系サイトは「PCMAX」ですね。

PCMAXは日本を代表する出会い系サイトであり老舗です。
ここを利用すれば間違いなく女性とのやりとりは可能になるので、ぜひ男としての経験を積んでください。

なお、私はいつもPCMAXをメインに利用しています。

勝率はなかなかのものですよ。

まとめ

以上、「【恋愛】恋人と温度差を感じた時まとめ」でした。

恋愛初期、男性は女性から選ばれる側にあります。

最初からベッドインまでの段階、すべてにおいて女性はつねに温度差を確かめ、その温度差を感じた時、男性は窮地に追い込まれ、対処法を間違えれば恋愛不成立となります。

したがって男性は人生のポリシーに反しない限り、選ばれる側の務めとして温度差をできるだけ少なくするために努力しなければなりません。

女性はベッドインまで微細に温度差を確かめますが、ベッドインで合格ラインに達すれば温度差に対して寛容になります。逆に男性はベッドラインまでの温度差に対して女性に合わせる寛容さを持っていても、ベッドイン後の温度差に対して厳しくしても構いません。

女性は温度差に対して寛容になっているので、男性の温度に合わせようとしてきます。

つまり恋愛の主導権を握ることができるわけですね。

男女の間に温度差はあって当然。しかし上手に調整すれば恋愛を思い通りにできる材料にもなるのです。

それでは素敵な出会い系ライフを〜。