みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

ネット婚活が難しいのはナゼ?-経験者たちが超えられなかった壁を徹底分析-


netkonkatu1104

ネット婚活とは、広い意味だとネットを通して活動できる婚活を指していますが、もっと掘り下げていくと同じネット婚活でも活動方法や内容が全く異なっていることが分かります。

ですから、ネット婚活が難しいか否かについては、色んな要素が絡み合っていますので一概にどうとは言えないんです。
安全面や特性、そして個人差等、見るべき視点はいくつもありますから。

特に婚活サイトって初期の交流は、メールのやり取りに重点を置くので、リアルな出会いとは違った特性を持っています。

例えば、安全面という視点で話をするなら、騙す目的で近づく人たちの存在も否定できないので、その中から安心できるネット婚活の場を見つけなくてはいけない難しさがあります。男性は金銭目的、女性は体目的で狙われる危険がありますから怖いですよね。

また、ネット婚活の特徴という視点であれば、24時間365日いつでも活動できるというメリットはあるものの、それはいつでも良い…つまり後回しになってしまうデメリットとも隣り合わせになっている訳ですから、計画的に活動していく難しさがあります。

その他にも、結婚の条件に当てはまる異性はいるのか、どうやってデートまで漕ぎつけるのか、そもそも結婚できる可能性はあるのか…等々。

このページでは、ネット婚活が難しいとされる理由や上手なネット婚活の方法を紹介。
ネット婚活の中でも特に濃い活動ができる、婚活サイトやマッチングサイトを中心にお話していきます。

大手ネット婚活サイトでおすすめはどれ?

婚活サイトを利用するなら、絶対に大手のネット婚活サイトを選ぶ事をおすすめします。

婚活サイトの見極め方はいくつかあって、それを知っていれば悪徳業者かどうかはすぐに判別できますが、初心者さんには難しい部分があるはず。その点、大手であればちゃんとしたサービスを提供してくれるのが普通なので、わざわざ見極める必要がないのです。

あなたが検討しなくてはいけないのは、たったひとつ。それはネット婚活サイトとの相性です。

これから紹介するのは、どれも大手ネット婚活サイトであり、料金もリーズナブルで、サービスもしっかりしているサイト5つです。あなたの希望や性格に合ったところを探してみましょう♪

①ユーブライド

こんな人と相性ピッタリ!

・悩み事は、婚活のプロに相談したい
・再婚を目指している

ネット婚活サイトだけど、コンシェルジュサービス

婚活サイトの基本的なサービスは、独自のマッチングによってネット上で出会うきっかけを提供する事です。

メッセージ機能や日記、写真の閲覧などを通して、会員さんが直接行動して初めて交流できるという仕組み。サービス内容がシンプルな分、月額料金は2,000~3,000円と安くなっているのが特徴です。

ですが、ユーブライドはコンシェルジュを利用できるので、サポートを受けたい人にはおすすめの大手ネット婚活サイトなのです。

コンシェルジュサービスとは:
婚活初心者、異性との関わりについて、疑問に不安に思った事を婚活のプロであるコンシェルジュにメール相談できるというサービス
コンシェルジュサービスの利用には、月額2,320円のスタンダードプランに加えて、31日で2,980円のプレミアムオプションに加入する必要があります。
プレミアムオプションは、コンシェルジュ相談サービスだけではなく、お相手が開封したか確認できる機能や、写真付きのメッセージでやり取りできるといったサービスもあります。

結婚歴がある会員さんも多い

恋愛したい・結婚したい気持ちがあっても、離婚したという経験があるために前へ進めない人は少なくありません。

お相手はどう思うのか、相手の親御さんは?また別れる事になってしまったら・・・?と、色んな不安が頭を巡ってしまうのです。

そんな中で婚活するなら、やはり同じく再婚を目指しているか、結婚歴が気にならない人と仲良くなりたいですよね。

ユーブライド会員さんの4人に1人は結婚歴があるのだとか。

メッセージのやり取りをする前に「結婚歴を気にしない人」「子どもがいても気にしない人」というように検索条件を設定できますし、匿名での交流なので周囲に知られる不安もなく、マイペースで活動できるのでおすすめです。

②ゼクシィ縁結び

こんな人と相性ピッタリ!

・毎日忙しいので、婚活は効率が命だと思っている
・初デートに誘うのはとにかく緊張する

幸せなカップルの法則を研究

効率的に婚活したいなら、大手のネット婚活サイトは特におすすめです。

一度に複数の人と関わりが持てますし、婚活パーティーのように参加してみないとどんな人がいるか分からないというものではなく、事前にメッセージのやり取りをして会いたいと思った人とだけ会えます。何より、ネット環境さえあればどこにいても婚活できるのは魅力的です。

ゼクシィ縁結びでは「価値観診断」というマッチングサービスがあり、これにより更に効率よく活動できるシステムを作っています。

価値観診断とは:
ゼクシィの会員さん6000人のデータを分析し、あなたの価値観タイプやお相手との相性を診断。18個の質問に答えるだけで、価値観がどれだけマッチしているか、相性が良いポイント、要注意ポイントが分かる

この価値観診断で導き出された結果を元に、相性が良いお相手を一日4人紹介してもらえます。あなた自身で検索条件を入れて探すのも良いですが、こうしてデータから見えてくる相性も興味深いですよね。

デートの日程を調整してもらえるサービス

いくらメールでは盛り上がっても、会った事は一度もないという中で、初デートのお誘いはやっぱり緊張するものです。出来る事ならお相手のほうから誘ってくれないものか・・・と受け身になってしまいます。

ゼクシィ縁結びでは、サービスが豊富な大手ネット婚活サイトの中でも唯一「デートセッティング代行」というものをやっています。

デートセッティング代行とは:
お見合いオファーをすると、コンシェルジュが日程を調整するサービスで、初デートにふさわしい待ち合わせ場所をおすすめしてくれる。お互いの個人的な連絡先を交換せずに会えるので、安心して初対面を迎える事ができる。

いつ誘おうか・・・とタイミングが掴めずに時間が過ぎていくと、このご縁を逃してしまうかもしれません。デートセッティング代行は、奥手な人には特におすすめしたいサービスなのです。

③マッチ・ドットコム

こんな人と相性ピッタリ!

・外国の人と仲良くなりたい
・同性愛のお相手、または同性の友達を探している

25カ国に会員がいる大手のネット婚活サイト

マッチ・ドットコムは、25カ国1500万人以上が利用している、超巨大なネット婚活サイト。日本国内でも187万人の会員さんがいます。

外国の方がいる婚活の場というのはそう多くはありませんから、国際結婚を目指している!という事であれば、こちらのネット婚活サイトはおすすめできますね。

同性との関わりも持てる

日本よりも同性愛が浸透している国はたくさんあるので、マッチ・ドットコムでは同性を条件検索できるマッチングシステムを導入しています。同性のお友達探しにも役立つ機能ですよね。

④Omiai(おみあい)

こんな人と相性ピッタリ!

・Facebookを利用している
・顔写真などの個人情報は安心できるところにだけ公開したい

Facebookの会員だけが入会できる仕組み

omiaiはFacebook連動型のアプリですが、実名は公開されませんし、Facebook上の友達が同じくomiaiを利用していた場合、検索結果にあなたが表示される事はありません(友達非表示機能)。また、会社の上司や元カレ(元カノ)などFacebook上の友達ではなくて見られたくないという相手に対してもブロックできるようになっています(ブロックリスト機能)。

Facebookと連動型していると、周囲に知られてしまうリスクをまず心配する人は多いですが、このようにプライバシーをしっかり守ってくれます。

個人情報を安心して公開できる

個人情報と言えば、住所や職場、名前といったものがまず思い浮かびますが、これらは上でお話したように伏せておく事ができます。

ですが、もうひとつ重要な個人情報である顔写真については、他のネット婚活サイトよりも公開している会員さんが多いのがOmiaiの特徴です。

これは、Facebookが実名登録なので、サクラがいるリスクが非常に低いという点が大きく影響しているのでしょう。ネット婚活サイトでは顔写真の公開は必須とも言えますが、やっぱり安心できるところでないと怖いですよね。

⑤pairs(ペアーズ)

こんな人と相性ピッタリ!

・Facebookを利用している
・同じ趣味の人と出会いたい

omiaiと同じく個人情報は公開されない安心感

omiaiと同じくpairsも、Facebook連動型アプリでありながら、個人情報は公開されないというシステムになっています。2012年にサービスが開始され、数年で累計会員数が500万人突破と、ものすごい勢いで広まっています。

気になる相手に「いいね!」をして、相手もあなたに「いいね!」をすると、マッチングが成立したという事になります。そこからメッセージのやり取りを始めていくというのが基本的なサービスになります。

出会いのきっかけが豊富

pairsには何と約3万ものコミュニティがあります。趣味を通して仲良くなれるので恋愛に積極的な人でも気軽に交流できるという点は魅力です。

中には「お米は固いのが好き」なんてマニアックというか細かいコミュニティまで存在するんですよ。

ネット婚活サイトの会員数はどのくらいいるの?

婚活サイト会員数(公式サイトで公開されている数字)
ユーブライド累計130万人
ゼクシィ縁結び11万人
マッチ・ドットコム累計187万人
Omiai累計180万人
pairs累計500万人

ネット婚活サイトを会員数だけで見ると、pairsが圧倒的に多いですね。

ネット婚活では会員数が多いと、それだけ出会える確率が高くなるのは間違いありませんが、それ以外にも大切な事はあります。

・現在活動中の会員数
・異性の会員数
・都道府県別の会員数
・年代別の会員数 等

全てを公式サイトで公開しているわけではありませんので、登録前に会員数に関する十分な情報は得られません。

ただ、大手のネット婚活サイトであれば無料会員でも活動できます。実際にサービスを利用しながらあなたが求める会員さんが多数活動しているところを探してみてください。

ネット婚活サイトの料金はどのくらいかかる?

婚活サイト有料会員(月額料金)無料会員
ユーブライド2,320~3,980円
ゼクシィ縁結び2,592~4,298円
マッチ・ドットコム2,200~3,980円
Omiai2,780~4,800円
pairs男性3,480円~/女性2,900円~

ネット婚活は、結婚相談所や婚活パーティーと比べて料金がリーズナブルなのがメリットのひとつ。入会金や成婚料が不要で、月額料金さえ支払えばサービスを無制限で利用できます。

どこの婚活サイトでも、まとまった期間を一括で支払うと値段が安くなりますので、3ヶ月プラン、6ヶ月プランあたりがおすすめです。

また、無料会員であっても会員さんと交流できます。メッセージのやり取りやプロフィールの公開などに制限はあるものの、お試し利用にはもってこいです。

複数のネット婚活サイトに無料会員登録をして、その中から気に入ったところにだけ有料会員するという方法がおすすめです。

ネット婚活するなら独身証明書は必要?

独身

ネット婚活で使える独身証明書とは名称のとおりで、独身である事を証明するものです。しかも市町村区役所で発行される証明書ですから信用できます。

ひと昔前なら、独身である事を公的に証明するためには、戸籍謄本・抄本を見せるしかありませんでしたが、それだとどうしても細かな個人情報までさらけ出す事になってしまいます。

そこでネット婚活では、この独身証明書が発行されるようになったのです。

結婚相談所は、独身証明書の提出は必須となるのが普通ですが、ネット婚活サイトだと任意とする場合がほとんどです。

今回ピックアップしている婚活サイトの中だと、fecebook連動型アプリのOmiaiとpairsは独身証明書の提出が不要、それ以外は任意での提出になっています。任意とは言え、独身証明書を提出しておくとやはり信頼度は上がるでしょう。

ネット婚活が難しいと言われる理由5個

netkonkatumuzukasii1104

・気軽に利用できる
・24時間365日マイペースで活動できる
・自宅で出来る
・初めはメッセージのやり取りなので、外見よりも内面が重視される
・月2,000~3,000円と費用が安い所がほとんど

ネット婚活は、忙しい人が飛びつきたくなるようなスペックを持っていますので、人気が出るのも当然と言えます。
いつでも良い、安いというのは特に大きな魅力ですよね。

ただ、その一方でネット婚活の難しさを感じた人たちがいます。
ネット婚活は気軽に始められますが、いざ活動するとなると、想定外の問題に直面してしまう場合もあるのです。

どうして、ネット婚活は難しいと言われるようになったのか。まずはその理由を分析してみましょう。

騙す目的で近づく輩がいるから

いくらあなたが真面目に婚活に励んでいても、関わる人が騙す目的なら、良い方向へ進んでいくのは絶対に無理。あなたがどんなに魅力的な人物であったとしても、無関係でお金と時間を奪われてしまいます。

かと言って、100%騙されない方法というのも今のところはありませんので、ネットの安全が整備されつつある現在でも、被害者は多いです。

騙す目的で近づいてくる輩というのは、大きく分けると業者か個人、どちらかです。

悪徳業者に捕まってしまうと、サクラとメールのやり取りをすることになり、法外な利用料を請求されたり、個人情報を売られてしまったり…と婚活どころの話ではありません。

会員個人が騙す場合、婚活サイトでの初期の交流は文章だけのやり取りになるので、騙されていることに気付きにくい環境ですから、それを悪用してきます。

男性はお金、女性は体目的で近づかれることが多いので注意しなくてはいけません。

顔が見えない中でのコミュニケーションだから

kaogamienai1104

私たちが経験してきた出会いの多くは、直接対面するものであり、相手の顔や身なり、しぐさ、話し方等、視覚や聴覚からの情報もたくさん仕入れています。

婚活となると、容姿や年齢、職業や年収といった情報ももちろん大切ですが、対面してから得る情報が非常に大きく影響するのは間違いありません。

ですが、婚活サイトで頼りになるのはプロフィールのみ。そこから関係を深めていくのは、リアルな出会いにない難しさがあります。

一番多い悩みは、メールの文面だけでは気持ちを伝えきれないということ。

例えばお礼が言いたい場合。

「ありがとう」というひと言だけでは、お礼を言っているという最低限の情報しか与えることができず、社交辞令なのか心からのものなのかは、受け取る側からすると判断しづらいです。

メール主体の交流は、ある程度の文章力や表現力、何より伝えたい気持ちがないとだめ。言葉のやり取りは出来ても、気持ちのやり取りは難しいです。

会うタイミングが難しいから

婚活サイトは、メッセージのやり取りで交流が始まりますが、いい感じの人を見つけたら会ってみたいと思うのが自然な気持ちですよね。

ですが、デートに誘うタイミングが早過ぎると警戒されてしまうかもしれないし、遅過ぎても他の人に先を越されてしまうかもしれません。

仲を深めながらも、デートの機会を探るというのは、なかなか大変なんです。

プロフィール重視になるから

婚活サイトの第一印象は100%プロフィールで決まります。写真で容姿を確認し、住んでいる地域、年齢、趣味、好きなタイプ等をチェックした上で、コンタクトを取るのが普通。

…となると、プロフィールでは表現できない部分は、伝える術がありません。

人柄の良さや優しい笑顔、人を癒してくれるおっとりとした話し方など、直接会わないと分からない魅力が第一印象に反映されないと、出会いに恵まれない人はたくさんいます。

例えば、容姿は普通、45歳で年収が300万円、田舎暮らしという男性が婚活サイトに登録した場合、プロフィールでスルーされてしまう可能性は高いでしょう。

婚活をしている人は、多かれ少なかれ、結婚相手への条件をいくつか持っていますから、男性は年収や将来性を見られますし、女性は年齢が大きく影響するのです。

年収で嘘をつくor嘘をつかれるから

上の続きのような感じですが、プロフィールではアピールポイントがないために、ネット婚活では年収で嘘を申告してしまう人がいます。

少し盛るくらいなら後々差し支えることはないでしょうが、本当の年収は300万なのに、ネット婚活では年収600万にすると言った大きな嘘は、仲良くなってから後悔することになります。

また、嘘をつかれる立場の人に至っては、どんなに楽しい時間を過ごせていたとしても、嘘がひとつ明らかになるだけで一気に相手を信頼できなくなってしまいます。

嘘から始まった関係は、嘘がバレた時点で終わりを迎えてしまうのです。

ネット婚活の難しさを「簡単」に変換する4つのコツ、教えます。

ここまでネット婚活の難しい部分についてお話してきましたので、次は「難しい」を「簡単」にするコツを紹介します。

①悪徳業者に捕まらない簡単な方法

akutokugousya1104

ネット上には、悪質なサービスを提供し、法外な利用料を請求してくる悪徳業者がいますが、優良な業者もたくさんいます。

悪徳業者に捕まらない方法はとても簡単で「知名度の高いネット婚活サイトに登録する」たったこれだけです。

知名度の高い婚活サイトは、悪質なサービスを提供するなんて馬鹿なことは絶対にしません。

みんながネットを頼りに情報収集するようになりましたし、みんなが自由に口コミを書き込めるようにもなっているので、悪徳業者の行いは筒抜け状態。

賢い経営者なら、悪巧みするよりも、時間をかけて信頼を積み重ねていき、健全な運営を目指すことこそが、お金になることを知っているのです。当サイトで紹介している婚活サイトも、もちろん安心して利用できます。

参考:婚活サイトランキング

②メールが得意になる簡単な方法

mailtokui1105

メールが苦手な人というのは、相手に『あぁ…私には気がないんだな』と思わせる達人です。

返信が遅い
質問に答えるのみのシンプルな返信
質問には答えずに自分が言いたいことだけをメールする
自分から連絡を取ろうとはしない

これらの項目に当てはまるのなら、結婚相談所など別の場所で再出発するか、メールのやり取りを上達できるように努力するか…の二択から必ずどちらかを選んで。

中途半端なままだと、無駄な出費と時間が増えていくだけ。そしてお相手を困らせてしまう可能性大…というオマケつきです。

ネット婚活でメールのやり取りを上達させる簡単な方法をまとめておきます。出来ることから挑戦してみましょう。

【相手に好感を持ってもらえるメールのコツ】

・初めの内は丁寧な文面で。フランク過ぎると嫌われる
・「ごめんなさい」を多用しない
・価値観の相違があっても否定しない。メールは細かいニュアンスが伝わりにくいので、否定的な文面はキツく見える
・1通のメールに質問を複数書かない。特に男性には不評
・メールの返信はできれば1日以内、遅くても3日以内には心掛ける。遅すぎると脈なしと思われる
・話題が見つからない時は、プロフィールから相手の好きなことについて質問する
・プロフィールを充実させると、相手は安心してメールが出来る
・誰にでも通じるようなコピペメールは絶対に送らない
・ネガティブなメッセージを送らない
・長すぎるメールは送らない。200~300文字くらいで十分
・返信がないのに立て続けにメールを送らない
・返信を催促しない
・自己アピールよりも「あなたに関心があります」という態度が◎
・共通点を探す
・自慢ネタより失敗ネタのほうが好感が持たれる
・相手がくつろいでいる時間を狙ってメールする 等

③デートに誘うタイミングを見つける簡単な方法

de-tosasou1105

いいなと思う人を探す→メールを送る→仲良くなる…と、ここまで来たら意識するのが、デートに誘うタイミングです。

この時、メールの回数を目安にする人がいますが、会話の内容が浅ければ10回やり取りしても警戒心が解けない状況かもしれません。

または、1回のやり取りで会おう!という流れになることもありますので、回数を気にするのはおすすめしません。

デートへのお誘いするタイミングは、自分で作りましょう。
一番簡単なのは、趣味や食べ物の話題を振り「一緒にどうですか?」と誘ってみる方法です。

共通の趣味がなかったとしても、相手の趣味に興味があるという流れで「教えてください」と言えますよね。

または、エビが好きだという食べ物の情報を掴めば「美味しい海鮮丼を出してくれるお店を知ってるんです。一緒に行きませんか?」とお誘いできます。

④プロフィールであなたを魅力的に見せる簡単な方法

purofi-ru1105

プロフィールは、あなたの代わりとなって働いてくれるツールだと思ってください。

仕事や遊び、睡眠…と、あなたが婚活以外のことをやっている時間も、プロフィールは片時も休まずに自己アピールを頑張ってくれるので、絶対に適当に書いてはいけません。

【ネット婚活でプロフィールを充実させる方法4つ】

・具体的なエピソードを載せる(趣味→音楽鑑賞だけでは伝わりにくい)
・自慢話は控えめに(自慢話の例→年中海外を飛び回っている、仕事で表彰された)
・ネガティブ、自己否定ネタは封印する(ネガティブ例→人見知りで無口なので友達は一人もいません…)
・自己アピールは、職業や年収の凄さよりも、誠実な部分を伝える(誠実アピール例→細かい事が好きで今はプラモデル作りにハマっています。いつか子どもができたら一緒に色々作ってみたいなと今から楽しみにしているんです)

自己アピールを、自慢話と勘違いしてしまう人は多いので、そこは特に気をつけましょう。


 

ネット婚活が難しいと感じるのは、性格による部分もありますが、ネット婚活の特性を知らずに利用してしまうというのが最も難しさのレベルを引き上げています。

まずは自分に合っている婚活サービスがどれなのか検討することから始めて、利用する婚活サービスを決めたら特性を知り、必要な対策を練っていきましょう。

参考:婚活の種類がいくつあるか知ってる?あなたと相性の良い婚活の場を探す方法


  関連記事