みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

「婚活で人見知りは致命的?」勇気がでてくる会話のコツ6選


人見知りな性格だと「はじめまして」の場はとにかく緊張します。何て話しかけようか考えているうちに時間がどんどん過ぎていき、それが更なる焦りや緊張に繋がってしまいます。

相手から積極的に話しかけてもらえたら少しは楽ですが、上手く話についていけず結局微妙な空気になってしまって自己嫌悪・・・なんてこともよくある話。

そんな人見知りさんが婚活をすると決めたのなら、きっと一大決心だったはずです。

ここでは、人見知りさんが婚活をするうえで気をつけてほしいこと、考えてほしいことをまとめています。肩の力を抜いて笑顔で会話できている自分を想像してみてください。きっと近い将来そうなる日がくると信じて一歩一歩進んでいきましょう。

人見知りって治せるの?「楽しそうに会話している人たちが羨ましい・・・」

人見知りな性格ゆえに悩みはつきないと思いますが、一番気になるのは「治せるのか」ということ。

いつもあなたの周りは、楽しそうに会話をする人たちで溢れていたと思います。男女関係なく親しげに話せる人って本当に羨ましいですよね。

なんであんなにスッと話しかけられるのだろう?自然な笑顔でいられるのだろう?私はどうして人前だと緊張してしまうのだろう・・・?傷つくのがこんなにも怖いのだろう?

人見知りで良かったというエピソードはなかなか思いつかないでしょう。損ばっかり、辛いことばっかりで治せるものなら治したいのではありませんか。

人見知りを治せるのかどうか?という疑問については、上手く付き合うことは可能だと考えます。人見知りとひと括りにせず、もっと細かく噛み砕いて考えてみましょう。

人見知りとは?具体的に把握しておこう

人見知りの性格、特徴には次のようなものがあります。

・初対面がとにかく苦手
・人といると居心地が悪くぎくしゃくしてしまう
・警戒心が強く、なかなか人を信用できない
・傷つくのが非常に怖い、傷つきやすい性格
・自分の気持ちを話すことができない
・人とは狭く深く付き合っていきたい
・周囲の目や反応がとても気になる
・会話の内容よりも自分がどう思われているかが気になる
・相手から話しかけられるのを待つ受け身な性格
・目を見て話すのが苦手
・物事を悲観的に捉えがち
・バッタリ友達と会うというシチュエーションが苦手
・人と関係を深めるのに時間がかかる
・他人の評価を素直に受け入れられない

人見知りならではの特徴というのは実際にはそんなになくて誰にでも当てはまりそうなことばかりです。たとえば「周囲の反応が気になる」なんて気にならない人のほうが少数派だと思います。ただ、人見知りさんはそれが過剰になってしまうのが、コミュニケーションを築いていく上で障害となることが多いのです。

決して人が嫌い、一緒にいたくないということではなく、自分にとって居心地のよい空間作りが苦手なために結果的として人付き合いを避けようとしてしまいます。

自分の心の中を覗いてみよう

上の項目に当てはまるほど、人見知りの傾向が強く、生きにくさを感じていると思いますが、そもそもなぜ人見知りは起こるのでしょうか。

人見知りになってしまう原因はいくつか考えられますが、根底にあるのは「好きになってもらいたい」という気持ちと「自分なんて」という自信のなさです。

この2つってかけ離れていると思いませんか?自信がないと人の好意を素直に受け取ることが難しいので、仮に好かれていても気付くことができません。

むしろ、騙されるのではないか、どうせ裏切られるだろう・・・と悲観的な結末ばかりを思い描いてしまうのが人見知りさんの特徴なのです。しかも、好かれたいのに自分をさらけ出すことができない苦しみも抱えています。

心がバラバラになる感覚に襲われたことは一度や二度ではないでしょう。

ですが、この感覚はきっと軽くできます。自分の弱みを知り、受け入れることは、人見知りと上手く付き合うための第一歩なんです。

人見知りな性格と上手に付き合うためのコツ5個

1.【意外?】人見知りの強みも知っておこう!

人見知りといえば、人間関係を築くことができないことばかりに意識が集中しますが、実はこんな風に言い換えることもできます。

細やかな配慮ができる

人の反応に敏感なので、特に一対一でのコミュニケーションの際は相手にとって居心地のよい空間を提供できます。最初は先回りし過ぎることもあるでしょうが、時間の経過とともにいい感じの距離感を掴めるようになるでしょう。

人と深く繋がることができる

誰とでも仲良くできて、毎日のように飲み会に参加するような人に憧れを持っているかもしれませんが、こうしたタイプは「広く浅く」な人付き合いがモットーです。それに比べて人見知りさんは「狭く深く」な人付き合いを得意とします。お互いの心から信頼し合える関係を作ることができるのは、とても素晴らしいことです。

リスクやトラブルを回避できる

人見知りさんは何をやるにも慎重に進めていくので、勢いで行動してトラブルに巻き込まれる、不要なリスクを背負うといったこととは縁のない生活を送れます。

正直者なので信頼される

正直でいたいというよりも、正直でしかいられないのが人見知りさんの特徴です。演技をしたり、その場を取り繕うことも苦手ですが、それは相手目線からすると「信用できる人」に映ります。裏表のない性格ゆえに困ったこともあるでしょうが、それでも最終的に信頼を得ることができるのは大きなメリットです。

聞き上手の素質がある

無口だと相手を退屈にさせてしまうと悩んでいるかもしれませんが、みんなが自己主張が強かったらそれはそれでコミュニケーションは成立しません。たくさん話したい人と、たくさん聞いてあげたい人がペアになると、とても上手くいくと思いませんか?人見知りさんは聞き上手になれる素質があります。

人見知りは視点を変えてみると、気配り上手だったり、一生モノの友達付き合いが得意だったり、正直者であったりと良い面も見えてきます。この良い面をもっと伸ばしていこうと考えられるようになると、少し気持ちが軽くなりませんか?

2.自分と同じ性格の人が目の前にいたら・・・と想像してみる

人見知りで悩む多くの人は、自信のなさや自己嫌悪に陥ってしまいますが、想像してみてください。あなたとそっくりな人が目の前にいたら、その人を非難する気持ちになるでしょうか。

非難するどころか楽にしてあげたい、話を聞いてあげたいと思いませんか?「大丈夫だよ」「あなたは愛されているよ」「すごく努力しているよ」など、架空のその人にかけてあげたい言葉は、全てあなたがあなた自身に伝えてあげてください。

そして、もしあなたとよく似た人と出会ったなら、弱みをさらけ出してみてください。自分をよく見せようとするよりもきっと距離が縮まるでしょう。

ただし、卑屈っぽくなるのはNGです。「本当自分なんて何もできないからさ・・・」なんて言ってしまったら、相手に余計な負担をかけてしまいますし、一緒にいたくない存在になってしまいます。

弱みをさらけ出すときは実際にあったエピソードを中心に語ってみてください。「この前の婚活パーティーで気になる人がいたんだけど、緊張のあまり涙が出てきちゃって仲良くなるどころか困らせてしまったの」という感じ。明るく冗談っぽく振り返ることができればより話が弾むと思います。ついでに恋愛相談にも乗ってもらえるかもしれませんね。

弱みをさらけ出すのは女性よりも男性のほうが苦手とする人が多いですが、冗談っぽくなら言えそうだなと思いませんか?

→こんな人は注意

自分と同じ人間は嫌われて当然だ、許せないといった感情でいっぱいになるなら、自分の弱みを受け入れていないということ。人見知りよりも自己否定の強さを和らげてあげる必要があります。

鏡で自分の顔を見るのが嫌い、自分が幸せになるなんてあり得ない、他人のミスですら自分のせいではないかと責める、自分なんか大事にされなくて当たり前だと思っているなど、自己否定が強いと人間関係を築くうえでも、仕事をしていくうえでも困難の連続です。

恐らく過剰に他人と比較していると思いますので「人は人、自分は自分」と分けて考える練習が必要ですし、自分を褒めてあげる習慣も大切です。

3.婚活は1回1回小さな目標を設定してみる

婚活をするに当たってみなさん目標を決めると思います。

・意中の人とカップルになる
・年収の高い人を見つける
・1年以内に結婚する
・なるべくたくさんの異性と話してみる

どんな目標にするかはもちろん人それぞれで自由ですが、人見知りさんの場合は小さな目標も作っておくと達成感が得られやすいのでおすすめです。

たとえば、婚活パーティーでのカップル成立を目標とすると、かなりハードルが高いですよね。婚活パーティーはコミュニケーション能力の高さがモノを言う場所ですから、カップルどころか話しかけるのがやっとだと思います。

ですが「最低でも2人の異性に話しかける」「うつむかない」「目が合ったら笑いかけてみる」「背筋を伸ばして歩く」といった目標ならどうでしょうか。うつむかないならできそうだなって思いませんか?

こうして小さな目標をひとつひとつクリアしていくことで、人見知りさんの困った特徴である「自信のなさ」を弱めていくことができます。

4.自分に合った婚活サービスを選ぶ

訓練、修行をするという意味で、あえて苦手とする場所に飛び込むことはもちろん悪いことではありません。勇気が出せるようになりそれが自信となって良い変化も見られるでしょう。

ですが、人見知りさんはいつも他人に周りの環境に合わせようととにかく必死ですから、たまには自分に合った場所を選ぶということも必要ではないでしょうか。

婚活サービスは細かく分けるとこんなにあります。

婚活サイト・アプリ(ネット婚活):

会員登録は簡単で、月額費用も二千円程度と安い。メールのやり取りから始まり、お互いが気に入れば会う約束をするのが基本的な利用方法。自宅にいながら婚活できて、文字でのやり取りから始まるのでコミュニケーションのハードルは低い。プロフィールを充実させるとより◎

婚活パーティー:

数十人の大規模なパーティーや、年収○○万以上といった限定パーティー、少人数体制のお見合いパーティーなど選択肢が豊富。パーティーの内容もホテルでいかにもパーティーという形式もあれば、お料理合コンのようにカジュアルなものまである

結婚相談所:

アドバイザーと二人三脚で結婚に向けて活動していくので、自分から思い切った行動ができない人におすすめ。費用は高いが消極的な性格の人にとっては利用するメリットは大きい。

趣味があるなら、それを土台にした婚活もおすすめです。たとえばサッカー観戦が大好きなら、サッカーのネタが豊富にあって会話に困りませんし自然に笑顔になれて楽しめると思います。

5.あなたが思っているほど、あなたは見られていない

周りにどう思われているかが気になって仕方がないのが人見知りさんの特徴ですが、この特徴はほとんどの人に当てはまります。つまり、みんな自分のことを見ていて忙しいのです。

あなたが気にするほど、周りはあなたの一挙一動は見ていませんから安心してください。

6.リラックス・安心できる環境を整える

人と上手く話せないことで悩んでいると、話し方やコミュニケーションのテクニックの本を見つけると読んでみたくなると思います。ですが、そういったノウハウ本は必要ないかもしれません。

人見知りさんは、上手く話せるかどうか以前に周りの評価を気にするあまり極度の緊張状態を自分で作り出している点に問題があります。長い付き合いのある友達だととても楽しい時間を過ごせるなら、元々のコミュニケーション能力のままで十分。

では、極度の緊張状態から解き放たれるにはどうしたらいいのかってことですよね。自分に合ったリラックス法を求めて色々試してみましょう!

・持っていると安心できる小物を身に付ける
・似合うと褒められた服を着る
・トイレでこっそり親指を吸う←心が落ち着く神経がある
・吸って~吐いて~とゆっくり呼吸してみる
・緑茶やコーヒーを飲んで不安を落ち着ける
・楽しげに会話する自分を想像する
・不安や緊張をあえてさらけ出す
・どもりやすい人はゆっくり丁寧に話す
・リラックス効果のある香水をつける
・肩の力を抜く
・緊張している自分を受け入れる、あえて消そうとしない

リラックスできている時の自分は何に安心しているのか、思い返してみてください。そしてなるべくそれに近い環境をどこでも作り出せるよう思考錯誤してみましょう。

まとめ

人見知りは考え方や視点を少しズラしてみるだけでも、良い変化が起こりますから、悲観しなくても大丈夫です。小さなことからひとつひとつ取り組んでいきましょう。

ただ、人見知りだと思っていたら実は別の問題を抱えていたという場合は、自分の力で何とかしようとはせず専門医に診てもらうことをおすすめします。

人と関わることが苦痛でどうしても変えられないとか、他人に笑われているような感覚を常に持ってしまう、自分の存在が周りに害を与えていると強く思っているといった感覚があるのなら、一度心療内科を受診してみてください。

カウンセリングや投薬治療で劇的に改善することも多いですから、きっとあなたの心を軽くしてくれるでしょう。


  関連記事