みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

婚活で”会話が苦手”は通用しない!無言の時間が怖くてたまらない女性を救う5つの戦略


kaiwanigate0909
会話が苦手な人は、その度合いが増してゆく程に、頭の中はこんな気持ちが渦巻いています。
「嫌われたんじゃないか…」「今ため息ついた!?どうしようっっ」「何を話せばいいの、何を話せばいいの、何を…×100回」

本来、会話は相手とのキャッチボールであるはずなのに、気まずい空気は全て自分のせいだと思い込んでしまう…。あらゆる負の感情で自分を見失っている状態ですね。
これは会話を苦手とする人の大半が陥ってしまう精神状態です。

そんな状態ではまともな婚活ができませんし、男性との関わりにストレスが溜まる一方ですよね。
このページでは、会話が苦手な人の心を軽くする為の考え方やコミュニケーションのテクニックを、難易度別に紹介しています。

【難易度★☆☆☆☆】 会話のテクニックを学ぶ前に、話題作りに励む

neta0828_convert
友達に誘われて興味がないアクション映画を観に行った時と、ずっと前から楽しみにしていた恋愛映画を観た時。
その感想を誰かに話すとしたら、どうしたって後者のほうが熱く語れますよね。

会話とは、お互いが知っている事、経験した事、興味がある事…といった話題を交換し合って成立するものです。

となると、あなたの心が大きく揺さぶられた話題を提供したほうが盛り上がるに決まっています。

会話が苦手な人は、テクニックを身につけようという努力はしますが、会話の基本である話題を探すという努力は疎かにしてしまいがち。そこで、今からやってみて欲しい事があります。

紙とペンを取り出して、あなたの人生を振り返ってみてください。
楽しかった出来事ベスト3、驚いた出来事ベスト3、腹が立った出来事ベスト3など、思い出せるだけとにかくペンを走らせてください。

そして過去の出来事を整理できたら、ポンポン弾むように会話のキャッチボールができている自分を想像してみましょう。きっと次に男性と会話する日が楽しみになっているはず。
↑ここは意外に重要です!会話に対して苦手意識が強い人は、ネガティブなイメージで頭の中がいっぱいになっていますから)

話題があると自然に言葉が出てくるものなんだ!という事を、あなたにもぜひ実感してもらいたいです。

【難易度★★☆☆☆】 経験の積み重ねが、気持ちのゆとりスペースを広げてくれる

yutori0828_convert
話題を仕入れる事ができたら、早速経験を積んでいきましょう。

「会話をするコツも分からないのに?」「いきなり実践なんて不安だよ!」
そんな声が聞こえてきそうですが、会話のテクニックを100個身に付けるよりも、1回の経験のほうが遥かにあなたを成長させてくれます。

緊張や焦り、そして臆病になっている自分。これらはテクニックではどうにもならないので、経験して克服していくしかないのです。

経験は、男性さえいればどこでもできますが、まずは慣れている場所から始めてください。いきなり婚活の場に乗り込むのはハードルが高すぎるので。

職場、趣味の集まり、ショップの男性店員さん等、まずは気軽に話しかけられる人から攻めていき、緊張が解れてきたかなと感じた所で、婚活へとチャレンジの幅を広げていきます。

ちなみに、婚活で経験を積むなら、婚活パーティー…中でも、大規模パーティーがおすすめ。
社交的な人が多いので、人見知りな性格の人にとってはアウェー感があると思いますが、男性と会話の練習をするにはもってこいの場ですし、1回の参加でたくさんの出会いがあるのは大きなメリットですから、利用しない手はありません。

経験を積み重ねたという自信は、心のゆとり生む→あなたらしい振る舞いができる→会話を心から楽しめるという、理想的な流れを作り出してくれるのです。ちなみにモテ女子達はこうしたサイクルを作り出すのがとても上手です。

【こんな事していませんか?】
恋愛初心者さんに多いのですが、一向に経験を積む気配はなく、頭の中でシミュレーションを繰り返してしまう人がいます。そうなってしまうと、想像から現実の世界へ戻れなくなり、失敗を極端に恐れてしまうようになるでしょう。

もし、あなたが想像の世界に浸って抜け出せなくなっているのなら、少しだけアドバイス。

失敗も経験のひとつです。恥ずかしくありませんし、落ち込む必要も全くありません。

経験には必ず1回目があって、10回、100回、1000回と積み重ねていく内に洗練されていき、それがそのままあなたの魅力になります。失敗を恐れて動けなくなっているのは、とてももったいない事なんです。

失敗がどうしても怖いという人は、旅行先で出会った人、カフェでたまたま隣の席に居合わせた人等、もし失敗しても再会する事のない男性を練習相手にすると、いくらか気持ちが楽になるのでおすすめです。

【難易度★★★☆☆】 アイコンタクトをマスターすると、あなたの気持ちは3割増しで伝わる

eye0828_convert
会話が苦手な人は、無言の時間をすごく怖がってしまうものです。自分から何でもいいから話さなくては!と気負ってしまい、質問攻めをする事で会話を埋めようとするのはよくある話。ですが、そこには会話のキャッチボールを楽しむ空気がありませんし、相手を疲れさせてしまいます。

お互いが楽しくなる会話は、一方が話をするだけでは成立しません。
ここでは、自分の話にどうやって気持ちを乗せていくか、そして相手の話をどう受け止めるかという点について考えていきましょう。

会話はお互いの言葉を繋ぐ事も大切ですが、気持ちのやり取りも同じくらい大切。
そして気持ちのやり取りは、体を使った会話がもっとも伝えやすい・伝わりやすいです。

ボディランゲージを入れる、表情の変化を分かりやすくする、アイコンタクトを取る等、色々ありますが、特にアイコンタクトは、話を聞いていますよ、興味がありますよ、という重要なメッセージになりますので、絶対に身に付けて欲しいテクニックです。

ただし注意点はあります。
いくらアイコンタクトが重要だと言っても、ずーっと相手の目を凝視していたら、話が弾むどころか怖がられてしまうので、そこは微調整が必要になります。

・基本的には相手の目を見るのではなく、相手の目と鼻の間あたりを見る
・相手が特に強調して伝えようとしていると感じたら、目を見る
・あなたが話す番になったら、少し視線を落とす時間を作り、強調したい時だけ目を見る

こんな感じで、程よく視線を外すコツも少しずつ実践で取り入れていきましょう。
そしてアイコンタクトに慣れてきたら、体の他の機能も使ってより良い反応ができるよう練習していきましょう。

イメージとしては、言葉が全く通じない異国の地へ行った時に、表情やボディランゲージで一生懸命気持ちを伝えようとする感じ。

普段は表情やリアクションが乏しい人でも、言葉が伝わらないとなると、いつもよりオーバーに表現できるようになりますよね。
それと同じで男性との会話も、異国の地にいる心境で挑んでみるとコツが掴めてくるはずです。

体を使ったコミュニケーションは、共通言語がなくても通用するくらい、強い力を持っているという事を忘れないでください。

【難易度★★★★☆】 あえて好意を隠して男性に近づき、思ったままを口にする

kakusu0828_convert
婚活の場では、必ずしも男性から声をかけてもらえる訳ではありません。
時には女性のあなたから歩み寄る場合もあるでしょう。

もしそうなった時は、意外に思うかもしれませんが、あえて好かれようとも、褒めようとも思わずに話しかけるのが上手くいく秘訣です。

というのも、初対面で明らかに好意丸出しで話しかけてしまうと、返って警戒心を抱かせてしまうかもしれないからです。
警戒心まではいかなかったとしても、距離を置かれてしまう可能性は大です。

例えば、全く面識のない男性から好意があるような素振りで話しかけられたら、あなただって警戒心を持つと思います。
初対面で褒められたり、好意を寄せられたりするのはどうしても違和感がありますから。

好意を隠して話しかけるテクニックを使えるようになると、こんなメリットがあります。

・男性の警戒心を解く事ができる
・結婚や恋愛感情に執着しないので、打ち解けるのが早い
・たくさんの男性に声をかける事ができる
・自然体で話しかける事ができる

つまり、初対面は異性としてではなくて、人間同士の交流を楽しむという事です。
面白いと思った、自分との共通点を見つけた等、男性に対する好奇心をそのまま伝えてみましょう。

『なんか元気がないように見えるな。何かあったのかな』『何そのリアクション!ウケる!』『この人かなり大荷物だけど、一体どこから来たんだろう?』『すっごい背が高い!どれくらいあるんだろう?』…等。

ちなみに、どんなにタイプの男性だったとしても、恋愛感情や結婚願望とは関係のない好奇心を口に出すのがポイントです。

長く婚活に励んでいると、はじめましての段階で結婚を意識するような話題が普通になっていますが、会話が苦手女子がそれをやってしまうと、余計な緊張感を生み出してしまいます。

初対面でいきなり結婚を意識した話をするのは、コミュニケーションの順番をすっ飛ばした形になってしまうので、どうしても気持ちがついていかないのです。

相手を知り、自分を知ってもらうのがコミュニケーションの基本。純粋な好奇心を口にする事はその基本に当てはまります。
だから、自然な会話が楽しめるのです。

【難易度★★★★★】 予想を覆す会話をすると、男性はあなたの虜になる

toriko0828_convert
会話のテクニックを勉強していると、学ぶべき事はまだまだたくさんあるんだなぁと、その道のりの長さにちょっと気が遠くなってしまいます。

・共通点を探そう
・会話のマナーを身に付けよう
・女性らしさを持とう
・男性のプライドを傷つける発言はNG
・男性が気持ちよく話せるように聞き上手に徹しよう
・褒め上手になろう

こうしたノウハウは、探せばいくらでも見つかりますよね。

確かに間違ってはいませんし、否定する気もありませんが、これらを会話の軸にしてしまうと、都合の良い女、または結婚に必死すぎる女、男に媚びている女、退屈な女…と、散々なレッテルを貼られてしまう可能性大なんです。

ではどうすれば良いのか…という事ですが、難易度は高くなるものの、これが出来るようになれば、会話を最高潮に盛り上げられるテクニックがあります。
それは、男性の予想を超えた発言をするというものです。

会話の面白さは、形式的な質問を投げかけたり、相手を良い気持ちにさせるといった試みだけでは生まれません。予想に反するから面白いのです。
褒められると思ったのにけなされてしまった。
なんだよこの女…と思いきや、持ち上げられた。
あれ、もしかして俺に気がある?と思ったのに、再び落とされる…etc.

こうした揺さぶりトークは、場合によっては否定的な言葉にも聞こえますからリスクもあります。ですが、このリスクがあるからこそ予想を覆せる大きなパワーがあるとも言えるのです。

【揺さぶりトークの例】
男性:そういや、この前会社で表彰されたんだよね
女性:あー…仕事がデキる男アピールだー。私はそんなんで落ちるほど簡単な女じゃないんだから!
男性:違うよ!そういう意味じゃないって!ただ残業続きで頑張ったからさ。ちょっと思い出しただけ(あれ!予想外の反応…焦った~)
女性:ふ~ん…てかさ、表彰されるって、みんなのお手本になったって事だよね。初対面だけど、早速尊敬しちゃったよ
男性:(ん?褒められた?)
女性:そういえばうちのパパも仕事人間でさ、家族のために命かけて働きますって感じなの。そんな背中を見て育ったから、実は仕事デキる男の人にはちょっと弱いかも…
男性:まじで?(これは完全に俺に気があるな!)
女性:でも、パパとはろくに口も聞かないくらい嫌いだけどねーw
男性:パパをもっと尊敬しろー!(あれ?なんだこの煮え切らない感じは…)
女性:ところでさ、仕事っていつも残業なの?
男性:そうでもないけど(もうどうでもいい気分になってきた…)
女性:定時に終われる男こそ真のデキる男だと思わない?来週の火曜日7時までに○○ってレストランに間に合ったら、仕事がデキる男だと認めてあげると共に、ご褒美として奢ってあげるよ!
男性:(アレ…何この展開?一体どっちなんだよ…)

~後日、待ち合わせ当日~

女性:わー本当に来てくれた!もしかして無理させちゃった?今日は私のワガママに付き合ってくれてありがとう!

男性:(照)

さすがに、かっちりしたお見合いでここまでフランクな感じで話せないと思いますが、婚活パーティーや合コンといった場所なら、タイミングが見つかるはず。チャンスがあればぜひ試してください。

揺さぶりトークは、あなたが主導権を握って会話ができるだけではなく、自然に次のデートまで持ち込めるくらいの強力なテクニックです。

男性:この前会社で表彰されたんだよね
女性:わーすごい!さすがデキる男って感じですねー!

…なんてありきたりな褒め言葉を並べて、どうやって次のデートに持ち込むんですか?
褒めて気を使って疲れ切ったあなたは何の収穫もなく、家に帰るなりベッドに倒れこむのがオチです。

そんな消耗してばかりの婚活をするくらいなら、ちょっとのリスクを背負う勇気を持ち、会話をもっと楽しみましょう!

会話のテクニックはたくさんありますが、このページでは最低限&すぐに結果を出せるものだけを厳選して紹介しました。絶対に会話が弾む必勝法なんてものはありませんが、経験していく内に微妙なサジ加減が分かるようになってくるので、そうなってくると婚活は一気に濃い内容へと変わっていきます。

会話が苦手…から、人と話しをするってこんなに楽しいものだったんだ!と、あなたに気付いてもらえたなら、こんなに嬉しい事はありません。

『昔は自分も同じ事で悩んでいたなぁ』なんて懐かしみつつ、友人の恋愛相談に乗れるくらいのモテ期があなたにも到来する事を願っています。


  関連記事