みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

【男生編】悩むと辛くなる<恋煩いの治し方>


恋煩いと聞くと淡い恋心を思い浮かべる方もいますが、実際に恋煩いになってしまうと本人は思っている以上に辛く苦しくなってしまうものです。

ちなみに初恋はいつでしたか?

幼稚園の先生だったという男性も多いでしょう。

そのころはただ先生が大好き!という気持ちだけですから、恋焦がれて辛く苦しいという感情は芽生えません。毎日先生に会えるのが楽しくてワクワクしていたはずです。

ところが大人になるにつれ、相手を好きになった瞬間はキラキラ幸せな時間を過ごしますが、日を追うごとに少しずつマイナスの感情も生まれてきます。それは恋煩いのせいかもしれません。

なぜ誰かを好きになることがこんなにも苦しいのか、場合によっては涙がポロポロと流れてしまうこともあります。きっと誰も分かってくれない、と嘆く日々が続けば体も心も弱ってしまうでしょう。

恋する気持ちを持つことは素敵なことではないです。だからこそ、今すぐ辛い恋煩いから脱却する方法を知っておいてもらいたいのです。胸の奥に何かが詰まっているような苦しみは、時に日常生活にも影響を与えてしまいます。

ということで今回は【男生編】悩むと辛くなる<恋煩いの治し方>と題して、恋煩いについてくわしく解説していきます。

そもそも“恋煩い”って何?

恋煩いというフレーズはちょっと素敵なイメージもあります。
小説などに出てくると情景が目に浮かぶようですね。

恋に恋するような世代はもちろんですが、大人になってからも恋煩いで悩む男性は少なくありません。

ところが「そんな男性を見かけたことがない!」という声が聞こえてきます。

自分の周りにそんな人はいないから、自分がそうなったとき誰にも話せないというのが日本人男性の特徴のようです。男たるもの弱音を見せるなんてみっともない、と考えてしまいがたいですが、そんなことはありません。

恋煩いは相手を好きになったという感情だけでなく、同時にマイナスの感情も芽生えてしまうことを意味しています。

例えばこんなことはありませんか?

・好きな人を思い浮かべるだけで、なぜだか切ない気持ちが満ち溢れてきて悲しくなる
・好きな人を思うだけで食事が喉を通らなくて食欲が減った
・寝ようとしても好きな人が頭に思い浮かんできて頭がさえてしまって眠れない日が続いている

このような状態が続いているときは恋煩いに陥っていると考えていいでしょう。

一見すると何かの病気にかかっているように見えますね。

恋煩いは特効薬のない病気と捉える専門家がいるぐらい深刻に捉えられることも珍しくありません。

恋をしている間は男性も女性も、どんどん魅力的になるものです。それは好きな相手から良く見られたいという意識が芽生えるためです。しかしこの状態は一方通行です。相手の気持ちが分からない状態なので、不安な感情もふつふつとこみ上げてきます。

不安な感情はどうしても体や頭、心によくない影響を与えてしまうので、恋煩いという形で体や気持ちが不安定になってしまい、一種の病気のような症状が続きます。恋煩いは素敵なフレーズと思われがちですが、実は深刻なダメージを受けている状態なので、一刻も早くこの状態から脱する必要があるでしょう。

特効薬がないのなら治らないのでは? と思っている方、ご安心ください。ちょっとしたコツを知ることで辛い恋煩いから逃れられることができます。

恋煩いになってしまう原因

なぜ人は恋煩いになってしまうのか不思議ですね。恋する気持ちに満たされれば幸せを感じることも間違いではないのですが、幸せなはずなのに辛い、これは原因が分からなければますます不安がこみ上げてくるでしょう。

恋煩いの原因、結論から申し上げると、実はホルモンが大きな影響を与えていることが分かりました。近年、健康に関する情報番組やネットニュースなどの中で「幸せホルモン」というフレーズをよく聞くようになったのもそういうわけなのです。

この幸せホルモンの正体は、オキシトシンというホルモンです。

癒しホルモンと呼ばれることもあり、例えば子供が風邪をひいたとき、よくお母さんが子供の背中やおなかをポンポンしたり、頭をなでたりします。

このとき子供の体の中ではオキシトシンが分泌されます。それによって辛い症状が軽減されることが分かっているのです。まさしく幸せホルモンという名前にふさわしいですね。

恋をするとこのオキシトシンがどんどん分泌されると言われています。それなら恋煩いになるはずがない、と思うかもしれませんが、実はこのときオキシトシンのほかにもヤル気がどんどんみなぎってくるドーパミンや、男性ホルモンの一種であるテストステロンも次々に分泌されることが分かってきました。

過剰に分泌されることで脳内、体、心それぞれのバランスが乱れてしまいます。落ち込んで沈みがちのように感じているかもしれませんが、実際はホルモンの過剰分泌によって一種の興奮状態になっているのです。

恋煩いになると起こる症状

人それぞれ症状の出方に個人差はあるかもしれませんが、以下に代表的な症状をいくつかご紹介します。

・ベッドに入ってもすぐ寝付くことができない
・周囲の人から「細菌ため息が多い」と言われるようになる
・頭の中に常に好きな人が思い浮かんで食欲が沸いてこない
・勉強や仕事が手につかなくなるほど集中力が途切れている
・気持ちの浮き沈みが激しいと感じている

思い当たる症状はありませんか?

体のどこかが悪いわけではないのにこれらの症状がでてしまうということは非常に辛いことです。

一日も早くこれらの症状を改善していかなければいけません。

次の項目では恋煩いを治すためのコツをご紹介していきます。

恋煩いの治し方

今すぐなんとかしたいという方、まずは気持ちを落ち着かせてください。

焦れば焦るほど何をやっても逆効果になってしまいます。ゆっくり深呼吸をして、これから自分は何をしたらいいのかぜひ覚えて帰ってほしいと思います。

さて、まずは運動です。

ダイエットするわけでもないのに運動?と思うかもしれませんが、寝不足が続くことはいいことではありません。だからといって病院へ行って薬を処方してもらうのも気が引ける、という男性も多いでしょう。

そんなときに運動です。

普段何も運動をしていない方がいきなり激しい運動をすると体に負担がかかるため、はじめは軽い運動からはじめてください。例えば仕事終わりに家の近所をウォーキングするのは手軽で簡単です。

外に行くのはちょっと、という面倒臭がり屋さんは家の中でラジオ体操やストレッチ、筋トレをはじめてみてください。一日の必要運動量をクリアしていないと、体が疲労を感じていないため、いくら早い時間にベッドに入っても寝付くことができないのです。

そこで体を動かして体内に疲労物質を発生させるというわけです。
これなら心地よい疲れが快適な睡眠へ誘ってくれることでしょう。

同時に自分の中に気持ちを閉じ込めたままではなく、信頼できる誰かに話を聞いてもらってください。女性たちが女子会でたわいもない話で盛り上がっている様子を見かけますが、女性たちはあそこで日ごろのストレスを発散しています。

男性も同じ人間ですから、誰かに気持ちを聞いてもらうことで随分と心が軽くなると言います。男が弱音を吐くなんて、などと考えないでください。ますます症状が悪化してしまいます。

気持ちを誰かに聞いてもらうことでこんなに気持ちが軽くなるなんて!と驚くと思いますよ。

ちなみにこのとき話す相手は説教をするようなタイプよりも、相手の気持ちに上手に同調してくれる相手を選ぶことをオススメします。

説教はこちらのことを真剣に考えてくれているからこそ、なのかもしれませんが体も心も弱っているときは、こちらの気持ちに同調してくれる人と一緒に過ごす時間が癒しとなります。

きっと近いうちにいつもの日常生活を取り戻せるはずですよ。

相談相手がほしいときは出会い系サイトで同じ悩みを抱えるユーザーを募ってみる

何事もひとりで抱え込んでしまうことはダメです。

ましてや恋煩いはできるだけポジティブな思考になるように意識していかなければならないわけですから、ネガティブな思考ばかりに取り巻かれている状態ならそれをなんとかしなければなりません。

そこで私は出会い系サイトを利用して、あなたと同様に恋煩いで悩んでいるユーザーに相談してみることをおすすめします。

出会い系サイトと聞くと、恋愛をするためのコンテンツと考えている方がほとんどだと思いますが、現状の出会い系サイトはほぼSNS化しているので下手に本家SNSを使うよりも素敵な相談相手を見つけやすいんですよ。

それに出会い系サイトの利用目的ははっきり言って自由です。

相談相手を探すのもよし。
恋をしたいなら恋人を探すのもよし。

ときには肉体関係を求めて・・・なんてこともできてしまいます。

もし、あなたが恋煩いという現状をどうしようもできない状態なら、是非とも出会い系サイトを利用して相談相手を募ってみてください。きっと心に余裕が持てるようになるはずです。

ちなみに私がおすすめする出会い系サイトは「PCMAX」ですね。

PCMAXは登録者数がモンスター級なので、それだけあなたに適した相談相手を見つけやすいんですよ。

それにアクティブユーザーが多数いるので、どんな時間帯に募っても比較的かんたんに相談相手を見つけることができると思います。

ぜひPCMAXを利用してあなたの重荷を少しでも軽くしてくださいね。

まとめ

以上、「【男生編】悩むと辛くなる<恋煩いの治し方>」でした。

恋煩いは他人事ではなく、いつ自分も同じ状況になるか分かりません。今まさに悩んでいる方はもちろん、もしかして恋煩いになりかけかもしれないと不安に感じている方も、今回のお話をぜひ参考にしてください。

ちなみに恋煩いはそれほど長引くわけではないので心配はいらないのですが、仕事に支障が出てしまったのでは大変です。出来るだけ早く状況を改善させましょう。

最後にひとつ覚えておいて欲しいことがあります。恋煩いが辛いからといって恋をすることに臆病になることはありません。なぜならば、誰かを好きになることは自分自身の成長にも繋がるからです。

なぜ人は恋煩いになるのか、何が原因になっているのか、症状を改善させるためにはどうしたらいいのか、これらを知っておけば恋するたびに最強の男性にレベルアップしていくこと間違いありません。恋をすると魅力的になるのは女性だけではないんですね。自分にどんどん磨きをかけて自信をつけましょう。

それでは快適な出会い系ライフを~。