みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

彼氏・彼女と大喧嘩したときの“冷却期間”はどれほど必要か


長く付き合っていると些細なことで喧嘩をしてしまうこともありますよね。

普段はほとんど喧嘩をしない仲良しカップルが何かをきっかけに言い合いになった場合、大喧嘩に発展してしまうことが多いです。普段喧嘩をしないだけに、大喧嘩をするとお互い歩み寄ることが出来ずに、精神的にも喧嘩の痛手を引きずってしまいます。その喧嘩がきっかけとなってあんなに仲良しだったのに別れてしまうというカップルも多くいるのです。

喧嘩をするとお互いが感情的になってしまい思ってもいないことを口走ってしまうことがあります。冷静な状態ではないから、こんなことを言ったら相手が傷つくかも・・と思いながらも、でも相手のこんなところがゆるせないんだ!と、つい自分の感情のままに口から相手を非難中傷する言葉が出てしまいますよね。

しばらくすると冷静になることが出来るから、なんであんなことを言ってしまったんだろうと後悔してしまいますが、大喧嘩をしたあとは素直にごめんと謝ることもしたくないですよね。しかし、大喧嘩が別れのきっかけになってしまうことはさらに後悔してしまいます。

大喧嘩をしてしまったとはどうすれば恋人と元の仲良しの関係に戻れるのか、とっておきの対処法を紹介します。これを参考に円満に仲直りをしていってくださいね。

大喧嘩をしたらすぐに仲直りは不可!

些細なことがきっかけで大喧嘩をしてしまったらお互いに感情的になって相手の欠点を言ったり、相手を傷つける言葉を言ってしまいがちです。

感情的になっているときには冷静な判断が出来ない状態です。自分の感情が高ぶっているので、相手を攻撃するような言葉が次から次へと口から出てしまうことがあります。

ダメだと分かっていながら口から出る言葉を止めることが出来なくなってしまいますから、感情が高ぶっているときには理性を失っているのと同じですね。

攻撃的な言葉をすべて言い尽くした後はすっきりとしますが、相手との関係を考えたら胸の中がさらにモヤモヤ・・・。相手のつらそうな顔や怒りに満ちた顔を見ると「終わったな」と思ってしまうかもしれません。

でも大丈夫です。

大喧嘩をしてしなった後でも、仲直りをする方法は残されています。

大喧嘩をした後は、余計なことを言いすぎてしまった、相手を傷つけてしまったと思ってもすぐに謝ってはだめですよ。冷却期間を置くことが仲直りのポイントです。

なぜ冷却期間が必要なのか?

どうして大喧嘩をした後に冷却期間が必要になるのかを考えてみましょう。

大喧嘩をしてお互いが感情的になり、余計なことを口走ってしまった場合、どちらが悪いとはいえませんし、まずは冷静になるための時間を置きましょう。

頭に血が上った状態のまま謝ったとしても相手にその気持ちは伝わりません。相手もカッカしている状態ですから素直になれなく、また喧嘩に発展してしまう可能性もありますよ。

大喧嘩の後に冷却期間を置くと、別れの原因になるのでは?と不安に思う人もいますが、仲直りをしたいのならしばらく連絡をしないことが重要なのです。

冷却期間を置かずに相手に連絡をしてしまうとケンカの続きが始まってしまいます。

喧嘩にまでなったけど、どうにかして自分の気持ちを分かってほしいと思ってすぐに連絡を取ってもそれはあなたの自己満足にしかなりません。相手には相手の考え方があるので、あなたと大喧嘩に発展してしまっているのです。

喧嘩後すぐに連絡を取ってもお互いの気持ちがすれ違うだけで、「もう別れた方がいいかも」と思うことになってしまうかもしれません。

別れを意識させないためにも、冷却期間を置いて冷静に考えられるようになることが大切なのです。

冷却期間はどれほど取るべきか?

大喧嘩をした後、冷却期間を置くべきだと話しましたが、どの程度の冷却期間を置けばいいと思いますか?

これは人によって冷却期間は異なるでしょう。

人は性格によって些細な喧嘩でもしばらく引きずってしまう人がいますし、次の日にはケロッと忘れてしまう人もいます。1日経って冷静な判断が出来るようになっているのであれば冷却期間は1日でいいでしょう。

ただし、相手が冷静になっているかどうかも重要です。こちらだけが冷静になっていても相手はまだ喧嘩を引きずっているのなら、相手が冷静になるまで冷却期間を置きましょう。

喧嘩の時はお互いに自分は被害者だと感じていますが、冷静になれば「謝りたい」と思うものです。

このままではダメだ、謝りたいという気持ちになれば相手の言葉も素直に耳に入ってきます。

そのため、謝りたいという気持ちになるまでは冷却期間を置いた方がいいでしょう。たとえ1日経って冷静になったと言っても冷却期間が1日では短すぎます。

1週間から10日間は冷却期間を置きましょう。

どんなに怒りが継続する人でも1週間も怒りが続く人はいませんから、1週間の冷却期間後に連絡を取ることをおすすめします。

大喧嘩した時に冷却期間を設けたときの効果

大喧嘩をした後にはなぜ冷却期間を取った方がいいのでしょうか?

喧嘩をした後にはすぐに謝って仲直りをした方がいいのでは?と思う人も多いと思います。

冷却期間を置いていると音信不通に自然消滅のような形で恋愛が思わってしまうのではないかと心配尻人もいると思いますが、喧嘩をした後は冷却期間を置くことで、良い効果が得られるのです。

大喧嘩によって亀裂が入ってしまった二人の仲をすぐに元通りにさせようと頑張ってもお互いの気持ちが交差しているのでなかなか思うように修復することは出来ません。

しかし、冷却時間を置くことによって時間が二人の険悪な雰囲気を解決してくれるのです。

それでは冷却期間を設けることで得られる効果を紹介していきたいと思います。

「もう!しつこい!」と思われることがない

今までに経験をしたことがないほど大喧嘩をしてしまうと喧嘩をした後に「これはまずい!」と思ってすぐに連絡をする人もいますが、これは相手が嫌な気持ちになるだけです。

相手はまだ頭に血が上っている状態であればあなたから連絡が来ても無視を決め込むはずです。

蒸しをされて返事がないと不安になるので余計にしつこく連絡を取ってしまいますが、これは逆効果でしかありません。「何度もしつこい」と思って絶対に連絡が来ても返事をしないと決めてしまいますし、あまりにもしつこい場合には、メールやラインをブロックされてしまう可能性もあるのです。

これでは喧嘩の上塗りです。

しかし、冷静になる時間を設ければ自分も相手も喧嘩に対して反省していますし、自分にはやっぱり相手が必要だという気持ちになるので素直にお互いが自分の気持ちを言って謝ることが出来ます。

冷却期間を置くことで仲直りがしやすくなる効果があるのです。

愛が深まる

大喧嘩をした後にしばらく冷却期間を置くことで愛が深まる効果がありますよ。

長く付き合っているとお互いがそばにいることに慣れてしまっています。些細な喧嘩はすぐに仲直りすることが出来ますが、大喧嘩となるとかなり感情が高ぶりますし、相手のことを本当に腹正しく感じます。

もう別れてもいい!とまで思ってしまうでしょう。

しかし、冷静になって考えれば、別れたくない!やっぱり相手のことが大切だ!と改めて気づかされるので、愛が深まるというわけです。

大喧嘩がきっかけで愛が深まれば、付き合い始めのころの新鮮な気持ちを思い出すこともできるはずです。

冷却期間後にすべき“正しい謝罪”

冷却期間の後には自分の素直な気持ちを話して相手に謝罪して、本当に反省していることを伝えなければなりません。

些細な喧嘩をしたときにはきちんと謝ってこなかったし、謝ることに慣れていないという人もいるでしょうが、仲直りをしたいのであれば、きちんと誠意を見せて謝罪をすることが不可欠です。

大喧嘩をした後に謝罪をすることなく、仲直りが出来ることはありません。自分の素直な気持ち、相手を想う気持ちを素直に話しましょう。

ただし、大喧嘩に至った経緯を話す必要はありませんし、やっぱり相手の方が少し悪いと思うなどと余計なことを言う必要はありません。

喧嘩両成敗ですから、今後も仲良くしていきたいのであれば、喧嘩の分析をすることは止めておいた方がいいです。

まずはラインやメールを使う

冷却期間を置いた後に電話を掛けるのは気まずいですし、相手の都合の良い時間にかけられるとは限りません。

一大決心をして電話を掛けたが電話に出てくれなければ、謝罪のタイミングを逃してしまい音信不通が長くなってしまいます。

だからこそまずはメールやラインを使って連絡を取る方がいいです。

まずはメールやラインを送って素直に謝罪の言葉を伝えるのです。

だらだらと長い文章では相手も読みにくいですし、読むのが面倒になってしまうので、短い文章で「ごめんなさい」「悪かった」と送ります。このときにラインなら一緒にスタンプを送るのもいいですよ。

文章だけで謝罪文を送るとなんだか異常に堅苦しくなってしまいます。

謝罪をしているスタンプを一緒に送ると相手の気持ちも緩和されますから、「もう仕方がないな」「こっちも悪かったよ」と思いながら返事をくれるはずです。

本当の謝罪をするときには直接会ってから

ラインやメールで謝罪をして相手と仲良くなることが出来たとしても、やはり直接会ってきちんと謝罪をすることが大切です。メールやラインで謝罪をしていても完全に仲直りとまではいきません。

一応仲直りは出来たが、「なんだか胸がモヤモヤしているな」という状態です。

きちんと会ってから謝罪をすることでお互いに胸のモヤモヤも消えていきますよ。

直接会って謝罪をしてお互いの顔を見れば久しぶりに会ったことで、懐かしさともに「好き」という気持ちがよみがえってききます。

喧嘩が原因ではありますが、しばらく会えなかったことで、会話も弾むので、二人でいることはやっぱり大切なことだとお互いに時間できますよ。

冷却期間を置いても仲直りできなかったら新たな恋をみつけよう

どれだけ冷却期間を置いて謝罪したとしても、それが身を結ばないこともあります。

相手の気持ちが完全にあなたから離れてしまった場合、もしくは今回の喧嘩であなたの信用が完全に失われてしまった場合は早急に改善することはまず不可能です。

というよりも、この先どう頑張っても復縁できる可能性は低いと言っていいかもしれません。

最初は辛いかもしれませんが、人間、傷は癒えるものです。
だからこそ、まずは復縁を忘れてひとりの時間を長くもってください。

するとあなたが相手にたいして「執着しているのではないか?」という感情をもつことでしょう。

もちろん、それでも相手のことを忘れることができず、さらに愛が深くなることもあると思います。その場合はその道のプロである恋愛もしくは心理カウンセラーの助言をうけたほうがいいでしょう。きっと的確な復縁に向けたアプローチを押してくれると思います。

もし、あなたが相手に執着しているだけだったのなら新たな出会いを見つけることをおすすめします。

出会い系サイトならあなたのペースで無理なく恋人探しができるので、リアルで恋人候補を探すよりもストレスを感じることなく実践することが可能です。

とにかく今すぐにでも恋人候補が欲しいという方は登録者数が圧倒的な出会い系サイト「PCMAX」、真剣な恋人探しをしたいという方は「YYC」がいいですね。

新たな恋を選択することは悪いことではありません。

この先、あなたが同じミスをせず、新たに出会った恋人を大切にしてあげればいいだけのことですから。

まとめ

以上、「彼氏・彼女と大喧嘩したときの“冷却期間”はどれほど必要か」でした。

長くつきあっていると些細な喧嘩はありますが、大喧嘩も経験することがあります。

大喧嘩を甘く見てはいけません。
大喧嘩の対処法を間違えると別れとなってしまうのです。

大喧嘩をしたときにはヒートアップしていますからすぐにその場で謝っても喧嘩の火種を大きくするだけです。

喧嘩をして頭に血が上った状態では冷静な判断もできないですから、まずは冷静になるために冷却期間を置きましょう。

1週間から10日間の冷却期間を置いた後に、謝罪をすればお互いが素直に気持ちを受け入れることが出来ますし、喧嘩を経験して相手の大切さや存在の大きさに気づくので、愛も深まるというわけです。

ぜひ冷却期間を設けることを検討してみてください。

それでは快適な出会い系ライフを~。