みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

要はテクニック!女を抱くには金が要るなんて大嘘である理由


「女を抱くには金が要る・・・」

おそらく多くの男性がそのように思っていることでしょう。

数年前の私もそのように思っていましたし、結局のところ女性は現実的にな生き物なのでお金がモノをいうことは決して間違いではありません。貧乏か金持ちの男性だったら、間違いなく多くの女性は躊躇することなく後者を選ぶに決まっていますからね。

これって別におかしなことではないんですよ。

あなたも女性の立場になって考えたらよくわかるはずです。

女性は妊娠、出産、そして育児に家事をしなければなりません。言うまでもなくこれらにはかなりのお金がかかります。だからこそ、主人となる男性がある程度の稼ぎを持っていないことには、満足のいくような生活ができないわけです。

とはいえ、心理テクニックを用いれば、そんな現実的な女性にお金をかけることなく抱ける可能性がアップします。

ということで今回は「要はテクニック!女を抱くには金が要るなんて大嘘である理由」と題して、お金をかけることなく女性とベッドインするための方法を詳しく解説していきたいと思います。

日々、お金でモノを言わせている男性はもちろんのこと、金欠になりそうだからテクニックを知りたいという男性はぜひチェックしてみてください。

女性は“堕落願望”の持ち主である

あなたはご存知ないかもしれませんが、女性は生まれながらにして堕落したい、あるいは汚されたいといった特殊な願望をもっている生き物として知られています。

はっきり言ってこの願望を男性が理解するのは無理かもしれません。
だって、堕落や汚されるという現象をもっとも嫌うのが男性ですからね。

では、本当に女性はそのような堕落願望の持ち主なのでしょうか?

それを証明する材料があります。

それは女性がセックスしているときに自然ととるスタイルですね。女性はセックスの際、両足を大きく広げられるわけですが、このスタイルをセックス以外でやったとした場合、実に“屈辱的”なスタイルといっても過言ではありません。

もちろん、それは女性によって感じ方は異なると思います。しかし、多くの女性は男性が上に乗ってくれれば問題ないものの、明るい照明の下で両足を大きく広げられるというスタイルを男が離れて眺めている、と思うだけで恥ずかしくなるものなんです。

このように恥ずかしさを覚える一方で、実際にはほとんどの女性が淫らな姿態をこれ見よがしに男性に見せているわけです。

そうです、これは間違いなく“堕落願望の極致”といっても過言ではありません。

最近の女性はどうかわかりませんが、少なくとも以前の女性の多くは『源氏物語』や太宰治、渡辺淳一の作品が好きといってよかったと思います。これらはずいぶんかけ離れた作品を並べていると思うかもしれませんが、これらの作品や人物に共通していることがあります。

それは「堕落」をテーマにしている点です。

実はこの女性心理を把握していると女性を口説きやすくなります。

なぜなら女性にとって「落ちる」ということは、「堕ちる」ということになるわけですから。

女性の「落ちる」というアクションを深く理解しよう

堕落願望をもっている女性ですが、言うまでもなく恋などに落ちるときは恥ずかしいものです。

ある恋愛書籍と心理学による書籍によると、「女性が暗闇を好むという性質は、恋などに落ちるときの恥ずかしさと連動している」のだそうです。

たとえば、ある女性がある男性と一緒に暗闇を歩いていたとします。この場合、「落ちる」ことと連動していることがお分かりいただけるはずです。

そうです、暗闇というものは女性を口説くためには欠かせない材料のひとつになります。

とはいえ、暗闇と聞くと「夜」をイメージする男性がほとんどだと思います。しかし、夜になるほど女性のガードは固くなるので、かんたんに落とすことができなくなります。もう少し頭を柔軟にして、その他に暗闇を演出できる場所がないか考えてみましょう。

ひとつだけ・・・ありますよね?

そうです、「映画館」です。

つまり、あなたが落としたい、あるいは抱きたいと感じている女性を映画館に連れて行く、というのはその第一歩になるわけですよ。

通常、暗闇になると女性は恥ずかしさを隠すことができるので、少々大胆なことをしても嫌がりません。映画館なら席に座って、手を握っても嫌われる可能性が低くなるわけです。

もちろん、暗闇を演出できるところは映画館だけではありません。
最近では薄暗い居酒屋も多いので、そういったところもおすすめです。

女性を口説き落とすときに活用するのが居酒屋やバーなわけですが、お酒を飲みに行くときでも、できるだけ薄暗い店を選ぶように心がけてください。

女性にとって落ちる場所は、暗いほうがより淫らになれるのからです。

居酒屋で女性を落とすためのテクニック

それではあなたが落としたい、あるいは抱きたいと思っている女性と居酒屋に来ているとしましょう。

このとき、次のようなセリフを言ってみてください。

「このお酒は徐々に君を堕落させていくよ。きみの堕落に乾杯!」

これは笑いを誘うこともできますし、ちょっとだけ彼女をその気にさせることができる優秀なセリフになります。おそらくこのセリフを聞いた彼女は「イヤ~ね」といいながらも、特に嫌がることなく一緒に乾杯してくれるはずです。

つまり、女性はいつでも“堕落のきっかけを待っている”といっても過言ではないんです。

とはいえ、多くの女性がそのセリフでイチコロになるわけではありません。何事もきっかけが重要になるので、それが下手だと間違いなく女性から断られることでしょう。

ここで多くの男性は「金を積んで落とす」ということを考えますが、そんなことをしても可能性は低いです。純粋に女性を楽しませることができ、好意を抱かればお金をかけることなくベッドインするおkとができます。

だって女性は気持ちよく堕ちたいわけですからね。

これはとある恋愛関連の書籍で読んでしったことなんですが、女性はセックスのとき、必ずといっていいほど目をつぶりますが、このとき彼女の脳裏には、“もっとも好きな俳優によって抱かれている自分の姿が映っている”んだそうです。

ただし、女性はかなり複雑な生き物です。

堕ちるまでは暗くてムードのあるきっかけを必要としていますが、それだけでは堕ちた興奮を抱くことができません。よって、セックスをするときでも電灯を消したままでは興奮しない、ということ。そんなときは突然、照明に明々と照らし出されたい生き物なんですよ。

つまり、女性はこれによって堕落した姿を確認していると思われます。

しかしこれは女性を部屋に持ち込むことができた話であって、いまは最初のキスができるかどうかが重要になります。

そりゃそうですよね、キスができないことにはセックスなんて到底無理。

多くの男性はこのとき、「女性は清純なんだ」思ってしまうようですが、そのような状態では絶対女性を落とすことはできないと思います。

むしろ、女性をいかにして堕落させるかを考えると上手くいきやすですね。

逆にそういった心構えにしたほうが、度胸がついて女性を落としやすくなりませんか?

女を抱くには金が要るなんてウソ!

女を抱くには金が要る・・・と思っている男性は少なくありませんが、あなたもそのように思っているでしょうか?

「世の中、結局は金」
「女性ほど金を好む生き物はいない」
「いくらか金を出せば女は買える」

あらゆる女性経験からこのように思っている男性は多いと思います。

ぶっちゃけ、お金で女性を釣っているという男性はあまりにも多いと思いますし、だからこそ「女を抱くには金が要る」といった心構えを持ってしまったとも言えます。

確かに金を要求する、あるいは金に弱い女性は存在しますが、必ずしも女を抱くには金が要るわけがありません。しっかりと女性の興奮スイッチを押してあげれば、お金など不要でベッドインすることができるんです。

そもそも男と女ではスイッチの入る時間に大きな差があることをご存知でしょうか?

セックスには快感曲線というものがあるわけですが、女性の快感はじわじわと上昇していきます。男性の射精時にピークとなって、以降ゆっくりと平常に戻っていきます。

これを知らない男がどれほどいることか・・・。

これがわかれば前戯に時間をかけるようになるため、女性が昇りつめやすくなるわけです。

ところが、それを知らず前戯にまったく時間をかけない男性の多くは、女性がピークを迎えることなく射精してしまい、不満を残してしまうんですよ・・・。

昔の女性はそれを我慢したものですが、いまの女性は我慢しないといっていいでしょう。

だって、現在は肉食女子が増えていますし、セックスに対する考え方が自由になりましたからね。つまり、未婚であればそんな男は捨ててしまい、既婚であれば浮気するといっても過言ではないのです。

つまり、女性の興奮ピークおよびスイッチを理解し、上手にベッドインまで運ぶことができれば、お金をかけることなく女性を抱けるというわけです。

女性を次第に期待させることの重要性

「女はセックスに対して期待を求めている」わけですが、実はそれって単にセックスだけでなく、多方面にわたっていえることなんです。

男性は目的がベッドインとなると、いつでもどこでもそのことばかり考えてしまいます。そのため、ベッドインするまでの過程がおろそかになってしまい、結果として女性とベッドインすることができないわけです。

多くの女性はデートのときであっても、セックスをしているときと同様、次第に期待を高めないと、ムードが高潮しないんです。

だからといって、「じっくり時間をかけて・・・」と、ぐずぐずした形になってしまうと逆効果になります。その場合、女性はイライラしてしまい、結果としてセックスを断るかもしれません。

ここであらためて男と女の違いを考えてみましょう。

ほとんどの男性はデート直前まで仕事をしていることが多いので、大体あわてて駆けつけます。しかし、女性の場合はそれとは真逆。女性のデートはすでに前日から始まっており、明日のデートでどこまで進むかを時間をかけて考えているんです。

恋愛専門家によると、以下の女性はもともとえっちな気持ちはないといいます。

  • 美容院に行ったとき
  • 入念にセットをしているとき
  • 豪華なファッションをしているとき

こんな場合はセックスまで行く気はありません。

とは言いながらも女性は万一男性からベッドに誘われたときのことを考えます。これが勝負パンツに表れるわけで、つまり、男と違って女性のデートは前日から始まっているということになるわけです。

だからこそ、ベッドインをしたいのなら男性は女性をデート中に少しでも早くうっとりさせる必要があります。

女性とベッドインするための極意

あくまで女性が興奮するのはセックスの最中です。

しかし、極端にいえば、デートで出会ったとき女性は潤っていることが多いのです。

だから、なるべく早くうっとりさせてやらないと、彼女の上昇係数は途中で止まってしまうので、男性はとにかく早い段階でうっとりさせる必要があるわけです。

とはいえ、ふつうに考えても3秒とか5秒で、女性をモノにできるなんて予想もできないですよね?

しかし、そんなことはないんです。
ほとんどの女性はデートを約束した時点で、この男とは何回目にエッチするかを考えているわけですから。

たとえば何ヶ月かデート日をたどっていくと、彼女の生理日は簡単にわかります。だって、わざわざ生理日か予定日にデートを入れるわけがないので。

すると、この女性は生理日の前に高揚するタイプなのか、後のほうが興奮するたちなのかまで、読めてしまうのです。

『モノにできる」という一種の思い込みをして信じて行動すれば、あとは早くうっとりさせるだけです。

女性を落とすことになれていない、あるいは下手くそな男性ほど、待ち合わせのカフェでいつまでもおしゃべりしてタイミングを見計らっていますが、これはまさに“愚の骨頂”といっても過言ではありません。

お金をかけることなくベッドインに持ち込みたいのであれば、とにかくスピードが重要。

カフェなんてもってのほかであり、レストランでうっとりさせるのか、夜景でうっとりさせるのか、クラブでさせ
るのか、これらから有効な選択をしなければなりません。

そうです、ベッドインに繋がる目的地にできるだけ早く行くことが重要になってくるわけです。

出会い系サイトでベッドインスキルを磨こう

これをリアルでやるのは難しいかもしれません。

というよりもかなり勇気が必要ですし、しくじれないプレッシャーがのしかかるので失敗する可能性が高いんですよね。

とはいえ、どんな物事も失敗を重ねることこそ成功への近道になります。
だからこそ、失敗はあなたを大きくする材料なのです。

しかし、序盤はできるだけソフトに行動したいところ。

そこでおすすめしたいのが「出会い系サイト」です。

言うまでもなく出会い系サイトには多くの女性が登録しています。その目的は人それぞれですが、大抵の女性ユーザーは彼氏欲しさに利用しているため、デートにこぎつけて上手に口説くことができれば、ベッドインは難しいことではないんですよ。

事実、私は出会い系サイトで数え切れない女性とベッドインすることに成功しています。

それもそれら女性はみな、出会い系サイトでセフレや肉体関係を目的としていたわけではありません。純粋に彼氏を募集していただけです。

しかしながら、口説き方ひとつでそれら女性ユーザーとセックスすることが可能なんです。

もちろん、女を抱くには金が要る説なんて無視できますよ。
かかるコストとしては飲食代くらいですね。

女性ユーザー数が多く、アクティブユーザーが多い優良出会い系サイトを選べば、間違いなくあなたの理想を現実にすることができるでしょう。

なお、私が厳選する出会い系サイトについては、当サイトのトップページで紹介しています。

それらを参考にしていただき、あなたにマッチする出会い系サイトを探してみてくださいね。

まとめ

以上、「要はテクニック!女を抱くには金が要るなんて大嘘である理由」でした。

まったくお金がかからないなんて嘘を言うつもりはありません。

食事やお酒などの飲食代は間違いなくかかりますし、何か買ってと迫られればそうせざるを得なくなるでしょう。しかし、セックスをするためにお金を払うというアクションはせずに済みます。

女性とベッドインをしたいのであれば、とにかく早くうっとりさせることが重要になります。

そこで重要になってくるのが「場所選び」になります。

いきなりホテルなんて馬鹿な選択をする男性はさすがにいないと思いますが、そのベッドインにつなげるための場所を用意しなければなりません。

女性は暗闇を好むので、バーもしくはクラブ、夜景の見えるスポットにいき、そこでうっとりさせることが重要になります。そうすれば、高い確率でホテルにいくことが出来ると思いますね。

誰だって最初は失敗続きになるものですが、出会い系サイトで経験を積めば百発百中も夢ではありません。

ぜひ出会い系サイトで経験を積んでみてください。

それでは快適な出会い系ライフを~。