みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

出会い系サイト「ハッピーメール」で割り切りする方法


セックスしたい!という男性のストレートな欲求は時として彼女や妻では満たされない時があります。

なぜかといえば、その欲求に愛がないから。

彼女や妻とのセックスには蕎麦に山葵、ラーメンにシナチク、ジャズにスイングといった具合に愛が必ずついていないと性交までたどり着くことができません。

そんな気分ばかりじゃないことは男性ならご存じの通り。

では、シンプルにエッチしたい!と思った時はどうするか?

風俗に行くのが無難な線となりますが、ここが男心の難しいところで、風俗行くくらいならオナニーする方がマシ。そうじゃない。もっと普通にセックスしたいんだ、という叫びにも似た願望が湧き出てくること、ありますよね。

この単純な欲求にして複雑な心理を解消する方法のひとつに出会い系サイトで割り切りを利用する、という手段があります。

そこで今回は老舗の出会い系サイト、ハッピーメールを取り上げ、「出会い系サイト「ハッピーメール」で割り切りする方法」と題し、ハッピーメールで単純かつ複雑な欲求と心理を割り切りで解消する方法の解説をします。

出会い系サイト「ハッピーメール」なら確実に割り切りと出会える!

割り切りを利用できる出会い系サイトはいくつもあります。

とくにPCMAXは最近アダルト色を強く打ち出しているので簡単に割り切り希望の女性を見つけることができます。ハッピーメールも以前はかなりアダルト色が強く、掲示板には割り切り希望の女性書き込みが連なっていたものです。

そのハッピーメールが変わったのは2016年から。

きっかけは2015年11月、ハッピーメール運営会社アイペックの代表取締役社長と社員2名が逮捕されたことです。容疑は「売春防止法違反ほう助」で、掲示板内で買春行為を求める書き込みがありながらそれを黙認、放置していたという内容。

これだけならハッピーメールだけでなく他の出会い系サイトも容疑対象になるところですが、3人はさらにアルバイトの女性に買春内容の書き込みをさせて集客していた疑いがありました。

この事件以後、ハッピーメールは大幅に方向転換を行い、アダルト色を排除した健全っぽい恋活サイトのデザインに生まれ変わりました。

大人が使える出会い系サイトが減った、と嘆く男性、安心してください。

変わったのはトップページだけで中身は昔のハッピーメールのままですから。

トップページは新しいけれど中身は変わらないハッピーメール

新しくハッピーメールに加入する人は少し戸惑いを覚えるはず。

なにしろ、ハッピーメールのトップページは今時の出会い系アプリのように爽やかな若い男女の語らいを大きな画像で表示しているので、つい単純な欲望と複雑な心理を抱えている男性としては「俺が来るところじゃないかも?」と思ってしまっても無理はありません。

またハッピーメールはトップページから、お試しの会員検索ができるようになっていますが、未加入者が検索する場合は制限がかけられており、ピュア掲示板の一部しか閲覧できません。しかも制限がかかっているという注釈がないので、これではハッピーメールでセフレ探しどころか、割り切りを見つけるのも不可能と諦めムードになって来るでしょう。

これは明らかに刑事事件のイメージ払拭をハッピーメールが狙った姿勢の表明で、会員コンテンツは以前と若干異なりましたが、大人の掲示板は依然として健在、そのカテゴリーも「今スグ会いたい」「大人の恋人関係」「刺激的な出会い」など、PCMAXに劣らないアダルトな色が並んでいます。

割り切りを求めるのであれば、トップページに惑わされず安心してハッピーメールに入会してください。

なにしろハッピーメールは入会と同時に100P、メアド登録すればさらに20Pがサービスとして付帯されるので、うまく割り切り相手を見つけることができればサービスポイントの消費だけで済むこともあるのです。

ハッピーメールは大人の掲示板を見れば割り切りがわかる

ハッピーメールで割り切りを探すなら大人の掲示板を閲覧すれば簡単に見つけることができます。

もちろん、ハッピーメールも現在はサイト内の監視が厳しくなっているので以前のように割り切りを示す隠語は削除対象になります。割り切り希望の女性もそれを承知しているので、掲示板書き込みタイトルに割り切りを示すような語句は使用していません。

しかしハッピーメールの大人の掲示板を見ていると、タイトルだけで割り切り希望であることが明確にわかります。「経験ゼロだけれどセフ募集」「これから横浜で出会える人」「時間無制限3回自宅OK」などなど。

経験ゼロでセフレ求めるような女性なんて逆にどんな女なのかと思うと怖いですよね。それに時間無制限3回って、そのまんま割り切りを表示しているようなものです。

掲示板書き込みの内容を見てみると「求めるタイプはセフ関係、年齢や容姿は関係ないけれど女の子に優しくしてくれる人なら嬉しいです。キスで濡れちゃうので口でいっぱい気持ちよくなって欲しいな!」

もう、割り切りの当たり確実ですね・・・。

ハッピーメールで割り切りを利用する場合の注意点

割り切り希望の女性が見つかったら、後はメッセージの交換をするだけで手順は女性が教えてくれます。

ハッピーメール内で割り切りの交渉をするとIDを削除されるので、とりあえずLINE IDやメルアドを交換、次に移転先で割り切りの交渉に入ります。そこで値段や時間に納得できれば交渉成立、待ち合わせ場所を決めてホテルへ行くだけです。

セックスしたい!という単純な欲求と風俗でプロを相手にして虚しい気分を味わいたくないという複雑な心理の両方を解決できる運びとなります。

ただし、ハッピーメールの大人の掲示板に書いている割り切り希望の女性すべてが素人とは限りません。中には業者が書き込んでデリヘル嬢を派遣するというケースもあります。

これではハッピーメールを使って単純な欲求は解消できても複雑な心理までは解決できません。

プロの業者は排除したいもの。

その見分け方を解説します。

ハッピーメールの割り切りで出会う業者を排除する方法

ハッピーメールの書き込みだけを見ていると、割り切り希望女性が素人かプロか判断できません。なにしろ業者はいろいろな出会い系サイトの掲示板に書き込みをしており、内容については男性が食いつきやすいテンプレを用意しているので引っかかる男性は少なくありません。

しかし、女性は業者が派遣するデリヘル嬢、つまりプロなので料金と時間の制限があります。

ハッピーメールを始めとする出会い系サイトに書き込んでいる業者の相場は2時間2〜3万円でホテル代は別。

したがってハッピーメール外のメッセージのやりとりで「会ってすぐにエッチじゃ味気ないから、ホテル行く前にお茶でも飲もうよ」とか「今、2万円しか持ってないから、それじゃダメ?」など、時間と料金に対して条件を提示してください。

その際、まったく融通が効かないようであれば、相手は業者ということになります。

即刻、メッセージの応答を中止しましょう。

ハッピーメールの割り切りで18歳未満と出会ったら即刻中止!

業者派遣のデリヘル嬢を排除した方がいいのは売春防止法で業者が逮捕された時、買春側が罪に問われることはありませんが、業者側の犯罪立証のために関係者として事情徴収される可能性があるからです。

いくら罪に問われないといっても、デリヘル嬢関係で警察が来たり、あるいは警察に出向いたりするのはけっしていい気分ではありません。

またハッピーメールは18歳未満の利用を禁止しています。

とはいえ、ハッピーメールの掲示板に書き込んでいる悪質な業者の中には18歳未満の女性を派遣する場合がないとは限りません。18歳未満の女性と性行為またはそれに準ずる行為を行うと児童売春・指導ポルノ処罰法が適用され、5年以下の懲役または300万円以下の罰金が課せられます。

しかもこの法律、公訴時効が3年から5年に引き上げられました。

つまり4年前に児童(18際未満)と割り切りをして、その後、女性が補導された際、女性が過去に割り切りした男性を喋ってしまうとそれだけで逮捕される可能性があり、ハッピーメールではありませんが、他の出会い系サイトでは実際に逮捕された例もあります。

割り切りで出会った女性が児童っぽいようであれば、誘惑に負けず、その場で立ち去った方が賢明です。

割り切りな出会いが怖くなったあなたに

誰だって一度や二度は割り切りの関係を求めたくなるものです。

ただし、実際に割り切りをやってみると後悔するケースが非常に多く、それは女性だけでなく男性にもいえることなんですよね。

というのも、男性は割り切りにおいて結構なリスクがあります。
(もちろん女性だってそうなんですが)

そのリスクというのは割り切り希望者をカモにする「美人局」の存在ですね。

美人局とはいわゆる、恋人もしくは妻を用いて男性を騙して最終的に脅す輩のこと。一般的にヤクザやアウトローなどがこの手を使うと言われていますが、出会い系サイトでも被害が報告されているようです。

もちろん美人局は犯罪なのでその被害を報告すればなんとかなるんですが、内容が恥ずかしいものというか隠したいものなのでなかなか打ち明けられないケースが多く、泣き寝入りした男性は少なくないかもしれません。

また、割り切りの出会いにはもうひとつ危険が潜んでいます。

それは「関係をもった女性が“病気持ち”である可能性が高い」ということ。

美人局も恐ろしいですが、警察が介入すれば問題は解決できます。
しかし、割り切りの関係をもった女性が病気持ちだった場合は完全に自己責任。

都市伝説でよく語られる「エイズ持ちの女性と寝てしまった・・・」なんて話がありますが、これは出会い系サイト経由で関係をもった男性たちの被害例を別の形で表現したものではないか?と思ったりします。

正直なところ、出会い系サイトで割り切りの関係をもった女性から病気をうつされたという確かな報告はあがっていませんが、なぜか噂話になるとそういった話がよく入ってくるんですよね。

でも、冷静になって考えてみると病気持ちの女性と出会う確率って非常に高いと思うんですよ。

というのも、出会い系サイトには割り切りの出会いによって報酬を得て生活している女性が結構います。そういった女性たちは間違いなく一般女性よりも多くの男性と寝ていることは確かなので、それだけ性病を抱えているリスクが高まります。

言うまでもなくコンドーム着用はマストになるわけですが、生でもできるということで着用せずにやったものなら性病をもらう確率は非常に高いと思ったほうがいいでしょう。

私の周りでは出会い系サイト経由の割り切りで性病をもらったという話は聞きませんが、ありえない話ではないので割り切りの関係に責任を持てないのであれば、潔く真面目な出会いを求めましょう。

セックスはごく普通に交際すればその先にできるものです。
わざわざ危険な割り切りに手を出す必要はありません。

仮に現時点で割り切りの関係に責任をもてない、あるいは怖くなったという方はハッピーメールではなく、真面目な出会いを提供している出会い系サイト「YYC」を利用するといいと思います。

まとめ

以上、「出会い系サイト「ハッピーメール」で割り切りする方法」でした。

セックスしたい!と単純で衝動的な欲求は発散させるとスッキリするので、その後の女性関係が面倒な気分になることがあります。

スッキリしたから早く家に帰ろうっと。
まあ、そんな気分ですね。

割り切りのいいところは、エッチした後にダラダラと女性に付き合わなくて済むことです。

でも、セックスの相性が良くて性格もいいし、もちろん連れて歩いても楽しい気分にさせてくれる、そんな女性と出会ったら?

もちろん、どれほどいい女であっても割り切りで出会ったのだからすっぱりと忘れるのがベスト。

しかしいつまで経っても忘れられないようであれば、迷わずにその女性の割り切りを買い占めるくらい接近してください。その女性も、そこまでして接近を測るような男性であれば理由を確かめるでしょうし、男性が恋人にしたいと告白した時、好みじゃないと言われれば諦めもつきます。

万が一、女性が恋人になってくれたら超ラッキーです。

ハッピーメールで割り切りを利用する楽しみ、こういったハプニングも期待できるところにあります。

それでは素敵な出会い系ライフを〜。