みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

出会い系サイトの“割り切り”にかかる相場まとめ


出会い系サイトで女性がなかなか見つからない、でもエッチしたい気分はMAX。

そんな時ほど出会い系サイトの掲示板に書き込まれている”割り切り”に目が吸い込まれてしまうものです。

確かに出会い系サイトで割り切りを利用すればエッチ気分は解消されてスッキリしますが、やはり気になるのは「いったい、いくらかかるのか?」ということ。

なにしろ出会い系サイトでは風俗のようにクレジットカードは使えないので手持ちの現金と相談しなければなりません。また出会い系サイトは割り切りを厳しく排除しているので、以前のように「イチゴ」とか「諭吉さん」などのように隠語も使えなくなっているため、書き込みからは料金がわからなくなっています。

そこで今回は「出会い系サイトの“割り切り”にかかる相場まとめ」と題し、出会い系サイトの割り切りの内容とその料金の相場について説明します。

基本相場はどこの出会い系サイトも同じ

出会い系サイトの割り切りの内容、といってもすることは基本的に以下の3つしかなく、どの出会い系サイトでも相場が変わることはなく、それぞれにオプションがつくだけです。しかし場所や年齢によって異なってきますので、利用するならある程度の相場を知っておいた方が交渉しやすくなります。

<出会い系サイトの割り切りの内容>

・ゴムつきノーマルH:相場15,000〜25,000円
・フェラ:相場10,000〜12,000円
・手コキ:相場5,000〜8,000円

これらの相場は単純にプレイのみの料金なので、この他に場所代がかかります。ホテルによって料金は変わるため、安く上げるのであれば自宅のアパートとか車の中、という手もあります。

時間に関しては一応、出会い系サイトは素人という前提なのでとくに相場や制限はありません。とはいえ、手コキだけで一晩付き合う女性は滅多にいないので、時間に関しては事前交渉しておく必要があります。

割り切り女性によってはオプション選択も可能

出会い系サイトの掲示板を見ていると「3人で会いたい」とか「童貞M男君を調教して上げる!」や「虐めて欲しいの…」的な書き込みを見ることができます。これらはオプションです。以下にオプションの相場を記しますので参考にしてください。

女性2人の3P;相場30,000〜40,000円
道具を使ったSM:相場25,000〜35,000円
生ハメ中出し:相場20,000〜30,000円

これら以外にハメ撮り、コスプレ、ディープキスといったオプションも存在します。

相場としてはそれぞれプラス5,000円程度ですが、出会い系サイトの割り切りの相手によっては受け付けない女性もいるので、希望する場合は事前交渉してください。

また2回戦も割り切り女性によって相場が変わります。時間内であれば何回発射OKという女性を探した方が一層楽しくなるのは間違いありません。

年齢層によってサービスと価格が変動

上記の出会い系サイト相場はあくまで平均的な相場です。いくつかの条件によって異なるので必ず相手の言い分を鵜呑みにするのではなく、価格交渉を行った方が得策です。

たとえば出会い系サイトでも都市圏と地方では相場が変わってきます。都市圏は競争原理が働くため、値引き交渉がしやすくなります。一方、地方は割り切りする女性が少ないというだけでなく、顔見知りと出会いの可能性があることから相場は割高になり、値引き交渉は厳しくなります。

年齢も相場変動の条件に含まれます。

もっとも高値相場にあるのは20〜26歳。エッチもそこそこ上手になり、男性との交渉術も身につけているので売り手市場になっています。18〜20歳も売り手市場に違いはありませんが、やはり交渉術が未熟な部分があるので値引き交渉次第で相場は安値傾向気味。

若い女性と割り切りをしたいのであれば、このゾーンが狙い目ですね。

20代後半から30代前半の女性も相場は高値傾向ですが、やはり商品価値が下がってきていることを自覚しているので、値引きはしない代わりにオプションサービスをつける相場があります。これが30代後半から40代になると値引き可オプションありに変わってきて安値相場になります。こってりしたエッチを味わうなら、このゾーンがターゲットとなります。

出会い系サイトで割り切りを使う際の注意点とは?

割り切り利用の未経験者にとって、相場以外にも出会い系サイトのどこを探せば割り切り女性が見つかるのかわからないという心配もあります。

割り切りは個人同士の交渉なので売春防止法に接触するわけではなく合法のうちですが、出会い系サイト側としては健全な異性紹介事業であることを示したいため、厳しい姿勢を見せており、割り切りを連想させる書き込みはすぐに削除されてしまいます。

しかし出会い系サイトで割り切りをする女性は次々と新しい手を使って掲示板書き込みを行っているので、まさにいたちごっこ。

以前に比べると、出会い系サイトの掲示板に書き込まれている割り切りはわかりにくくなっていますが、それでも判別する方法があります。

以下に出会い系サイトにおける判別方法と女性の選び方について説明します。

老舗の出会い系サイトでは割り切りの書き込みを多数見ることができる

割り切りを利用したい時は出会い系サイトを選ぶ必要があります。会員数が多く、アダルト内容に対して積極的または許容の姿勢を見せている出会い系サイトでなければ割り切りが少なくなって相場も高め、当然、質も落ちて選択肢が限られてきます。

現在、安定相場で書き込みが多いのはPCMAXとハッピーメールです。

最近の出会い系風潮に合わせて女性が使いやすいSNS的雰囲気のデザインになっていますが、どちらもコンテンツにはしっかりとアダルト系を用意しているので探しやすくなっています。

PCMAXであれば掲示板検索で最初にアダルトから入り、「スグ会いたい」や「アブノーマル・SM」などの項目にチェックを入れるだけで割り切りの書き込みを見つけられます。

ハッピーメールもほとんど同じシステムで、大人の掲示板から入ったら「今スグ会いたい」や「大人の恋人関係」で検索をかければ割り切り希望の女性がたくさん出てきます。

アダルト系の掲示板でエッチ目的の書き込みをしているのは、ほとんど割り切りと考えて間違いありません。いきなり出会って即エッチする女性なんていませんし、そんな女性いたら返って怖いですよね。

したがって書き込みしている女性のプロフィールを確認し、自分の好みのタイプを見つけたら即、相場を参考に割り切りの交渉してください。

出会い系サイトの書き込みで業者を見つけた時の対処法

割り切り希望の女性と交渉する際、気をつけたいのは相手がデリヘル派遣業者の場合です。

せっかく出会い系サイトで素人っぽい女性と割り切りを楽しもうとしているのに、プロの女性が来たら気分は台無し。それなら最初から風俗に行った方が手間が省けるというものです。

なお、個人同士で金銭のやりとりを行うのは合法ですが、業者が絡むと売春防止法に接触します。買春側は法律違反となりませんが、業者側が摘発された場合は売春防止法を立証させるために参考人として事情徴収されることもあります。

業者の判別は交渉の際、値引きや時間枠を持ち出すことでわかります。

デリヘルの場合、料金体系の相場が決まっているので値引きはできず、また時間によって料金が決まるので必ず時間枠を指定します。「ゆっくりお茶でも飲んでからエッチしたい」と言って、拒否したら業者と思って間違いありません。

出会い系サイトで素人の割り切りを探すのは手間がかかりますが、その交渉も出会い系サイトで割り切りを使う楽しみのひとつです。魅力的な割り切り目的の女性を見つけてください。

まとめ

以上、「出会い系サイトの“割り切り”にかかる相場まとめ」でした。

出会い系サイトで割り切りを見つけるための手間をかけるなら風俗に行った方が相場もわかって手っ取り早い、と思う男性の気持ちはもっともです。

しかし出会い系サイトの割り切りには風俗にない楽しみがあります。

それは相手の女性次第で刹那的な恋人気分を味わえること。

個人で割り切りをしているのは風俗勤務という制約を受けることに抵抗がある証拠でもあります。その反面、風俗のように後ろ盾がないので自分の身は自分で守らなければなりません。

故に女性は相手選びに慎重で、気に入った相手であれば時間の制約を設けずに食事をしたりお茶を飲んだり、という楽しみ方も享受しています。

風俗嬢のように業者側から監視されているわけではないのでうまく交渉すれば相場無視の値引きも可能ですし、相性がよければセフレに発展することだってあり得るのです。

もちろん、中にはビジネスライクでマグロ状態、相場からの値引きを一切拒否するスレた雰囲気を持つ女性もいて、風俗のようにチェンジできないというデメリットも抱えていますが、そのリスクも含めて、どんな娘が来るのだろう、と期待を膨らませられるのが出会い系サイトで割り切りを使う最大の楽しみと言えるでしょう。

それでは素敵な出会い系ライフを〜。