みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

頻度や話題は?無敵の“メールテクニック”でネット婚活を成功に導く方法


ネット婚活において、成功と失敗への分かれ道を大きく切り離すのが“メール”。

ネット婚活経験者の中にも「メールのやりとりが原因で失敗という形になってしまった……」なんて方が多いのではないでしょうか?

会うまで相手の姿を確認することができないネット婚活において、メールという項目は勝負を分ける重要なものです。

とはいえ、「私のメールの内容、どこが悪いんだろう?」と、自分のメールの悪い部分が把握できていない方がほとんどだと思います。

そこで今回は、ネット婚活におけるメールテクニックを紹介していきたいと思います。

頻度や内容、盛り上げ方、続け方、フェードアウト方法など……。
メールテクニックの全般を紹介していくので、ネット婚活中の方はぜひ一度チェックしてみてください。

無敵のメールテクニックで、ライバルの女性から打ち勝ちましょう!

 

はじめの一歩が肝心。最初のメールはどんな風に送る?

婚活サイトでは、どちらか一方がメールの申し込みをして相手からの承諾を得ることで、サイト上でのメールのやりとりが可能になります。
要するにこれが“マッチング”というものですね。

つまり、マッチングをしなければメールのやりとりすらできないサイトがほとんどなので、最初のメール(申込時のメッセージ)が重要となってきます。

 

遠慮は無用。ネット婚活は“攻め”の姿勢で

「待っていれば素敵な人からメールが来るかも……」
ネット婚活は、そんなに簡単なものではありません。

ルックスがかなり良ければ男性からどんどんメールが来るとは思いますが……。

婚活サイトで素敵な人に出会うためには、基本的に“攻め”の姿勢で臨むこと。
気に入った人を見つけたら、ドンドン申し込みを送ってしまってOKです。

女性からメールの申し込みが送られてきて嬉しくない男性なんていませんからね。

ただし、マッチングをした嬉しさから一方的にメールをたくさん送ってしまうのはNGです。基本的に攻めの姿勢で臨むことはもちろんですが、“相手に引かれないように”。これだけ頭に入れておいてください。

 

最初のメールはこんな感じで!例文をチェック!


言葉だけではわからないと思うので、実際に好感度の良い最初のメールの内容を例文にしてみました。

 

「△△さん、初めまして。○○と言います。
プロフィールや日記を拝見し、気になってしまったのでメールを送りました。

△△さんは、映画をよく見に行かれるんですね。感想など細かく面白く書かれており、とっても誠実で面白い方なんだろうなという印象を受けました。

実は、私も映画が好きでよく見に行きます。昨日も「□□□」を見に行きました。最近、シネマの有料会員になったくらい映画が好きなんです♪笑

たくさんの映画を見ているようですが、最近△△さんが特に気に入っている映画って何ですか?

もしよろしければ、お返事をお待ちしています♪」

 

どうでしょうか?女性から見ても、好感度の良さが結構伝わってきますよね?
最初のメールは、趣味や共通点に重点を置いた内容になっています。今回の例文は“映画”に絞った内容になっていますが、“基本のポイント”はしっかり押さえられているのが良いところです。

では、ネット婚活の最初のメールにおける“基本のポイント”とはどんなものなのでしょうか?

 

最初のメールにおける“基本のポイント”

①最初の挨拶には相手の名前を記載

“相手のプロフィールをチェックして名前を覚えた”という事実が伝わる一文にしましょう。
女性から名前を呼ばれて気を悪くする男性はいません。むしろ好印象です。

また、例文のように『△△さん、初めまして。○○と言います。』という、無難でシンプルな挨拶がおすすめです。無理に個性を出そうとすると、失敗してしまうことが多いです。

 

②相手の惹かれたポイントを記載

「この人は、僕のどこに惹かれてメールを送ってきたのだろう?」
その理由がしっかりとわかるような内容にすることがポイントです。

例文では、『とっても誠実で面白い方なんだろうなという印象を受けました。』の一文ですね。
相手のことをさりげなく褒める文にすると尚よしです。

男性は、褒められると嬉しい生き物ですからね。

 

③相手との共通点を記載

人間というものは共通点がある人に対して、親しみや仲間意識が沸き好感度を覚えるものです。

例文では、『実は、私も映画が好きでよく見に行きます。昨日も「□□□」を見に行きました。最近、シネマの有料会員になったくらい映画が好きなんです♪笑』という一文ですね。

趣味や好きなものなどどんな些細なことでも構いません。
相手のプロフィールをしっかりチェックして自分との共通点を見つけ、最初のメールに記載するようにしましょう。

 

④質問をする

“相手が返信をしやすくなるような内容”のメールを作成しましょう。
その中で、相手の趣味や興味のあるものについて質問するという点がポイントです。

例文では、『たくさんの映画を見ているようですが、最近△△さんが特に気に入っている映画って何ですか?』という一文ですね。

相手は、あなたのメールに対する返信内容を考えやすいですし、自分の好きな話題なので楽しみながら返信をすることができるはずです。

 

⑤短すぎず長すぎない文を考案して

最初のメールは印象が大切です。
短すぎると適当な印象に、長すぎると面倒くさい印象を与えてしまいます。

正直、相手の考え方次第なのですが、そこをうまく読み取り、短すぎず長すぎない文を考案してみましょう。
難しいところですが、250~300文字くらいが理想的です。

 

⑥コピペは絶対にNG

ネット婚活中の人の中には、最初のメールは何人もの人にコピペで同じ文章を送っているという方がいます。

これはもう論外です。

“誰が読んでも違和感のない文章”というものは読んでいてつまらないものですし、適当さも相手へ伝わってしまいます。

返信率を上げるためには、相手のプロフィールを必ずチェックして相手のためだけに作成した世界に一通だけのメールを作ることが基本です。

面倒くさがっていたら、その時点でネット婚活はうまくいきませんよ。

 

ネット婚活のメールのやりとりでよくある失敗

最初のメール(申し込み)を送り、相手からの返信があればまずは第一関門クリアです。
とはいえ、ここで調子に乗りすぎるのはよくありません。

返信が返ってきたからと言って、相手と必ずお付き合いができるわけではないです。
実際に、二回目のメールのやりとりで失敗してしまう方が多くいます。その理由は、メールの内容が原因になっていることが多いです。

下記にてよくある失敗をまとめてみたので、チェックしてみてください。

 

挨拶ができていない


基本的な挨拶ができていないのは、メールうんぬんではなく人としても危ういところです。

挨拶はコミュニケーションの基本。
「どうせただのメールだし……」と言って、挨拶をおろそかにしてしまうのはよくありません。

朝一のメールには「おはよう」、昼のメールには「こんにちは」、夕方のメールには「お疲れさま」、夜のメールには「こんばんは」。一言でいいので挨拶は必ず入れましょう。

 

どうでもいいメールばかり送っている


「今日は買い物に行ってお洋服を買ったよ」「天気がいいからさっき布団を干したよ」
こんなどうでもいいメールばかり送っていませんか?

こんなメールが来たら、相手も「で、何?」って感じですよね。こんなのはメールではなく、TwitterやFacebookでやってください。

 

まるで恋人に送るメールのような内容になっている


まさかとは思いますが、まだお付き合いしていない段階で恋人気取りのメールを送っていませんか?

婚活サイトのメールのやりとりは、あくまでまだ“お試し期間”の段階であり、相手と出会うための手段です。

お付き合いが成立すればいくらでも恋人メールができますので、ここの段階ではグっと堪えて常識のあるメールのやりとりを心掛けましょう。

ちなみに、タメ口やハートマークの絵文字、可愛らしい顔文字を乱用するのは馴れ馴れしさが出てしまうので、できるだけ避けてください。

 

質問責めなメールを送っている


「デートをする前に相手のことをたくさん知りたい!」
その気持ちもわかりますが、質問責めになりすぎるのはよくありません。

「この子、なんだかがっついているな……」と思われますし、メールの返信が“強制”のように感じて心苦しくなってしまう方も少なくないです。

実際に会ってからでも相手のことを知れるチャンスはたくさんあるので、メールでがっついて質問責めにならないように注意してください。

“?(はてな)”の数は一通のメールで、1、2個が限度です。

 

名前を間違ってしまう


婚活サイトを利用しているほとんどの方が、一人だけではなく何人もの異性とやりとりをしています。そんな中で、名前を間違ってメールを送ってしまうという方が、結構多いんです。

名前を間違ってメールを送ってしまった場合、その人との未来はないと思ってください。
いくら弁解しても、“別の男性とやりとりをしている”のはバレバレです。せっかく良い感じの雰囲気になっていたとしても、名前を間違えた時点で残念ながら終了です。

名前だけは絶対に間違えないよう、送信ボタンを押す前に何度も内容をチェックをしてください。

 

一方的な会話や、自分の武勇伝を語る


ネット婚活だけではありませんが、メールというものは相手とコミュニケーションをとったり、会話のキャッチボールをするための手段です。自分のことばかり語るのはいけません。

過去の自慢話や武勇伝を語るのはもってのほか。口では「すごいね!」と言ってくれていても、素直にすごいと思っている人なんてほどんどいません。

メールをするからには、相手の好きな会話や興味がありそうなことをテーマにしつつ文章を作ってみてください。

 

ネガティブな内容を送っている


たとえ自分のルックスに自信がなかったとしても、「どうせ私なんか……」なんてネガティブな発言はしないようにしてください。

慰めてほしいという気持ちもわかりますが、そんなネガティブな話をわざわざメールでする必要はないですよね?

どうせならポジティブで楽しい会話をするようにしましょう。
相手も、“一緒にいて楽しい相手”を探しているはずですから。

 

失敗したって大丈夫!メールの失敗は引きずらないことが肝心


完璧な人間なんていません。ましてや、婚活をしているのですから、1つの失敗や2つの失敗なんて誰でもするものです。

上記で紹介したメールの失敗をしてしまった!なんてときも深く落ち込む必要はありません。

恋愛だけではなく、人生に失敗はつきものです。

あまりに失敗をした自分を責めすぎると、ネット婚活をしていくのが辛くなりうつ病の一種である“婚活鬱”になりかねません。

過ぎてしまったものは過ぎてしまったもの。その失敗を次に活かして前に進めばいいのです。

 

ネット婚活でメールを続けるためのテクニック

ネット婚活においてのメールのやりとりで難問になってくるのが、“メールの継続”について。

「いい感じにメールのやりとりができていると思ったのに、パッタリと連絡が来なくなってしまった……」
「何人もの方とメールのやりとりをしているけど、長く続いた試しがない……」
「デートまでに会話のネタがなくて困っている……」

こんな悩みを持つ方、結構多いと思います。
婚活サイトでのメールのやりとりを継続するのって、意外に難しいんですよね。

でも大丈夫、下記で紹介するメールを続けるためのテクニックをぜひ試してみてください!

 

文字量、送信頻度は相手に合わせて


メールのやりとりにおいて、“相手のペースとテンションに合わせる”のがテクニックのひとつになります。

メールやネット婚活だけではなく、すべての恋愛において使えるのが、相手に合わせる“ミラーリング効果”というテクニック。

相手の行動を真似することで親近感が沸き、相手のことを好きになってしまうと言った有名な恋愛術なのですが、これを婚活サイトのメールにも活用してみましょう。

相手が送ってくるメールの文字量、送信頻度など、合わせるだけでOK。

「すぐに返信したい!」「たくさんやりとりをしたい!」なんてせっかちな人には難しい方法ですが、単なるメールでもミラーリング効果を発揮することで、相手はあなたに対して心地よさを覚えるはずです。

例えば、相手からのメールの文字量が3行だったらあなたも3行のメールを送る、相手からのメールに絵文字が1つ入っていたらあなたもメールに絵文字を1つ加えて送る、相手からの送信頻度が30分に一度だったらあなたも30分に一度メールを送る……。ね、簡単でしょう?

 

最低でもひとつ質問を加えて


“最初のメールのポイント”でもお伝えしましたが、メールに“質問”を加えるのは非常に有効なテクニックです。

なぜなら、次の会話に繋がるから。
質問のないメールには、相手も返信をしづらいですよね。

注意したいのは、“よくあるメールの失敗”でも伝えた通り、質問責めになりすぎないこと。
相手の好きなことや興味のあることについて、気軽に質問を加えてみましょう。

 

メールのやりとりができているという事実に感謝する


メールのやりとりがある程度続いてきたら、ぜひ相手へ感謝の気持ちを伝えてみてください。

「お忙しいところ返信をいただき、ありがとうございます!嬉しいです♪」
「こんな私でもこんなに素敵な方にお相手してもらっていると思うと、本当に嬉しいです!ありがとう♪」

こんな言葉を言われたら嬉しくない人なんていませんよね。

メールの返信が滞ってきたな?というタイミングでこんな一文を送ってみると、より有効です。

 

本気だった相手と連絡が途絶えてしまったら?この方法で復活を

ネット婚活だけに限らず、恋愛をしたことがある方なら誰もが経験したことがあると思います。
それは、「本気だった相手から連絡が来なくなってしまった……」という最悪な事態。

いわば、誰もが通る道ですよね。

あなたはそんなとき、どんな対応をしていますか?
すぐに諦める?それとも、諦めがつくまで相手に連絡を送り続ける……?

正直、どうしたらいいのかわからないし、本気になっていた分傷付いてしまうのが本音ですよね。

さて、本気だった相手から連絡が来なくなってしまったとき、どんな方法を取るのが正しいのでしょうか?

 

まずは、相手から連絡が来なくなった理由を考えましょう


本気だった相手から連絡が来なくなったとき、そこには必ず理由が存在します。

この際、正直に答えてしまいますが、連絡が来なくなった場合は“相手に振られた”確率が非常に高いです。

例えば、相手から1週間もメールが来なかったとき。

「事故に遭ったのかな?」
「風邪をひいて寝込んでいるのかな?」
「もしかして仕事が上手くいかなくて落ち込んでいるのかも……」

そんな心配をする方もいると思いますが、安心してください、そんなことはありません。
ほとんどの場合は、もうあなたに興味がなくなってしまった可能性が高いのです。

悔しいし寂しいし辛い気持ちもわかりますが、恋愛というものはそういうものです。
反対に考えてみてください、あなたは興味のない人に毎日メールを送りますか?……送らないですよね。そういうことなんです。

ここで、相手に対して「私のことが嫌いになったんですか?」「もう興味がないならそう言ってください」と、負い目をかけるようなメールを送ってしまう方がいますが、この方法はNGです。

仮に本気で好きなら、そんな対応をとらないようにしてください。
まずは落ち着いて、“振られた事実”を受け止めましょう。

 

落ち込まず、冷静に対応してみましょう


振られたからと言って落ち込む必要はありません。
上記でも少し話しましたが、ネット婚活において失敗はつきものです。

実際にネット婚活をしている人の中でこのような経験をしている人は、数えきれないほどたくさんいます。あなただけじゃないんですから。

ポジティブに、笑顔でいるだけで良い縁が回ってくると思い、明るく行動に出てみるのはどうでしょうか。

それでも本気だった相手を諦めきれない!と言う場合は、最後の手段に出ましょう。

一旦連絡が来なくなった相手なのですから、一か八かです。もしかすると嫌われてしまう可能性もありますが、ダメ元でやってみる価値はあると思います。

それは、1週間感覚で相手にメールを送るという方法。
メールの内容は、あくまでライトなものを。簡単な世間話がおすすめです。

例えば、「桜が咲きましたね♪」と言って桜の写メールを添える、「梅雨入りしたので、傘を忘れないでくださいね♪」と相手を気遣う……。

このようなメールを、1週間感覚で送り続けてみてください。
もしかすると、相手が恋愛を失敗したとき、相手が落ち込んでいるとき、相手の恋人とうまくいっていないとき……少し時間はかかりますが、そんなタイミングでふっと連絡が来るかもしれません。

ただし、それなりにリスクのある方法なので「しつこい」「気持ち悪い」と思われてしまう確率も少なからずあることを覚えておいてくださいね。

筆者は、同じ相手にこだわるよりか「この人とは縁がなかったんだ」と妥協して、別の人との恋愛を探してみる方をおすすめしますが、どうしても諦めがつかないときは上記の方法を試してみてください。

 

婚活サイト上のメールから相手のLINEや連絡先をゲットする方法

婚活サイト上のメールのやりとりだけだと不安になってしまうのは、致し方ありません。

せっかくだから、LINEや連絡先をゲットしたいですよね。

「絶対にこの人と付き合いたい!」「この人は逃したくない!」なんて人は、喉から手が出るほど連絡先がほしくなっちゃいます。

そもそも、LINEやメールアドレス、電話番号さえゲットできちゃえば、うまくいけば婚活サイトを卒業することだってできちゃいますしね!

 

まずは、“タメ語”で話せるように


基本的に、上記で紹介したポイントは必ず踏まえた上で、相手と徐々に信頼関係を築いていきましょう。

相手と距離を縮めるためには“タメ口”で話せるようにしておくこと!
いきなりタメ口にするのは避けるようにと上記に記載しましたが、ずっと敬語なのもなんだか堅苦しいです。

LINEや連絡先をゲットしたいなら、自然なタメ語で話せるように発展させていきましょう。

まずは、メールをしながら“盛り上がり”を見せること。
相手に「この人とメールをしていると楽しい」と思わせるのです。

上記でも何度も記載したように、相手の好きなもの、趣味、興味のあるものについての話題で盛り上げましょう。

盛り上がってきたら、タメ語で話せるか提案してみます。
提案なしでいきなりタメ語になるのはNGです。

イメージはこんな感じ……。

 

「~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(会話の流れを続ける)

それと、せっかくなので、お近づきの印としてタメ語で話しませんか?

あと、私のことは〇〇ちゃんと呼んでください♪

私は△△さんのこと何とお呼びしたらいいですか?
ニックネームとかあれば、教えてくれると嬉しいです(*^^)」

 

女性からこんなメールが来て断る男性はまずいないので安心してください。
ただし、馴れ馴れしくならないようにだけ注意です!

上記の例文のように、さりげなく名前呼びやニックネームで呼んでもらえるよう促すのもおすすめ。一気に相手との距離が縮まりますよ。

 

タメ語で話せるようになったら、連絡先の交換を依頼して


タメ語で話せるようになったら、引き続き相手の興味のある話題でメールを盛り上げていきましょう。

タメ語で話せるようになったからと言って、急いで連絡先を聞いてしまうのはNGです。

早くても1週間くらいは様子を見るようにしましょう。
いい感じの相手であれば、もしかすると向こうから連絡先の交換依頼をしてくるかもしれませんね。

連絡先を聞くときのポイントは、一方的に聞くのではなく“自分の連絡先をメールに貼り付ける”ことです。

 

「△△くんのこと、もっと知りたいなぁ~。

よかったら、LINE交換してくれると嬉しい♪
私のIDは、xxxxだよ。

連絡待ってるね!」

 

こんな感じで、自分の連絡先から教えましょう。
“相手の名前を聞くときは自分から名乗れ”じゃないですが、聞いた本人が先に教えるのは社会人としてのマナーでもありますからね。

 

いよいよ本番!?メールでデートに誘う方法

上記で何度か話しましたが、婚活サイトで相手とメールのやりとりをするのは、まだ“お試し期間”の段階であり、相手と出会うための手段です。

つまり、デートが本番。相手とちゃんと会ってお話するのが、婚活の本番です。

上記で紹介した方法やポイントを踏まえたうえで相手とのメールのやりとりがしばらく続いているのであれば、デートのお誘いのチャンスです。

“基本的に男性がデートに誘う”イメージが強いですが、女性から誘っても何ら悪いことはありません。

反対に「しばらくメールをしているんだけど、いつデートに誘ってくれるんだろう……」なんて悩んで待っている時間があるのならば、積極的にデートのお誘いをしてみましょう。

 

デートに誘うベストなタイミング


ここまで来て、“メールのやりとりをして3日でデートに誘った”なんて人はいないと思います。
ていうか、デートに誘うのが早すぎるのはよくありません。

男性は女性よりも「一刻も早く会いたい」と思っている人が多いのが事実ですが、あまり早くの段階でデートに誘ってしまうと、本気度も下がってしまうのでもったいないです。

メールのやりとりを十分して信頼度が高まった上でデートに誘いましょう。
ちなみに、最もベストなタイミングは“一か月以内”です。
具体的には、メールのやりとりをはじめて3週間~4週間くらいの間がベスト。

早すぎたら本気な気持ちが相手へ伝わらないし、反対に長期戦になりすぎたら他の女性に取られてしまう可能性もあります。
だから、長すぎず短すぎずのこのタイミングがベストなのです。

 

デートの誘い方は“自然”に


男性からデートに誘ってくれれば一番いいのですが、「待っているのに全然デートに誘ってくれない……」なんてときは、自分から積極的に誘ってしまいましょう。

ポイントは、会話の流れで“自然”に誘うこと。

例えばこんな会話がベストです。

 

『△△くんは、どんなジャンルの映画が好きなの?
ちなみに私は、アクション系が好きかなぁ。女性なのに珍しいってよく言われるんだけどね♪(笑)』

「僕もアクション映画好きだよ!他はSFとかサスペンス、ホラーも好きかな。
○○ちゃんは、ホラーは好きなの?(笑)」

『△△くんもアクション映画好きなのうれしいなぁ~(*^^*)
ギクッ!実は、ホラーは大の苦手です(笑)
でも、△△くんとだったら頑張って一緒に見れちゃうかも!
最近面白かったホラー映画って、何かあるの?よかったら一緒に見に行きたいなぁ……』

 

こんな感じで、会話の流れからデートの誘いに繋げる方法が一番自然なテクニックです。

このくらい会話が盛り上がっている中で『一緒に見に行きたいなぁ……』なんて濁らせておけば、男性もデートに誘いやすくなります。おそらく、上記のような流れであれば95%以上は男性から誘ってきてくれると思います。

もしもこの流れで『じゃあ一緒に行く?』という言葉が相手から出てこなければ、次のメールで『一緒に映画見に行こう!いつがいいかな?』とはっきり伝えちゃいましょう。

 

デートまではどんな会話をする?男心をつかむメールテクニック

デートの約束が決まったからと言って、浮かれすぎるのはよくありませんし、安心して適当なメールを送ってしまうのもNGです。

実際に「デートの約束をしたのに、デートをする前に連絡が来なくなってしまった」という体験をした方も多くいらっしゃいます。

そうならないためにも、“デートの日までのメールの内容”がとても重要になってきます。

あなたにとっても相手にとっても大切な時期なので、下記で紹介するテクニックを実践して男心をがっしりつかんでください。

 

ガツガツしすぎない!デート当日までは淑女な態度でメールを続けましょう


簡潔に述べると、デートの日が決まっているのにガツガツとメールを送る必要はありません。

男性は、女性よりも恋愛に対して“追いかけたい”という本能を持っています。
そのため、ガツガツメールを送りすぎて“相手から追われている”と思われてしまっては損です。

つまり、あなたが追いかけられる存在になるべきだと考えます。
これを“恋の駆け引き”といい、上級者の恋愛テクニックになりますが、少しの間我慢するだけなのでやってみれば意外と簡単なものです。

話したいことは山ほどあると思いますが、それはデートの当日まで取っておいてください。

返信は、1日に1回程度でOK。
内容は、当日のデートの日程や場所、プランなどを打ち合わせ程度に送るくらいがベストです。

「そんなんじゃ相手に失礼だし、本当に楽しみなのに“会いたくないのかな”って思われそうじゃない?」
それでいいんです。むしろ、相手を少し不安にさせるくらいの女性の方が魅力的に映るものです。(ただし不安にさせすぎるのはよくありません。)

ただ、デートの3日前~前日には以下のようなメールを一通だけ送ってみてください。

「あと少しだね、会えるのがとっても楽しみだよ♪」
「お仕事お疲れさま~!当日は、風邪を引かないように温かくして寝てね♪」

このようなメールを送ることで、“会えるのが楽しみなんだ”ということが少しでも伝わりますし、相手のテンションも上がります。

 

初めてのデートが終わった後に送るメールのポイント

初デートがうまくいったあなた。
次の難関は2回目のデートです。

おすすめは、1回目のデート中に2回目のデートの話を持ち掛けること。
何より自然ですし、メールでデートに誘うよりも緊張せずに気楽に誘えると思います。

もしデート中に2回目のデートの日程が決まらなかった場合は、その日のお礼電話かメールで必ず相手と次の約束を決めてください。

ではここで、2回目のデートの日程も決まったていで話を進めてみましょう。

 

初めてのデートが終わった後に送るメールの例文

下記にて、例文を紹介します。

 

「△△くん、今日は本当にありがとう!
やっと△△くんに会えて、本当に楽しかった♪

お互いの好きな映画の話もできたし、△△くんのことをもっと知れてよかった(^^♪
やっぱり面白くて優しい人だなぁって安心したよ。

次回のデートも楽しみにしているね。」

 

ポイントは、なるべく短く簡潔に。
その日の楽しかったことや相手を褒める文、次のデートの期待の文をさりげなく入れるのも効果的です。

タイミングはできるだけその日のうちに送ること!

 

2回目のデートまでのメールの頻度は?


結構気になる人も多いと思います。「2回目のデートまでのメールの頻度は?」という疑問。

相手のタイプにもよりますが、このときもガツガツとメールを送りすぎないようにしましょう。
相手から連絡が来たら、1日か2日に1回返事をする、くらいの頻度で大丈夫です。

そのほうが、2回目のデートの時に相手も燃えやすくなります。

基本的に、お付き合いが成立する前は、ガツガツしたメールを送る必要はないと思っておいてください。

 

初めてのデートが失敗したときに送るメールのポイント

「初めてのデートでやらかしてしまった……」
緊張のあまり、初めてのデートで失敗してしまった方の話をよく聞きます。

もし、相手ともう一度デートがしたい、本気でお付き合いをしたい、そう思っているのならここで諦めてしまうのはよくありません。

「失敗したから私はもうだめだ……」と落ち込まずに、落ち着いてメールを送ってみましょう。

まずメールのポイントは、“自分が失敗したポイントを挽回するような内容にする”こと。

例えば、こんな感じ。

 

「△△くん、今日は本当にありがとう!
緊張しないように頑張るぞ!って思っていたんだけど、やっぱりとっても緊張しちゃいました。

緊張して話も全然できなかったし、恥ずかしくて目を見ることも全然できなくてごめんね。
でも、△△くんが優しくリードしてくれたから、楽しくデートすることができたよ。

本当にありがとう。
次のデートでは、ちゃんと話せるように訓練しておくね。」

 

自分の失敗を認め素直に謝罪をすること、相手のおかげでデートが楽しめたことが記載されているメールになっています。
このようなメールなら、あなたの素直で謙虚な気持ちがしっかり伝わるはずです。

 

“この人は違う”そう感じた相手とのメールをフェードアウトする方法

これまではあくまで“気になる相手”“本気で好きな人”とのメールテクニックを紹介していきました。

しかし中には、“この人は違う”と感じた男性といやいやメールを続けている人もいると思います。
いやいや、将来性のない人と無理をしてメールを続ける必要はありませんよ!

「傷付けたくないし……」という気持ちもわかりますが、その優しさが相手を余計に傷付けているということをお忘れなく。

早めにフェードアウトをして、相手にも別の女性を探してもらうのが一番の方法です。

 

返信を遅くする


「あなたとお付き合いするつもりはありません」とはっきり言えるような女性はなかなかいないですよね。

だからこそ、返信を遅くするのが効果的です。

返信を1日開けてみたり、2日単位の返信をしてみてください。
きっと相手も“脈なしなのかな”と気付くはずです。

 

誘われても断る


デートに誘われたら迷いなく断ってください。

仕事が忙しい、その日は先約がある、職場の飲み会がある、どんな断り方でもOKです。

最悪、別の方とデートの予定がある、とズバッと言ってしまうのもいいかもしれません。

何回も断っていれば相手も察するはずです。

 

相手のタイプとは全然違う男性が好みだと言う


例えば、フェードアウトをしたい相手の男性の身長が165cmでぱっちり二重の持ち主だった場合、「身長は170cm以上で、切れ長一重の男性が好きです」と、相手とは全く違う男性が好みだと述べましょう。

会話をしていく中で「どんな男性が好きなんですか?」と向こうから聞いてきたらチャンスですが、聞いてこない場合は「どんな女性が好みなんですか?私は~……」というような感じで自分から話題を振るのも◎です。

 

曖昧な返答はしない


例えば、1回目のデートをした後に“この人は違う”と感じた場合。

「また機会があればデートしましょう」「予定が合えばまたお会いしましょう」という、曖昧な返答はしてはいけません。

恋愛をしている男性は、物事を前向きに捉えようとする傾向にあるので注意が必要です。

デートの後は、その日の感想を伝えるくらいにしておきましょう。

 

無敵のメールテクニックで、素敵な男性をGET!


今回は、ネット婚活におけるメールのテクニック全般を紹介していきました。

ぜひ紹介したテクニックを参考にして、気になる男性をGETしてくださいね!


  関連記事