みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

岡山で出会いを見つけるにはどうすべきか?


仕事仲間に岡山出身の男性がいます。

地元の高校を卒業後、東京の大学に入ってそのまま東京の企業に就職、社内で知り合った福島県出身の女性と結婚して現在も東京に住んでいます。

これは岡山県に限ったことではなく、地方出身者次男以下の典型的なパターンですね。

しかし長男あるいはその他の事情で東京や大阪に出られない、あるいは出たくない岡山在住の男性は大勢います。そして、それら男性の中には出会いがない、と実感している人も多いはず。

確かに男女の総数が多い都市圏でなければ難しい部分はあります。それでも本人の姿勢次第で状況を変えられるのも事実。

そこで今回は「岡山で出会いを見つけるにはどうすべきか?」と題し、岡山で男女の出会いを実現させる方法を検討します。

岡山県で出会いを実現させる前に知っておきたい基礎知識

仕事で岡山には何度か行ったことがあり、前述した知人男性から情報も得ましたが、実際に在住したわけではないので実際に出会うためにはどうしたら良いのか、いろいろと調べてみました。

国勢調査による人口の構成比を見ると、男女の出会いに対する条件は都市圏に比べると厳しいことが分かります。

平成27年度の岡山県の男女別人口及び構成比を見ると、総人口約192万人のうち、結婚適齢期となる20歳から29歳は約18万人しかおらず、40歳から44歳までと65歳から69歳までがそれぞれ約14万人、15万人となっています。

また20〜29歳の男女は平成22年の国勢調査時よりも約18000人少なくなっており、人口増減率はマイナス16%に達しています。

20歳未満も軒並み減少しているため、岡山県における若年層の構成率は今後も減ることが予想されています。

男女比率は出会いにベストな5:5

結婚適齢期の男女人口数は現象傾向にありますが、男女比に限ってみれば20〜24歳が男性約45000人、女性も約45000人、25〜29歳もそれぞれ約46000人と47000人、ほとんど5:5となっていることが特徴です。

男女比5:5を単純に考えると、出会いさえあれば男女のどちらかが余ることはない、と捉えることができます。

結婚適齢期の人口減少は憂慮すべき事態ではありますが悲観していても始まらず、結婚適齢期の男女はほぼ同数いると考えた方がポジティブに行動を起こすことができますね。

結婚適齢期の男女が減少傾向にあることは岡山県も危機感を覚えています。

岡山県が独自で県民の人口動向と意識調査を行った結果の「岡山県人口ビジョン」を見ると、生涯未婚率は男女ともに全国平均よりも低いものの、2000年から全国の平均と歩調を合わせるように急増しており、2010年の段階で男性は17.8%、女性は8.6%に達しています。

また晩婚化も全国同様に進んでいます。平均初婚年齢は男性が30.4歳で女性は28.7歳。若干、男性が上回っていますが、先に上げた減少傾向である結婚適齢期の年齢に合わせると、その年代はほぼ独身者ということになります。

これ、意外と悲観材料ではなく出会いを考えると好材料ではありませんか?

出会いがない理由は全国と同じ!?

国勢調査や「岡山県人口ビジョン」のデータをまとめると、結婚適齢期の男女総数は減少傾向にあるけれど男女比率は5:5に近く、また減少傾向にある男女のほとんどは独身、と読み取ることができます。

総数が少ないといっても年齢層合計でそれぞれ9万人、しかも独身男女が余りなしでカップリングできる対比にあるというのは出会いの絶好条件が揃っていると言えます。

それでも平均初婚年齢と生涯独身率が高くなっているのは大きな疑問。

果たして岡山県が同じ疑問を感じたかはともかくとして「岡山県人口ビジョン」は独身者に「独身に留まっている理由」の意識調査を行ったところ、断トツとなったのが「適当な相手に巡り合わない」でした。

ちなみにこの理由、岡山県が突出しているわけではなく、割合から言えば岡山県は全国平均よりもわずかに下回っています。岡山県内は確かに都市圏に比べればアミューズメント施設や繁華街が少なく、比例して男女の出会いの場が足りないように思えますが、出会いを実現できない男女の理由は岡山に限らず全国的に同じ。

逆に考えれば岡山でも出会いを実現させる方法は都市圏と変わらないという法則が成り立ちます。

岡山県の行政機関が出会いをサポートする「おかやま縁むすびネット」

出典:okayama-musubi.jp

結婚適齢期の男女が県外へ流出するということは生産年齢人口の減少につながるので、岡山県としてはなるべく阻止したいところ。そのために行政機関は在住している男女の結婚を即す「岡山出会い・結婚サポートセンター」を立ち上げ、「おかやま縁むすびネット」を運営しています。

いわば公的な結婚相談所、出会いのための婚活パーティみたいなものですね。

岡山で出会いがない、適当な相手に巡り合わないと思っている男女はこのサポートセンターの利用から始めてはいかがでしょう。

行政の広報の仕方が悪いのか、他に何か問題があるのかわかりませんが、現在のところ登録会員はまだ約500名しか集まっていません。ただし男女比率は例によって5:5。

あまり会員数が膨大になると相手が選びにくくなり、またライバルが増えるのも事実。案外、このくらいの規模の方が気に入った相手を探しやすいともいえます。「おかやま縁むすびネット」で出会いを見つけるのは今がチャンスです。

結婚相談所に比べて格安な料金が大きな魅力!

「おかやま縁むすびネット」のシステムは結婚相談所とまったく同じ。では使うメリットはどこにあるのかというと、料金が安いことです。入会の登録料として1万円が必要になりますが、これは2年間有効、気に入った相手と実際に会えることになったら段取りをとり持つ「結びすと」と呼ばれる仲人さんに交通費を2,000円払うだけで利用可能です。

結婚相談所はなかなか気に入った相手に出会えず、気がついたら数百万円が消えて結婚準備資金が底をついた、という話も珍しくありません。「おかやま縁むすびネット」は ムダなお金を使う前に試してみる価値は十分にあります。

また「おかやま縁むすびネット」は定期的に婚活イベントやセミナーを開催しています。これらに参加するためには定期的に配信されるメルマガの購読(無料)と「結びすと」への申し込みが必要になりますが、とりあえず参加するだけでも有意義な情報を得ることができます。

「出会いを叶えよう!メイクアップセミナー」なんて、女性であれば出会いを実現させる手段というだけでなくインスタ映えするための方法としても活用できますね。

結婚適齢期の転入者を出会いのターゲットにする

岡山の結婚適齢期の男女流出は今後さらに増えると予測されていますが、減少傾向にあるというものの結婚適齢期の男女が転入しているのも事実。これは主に中国地方の20〜24歳が大学入学や就職を期に岡山へ流入してくるわけですね。

2014年度は20〜24歳が約5200人、25〜29歳が約4600人転入しています。

出て行く男女もいれば入ってくる男女もいるのです。

岡山の男性気質を調べていると意外にプライドが高くてクール、という評判が目につきました。もちろん県人気質がすべての人に当てはまるわけではありませんし、ひとくくりにするのは無理があります。

それでも、この評判の一端を信じるのであれば男性側からのアプローチの少なさが「適当な相手との出会いがない」という結果につながっている部分があるといえます。

プライドが高くてクールな岡山男性に「ナンパ」しろとは言いませんが、やはり転入者が集まる歓迎会には積極的に参加する、街中で右も左も分からない転入者に対して声をかける、といったポジティブなアクションが出会いの可能性を広げることは間違いありません。

出会い系サイト「PCMAX」でメッセージ交換から始める

職場に若い異性がいなくてチャンスがない、見知らぬ人に声をかけるのは抵抗がある、出会いを求めるために結婚相談所を利用するのはイヤだ、とわがままを言う岡山の男女に最後の手段として勧めるのは出会い系サイトです。

出会い系サイトを使うのは恥ずかしい、と思っていたらそれはすでに過去の固定観念であることを理解してください。

そもそも出会い系サイトの原点はアメリカのように広大なところで出会いがない男女のために、その距離をネットで縮めようとしたことから始まっています。

現在の出会い系サイトはSNS的雰囲気を持っており、気軽に友達を探し出せる機能を揃えています。いきなり異性と会う、と考えるから慎重になって利用しなくなるのは出会いを求める男女にとってもったいない話。

出会いを実現させるまでメッセージ交換を繰り返せば相手のことを詳しく知ることができますし、出会っても最初は昼間、お茶を一緒に飲む程度の約束をすれば普通のデートと変わりありません。

ただし、どの出会い系サイトを使っても必ず実現できるというわけではありません。

出会い系サイトに会員数が多いことは絶対条件。

その点、PCMAXは延べ会員数の公式発表が1千万人を超えているので岡山や近隣の県在住者が必ずいます。また女性誌へ定期的に広告を掲載して会員募集を行なっているので、新会員も増員しています。「おかやま縁むすびネット」もこれくらい広報活動をしてくれればいいのに、と思ってしまいますね。

料金体系はメール1通50円とリーズナブルな上に女性はコンテンツ使用料無料、男性は入会と同時にサービスポイントが付与されるので、PCMAXで出会いがあるのかどうか、まずは試してみることをおすすめします。

まとめ

以上、「岡山で出会いを見つけるにはどうすべきか?」でした。

認定NPO法人、ふるさと回帰支援センターが毎年行なっている「田舎暮らし希望地域ランキング」で岡山県は2012年以来、つねにベスト3に入っています。

岡山在住者にとって喜ばしいことなのか、という点は不明ですが、都市圏在住者から見れば大きな災害に遭うことも少なく、豊かな自然を抱えているので魅力的な県に映るのは間違いありません。

しかし岡山の結婚適齢期の男女にとって、豊かな自然は出会いのためのハザードとなるのは岡山県に限らず日本全国の地方には同じ問題です。

たとえ結婚適齢期の男女比率が5:5であったとしても、広い県内で絶対数が少なければ出会いの確率も下がります。

その状況下で出会いを実現するためには自分からアクティブに動く以外、有効な手段はありません。岡山では上記に説明した以外にもイベントの実行委員をする、カルチャースクールに通うなどいろいろな方法があります。

まずは、男女が多く集まる場所に積極的に出かけてください。

それでは素敵な出会い系ライフを〜。