みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

岐阜で出会いを見つけるための手引き


岐阜県の生涯未婚率を見ると、男性が全国で下から3番目の45位で20.1%、女性は下から4番目となる44位で10.0%となっています。

男性の未婚率の方が高いのは岐阜県だけでなく全国各地の傾向ですが、他県に比べて男女ともに結婚できる確率が多いのですから、出会いの手引きはいらないのでは?とつい、考えてしまいます。

でも、もうちょっと岐阜県のことを調べると、どうやら未婚率だけでは分からない現実が見えてきて、確かに出会いのための手引を必要としていることが分かりました。

そこで今回は「岐阜で出会いを見つけるための手引き」と題し、岐阜で出会いに恵まれない男女のために、素敵な出会いを実現できるための情報を提供します。

男性未婚者急増で県内の少子化はやがて深刻な状態に!

岐阜県はかつて全国でも上位に入るほど3世代世帯の割合が多かった県ですが、1995年頃から単独世帯と逆転し、現在は全世帯の10%強に留まっています。

その中間に位置する世帯といえば夫婦と子供、あるいは夫婦だけの家族になりますが、その影に隠れているのが65歳以上の親と未婚の子供が同居している世帯。

いわゆるパラサイトシングルですね。

また50歳未満の男女はともに未婚率が全国平均より大幅に下回っているとはいえ、県内だけの推移を見ると確実に上昇しており、とくに男性は1990年代は女性と変わらなかった未婚率が一気に上昇、女性の約3倍に達しています。

1990年代前半までは日本の家族の象徴ともいうべき3世代世帯の多かった県が今や、パラサイトシングルが増えてしかも男性が結婚しにくい県になってしまっているわけですね。

この傾向が続けば当然、岐阜県の人口は減少を続けていくことになるので県側も男女がもっと出会える機会が増えて結婚できることを望んでいます。そのために行政が主導して運営しているのが「ぎふマリッジサポートセンター」です。

開催イベントで2500組以上のカップルが誕生

「ぎふマリッジサポートセンター」は県の少子化対策のひとつとして開設されました。岐阜県男女の出会いから成婚までを支援する機関で、主に「コンさぽ・ぎふ」と「おみサポ・ぎふ」の2つの活動を行っています。

「こんサポ・ぎふ」は岐阜県内で実施される婚活イベントを集めた情報サイトです。これらのイベントは岐阜県が認定した民間企業や団体、市町村が運営しているので安心して参加できるわけですね。

開催プログラムを見るといろいろな婚活パーティがあるので、参加するだけでも楽しいひとときを過ごすことができるはず。一例を紹介しましょう。

たとえば「瑞浪市消防団 独身団員との交流会」。参加資格は20歳以上の独身女性だけです。ただし婚歴は不問なので離婚歴があっても独身であれば大丈夫。瑞浪市の消防団員のための合コンみたいな婚活パーティです。ちなみに消防団員は消防署員と違ってボランティアで成り立っています。

消防署員ほどガチムチ系ではありませんが、それなりに体力自慢が集まっているので肉食系女子はかなり狙い目の婚活パーティです。

もっと将来的な安定を求めたい女性におすすめなのが「ふれあいパーティinアフロディーテ」。最近、婚活パーティでにわかに人気を集めている航空自衛隊岐阜基地の自衛隊隊員との婚活パーティです。自衛隊なので身体はばっちり鍛えられており、しかも公務員なので子供がたくさんできても安心できる夫を持つことが可能です。

その他、オープンしたばかりのバーベキューガーデンで開催する「BBQで始まる温かな出逢い」や座禅体験と松茸釜飯を食べながら出会いを見つける「座禅婚活in伊自良湖」など食欲をそそる婚活パーティや異色の出会いの場が揃っています。

座禅したら色即是空に目覚めて婚活できないような気もしますが、そこは心の広い最近の仏教のこと、姿形にとらわれない真実の出会いを見つけられる可能性があるはずです。

「こんサポ・ぎふ」で出会いを実現したカップルの数はすでに2509組に達しています。

婚活サポーターが仲介役

岐阜県では地域の市町村が結婚相談所を開設しています。

しかし地域の結婚相談所ではどうしても加入する男女の数が少ないというデメリットがあります。そこで各地域の結婚相談所をネットワークで結び、より広い範囲で出会いの相手を探そうというシステムが「ぎふマリッジサポートセンター」によるもうひとつの活動「おみサポ・ぎふ」です。

「おみサポ・ぎふ」の利用の仕方はとても簡単。最初に地域の市町村結婚相談所で無料の会員登録をすれば「おみサポ・ぎふ」の公式サイトで異性会員の検索ができるので、気に入った相手がいたら結婚相談所に連絡します。

相手の異性がとりあえず会うだけでも、という気分になれば婚活サポーターと呼ばれるボランティアが仲介役となり、最寄りの喫茶店や飲食店で1対1で会い、相性がよければお互い結婚相談所に連絡して交際スタートとなります。

これ、ほとんど民間の結婚相談所がやっていることと変わりありません。高いお金を出していつまでもぴったりの相手を探してくれない結婚相談所に行くよりも、出会いを求めるならまず「おみサポ・ぎふ」に会員登録した方が確実ですね。

なお、婚活サポーターは結婚までの仲介役だけでなく、婚活に対する悩みや相談も受け付けています。結婚できないと嘆く、とくに岐阜の男性は一度相談してみるのも婚活を進める手段のひとつです。

恵まれた自然を味方にして出会いを探す

出会いは欲しいけれど、やっぱり行政のチカラを借りるのは嫌だ、とか、行政主導は安心できるけれど堅苦しい、という男女もいるはず。

とはいえ、岐阜の男性気質は保守的で朴訥なタイプが多いので街中でチャラチャラとナンパするというわけにはいかず、また女性気質も恋愛には控えめなタイプが多いため、結婚適齢期の男女がスムーズに出会いを果たすというわけにはいきません。

その状況の中で出会いを実現するのであれば、やはり男女が集まりやすい場所に出かけ、自然の成り行きで仲良くなることが岐阜県人男女のベストな出会い。

幸い、岐阜には日本国内でも有数な自然観光スポットが数多くあります。四季を通じて男女が集まる観光スポットに出かければ当然、出会いも多くなります。

街にとどまらず岐阜の自然環境を存分に利用しましょう。

岐阜で相席ができる唯一の店舗

出会いの場を提供することですっかり有名になり、都市圏を席巻しているのが英国風居酒屋HUB BARや即席合コンができる相席居酒屋ですが、残念ながら岐阜には1店舗もありません。

岐阜の出会いを求める男女はぜひHUB BARと相席居酒屋に懇願してください。鳥取県人がスターバックスがないと嘆いて県知事が「スタバはないけれど日本一のスナバがある」と言わせたように、面白いキーワードを見つけることができたら両店舗とも岐阜に進出するはずです。

HUB BARや相席居酒屋はありませんが、1件だけ相席ができる店舗がありました。「The HAT-ハット-」です。

店内は落ち着いた照明で大人の社交場という雰囲気。用意されている食事も石窯ピッツァや生パスタなど本格的な料理が用意されているので、お酒が苦手な男女でも十分に相席を楽しめるスペースとなっています。

女性が相席を希望すると飲み放題時間無制限で無料というのも嬉しいポイント。ただし、調子に乗って酔っ払うと男性陣がドン引きするので注意してくださいね。

スキー場に出かけてロマンチックな恋を!

岐阜で出会いを探すなら街よりも自然の中にあります。

なにしろ日本の真ん中にある岐阜、穂高岳や槍ヶ岳、乗鞍岳などの飛騨山脈と恵那山などの木曽山脈があり、北アルプスと中央アルプスが揃い踏みしているだけに冬はスキー、夏はハイキングに登山と男女が出会いを実現できる環境が整っています。

これらの出会いスポットには県内だけでなく県外からも多数訪れるので岐阜の男性に取っては絶好のチャンスです。

とくにスキー。

これは上手く滑れるというだけで、どんなブ男でもイケメンに見えてしまうという魔法を持っています。単独で訪れている女性はまずいないので、男性陣も彼女がいない連中を集めてグループでスキー場に行きましょう。

グループ全員が上手に滑れるようであれば女性グループから雪をも溶かす熱い視線を浴びることは間違いなし。その上で初心者クラスの女性グループに滑り方を教えることができれば、出会いは間違いなく実現できます。

もちろんスキーだけでなくスノボでも構いません。

岐阜県人の男性でうまく滑れない人はこの冬、猛特訓をしてくださいね。なにしろ岐阜には国内有数のスキー場がたくさんあるのですから。

岐阜の男性でも相手が見つかる出会い系サイト「ハッピーメール」

岐阜の街中でも自然の中でもこれまで出会いがなかった、という男女へ最後に勧めるのが出会い系サイトの利用です。

最近の出会い系サイトは友達感覚で使えるSNS的雰囲気になっているところが多いので、保守的で朴訥な岐阜の男性でも無理なく利用できるようになっています。

とはいえ、どの出会い系サイトでもいいというわけではありません。やはり岐阜近辺の会員数が多くて安心できるところでなければせっかく入会しても出会いを実現できない結果に終わってしまいます。

その点、ハッピーメールは出会い系サイトでもトップクラスの会員数を誇り、運営側は24時間体制でサイト内を監視しているので男女ともに安心して相手を探すことができます。

女性はコンテンツ使用料が無料、男性は課金制ですがメール1通50円と料金体系が安いことも魅力のひとつですね。

出会い系サイト「ハッピーメール」を攻略するコツ

出会い系サイト「ハッピーメール」には出会いを求める積極的なユーザーが多いです。

ただし、それが堅実なユーザーばかりとは限りません。積極的なユーザーが多いということは、必ずしも誠実な出会いを求めているユーザーばかりではないということ。

要するに不純な目的でハッピーメールを利用している方もいるので、岐阜県で出会いを探そうとしている真面目な方は十分に注意したほうがいいと思います。

よって、真剣な出会いを求めたい場合はよく相手のプロフィールをチェックするようにしてください。

相手のプロフィールを見れば、どれだけ本気でハッピーメールを利用しているのかよくわかるはずです。基本的に長文というか、しっかりとプロフィールを記入しているユーザーほど真剣に出会いを求めている傾向にあります。

なかにはリアルユーザーになりすました業者も含まれますが、業者は大抵顔が整いすぎている写メを掲載しているので見分けがつくと思いますね。

ということで、ハッピーメールで真剣な出会いを実らせたいなら、必ずプロフィールをチェックして人間性を確かめることをおすすめします。

なお、どうしてもハッピーメールで真剣な交際を見つけられないのなら、真剣な出会いのみを提供している出会い系サイト「YYC(ワイワイシー)」を利用してみるのも手ですよ。

また、そもそも遊び目的で利用したいというのであれば、ハッピーメールの掲示板を活用してすぐに出会える異性とやりとりするのが手っ取り早いと思いますね。

ハッピーメールは真面目な出会いから不純な出会いまで幅広くカバーしている出会い系サイトとなっているので、非常に使いやすいコンテンツになっています。

ぜひハッピーメールで素敵な出会いを掴んでくださいね。

まとめ

以上、「岐阜で出会いを見つけるための手引き」でした。

岐阜県は埼玉県と並び、長野県に次いで隣接する県が多い県で、愛知や三重、富山など7県と隣接しています。埼玉県の男女が県内に留まらず東京都や神奈川県に来て恋愛相手を探すように、岐阜県で出会いがない男女は隣接する県の観光スポットや繁華街に出かけるのも方法のひとつです。

とくに愛知県の名古屋市は男女が出会えるスポットが数多くある他、野球やサッカーが盛んなのでスタジアムに出かけることをおすすめします。

スポーツはアドレナリンを大量分泌させる好材料。贔屓のチームが攻勢になれば男女の仲を一気に縮めてくれます。

もちろん名古屋まで出かけなくても岐阜にはFC岐阜がある!という男女は地元で応援してください。J2だけに、地元愛のファンが大勢集まっているので贔屓チームをサポーターが育てるという共有意識が出会いを生み出すことはけっして珍しいことではないのですから。

それでは素敵な出会い系ライフを〜。