みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

三十路で処女は本当に恥ずかしいことなの?


一度も男性経験がない女性たちの中では、自分の年齢に焦っている人もいます。

「さすがに三十路を超えて処女なんて誰にも言えない」などと思っていませんか?
本当は経験がないのに恋人がいた経験があるなどと周囲に見栄を張っていませんか?

見栄を張ってしまうほど、三十路で処女は本当に恥ずかしいことなのでしょうか。
誰にも言えずに悩んでいる女性が多いからこそ、今改めて処女について考えていくことをおすすめします。

三十路を過ぎて男性経験がなく、男性に対して抵抗感があると悩んでいる女性の皆さんにぜひ知っておいてもらいたいお話をご紹介していくことにしましょう。

きっとこれまでの意識がガラッと変わるはずです。

そこで今回は「三十路で処女は本当に恥ずかしいことなの?」と題して、三十路の処女について解説していきます。

今、急増している“三十路処女”

今は、女性も男性顔負けなぐらい仕事をこなす時代になりました。結婚後も共稼ぎを続けているという女性が多いのを見ても、お分かりいただけるでしょう。

子供を育てるためにお金がかかる時代だから仕事を辞められないと話す女性はとても多いですね。

そんな忙しい女性がどうやって今の旦那さんと知り合ったのか、気になりませんか?

本来ならどんなタイミングやきっかけで知り合って結婚まで辿り着いたのか、色々話を聞きたいところでしょうけれど、なぜかプライドが邪魔をしてアドバイスをもらうことに躊躇してしまうのが三十路女性に共通していることです。

例えばバブル時代はどうだったでしょうか。あのころ20代、30代を過ごした女性達はとても積極的でした。仕事は男性に任せて、自分は家庭に入ることが理想と語る女性がほとんどだったのです。

そのため「3高」という言葉も誕生して、高学歴、高収入、高身長の男性がもてはやされました。

しかしバブルがはじけて世の中が不景気になると、男性の収入だけに頼れるような時代ではなくなりました。女性も働くことで、安定した生活を実現させようという流れになったんです。

そのため、バブル時代に比べると男性と積極的に恋愛に発展する機会がずいぶん減りました。男性と同じように仕事をするわけですから、職場と家の往復で、疲れて帰ったら食事をしてお風呂に入って寝るだけ、そんな生活になってしまいます。

とても恋愛をする時間がないわけですから、三十路を過ぎても処女であることは仕方のないことではないでしょうか。

しかし、それでも実際に結婚をしている女性もいるのだから、彼氏も出来ずに未だに処女というのは私に問題があるような気がすると悩む女性も増えてきました。だからこそつい見栄を張ってしまうんですね。

三十路になって処女は恥ずかしいことなのか

三十路を過ぎても処女という今の現状を、なぜ恥ずかしいと思ってしまうのでしょうか。

昔を振り返ったとき、思春期に初恋をしたり、バレンタインにチョコレートを渡したりなど、淡い思い出があることでしょう。そのころは素直に誰かを好きになることが出来たはずです。

ところが、その時期を過ぎて大人の恋愛が出来るころに差し掛かったとき、仕事に追われてそれどころではないという状況に追い込まれてしまいます。女性だからと甘えることは出来ませんから、男性と同じように仕事を覚えて、こなしていかなければいけません。

こうなると、好きな男性と恋愛をしたいというスイッチがなかなかオンになりにくいと言われています。心にゆとりがなくなってしまうためです。

そして、ある程度仕事が落ち着いて振り返ってみたとき、気づけば三十路を超えて自分が処女だったことに唖然となると言います。

ここまでの話を客観的に見てください。きっと処女であることが恥ずかしいところなんてないはずなんです。

ただ、周囲の目が気になってしまうだけではないでしょうか?

「この年になって体の関係が一度もないなんて、男性から興味を持ってもらえないかわいそうな人だと思われそう」

そんな声も聞こえてきます。

本当にそうなのでしょうか?

今の時代は男性の中でも性経験のない男性が増えているため、三十路を過ぎて処女という女性に特に差別的な意識を持っていません。処女だから男性にモテてこなかったという考えは当人だけなんですね。

女性が三十路を超えても処女というのは、特別なことでもおかしなことでもまったくありません。仕事や人間関係、友達関係、家族との関係が良好であれば、これほど幸せなことはないはずです。

要はあなたのマインド次第

結局三十路で処女であることを悩ませているのは、“自分自身”だったのです。

だからと言って、なかなかその考え方をリセットするのは難しいことでしょう。体の関係を持ったことがないというのはデリケートな話ですから、どんなに親しい友人でも相談できないのではないでしょうか?

そのため、なんとか自分で解決しようと悩んだ結果、自分を追い込んでしまう状況を生んでしまいました。考えれば考えるほど、早く性経験を済ませたいという気持ちと、処女の自分を受け入れてくれる男性はいるのだろうかと不安になってきます。

ここでぜひ客観的に考えてみてください。

もしも自分の周りに三十路で処女の女性がいたとします。その女性に対してどんな感情を持ちますか?やっぱり自分のことと同じように、恋人がいなかったということは女性としての魅力がないのだろうと思いますか?

きっとそうは思わないはずです。

ですから、自分が思っているほど男性経験がないことを周りは気にしていません。

それどころか、男性は本能的に「女性の最初の男」になりたがる傾向があります。これはどの世代にも共通することです。ちなみに女性は「男性の最後の女」になりたいようですね。

女性の最初の男性になりたいという本能を刺激するのは、男性経験のない女性だけです。そう考えると気持ちが楽になってきませんか? 三十路過ぎて処女であることが、特別なことでも悪いことでも、なんでもないと思ってきませんか?

結局自分が自分を追い詰めていたのだと気づいて、気持ちの変化が必要だと分かれば、あとは簡単です。女性としてどんどん魅力を磨けばいいだけですから。

今のあなたを充実させることを優先しよう

三十路だから早く処女を捨てたいという気持ちを一旦落ち着かせましょう。

自分の理想の男性を想像してみてください。どんな男性ですか? きっと男性としての魅力が満載でしょう。

では今度は自分を見つめなおしてみてください。女性としての魅力はありますか? もしかしてコンプレックスを抱いていませんか?

恋人を見つけるなら、まずは魅力あふれる女性になることを心がけてみてください。男性は言葉にしませんが、案外女性の細かいところを見ています。

いくらヘアスタイルが決まっていても肌がボロボロだと、日ごろスキンケアをしていないのかなと疑問を抱かれます。もしスキンケアをしても肌質が改善されないなら、自分の肌に合ったケア用品を見つける努力をしてみてください。

それから立ち振る舞いも重要です。歩く姿、イスに座る動作、食事のときのマナーなど、女性らしさを存分にアピール出来る場面はたくさんあります。もしもこれらに自信がないのなら、理想の男性に出会う前にマスターしておきましょう。

あとは体の中からキレイになるために、普段の食事も見直してみてください。今の時代はスマホのアプリなどでレシピサイトへアクセスできるものがあります。今の忙しい女性達に向けた簡単メニューも目白押しです。

いつの時代も男性は女性の手作り料理に弱いですから、簡単にささっと作れるメニューを作れるように頑張ってみましょう。時間をかけて手の込んだ料理ばかりが愛情料理ではありません。手際よく簡単に作れる女性はステキです。

くれぐれも無理なダイエットはやめましょう。肌がボロボロになるだけでなく、生理不順を招く恐れがあるので要注意です。

恋愛がしたいなら出会い系サイトがおすすめ

どんなに努力をしてところで、結局男性に出会えなければ努力が無駄になると諦めるのはまだ早いです。

実はオススメしたいコンテンツがあります。

それは「出会い系サイト」です。

一度も利用したことがない女性にしてみれば不安な気持ちがあるかもしれませんが、今回ご紹介するのは「YYC」というサイトです。根が真面目な方が多く登録しているため、真面目な出会いを求めるために利用しているという声がとても多いのが特徴的です。

2017年時点で創業17年の実績を誇ります。累計で1000万人以上ものカップルが誕生しているのはとても心強い情報でしょう。出会い系サイトでありながら軽い気持ちで登録している方は少なく、真面目に婚活、恋活として利用しています。

さらに安心材料の一つが、あのmixiの子会社が運営しているという点です。しかも、セキュリティが万全なので安心して理想の男性を見つけることができます。

登録する歳には年齢確認が必要です。これは18歳未満がイタズラに登録するのを防ぐためです。逆を言えば、年齢確認が必要のないサイトは危険なサイトと判断できます。

登録を済ませると、好みの男性を「タイプで探す」というメニューを使って探すことができます。プロフィールには写真を載せている男性が多いので、見た目で好みの男性を選ぶことが出来るのもメリットのひとつではないでしょうか。

理想の男性を探すための妥協は要りません。登録している方々の目的は同じですから気を使う必要がまったくないのです。自分のペースで理想の男性を見つけられるのはワクワクしてきますね。

また、一人ひとりのマイページで日記を書けるようになっているので、交流の場として積極的に使いこなしていきましょう。

婚活パーティーに参加してみるのもいいけれど・・・

私としてはあなたがマイペースに理想の相手を探すことのできる出会い系サイトをおすすめしますが、なかにはどうしても出会い系サイトが苦手・・・なんていう方もいらっしゃると思います。

そういう方には以下のイベントがあることをお伝えしておこうかなと。

  • 合コン
  • 街コン
  • 婚活パーティー
  • お見合い

もはやどれも説明するまでもないと思います。
誰でも一度はこれらのうちどれかには参加した経験があるのではないでしょうか?

もちろん、これらのイベントにはそれぞれ特徴があり、素晴らしいメリットもあります。しかし、デメリットとして共通しているのは「サクラがいる」「いい異性に出会えない」という点。

実は私も上記のイベントにはそれぞれ参加したことがあります。

しかし、どれも結果は酷いものでした。

特に「街コン」に関しては史上最悪の結果で、そもそも参加者が枯渇していたにもかかわらず、参加者のほとんどはまるで身内のような雰囲気(おそらくサクラ)、さらには出された料理もまずかったです・・・。

ネット上の街コンにおける口コミを検索してみると、意外にもこういった声が多くヒットするはずです。

もちろん、すべての街コンがこのような悲惨な内容ということを言っているわけではありません。私はこれまでに4回街コンに参加したんですが、4回とも最悪の結果だったんですよ。汗

それ以来、街コンなどのイベントものはどうも信用できなくなって、やはり出会い系サイトでじっくり異性を探すのがベストだなという結論に達しました。

また、本気で婚活をしたいならそういったイベントに参加するよりも、婚活専門の「婚活サイト」を利用したほうがいいと思います。(なかには出会い系サイトライクに利用できるコンテンツもあります)

当サイトでは出会い系サイト以外にも信頼できる婚活サイトであったり、そのレビュー記事などもアップしているので、ぜひともそちらの記事をチェックしてみてください。

あ、それからくれぐれも出会い系サイトなどのコンテンツは正しく利用しましょう!

処女だからといって安易な募集をしたり、不倫に走ってしまうとその先の未来が闇で覆われてしまう可能性が高くなります。

何事も計画的に利用しましょうね。

まとめ

以上、「三十路で処女は本当に恥ずかしいことなの?」でした。

三十路女性の処女に関するお話をお届けしました。

三十路を過ぎても処女であることはまったく恥ずかしいことではないことを分かっていただけたと思います。本来気にしなくてもいいことを気にし始めると、女性としての魅力がどんどん減ってしまいます。

まずは自分に自信を持つこと、そして積極的に男性と出会えるためのチャンスを作っていきましょう。

それでは快適な出会い系ライフを~。