みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

出会い系アプリ「フレンズ」が悪質コンテンツである理由


優良出会い系サイトを利用して女性との楽しい時間を過ごしてきた私は、これまで多くの出会えない擬似出会い系アプリや二枚舌出会い系アプリの駆逐を目指して検証を行ってきましたが、ついに最強極悪の出会い系アプリを発見しました。

その名は「FRIENDS〜フレンズ〜」です。

これまでの二枚舌出会い系アプリや擬似出会い系アプリとは比べ物にならないほどの悪意に満ちたコンテンツには驚くばかりです。

なお、ID交換掲示板のアプリで「フレンズチャット」という出会い系アプリもありますが、これとはまったく別物です。もっとも「フレンズチャット」にしたところで悪質な偽出会い系アプリであることに変わりありませんが。

そこで今回は「出会い系アプリ「フレンズ」が悪質コンテンツである理由」と題し、どれほど極悪非道な偽出会い系アプリであるか検証します。

「フレンズ」のコンテンツには危ない仕掛けがいっぱい!

悪質と呼ばれる偽出会い系アプリは出会い系テンプレ・プログラムを使っているのでタイトルだけが異なり、その機能的にはほとんど共通です。

女性会員はすべてサクラ、メッセージの返信が150〜250円、掲示板の動画閲覧が200〜500円といった具合に。

もちろんこれだけでも料金は高いし出会えないし、とかなり悪質ではありますが、「フレンズ」の極悪非道ぶりを見ていると可愛いもの、と思えてしまうから不思議です。

他の悪質な偽出会い系アプリは入会しても課金さえしなければ被害に遭うことはありませんでした。

しかし「フレンズ」は料金体系がさらに高い上、入会するだけで被害に遭うのです。

サクラをからかう、という安易な気持ちでプロフィール入力すると後悔するので、絶対にダウンロードしないでください。

メール開封だけで230円という法外な料金体系

まずは「フレンズ」の法外にもほどがある、と言いたくなる料金体系から紹介します。

・プロフィールの写真を見る:0p
・写真を掲載する:0p
・掲示板検索:0p
・掲示板を読む:0p
・掲示板に投稿する:1p
・プロフィールを読む:0p
・メールを読む(新着):23p
・メールを送る:26p
・受信メール添付画像を見る:0p

1pは10円です。プロフィール閲覧や掲示板閲覧、受信メールの添付画像を見ても課金されないじゃないか、他の悪質アプリよりもマシじゃないの?と考えるのは早計。

新着のメールを開くだけで230円、その相手メッセージを送るだけで260円、つまり1回のやりとりだけで490円も課金されるのです。

もちろん新着メールはテンプレ・メッセージ、つまりプログラムが入会と同時に送ってくる定型文です。それらのメッセージには必ずエロい自撮り画像が添えてありますが、これは拾い物。つまり新着メッセージはサクラですらなく、プログラムが作動しているだけなのです。

さすがに、どの偽出会い系アプリも新着メッセージを開くだけで230円も課金するところはありませんでした。これだけでも極悪非道ぶりが分かるというものですが、「フレンズ」にはさらに驚くべき悪質な機能まで備わっていました。

登録後と退会後には強制的にメールが送られてくる!

他の悪質な偽出会い系アプリは退会する必要がありません。

アプリをアンインストール、つまり削除してしまえばいいだけです。しかし「フレンズ」の場合、それだけではありません。

利用規約第3条には以下のように記されています。

メールサービス:会員は当サイトが行うメールサービスを受信することに同意し、且つ、登録後30日間及び退会後30日間は当該メールサービスを受信することに同意する。

つまりプロフィールを入力した段階で登録と見なされて「フレンズ」と無関係のメールが1ヶ月間、大量に送られてきて、嫌気が差してすぐに退会しても都合2ヶ月間は怪しいメールに悩まされ続ける、ということです。

途中、「フレンズ」関連のメールも送られてきますが、万が一、それをクリックすると退会意思がなかったものと見なされてその時点からまた2ヶ月の初日に戻ってしまいます。

この極悪非道なシステム、出会い系に関する法律が制定される前の悪質出会い系サイトでも見たことがありません。まさに偽出会い系アプリの頂点に立つのが「フレンズ」といえます。

偽出会い系アプリ「フレンズ」の極悪非道の所業

偽出会い系アプリに一般の女性会員がいないのは当たり前の話。

なにしろ出会い系アプリを運営するにあたって必要なインターネット異性紹介事業の認可を取っていないので、一般女性が会員になり、男性会員と出会ったら取り締まり対象になってしまうのですから、絶対に一般女性は会員になれない仕組みになっているのです。

2017年2月には「年上フレンズ」という偽出会い系サイトがインターネット異性紹介事業の届出を行わず運営していたところ、千葉県サイバー犯罪課に詐欺罪で逮捕された事件がありました。以後、偽出会い系アプリの運営側はことさら出会い系ではないことを強調、また被害が及ばないように悪知恵を働かせています。

それにしてもこの悪徳業者、約20年以上の悪徳出会い系運営で66億円稼いでいたというから、偽出会い系アプリの増殖が止まらないのも理解できる話です。

「フレンズ」もこの仕組みの例外ではありません。

490円かけてテンプレ・メッセージに返信するとオペと呼ばれる運営側のサクラが登場、少しでも課金を巻き上げるために延々と意味のない、けれど男性の気を惹くメッセージを繰り返します。

ここまでは他の悪質な偽出会い系アプリと同じですが、「フレンズ」はサクラばっかりじゃないか!と突っ込まれてもいいように防御策を利用規約に用意しています。

狡猾な偽出会い系アプリですね。

「フレンズ」の利用規約に明記してある無責任ぶり

利用規約に記された防御策は第9常に明記されています。

当サイトは、会員の送信または表示する情報等を含め本サービスの一切をそのままの形態で提供するものであり、会員または第三者に対して、本サービスの内容および本サービスを通じて得られる情報等の内容等について、その完全性、正確性、確実性、信頼性および有用性等について、何らの保証も行うものではありません。

言い回しをわざと複雑にしているので分かりにくいのですが、要するに「フレンズ」が提供するサービスに信頼性や確実性や正確性などは一切なく、しかも会員だってこれに含まれるからサクラであっても文句言わないでくださいね、言われても保証は何もないですから、という意味です。

さすがにここまで明記されるとサクラをからかう元気もありません。

からかったところで他の悪質出会い系アプリと何も変わらないでしょうけれど。

「フレンズ」のURLをクリックすると「ROMANCE」へジャンプ!?

これだけ悪徳非道で狡猾なコンテンツを作れば、さすがに継続する人は少ないはず。継続する男性がいなければたとえ不当であっても利益が出ません。

とすれば「フレンズ」の目的は何でしょう?

おそらく登録と同時に30日間、退会後からの30日間で送り続ける迷惑メールの送信量ですね。

いわゆるスパムメールは1通送ると約10円が送付者の収入になります。毎日100人に100通のスパムメールを送ると、それだけで10万円が運営者の懐に入るわけですね。しかもオートマチックで。

悪徳非道、狡猾の極みです。

なお、利用規約のサイト情報に記されているURLをクリックするとROMANCEという出会い系サイトにジャンプします。一見、流行りの恋活サイトのように見えますが、中身はまったく「フレンズ」と同じで出会える可能性がなく、サクラしかいないという口コミが多数、上がっています。

「フレンズ」とは一応、運営会社や住所が異なり、インターネット異性紹介事業の認可番号も記入されていますが、「フレンズ」のURLからジャンプした先であることを考えると、まったく信用できない出会い系サイトといえます。

「フレンズ」、極悪非道で狡猾なのはまさに魑魅魍魎であるから、ですね。

出会いを求めるなら安心できる老舗の出会い系サイトを利用する

悪質な偽出会い系アプリの中でも「フレンズ」のような極悪非道な偽出会い系アプリの検証をしていると偽出会い系アプリの闇の深さに怖くなることさえあります。どこに落とし穴があるか見当もつきません。

そんな時、老舗の優良出会い系サイトに戻るとホッとした気分になります。

なにしろPCMAXやYYC、ワクワクメールなどの優良出会い系サイトは創業から10年以上、その間に女性誌へ広告を出したりアドトラックを都市圏で運行させたりして女性会員の集客に務めてきました。

もちろん女性会員が気軽に利用できるように監視体制も万全を配して継続しています。

この実績、「フレンズ」のようなテンプレ・プログラムを使ってカンタンにリリースしている悪質な偽出会い系アプリとはワケが違います。

メール1通の送信料が50円と安いのも魅力のひとつ。

やはり出会い系は安心できるところを利用するのが鉄則ですね。

真剣な出会いを求めるなら断然「YYC(ワイワイシー)」がおすすめ

出会い系サイトは数え切れないほど存在するわけですが、どれも一緒というわけではありません。

ここ日本における出会い系サイトの老舗といえば「PCMAX」が有名ですが、こちらは登録者数とアクティブユーザー数がダントツ、さらに宣伝にお金をかけていることもあって女性からの知名度が高いため、数ある出会い系サイトのなかでも“出会いやすい”というストロングポイントを持っています。

とはいえ、それだけ男女が集まるコンテンツですから不純な目的であったり、真剣度に欠けるユーザーが多いのも事実。「自分は真剣に恋人を探したいんだけど・・・」という方にはちょっと不向きなんですよね。

もしあなたが真剣に恋人を探したい、真剣に恋人を探しているユーザーのみが集まる出会系サイトを利用したいと願っているならそれに最適な出会い系サイトがあります。

それは「YYC(ワイワイシー)」です。

YYCは真剣な男女が集まることで知られている貴重な出会い系サイトのひとつで、アプリにも対応しているため、スマホからも快適に利用することができます。

さらにYYC最大の魅力は mixiの子会社が運営しているということ。

その実績は説明するまでもないですし、信頼もまた伴っています。
要するに優良出会い系サイトのなかで清純な出会いを求めるならYYC一択なんですよ。

私もYYCを長く利用していますが、これまでに数多くの女性と出会うことに成功しています。

セフレだったり、遊び目的の関係を求めるなら女性が集まりやすいPCMAXを利用すればいいですが、真剣に彼女を探したいというのであれば断然YYC以外に選択肢はないですね。

そもそもYYCに登録している女性ユーザーの中には、YYCを婚活コンテンツとして利用している方もいます。これって真剣に出会いを求めている現れですよね。

そのため、結婚相手を探すにもYYCは重宝すると思います。

とはいえ、婚活サイトやアプリと比較するとデメリットが多くなるので、本気で婚活をしたい方は婚活サイトを利用したり、結婚相談所に頼るのがベストになります。

まとめ

以上、「出会い系アプリ「フレンズ」が悪質コンテンツである理由」でした。

「フレンズ」のような極悪非道な偽出会い系アプリは早く削除されればいいのに、と思っていたら案の定、AppStoreから削除されました。

まずは喜ばしいことではありますが、「フレンズ」のサイト情報URLのジャンプ先、ROMANCEは依然、健在です。

さらにAppStoreには年齢確認を必要としない偽出会い系アプリが列挙しており、これらの中には「フレンズ」を上回る悪質コンテンツの落とし穴を作って待ち構えている偽出会い系アプリがないとは限りません。

悪質な偽出会い系アプリを駆逐するには利用しないことが最善の方法です。

たとえ課金しなくても「フレンズ」のようにスパムメールで稼ぐところもあるわけですから、アプリをダウンロードする前に利用規約をきちんと読む、口コミをチェックする、などの確認が大切になります。

本当に出会いを求めるのであれば、なにはともあれ老舗の優良出会い系サイトを利用することです。

それでは素敵な出会い系ライフを〜。