みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

何をやっても横浜で出会いに発展できないあなたへ


かつて、横浜は不良の街でした。

出会いのためのナンパでも不良のルールが存在していました。

しかし今はすっかり様変わりして、出会いを求める手段もルールも他の都市圏と変わらなくなっています。西口や桜木町には相席居酒屋やシングルスバーがありますし、みなとみらい地区にはアミューズメント施設の「よこはまコスモワールド」、中心地区から離れれば金沢八景には「八景島シーパラダイス」があり、「三井アウトレットパーク横浜ベイサイド」があります。

横浜で出会いがない、と悲観する男女はよほど能動的なタイプ。

積極性を少しだけ出すだけで街は出会いのパラダイスとなります。

そこで今回は「何をやっても横浜で出会いに発展できないあなたへ」と題し、横浜で出会いを実現できる方法を紹介します。

女性向けの出会いを実現させる具体的な方法

生産年齢人口の中核的存在、結婚適齢期の男女が多数在住していますが、すべての結婚適齢期の男女が職場に恵まれて出会いがあるわけではありません。女性でも看護師や介護士など同性しかいない職場があり、出会いがないまま毎日を過ごしている人もいるでしょう。

まずは横浜の女性に出会いを実現する方法から説明していきます。

以前、女性の出会いは男性からのアプローチがなければ実現しませんでしたが、現在は女性が少しばかり積極的になるだけで男性が寄ってくるようになりました。

いわば選り取り見取りですが、寄ってくる男性が多い分、質を見分ける必要があります。

とくに横浜というこだわりがなければステイタスで選んで構いませんが、昔からの横浜気質を持っている男性を探すのはかなり困難になっています。

また、絶滅種に近い昔気質のハマっ子を見つけられたとしても、こだわりが多いので付き合うにはかなり厄介な存在になります。その点を想定しておいた方が無難です。

1:1のセッティングをしてくれるシングルスバー

横浜も東京や他の都市圏と同じように店舗側が出会いをセッティングしてくれるシングルスバーや相席居酒屋が増えてきました。女性が出会いを確実にするなら、これらの店を訪れることです。

出会いに慣れていない女性であれば、最初は仲の良い友達を誘って相席居酒屋、慣れてきたら1人でも気取ったスタイルで訪店できるシングルスバーがおすすめです。英国風パブのHUB BARは横浜にもありますが、せっかくですから他にないオリジナルの店舗の方が話題性もあるはず。

今、もっともホットなシングルスバーとして男女が集まっているのは関内駅前のショッピングビル「セルテ」の10階にある「エスカルゼ」。

ここの魅力は2人組で入ってもつねに1:1でセッティングしてくれることです。HUB BARのように店側がとくにセッティングの面倒まで見てくれないところだと、1人で行った時に男性2〜3人組に声をかけられるとちょっと怖い部分がありますよね。

その点、エスカルゼは1:1なので安心して落ち着いた雰囲気の中で会話することができます。

週末祝日は1,000円、平日は500円で飲み放題というのも女性には嬉しいポイントです。

ビブレ横のベンチは必ず声をかけられるナンパスポット

横浜で出会い、といえば伝統的なのがナンパ。

まだ横浜の不良が残っていた時代、女性たちはマリンタワーの前でナンパ待ちして、ナンパする男性たちの品定めをしていました。今、山下公園はカップルが訪れるところになってナンパはすっかり影を潜めましたが、場所が変わっただけでナンパによる出会いは健在です。

今、ナンパスポットで女性が確実に声をかけられるのは西口ビブレ横のベンチ。

ここに座っていれば必ず男性が声をかけてきます。

ただし、ナンパしてくる男性が紳士的とは限りません。1人でナンパの出会いを求めるのは危険ですから絶対に避け、最低でも2人組で仲良くおしゃべりしていてください。相手が気に入らなければおしゃべりに夢中なフリしてスルーできます。

西口では他にドン・キホーテ前やラウンドワン前などがナンパスポットになっています。

男性向けの出会いを実現させる具体的な方法

横浜には出会いを求めている女性が多くいるといっても、女性が男性にアプローチをかけるほど甘いところではありません。出会いがないと悲観していても出会いがやってくるわけではなく、男性自ら行動を起こさない限り、自分に合った女性を見つけることができません。

ただ、必ずしも難敵の横浜在住女性を相手にする必要はないのです。

横浜には観光都市という側面もあり、休日になると地方から女性たちが訪れます。観光目的の女性をターゲットにするのも出会いを実現する方法のひとつ。東京とか千葉在住ぐらいまでの範囲なら遠距離にならず恋愛関係まで発展させることも可能ですね。

とりあえず観光地に出かけて観光目的らしい女性と仲良くなってください。ナンパ方法には横浜も他の街も関係ありません。定番の方法があるだけです。

ここではみなとみらい地区とクルマを使ったとっておきの、ナンパ後の横浜らしいデートコースを紹介します。

シーバスを使って観光客女性を喜ばせる

みなとみらい地区は「よこはまコスモワールド」や「ワールドポーターズ」「ベイクォーター」など遊ぶためのアミューズメントからショッピングモールまで揃っており、休日になると観光客でごった返しています。

みなとみらい地区は観光客にとって外せないスポットのひとつですが、意外に桜木町駅から遠くて歩くのがネック。とくに山下公園まで足を伸ばすと、みなとみらい線を使う以外方法がなくなり、混雑の中での帰宅となります。

そこで、出会った観光客の女性をスムーズに、しかも観光気分をさらに高めながら横浜駅まで連れて行く方法を使うことで好感度を上げることができます。

その方法とは水上バスを使うこと。

横浜駅東口とみなとみらい地区を運行する定期便なので観光用のクルーズ船よりも安く、時間も短い間に横浜港の観光スポットを巡りながら東口に到着します。

シーバスと呼ばれる水上バスに使われる船体はかつて横浜駅周辺の橋をくぐるために低く設計されたので、東京都や他の年の水上バスよりも海が間近で航海中はかなり迫力があります。

山下公園からの直行便でも15分、赤レンガ倉庫やMM21(ぷかり桟橋)経由便なら25分の時間的余裕があるので、その間にLINE ID交換ぐらいは済ませておきましょうね。

仲良くなれたら東口にも洒落たレストランやカフェがあるのですかさず誘ってください。

クルマでナンパした女性を連れて行くとっておきのスポット

横浜は観光ポイントがたくさんありますが、意外と移動が面倒です。

したがってナンパはクルマがあるほど有利です。

夜も遅い時間になると最近はナンパでクルマに乗る女性もいないので、早めに観光客女性をナンパして行きたいところへ連れてあげてください。ハイライトは夕日が落ちる頃から夜の帳が降りるくらいの時間帯。

場所は第一京浜を東に向かい、新子安辺りで神奈川産業道路に入り、大黒大橋を目指してください。ここまでは横浜在住であれば誰でも知っていること。しかし大黒大橋から降りて大黒ふ頭からベイブリッジを見上げるスポットは意外と穴場なのです。

晴れた日の夕方であれば富士山とみなとみらい地区の両方が見渡せ、宵闇になればベイブリッジがライトアップされて美しい夜景が広がります。

ここへ連れてくることができれば横浜のオーソリティとして好感度が上がること確実。ナンパの出会いも恋愛へ発展させることができるはず。

もちろんムードがいいからと焦ってはダメ。ここは大人の余裕を見せ、女性にたっぷりと夜景を堪能させてください。ちなみに私はここに連れてきた女性に、クーラーボックスからシャンパンとグラスを出して乾杯をしました。ただし、この方法で一斉検問に引っかかると飲酒運転で捕まるので注意してくださいね。

何某かの演出があれば、女性はドラマの中の主人公になった気分を味わうことができます。クルマはとくにブランドである必要がありません。走ればいいのです。その程度の方が横浜らしいといえます。

日常的な出会いを求めるなら出会い系サイト「PCMAX」で!

横浜は観光スポットに限って言えば男女の出会いの演出を豊富に用意しているところです。しかし観光スポットを離れると、まったく他の街と変わりなく、仕事場と自宅を往復している男女に出会いがあるわけではありません。

日常的な時間から出会いを探すのであれば、出会い系サイトの利用がおすすめです。

横浜で暮らしていると休日に観光スポットでデートするという気分にならず、むしろ平日の静かな日常の時間の中で出会いを探した方が現実味が湧いてきます。

そんな気分にぴったりの出会い系サイトが「PCMAX(ピーシーマックス)」です。

ピュアな関係からアダルト系コンテンツまで揃っているので好みの女性を探しやすく、横浜在住の女性会員が多いので出会いから大人の関係や恋愛に発展する可能性が広がっています。

もちろん掲示板に横浜在住をアピールして観光客女性の案内をする、という手段も有効ですね。

PCMAXには安心して利用している女性ユーザーが多い

通常、出会い系サイトというものは女性にとって警戒心を抱かさせるコンテンツになります。

男性はもはやイケイケというか、当たって砕けろ精神で利用できるのでこれといったリスクはありませんが、女性はその真逆になります。

出会い系サイト上でのやりとりならまだリスクはありませんが、LINEなど直接的に連絡を取るようになりはじめると、徐々に個人情報を提供していくことになるのでリスクが増えていくことになります。

そして、実際に男性ユーザーと出会うことになったら、万が一のことが考えられるわけです。

「もしかしたらレイプされるのではないか・・・」
「やりとりでは優しいけど、実際にあったら暴力を振るわれるのではないか・・・」
「そもそも遊び目的ではないか・・・」

女性はありとあらゆる危険のアンテナを張り巡らし、慎重に行動しようとします。

だからこそ、出会い系サイトには警戒心の強い女性ユーザーが多く、かんたんに落とすことができないわけです。

しかしながら、出会い系サイト「PCMAX」はその他サイトと比較すると、警戒心が解かれた女性ユーザーが結構登録しているんですよね。

その背景は女性がこぞって読むであろう女性誌に、PCMAXが広告を出しまくっているからです。

広告というものはマジマジ見る機会は多くないですが、何度もそれが掲載されると自然と記憶の片隅にインプットされるんですよね。その戦略で女性ユーザーを上手に獲得しているのがPCMAXというわけです。

その広告による影響もあってか、PCMAXには警戒心の強い女性ユーザーは滅多にいない気がします。

これは「有名女性誌が掲載を許しているから安心の出会い系サイト!」という意識があるためだと思われます。

よって、出会い系サイトで何としてでも女性をゲットしたいのであれば、ぜひともPCMAXの利用からスタートすることをおすすめします。

もちろん、その他信頼できる出会い系サイトから利用してもいいんですが、やや出会い系サイト初心者の方にはハードルが高くなる要素がいくつかあるので、確実に女性ユーザーとやりとりしたいのであればPCMAX一択といったところですかね。

どうしても別の出会い系サイトがいいという方は、当サイトのトップページをご覧下さい。

優良出会い系サイトを厳選して紹介しています!

まとめ

以上、「何をやっても横浜で出会いに発展できないあなたへ」でした。

横浜にまだ健全な不良がいた頃、練馬ナンバーのクルマが横浜の女性をナンパしようとすると決まって「ナンバープレートが故障しているクルマなんて怖くて乗れないわ」と嘲笑を浴びせたものです。

もちろん今の時代、横浜は転入超過の代表的な都市になっているのでそんな気骨のある女性を見かけることはありませんし、横浜在住の男性でも東京に行って恋人を探すことだって珍しくありません。

それでも、あえて言うなら横浜は東京と隣接していながらドメスティックな雰囲気を守ってきた街です。
男性も女性も、これから恋愛する人は横浜らしい出会いって何?と言う疑問を一度でいいから抱いてください。

それがハマっ子の証になります。

ちなみに私の友人は横浜の古いジャズハウスでナンパし、その女性と結婚しました。

それでは素敵な出会い系ライフを〜。