みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

地方都市で出会いがまったくない人がすべきアクション


日本は島国で単一民族国家と言っても東西南北に長く、しかも歴史的背景から国民気質まで単一というわけではありません。

今でも兵庫県赤穂市と愛知県西尾市吉良町の市民、または山口県と福島県の一部市民は反目しているのも現実です。

しかし気質がどれほど異なろうと恋愛は別。

好きになってしまえば赤穂も吉良も、長州も会津も関係ありません。ロメオとジュリエットがそれを証明しているではありませんか。

とはいえ、地方都市では恋愛もままならない、と嘆く男女が多くいるのも事実。

そこで今回は地方都市で出会いがまったくない人がすべきアクションと題し、縦長の日本で出会いがない地方都市の男女に共通する出会いの方法について紹介していきます。

行政主導の恋活・婚活政策を利用する

地方都市といっても、その場所を拠点にすれば他の都市が地方になります。地方とはあくまで東京や大阪、名古屋といった現在の日本の中心的存在となっている都市から見た時の総称ですね。国土交通省は三大都市圏以外の都市圏を地方圏と定義しています。

便宜上のことですから「俺が住んでいるところは地方じゃねえ!」と怒らないでくださいね。東京なんて地方出身者が集まった田舎みたいな都市なのですから。

しかし、一極集中化と産業構造の空洞化などの理由から地方都市は少子化が進んでおり、婚姻率や晩婚率が急激に増加しています。さらに趣味の多様化で男女の仲が近くはなっているけれど恋愛になかなか発展しないというのが現状。

この状況の中で、地方都市の男女が出会いを見つけるのは大変なこと、つい気持ちが折れてしまうのも仕方がないことです。

自力で出会いを探すとあがくよりも出会いを演出するシステムを利用して、効率良く相手を見つけることをおすすめします。

少子化対策のために行政が男女の仲をとりもつ

少子化に悩む地方都市のほとんどは対策として行政主導の婚活支援システムを立ち上げています。

男女の出会いを演出するパーティと1対1でお見合いする2本立ての構成で、これまで民間が行ってきた出会いパーティや街コン、結婚相談所を行政が率先している形です。

男女の仲を行政がとりもつなんていい時代になったものですが、逆に言えばそれだけ地方都市の少子化の将来が深刻ということでもあります。

地方都市の行政が主導する婚活支援システムはその都市によって温度差があるものの、民間に比べると安いことが特徴のひとつです。

1対1のお見合いができる結婚相談所は100万円費やしたけれど相手が見つからなかった、というケースは珍しくありません。すぐに相手が見つかっては結婚相談所の利益幅が少なくなってしまうので、適度に引っ張るのが結婚相談所の共通した営業方針です。

また出会いパーティや街コンも民間が主催すると参加費は高くなりますが、行政主導であれば少子化対策が目的なので参加者が早く相手を見つけてくれて婚姻関係まで結んでくれるのがベスト。婚活支援システムへの登録料は無料か、上限1万円程度がほとんどです。

結婚相談所に登録しているのに相手が見つからない、民間主催の街コンや出会いパーティに参加しているけれど気に入った相手がいないという地方都市の男女は積極的に行っている行政主導の婚活支援システムに登録することをおすすめします。

企業・異業種間交流もある長野の婚活応援システム

地方都市の行政主導で活発に婚活支援システムを行っているのは少子化の激しいところというよりも、地方行政の取り組み方の違いと言った方がいいですね。

たとえば石川県が行っている「結婚支援センター」は出会いを求めている男女に向けたパーティ、婚活に備えてスキルアップさせたい男女のためのセミナー、結婚相手を真剣に探したい男女のためのお見合い、結婚の悩み相談までシステマチックに全体を統合しており、ユーザーの用途に合わせたデザインになっていることから誰でも気軽に使いやすいシステムになっています。

また長野県の婚活支援システム「ハピナビオフィス」の主なコンテンツは他県と変わりありませんが、その中に異業種・企業間交流事業の「Off cafe」があります。男女の出会いを演出するだけで、とくに主催者側がカップリングを行うことがないため、グループで気軽に参加できる特徴を持っています。

合計特殊出生率で全国1位の広島県が実施しているのは「こいのわPROJECT」です。出会いパーティや1対1お見合いの他、広島県全体で婚活を応援しており、カップルになってエピソードを応募すると広島カープとのコラボグッズが抽選で貰えたり、県内の提携店舗が割引になったり、あるいは結婚式場からオリジナル挙式のプレゼントなどがあります。

各都道府県には必ず類似の恋活・婚活支援システムがあるので、地方都市で出会いがまったくない男女は市町村役場へアクションを起こしてください。

地方都市で恋愛に発展させるための具体的な方法

出会いは行政の手を借りずに自分で見つけたい、と思っている地方都市の男女は大勢いるはず。でも男女の出会いでトップとなっている「会社で相手を見つけた」というケースは従業員がかなり多くいて男女比率が均等でなければなかなか相手を見つけることができません。

つい、会社と自宅の往復になってしまうか同性同士で出かける機会が多くなってしまうのも仕方がない話です。

自力で恋愛対象者を探すなら、まずは街に繰り出して異性と出会うチャンスを作ることです。

地方都市であるほど、出会いを求める男女が集まる場所は限定されてくるので、むしろ三大都市よりも集中している分、チャンスは大きいといえます。

地方で自宅と会社の往復ばかりしている男女はちょっとオシャレして気分を変え、男女が集まりやすいところへ出かけるのが自力で探す有効な手段となります。

相席酒場ならじっくりと合コン相手を吟味できる

街コンや出会いパーティは日時が決まっているし、それほど頻繁に行われているわけでもないし、さらに相手と話す時間は限られているので、これらが要因で出会いを実現できないケースもあります。

もっと気軽に、しかもじっくりと相手と話したいのであれば相席酒場を利用することです。

三大都市を中心に流行った相席酒場は地方に飛び火、居酒屋風の「相席屋」や英国風パブ「HUB BAR」といったチェーン店は最近、地方都市でも展開しています。またこれらのチェーン店がない地方都市では地元飲食店が独自に相席酒場を開いています。

相席酒場の良い点は改まって日時を決めることなく、思い立ったその場で行けるのがメリットのひとつ。また女性は基本的に時間無制限飲み放題なので街コンや出会いパーティのように費用をかけずに即席合コンを楽しむことができます。

地方都市の男性が相席酒場で出会いを実現させるコツは早めの時間帯に勝負をかけることです。女性陣は相席酒場のある街に住んでいるとは限らず、場合によってはかなり遠隔地からグループで車を使って来ていることもあるため、早めに帰宅する傾向にあります。

22時までに相席で良い雰囲気になったら、帰宅前に相手の連絡先を確保して出会いの可能性を残しておきましょう。

地方のスポーツを応援して熱くなる!

地方都市の良い点は地元意識が強いことです。これ、出会いに利用しない手はありません。

とくにスポーツ。

地方の地元のプロスポーツはたとえメジャーではなくても熱狂的に応援するファン、サポーターがいます。

スポーツ観戦は応援の熱が入るほどアドレナリンが出ます。アドレナリンは好きな異性が目の前にいる時、ドキドキさせる分泌物。つまりスポーツ応援で興奮するのも異性の前で緊張するのも生物的観点から見れば同じ現象。

応援する仲間に異性がいれば、すでに異性を意識しているのと同じ状態になっているのでムダな前段階を省くことができ、相性が合えばすぐに出会いへ発展させることができます。

勝てば祝勝会、負ければ残念会と称して飲み会をして、気に入った異性を誘い、出会いを実現させましょう。

最近はプロ野球やサッカーだけでなく、バスケットボールやアジアリーグで活躍するアイスホッケーなども地方都市を拠点として頑張っています。マイナーなスポーツやチームほどファンやサポーターの結束は固くなるもの。出会いは街だけでなくスポーツフィールドにもあるのです。

出会い系サイトのPCMAXこそ広範囲で相手を探すための最適ツール

地方都市で出会いを探す場合、市内や同県人と制限をつけると人口が少ないだけに難度が高くなってしまいます。とくに市内や同県にこだわらず間口を広く持てば、それだけチャンスが拡大することになります。

間口を広げる有効な手段となるのが出会い系サイト。

なにしろ自宅にいながらPCで、あるいは好きな時にスマホで広地域の異性を探し、メッセージ交換できるのだから地方都市ほど出会い系サイトの恩恵を享受すべきです。

ただし、できるだけ会員数の多い出会い系サイトを選ぶ必要があります。

その点、PCMAXは開設から10年以上運営しているので実績と信頼性があるだけでなく、つねに会員募集のための広告を雑誌に掲載しているので確実に在籍会員が増えています。

女性会員はコンテンツ使用料無料、男性もメール1通50円という低価格設定なので安心してメッセージ交換ができるはず。相席酒場で女性分の勘定を持つよりも安上がりで出会いを見つけられます。

出会い系サイト「PCMAX」が合わないというなら・・・

地方都市でどうしても出会いを見つけられないなら、出会い系サイト「PCMAX」の利用は非常に有効です。

PCMAXは登録者数にあふれ、何よりアクティブユーザー数がダントツに多いので下手にテクニックなどを用いなくとも趣味やフィーリングさえ合えば、マッチングしやすい出会い系サイトと言っても過言ではありません。

毎日、数え切れない程の男女が登録することもありますし、何より地方都市ユーザーが多いのも魅力。また、ごく一般的な出会い系サイトは地方エリアが枯渇しているなんてこともザラですが、PCMAXにおいてはどのエリアも充実しています。

だからこそ、出会いやすいというわけです。

とはいえ、PCMAXは登録者数が多く、日々ユーザーが入り込んでくることもあって、正直なところ純粋に出会いを求めているというユーザーばかりではありません。

要するにチャラいユーザーが多いのも事実なんですよ・・・。汗

もちろん、純粋に出会いを求めているユーザーも多いんですが、遊び目的で利用しているユーザーも多いので清純な出会いを求めている方にとっては不向きな出会い系サイトと言っても過言ではありません。

とにかく純粋な出会いのみを求めたいというのであれば、“純粋な出会いのみを提供している出会い系サイトの利用”を検討しなければなりません。

「いやいや、そんな出会い系サイトあるの?」と思われている方が大半かと思いますが、実は真剣な交際をサポートしている出会い系サイトがあるんですよ。

それは「YYC(ワイワイシー)」です。

YYCは婚活にも使われるほどで、不純な出会いを求めているユーザーはほぼいません。サイト自体が真剣な恋愛をサポートしているので、出会いを見つけるにも真剣さがほしいかたにはもってこいです。

ということで、PCMAXがどうしても自分に合わないという方は、ぜひともYYC有効活用して素敵な出会いをゲットしちゃってください。

同じくYYCは人気の優良出会い系サイトなので、地方都市ユーザーが多く集まっていますし、マッチング率が非常に高いです。なおかつ、真面目に恋人を探しているユーザーで溢れているので、素敵な出会いをゲットできることでしょう。

まとめ

以上、「地方都市で出会いがまったくない人がすべきアクション」でした。

地方都市には出会えるチャンスが少ない、と思っていたらそれは早計です。

三大都市には確かに人口が集中していますが、全国的な未婚率や晩婚率を高めているのはこれら三大都市でもあるのです。ちなみに未婚率第1位は男女ともに東京都です。

つまり数だけ多くても質が悪ければ結婚はおろか、出会いすら実現できないという好例でもあります。

人口が少ないからといっても結婚適齢期の男女がいないわけではありませんし、実際、地方都市でも早々に結婚して幸せな生活を送っている男女は大勢います。

焦って出会いを見つけようとせず、まずは自分自身の質を高めることです。魅力ある大人の男女になれば、地方に関わらず出会いは自然に発生します。その時まで、自分を成長させてください。

それでは素敵な出会い系ライフを〜。