みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

あの女性も男性も<恋愛ができない理由>は何なのか?


いまの時代、女性も男性も20代~30代を中心に、恋愛ができない理由を抱えた世代だと言われています。

草食系男子などと騒がれたのはいまから10年前のことですが、いまならやや遅れている感じがします。

10代や20代では草食系男子というより中性的な魅力を持った新しい男子像の子が増えています。彼らが大人になる頃、別の言葉が取って代わるかもしれません。

何はともあれ、20代~30代といった世代は「恋愛できないと呼ばれる世代」となるわけですが、オンラインを通じ、出会い系サービスを使用してきた身には、そんなに単純にはいかないだろうとも思っています。

そもそも、恋愛ができない理由なんて本当にあるのかいまだに疑問です。

そこで今回は「あの女性も男性も<恋愛ができない理由>は何なのか?」と題して、恋愛ができない理由の本質について解説します。

あなたの周りにもきっといる<恋愛ができない男女>

昨年、大ヒットしたTBSドラマ『逃げるが恥だが役に立つ』は、子どもたちには「恋ダンス」と、大人たちには恋愛下手な男女を痛快に描いたことが話題となりました。

また、あのドラマでは、30歳を過ぎても童貞のままの男性がいて、それがめずらしくはないことと同時に、恋愛ができない理由にはならいことを知った人もいたのではないでしょうか。

まさに時代は恋愛ができない理由に満ちた男女でいっぱいで、また、恋愛に非積極的な人で溢れています。

私の世代は、まだそうでもないと思っていますが、ちょうど『逃げ恥』世代に当たりますから、上の年代の人からすると、ちょっと特殊な世代に映っている気もします。

テレビのニュースでも、22歳~39歳の社会人男性の彼女事情を調査した結果が報告されていましたが、たしか4割強の男性が彼女のいない状態であること、自分たちが恋愛できない理由については、彼女との時間より趣味や仕事を優先したい、また出会い自体が少ないことを言い訳にする男性もいます。

世代が近いこともあり、気持ちは分からないわけではありません。たしかに、同世代の男女を見ていると、彼女彼氏をつくらないことにそれほど焦っていないように見受けられる人もいます。

ただ、それはあくまで一部であって、多くの人は恋愛を求めている。

そのように私には映ります。

20代~30代男女の<恋愛ができない理由>

少なくとも、私たちの周りには恋愛ができない男女が確実に増えていることだけはわかりました。

ただ、彼らの発する恋愛ができない理由に耳を傾けてみると、なるほどと思うことも確かにあるのですが、かならずしも恋愛自体を拒絶しているわけではないという部分もあります。

それに彼らの恋愛ができない理由をあらためて見てみると、感覚的にですが、そこには時代を象徴するような要素は意外と少ないことがわかります。

たとえば、いまなら恋愛ができない男女が増えている理由に、「恋愛より面白いことが増えている」ことも入ると思うのです。若い人たちの間でヲタク化が進んだこともそのひとつに数えられると思うのですが、それが、気になる異性を求めるという人間の本質的な性向まで変えるには至ってはないようです。

以下に引き続き、恋愛ができない理由をあげていますので、それぞれ見ていきましょう。

過去の恋愛でトラウマを抱えているケース

過去に恋愛でイヤな思いをし、それが原因で恋愛に臆病になり、また恋愛ができない理由になっている場合もあります。

いわゆるトラウマです。

トラウマとは、死を意識するぐらいの強烈な精神的外傷体験ともよばれており、恋愛だと、大抵が別れか、あるいは予期せぬ死別の体験がきっかけになる場合が多いかもしれません。

本当に思い出したくもない体験としてトラウマをつくってしまうと、恋愛ができない理由が確実にそこにあり、恋愛し難い体質になってしまうこともあります。ただし、トラウマを抱えてしまうような経験をしても、その人が、もうそれっきり恋愛ができないわけではありません。

なぜなら恋愛する心は、いつも心が弱い状態に限ってかならず訪れるからです。

恋愛を頭から拒絶しないかぎり、恋愛のチャンスはかならず訪れますし、トラウマの記憶を書き換えることができる素晴らしい相手が現れます。恋愛ができない理由はそこにはありません。

トラウマで恋愛ができない理由が生じた場合、記憶のプログラムを書き換えられるのは恋愛だけではありませんが、素晴らしい出会いによってもたらされる恋愛ほど、効果的な治療法もおそらくありません。

トラウマを治そうとしてくれるのも素晴らしい恋愛なのです。
恋愛ができない理由を考えるのはその後です。

そもそも人間が好きでないケース

恋愛ができない理由が、人間が好きでないというケースも良く耳にします。
人はなぜ人間嫌いになんて、なってしまうのでしょうか。

学生のころ、たとえば、仲間をつくってのグループ行動に馴染めなかった人たちがいましたよね。もちろん、彼らのすべてが、人間嫌いになったわけでありませんが、なかには、その状態のなかで「僕は(私は)それほど人間が好きじゃない」と嘯く人が出て来たようにも思います。

いまに思えば、当時、彼らの存在を認めてあげるだけの優しさが足らなかったのかもしれません。恋愛ができない理由があらわれた瞬間です。

また、私の友だちにも、別の友人から裏切られたことで急に付き合いが悪くなってしまい、それから行方も聞かなくなったヤツがいました。もしかすると、彼も同じように、恋愛ができない理由に「もう友だちが信じられない」とつぶやいていたのかも知れません。それを思うと、とても寂しい気持ちになります。

ただ、こうした「人間嫌い(?)」のきっかけは、学生のころに限らず、大人になってからも「私は人間が好きでない」と言い出す人もいるでしょう。そして、恋愛ができない理由に「人間嫌い」であることを彼らは表明しますが、彼らに共通するのは、人や友だちとの関わりのなかで大きく傷ついたことが、人間嫌いになった最大の理由というもの。

恋愛ができない理由は、むしろ後付けにしか過ぎません。

ですから、「人間嫌い」やあるいは「恋愛嫌い」を装いながら、彼らには好きなる相手が表れ、その相手といつか恋い焦がれる思いを体験するときが訪れるかもしれません。

じつを言うと、かりに人間嫌いになっても、それほど大きな問題ではありません。そんなことより問題なのは、大切な人がすでに目の前に表れているのに、それに気づかないフリをすることです。

あなたにとって大切な異性は、どんな場合でもあなたを信じてついてきてくれます。

そこには恋愛ができない理由などありません。

たとえ、あなたが人間嫌いであっても、そんなことはどうでも良くなることを私が保証します。

恋愛に集中できない環境下にあるケース

恋愛ができない理由に、いま恋愛に集中できない環境下にあることをあげる方がいます。

たとえば学生さんであれば、資格の取得や単純に学び深めたいテーマある方もこのタイプに数えられると思いますし、スポーツに打ち込んでいる場合も、恋愛ができない理由が優勢になります。

また、社会人になったばかりの人は、恋愛より仕事の方が大事です。

特に20歳代は将来を掛けて取り組む仕事を早く自分のモノにしなければなりません。なので、一時的に恋愛を忘れるぐらい、仕事に集中しても全くおかしなことではありません。

何も、無理に恋愛することが良いと言っているわけではありません。私ですら、恋愛ができない理由に支配された時期がありました(もしかしたら、皆とおなじように恋愛ができない理由をあげていたかもしれません)。

ただ、人の心は常に仕事や特定の趣味に向いてばかりではありません。なぜなら、人はかならず心に奥底で理想の異性を追い求めているからです。

人間の心は弱いもので、心に隙ができると、恋愛したい気持ちが生じます。そして、普段ならそんな気持ちにならない人まで、その人を前にすると歯止めが利かなくなります。

たとえば、自分の少ない年収では、とても幸せな生活などイメージできないとわかっていても、コントロールが利かなくなるのが恋愛のはじまりです。

賢明に仕事だけを追いかけて、言わば、恋愛に集中できない環境下にあることを自分に課してきた人は、つぎは理想の異性との幸せな生活などイメージし、仕事でのランクアップを目指そうとします。まさに理想的な好循環です。

もちろん、遊びだけで終わる恋愛もあるでしょう。また、伴侶となる人を見初める恋愛もあるでしょう。

ただし、あなたが堅く恋愛ができない理由に掲げてみても、恋愛を完全に拒否しない限り、出会うべき人にはかならず出会います。たとえ、いまは恋愛に集中できない環境下にあっても、恋愛ができない理由がいつまでも続くわけではありません。

恋愛に対して興味がないケース

最後に恋愛ができない理由にあげたのは、そもそも恋愛に対して興味がないというケースです。

恋愛ができない理由にこれを言われると、もはや何も伝えられなくなってしてしまいます。

もちろん、この理由が真実の場合もあるでしょう。
もう、恋愛には興味がないのだと。

しかし、恋愛に対して興味がないのは、多くの場合、既婚者が言うことが多いのです。彼らの場合、すでに愛する人はいますのであえて恋愛に対して興味がないと言うのでしょう。

また、独身者で恋愛に対して興味がないとする方は、すでに燃えるような恋を過去に経験してきた方が多いのです。

恋愛ができない理由に、恋愛に対して興味がないというのは、ある意味、その多くが根拠のない理由が多いのです。

まとめ

以上、「あの女性も男性も<恋愛ができない理由>は何なのか?」でした。

恋愛ができない理由とは、時代がもたらしたひとつの傾向でもあるのですが、多くの場合、その逆のことを無意識に言っているだけでもあるのですね。

つまり、「トラウマを抱えているから」も「そもそも人間が好きでないから」も、「恋愛に集中できない環境下にあるから」というのも、そして「恋愛に対して興味がないから」という恋愛ができない理由も、本当は恋愛したいという願望を伝えているだけと私には感じるのですが、如何でしょうか。

なぜそう思うのかというと、私は10年近く出会い系サイトを使っていますが、PCMAXやワクワクメールなどの優良なサイトは、常にサービスが上向きなのですね。

ネットで男女が交流できるサイト数は年々増加の一途をたどっています。
もちろん競合も増えています。

それでも、全く利用する方の数が減らないのは、20代〜30代の利用者の数がいまも健在だからです。しかも、この流れは世界的にも言えることです。

もしリアルで恋愛ができない自分を変えようと努力はしているものの、まったくその努力が報われないのなら是非とも出会い系サイトを利用してみてください。

当サイトのトップページでは優秀な出会い系サイトのみを厳選して紹介します。
興味がある方はぜひそれらのサイトをチェックしてみてください。

きっといい出会いを掴むことができると思いますよ。

それでは快適な出会い系ライフを~。