みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

出会いがない社会人の男女へ!異性と出会う方法&出会いの場7選


「出会いがないんじゃなくて、行動していないだけでしょ?」
「出会いなんて、そこら中に転がっているもんだよ」
「そもそも本当に出会いがないの?職場に1人も異性がいないって事はないでしょ?」

出会いがない事を友達に相談しても、返ってくるのはこんな台詞ばかりだとウンザリしてしまいます。

確かに、彼らの言っている事も理解できるし、実際に間違ってもいないだろうというのは理解できます。

ですが、なんか納得いかないんですよね。『自分なりに努力はしているのに』なんていじけてみたり。

自分がやっていない部分や、まだまだできる部分を指摘されても、それを素直に受け入れるのはなかなか難しいかもしれません。

ですが、否定しつつも心のどこかで、変わらなければ出会えない事は分かっているのではないでしょうか。

特に社会人になってからだと、自分から積極的に行動していかなくては、出会いの機会は一気に減ってしまうものです。

ここでは、社会人になってから異性にドキドキした事がない、分かってはいるけど今の生活を変えられないという人に向けてお話していきます。

なぜ社会人になると出会いがないのか?

トキメキがなくなったどころか、出会いすらないと感じる事が多い、社会人としての生活。

恋人がいれば仕事へのやる気も出てくるのに・・・と、ぼやいていませんか?

社会人と学生を比べると、やはり普通に生活していては異性と出会えません。その理由について見ていきましょう。

恋愛対象となる異性がいないから

学生時代は、同世代の人と長時間過ごしますので、恋愛対象の異性と巡り合える可能性は高いです。

ですが、社会人になると勤め先によっては、年の差のある異性や既婚者しかいない、もしくは同性しかいない場合もあります。

年齢が離れているほどに、恋愛関係には発展しづらくなるのが普通。一日の長くを過ごす職場で出会えないというのは残念ですね。

仕事が忙しいから

社会人になると、積極性がより求められますし、仕事の要領がいまいち分からなくてとにかく忙しいと感じるものです。

社会人になりたての頃は、肉体的な疲労だけでなく、精神的な疲労も加わるので仕事をするだけで精一杯・・・という状況になるでしょう。残業が多く、どうやっても出会えるチャンスがないという人もいます。

自宅と職場の往復になってしまうから

平日は自宅と職場を往復するだけ。休日は疲れてほぼ一日中眠っている・・・。そんな生活を送っていたら、出会いがあるのが奇跡です。

こういうタイプの人は出会いがないとボヤくどころか、出会う気力もない状態になっています。

行動範囲が狭くなるから

学生時代は時間がたくさんあるので、友達と色んな所へ出かけては、恋愛だけではなく出会いそのものを楽しんでいたでしょう。

社会人になると、これまで遊んできた友達と休みが合わなくなったり、会社の仲間との行動が増えていくので、自然と行動範囲が狭くなっていきます。


 

社会人になると出会えない・・・というよりは、意識的に行動しなければ、出会いがない環境になりやすいです。

ヘトヘトに疲れていたらさすがに休息を優先したほうが良いですが、新しい場所へ出向いてみると、返ってリフレッシュできる事も多いです。

時間があって、疲れていなくて、明日は休みで、気分が乗ったら出かけるのになぁ~なんて条件をいくつも掲げずに、もっと気軽に外の世界へ出かけてみましょう。

出会いがない人の特徴

社会人になると、いつの間にか出会えない環境になりやすいとお話しました。それに加えて、あなたの考え方や性格が影響して、出会いの機会を減らしている可能性もあります。

出会いにくい環境で、出会いにくい考え方や性格の持ち主・・・。これでは本格的に恋愛から遠ざかってしまいそうです。

どういう人が出会いを遠ざけるのでしょうか。

 ➡ 出会いがない人の特徴
・チャンスに気付いていない
・一日の行動パターンが決まっている
・人といるより一人でいるほうが好き
・理想が高すぎる
・今の生活に満足している
・異性を前にすると緊張して上手く話せない
・人見知りな性格
・自分に自信が持てなくて、何をしても無理だと思っている 等

どれも出会いの妨げになりますが、中でもこれは特にNG!というのが2つあります。

まずチャンスに気付けていないのは致命的です。チャンスに鈍感であれば、どんな幸運に恵まれたとしてもスルーしてしまうのですから、意味がありません。

それから、今の生活に満足しているパターンも気をつけてください。自由に使えるお金が増えて、プライベートは趣味や友達との遊びに没頭・・・という生活を送っていれば「出来れば恋愛もしたいけど」と、恋愛の優先順位が下になってしまいます。

出会いを増やす為の心構え

直感で動く

結婚するかどうか・・・という重大な決断であれば、さすがに直感を頼りに動いたほうが良いとは断言できません。ですが、恋人ができた人、結婚できた人の多くは、理屈ではなく直感で動いているのも事実です。

1年先、2年先を想定して行動したほうが良いだろう・・・と慎重になるよりも、「今、この瞬間をどうすべきか」の答えを出していったほうが、出会いに恵まれます。

正解を探すよりも、あなたの心が望んでいる事は何なのかを一番大切にしてください。そして自分の気持ちが分かれば、できるだけ早く行動に移せるように心がけていきましょう。

受け身にならない

特に女性に多いのは、声をかけてもらうのを待つ、告白されるのを待つといったもの。気持ちは分かります。男性にリードしてもらいたいですし、男性側だって自分がリードできれば・・・と思っているでしょう。

ですが、受け身でいると、仲良くなれるチャンスが半減しますよと言われても、男性からのアクションを待ち続けますか?

声をかけるのは、どっちからだって構いません。気になる人を見つけたら仲良くなろうと努める!こんなシンプルな考え方で良いのです。

みんなに平等に接する必要はない

嫌いな人と好きな人を、あらかさまに区別するような接し方はいけませんが、誰にでも優しく愛想よくする必要はありません。

例えば、婚活パーティーに参加して、いいなと思える異性を見つけたのに、その人が誰にでも優しく接していたらがっかりしませんか?やっぱり、自分にだけ特別優しいな、気を使ってくれているなと感じたほうが、恋の予感がするものです。

気になる異性と仲良くなるには、「あなたは特別な存在です」というメッセージを伝える事が大切なのです。

自分から心を開いて歩み寄る

相手に心を開いて欲しいと思ったら、まずはあなたが先に心を開かなくてはいけません。恋愛だけではなく友人関係を築く上でも大切な心構えですよね。

心を開くというのは、いきなり無条件に信頼しなさいという意味ではなく、家族や、今一生懸命頑張っている事、趣味、学生時代の話など、あなたの人生を話してくださいという事です。

例えば、悩み相談は、相談している内に恋愛へ発展する事が多いですよね。これは悩み事というとても深いプライベートな部分を明かす事で、相手も心を開きやすくなるからです。

過去の不幸は忘れる

恋人に裏切られた経験がある人は、次の恋愛が怖くなってしまうものです。ですが、不幸に浸ってしまうと、そんなあなたに近づこうとする異性はなかなか現れません。

『また裏切られたら・・・』と思うと怖くなる気持ちは分かりますが、目の前にいる人はあなたを傷つけた張本人ではありません。

過去に縛られるのではなく、今あなたの中にあるトキメキや、相手を知りたい気持ちを大切に育てていきましょう。

好意は伝えてなんぼ

相手がエスパーでもない限り、あなたの好意はあなた自身で表現していかないと気付かれません。

久しぶりに会えて嬉しかった、一緒に仕事できて楽しかった、あなたがいないと寂しいよ等、異性を意識するような内容でなくても構わないので「あなたという存在が私に大きな影響を与えています」というメッセージを伝えていきましょう。

誰でも好意を示されるのは嬉しいものです。そして好意をもらったら、好意をお返ししたくなるのが人間の心理(これを「好意の返報性」と言います)。仲良くなるきっかけにしてください。

異性と出会う方法!おすすめの出会いの場所8選

①身近な場所

異性と出会うために行動していこう!と思った時に、今までと違う事をしようと思うのが普通です。ですが、その前に今の環境をもう一度見渡してみてください。

みんなのウェディングが「結婚相手とはどこで出会った?」というアンケートを実施したところ、1位が職場(32.2%)、2位が学校(13.9%)、3位は知り合いの紹介(13.9%)という結果になったそうです。

つまり、全体の60%は身近な人間関係の中から、結婚相手を見つけているのです。

出会いがないとボヤいている人ほど、既にあるご縁に気付いていない事が多いです。

例えば、道を歩いていたら同級生とバッタリ会ったのに「久しぶり、元気~?今度遊ぼうね~バイバーイ」なんてあっさり会話を終了していたら、環境が変化する可能性がなくなってしまいます。

ですが、この久々の再会が人生を揺るがすチャンスだったとしたら・・・?と想像してみてください。

・久しぶりに会った同級生の話がすごく面白かった・・・かも
・飲みに行く事になって、昔好きだった人が合流する・・・かも
・同世代がたくさん集まるイベントに誘われた・・・かも

チャンスかも!と思えば、会話を膨らませようと努めますし、結果として楽しい時間を過ごせます。

社会人におすすめの出会えるスポットをこれから紹介していくのですが、新しい場所へ出かけていくのと同時進行で今の環境も見直してみてください。

職場、友達関係、ご近所さん、行きつけのお店、愛煙家なら喫煙所・・・と、場所だけではなく、今は恋愛対象ではない人にも目を向けてみましょう。

上の心構えにも繋がっていますが、どんな小さな出来事でも「これがもしチャンスだったら?」と想像するクセを身に付けていく事が大切なのです。

②ネット

ひと昔前の出会いと言えば、ナンパや友達の紹介が主でしたが、今はネットの普及で素性が分からない、顔や声すらも分からない人とも交流できるようになりました。しかも、そこから結婚するカップルも珍しくないのですから、すごい時代になりましたね。

アメリカのマッチングサイト、eHarmonyがスポンサーとなって実施した調査によると、2005~2012年に結婚をした人の3分の1はオンラインで知り合ったというデータがあります。

これはアメリカのデータですが、日本でもそう遠くない未来にネットでの出会いが一般的になりそうですね。

例えば、大手婚活サイトのユーブライドは、累計会員数が100万人以上と人気があります。ネットは忙しい現代人にとって、気軽に出会える大切な手段となりますから、気になるサービスがあればまずは登録してみてはどうでしょうか。

婚活サイト

婚活サイトの主なメリットは、料金の安さ、好きな時間に使える、といった点です。

無料会員でも一部のサービスは利用できますが、しっかり活動したいなら有料会員(2,500~4,000円程度)になるのがおすすめです。

 ➡ こんな人に向いている
・できるだけお金をかけたくない
・空いた時間で活動したい
・より多くの人と出会いたい
・結婚を視野に入れた出会いを求めている

出会い系サイト

婚活サイトと出会い系サイト、実は法律上は同じカテゴリに分類されています。

確かに、使い方や出会うまでの流れはとても似ており、あまり知識のない人からすると、サイトを見ても違いはほとんど分からないかもしれません。

大きな違いは、婚活サイトは結婚相手を探している人も多数登録しているのに対して、出会い系サイトは体目的や遊び感覚で登録している人が多い傾向があるという点です。また、出会い系サイトは年齢確認さえ出来れば利用できるので、匿名性が高いです。

そのため、トラブルに巻き込まれないように信用できる人物か見極めるまでは個人情報は最小限にして、直接会う時も安全な場所を選ぶといった工夫は必要です。特に女性は気をつけてください。

出会いやすさという点だけで見ると、出会い系サイトの方に軍配が上がるのですが、結婚を前提とした真剣なお付き合いができる人を探すなら、婚活サイトのほうが有意義な活動ができるでしょう。

結婚を考えていなくて、気軽に出会いたいのなら出会い系サイトがおすすめです。

 ➡ こんな人に向いている
・できるだけお金をかけたくない(女性は無料)
・早く会いたい
・一夜限りの関係でもOK
・なるべくたくさんの人と出会いたい

SNS

SNSと言えば、フェイスブックやツイッター、インスタグラムあたりが一般的です。そこから色々な人と繋がる事で、ネット上だけではなく、実際に会ってみたいと思えるような出会いも期待できます。

総務省の調査によると、フェイスブックの利用者は20代以下で5割程度、30~40代でも約4割とかなりの盛況ぶり。また、フェイスブックやLINEに至っては、実名での利用率が高いです。

日記や写真、趣味、つぶやき等、相手の人柄も想像しやすく、ネット上で意気投合して、実際に合う事ができれば、初対面でいきなり打ちとけられるなんて事もあるかもしれません。

また、フェイスブックのユーザーしか利用できない婚活アプリ(Omiai/pairs)も登場しました。例えばpairsは、サービス開始から数年で利用者数が500万人を突破するくらいの人気ぶりです。

ただ、ネット上のコミュニケーションツールとして利用している人も多いので(婚活アプリの利用者を除きます)、直接出会える確率は、会う事を主目的とした婚活サイトや出会い系サイトには劣ると言えます。

 ➡ こんな人に向いている
・日ごろからSNSを利用している
・趣味の事で話せる人が欲しい
・恋人だけではなく友達も欲しい

オンラインゲーム

オンラインゲームが趣味なら、趣味を出会いにも繋げてみませんか。

仕事をしながらも1日2~3時間もプレイしているとか、中には食事と睡眠の時以外はずっとゲーム三昧という強者もいるくらい、ハマる人はすごくハマるのがオンラインゲームですよね。

オンラインゲームが趣味の人は、これまで純粋にゲームを楽しんできたと思いますが、もしも出会いの場だったら?という視点を持って、ギルドやパーティーを組んでみてください。

そうすると、チャットもより面白いものになると思います。

最初はゲームについての話をして、だんだんとプライベートの話や相談等の雑談をするようになり、会ってみるという流れで、恋愛に発展するケースもあります。

共通の話題であるゲームの話ができるので、時間を忘れるくらいおしゃべりしたり、一気に距離を縮められたりと、初対面とは思えないくらい楽しいデートになりそうです。

ただ、ゲーム好きである事は分かっていても、見た目や声が分からないので、会えたとしてもタイプではなかったりと、様々な壁はありますが、趣味が同じという共通点はやっぱり大きな魅力ですよね。

出会い目的でプレイしてもすぐにバレますし、周りの人からも疎まれますので、ゲームに興味がない人にはおすすめできませんが、ゲーム好きならぜひ出会いの場としても意識してみてください。

 ➡ こんな人に向いている
・オンラインゲームが趣味
・人見知りで仲良くなるのに時間がかかる
・趣味が同じ人との出会いを求めている

③結婚相談所


結婚相談所は、出会いの場というよりも、早く結婚したい人向けのサービスになります。入会金は10万円以上する事も珍しくないですし、月会費も1万5千円程度、そして成婚料も5万円くらいかかるのが普通です。今回紹介する中ではもっとも費用がかかる出会いの場です。

ですが、高いだけあってサービスは充実しています。

結婚相談所には大きく分けると2つのタイプがあります。

まず、カウンセラー(コンシェルジュ・アドバイザーとも呼ばれます)と二人三脚で進めていく仲介タイプの結婚相談所ならこんなサービスを受けられます。

あなたの性格や希望を聞き、会員さんを紹介してもらえる/お見合いの日程調整をしてくれる/相談に乗ってもらえる/お断りする場合も代わりに対応してくれる/結婚に向けてスケジュールを立ててくれる 等

つまり、あなたが異性との出会いに専念できるような環境が整っているのです。成婚率が高いのもなるほどなと頷けます。

また、担当は特につかないマッチングタイプの結婚相談所もあります。あなたの希望や求める条件をデータ化して、最適だと思われる異性を紹介してあなた自身で検索する事も可能です。

カウンセラーはいますが、あなたの担当というわけではなく、相談があれば乗りますよという感じになります。消極的な性格の人はがっつり関わってくれる仲介タイプの相談所のほうがおすすめです。

 ➡ こんな人に向いている
・積極的に結婚を目指していきたい
・恋愛に消極的なのでサポートしてもらいたい
・ある程度お金がかかっても問題ない
・自己PRは苦手
・第一印象で損をしていると思う、またはそう言われた事がある

④婚活パーティー・街コン

婚活パーティーや街コンは、一度にたくさんの異性と出会えるというメリットがあります。

婚活パーティーは、企画によって定員が変わる仕組みになっていて、少人数だと5対5、大人数だと30対30となるパーティーも多いです。

街コンは参加人数200~数千人ととにかく大人数なのが特徴です(数千人ってすごいですよね・・・。一体どうやって人を集めているのでしょうか)。

どちらも料金も安く(男性は3,000~7,000円程度、女性は1,000~5,000円程度)、気軽に参加できるようになっています。恋愛するためのご縁探しだけではなく、みんなでワイワイお酒を飲めるのが楽しくて参加している人もいます。

1人で参加するのが心細い時は、友達と一緒に参加するのも良いと思います。

ただ、街コンはとにかく人が多いので、じっくりお話したいなら小規模の婚活パーティーへの参加をおすすめします。

パーティー形式だけではなく、クッキングパーティーやスポーツ観戦、お見合いのように個室で1対1でお話できる形式のものもありますので、あなたの希望に合ったパーティーを探してみましょう。

ただし、気軽に参加できるという特性は、既婚者が紛れていたり、遊び目的で参加している人もいるという事を頭に入れておいてください。

 ➡ こんな人に向いている
・恋人を作るよりも、今はたくさんの異性と出会いたい
・にぎやかな場所が好き
・社交的な性格だと思う

⑤合コン


合コンは基本的に友達の紹介ですから、安心感がありますよね。

参加費用は1回につき5,000~6,000円程度。女性だと奢ってもらう事もあるでしょう。同じ地域の人と出会える可能性が高いですし、上手くいった場合は友達にサポートしてもらえると言ったメリットがあります。

ただ、既に恋人がいたり既婚者の人、体目的で参加している人もいますので、真剣交際を目指して出会いを求めているなら、同じく真剣交際を望んでいる異性がいる場所(結婚相談所や婚活サイト)へ出向いたほうが近道です。また幹事になると自分が楽しむどころではないくらい慌しくなってしまいます。

合コンは、友達と過ごすような軽いノリで参加するのがちょうど良いでしょう。

また、30歳を過ぎたあたりから合コンの誘いは減っていくものですから、その場合も合コンだけを頼りに出会いを探そうとするのはおすすめできません。

 ➡ こんな人に向いている
・友達の紹介だと安心できる
・友達が多い
・合コンに誘われる機会が多い
・まずはお友達からはじめたい

⑥相席屋

相席屋とは、異性と相席できる居酒屋です。

男性は料金がまぁまぁ高い(例:30分で1,500円、10分延長毎に500円)のですが、女性はかなり安い料金で飲食ができます。

一緒に話をしている間に仲良くなれば、連絡先の交換をしたり、場所を変えて交流を楽しむ事もできます。

もし、あまりタイプではない人と相席になったとしても、基本的にはチェンジも可能です。

ネットにある体験談によると、トイレに行く振りをして店員にチェンジをお願いしたら、あちらの席は女性が少ないので来てもらえませんか?と、やんわり誘導してくれたそうです。

混雑時に待たされたり、人が少なすぎて誰とも相席できなかったりする場合もありますので、金曜日の夜など人が多そうな日を狙って行ってみる事をおすすめします。

デメリットとしては、出会いのきっかけを提供する以外は特にサポートはありませんので、自分から積極的に話ができないと、気まずい空気が流れてしまいます。

相席屋の中には、トランプや黒ひげ危機一髪等、盛り上げグッズを用意しているところもあります。初対面で少しギクシャクしている時には活用してみてください。

 ➡ こんな人に向いている
・友達を増やしたい
・できるだけお金をかけたくない(女性)
・楽しく飲んで出会いを楽しみたい
・容姿には割と自信があるほうだ

⑦習い事


習い事を通して、異性と出会うというのも有効な方法です。何かを学ぶという環境は一体感が生まれ、2人の距離を縮められますし、共通の話題もありますので楽しい時間になるでしょう。

それに、出会いだけでなく自分のスキルアップにも繋がりますので、習い事の種類によっては違った将来の道も開けるかもしれません。

デメリットは、お金と時間がかかる事です。それから、異性との出会いを主軸にはできないという点ももどかしさがあります。

出会いに期待できる習い事としておすすめなのは・・・

英会話/ヨガ/習字/ダイビング/社交ダンス/テニス/ゴルフ/創作/演劇/料理教室 等

まずは興味がある分野からチャレンジしてみてはどうでしょうか。

 ➡ こんな人におすすめ
・習い事を始める予定がある
・同じ趣味の人と出会いたい
・婚活や出会い目的ではなく、自然な形で異性と関わりたい
・スキルアップを考えている
・長期間通う予定がある

まとめ:さっそく今日から始めよう!

出会いの場所には、行こうと思えば今日にでも行けますし、あなたの行動範囲の中に出会いのチャンスが転がっている可能性も高いです。

最初はお友達を誘って気軽に参加できるものから挑戦してみて、そこから少しずつ自分に合った異性との関わり方を探っていきましょう。

そして、忘れてはいけないのが出会うための心構えです。

出会いがないと嘆いている人ほど、現状を把握できていない事が多いですから、出会える場所に顔を出してみると同時に、出会いの感度も上げていく必要があります。


  関連記事