みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

「ネット婚活、疲れた……」そんな人に試してほしい解消法と“婚活鬱”の予防法


気軽に、かつ手頃に行えるネット婚活。

「ネット婚活なら簡単に運命の人に出会えるかも!」なんて思っていたのもつかの間、なかなか良い人と巡り合えず、うまくいかない婚活に「疲れた……」と感じてしまう方も多いのではないでしょうか?

疲れたのに無理にネット婚活を続け、“婚活鬱”に陥ってしまう方も今では少なくないんですよ。

そこで今回は、「ネット婚活、疲れた……」そんな人に試してほしい解消法と“婚活鬱”の予防法を紹介していきたいと思います。

“婚活疲れ”や“婚活鬱”になりやすい人の特徴

ネット婚活だけに限らず、婚活において、婚活疲れや婚活鬱になりやすい人と、そうではない人に分かれます。

あなたが婚活に疲れてしまった原因や、婚活鬱になってしまった原因は何だと思いますか?
何事も、原因から突き止めることが大切です。自分がそうなってしまった原因を突き止めて、婚活疲れや婚活鬱を解消していきましょう。

“婚活疲れ”や“婚活鬱”になりやすい人の特徴①結婚に対して焦りを感じている人

あなたがネット婚活を始めた理由はなんですか?

「30代後半になって、そろそろ焦りを感じたから……」
「周りの女友達達が結婚したり子供を産んだりしていて、それを見て焦ってきたから……」

婚活を始めた理由としてよく耳にするのが、このように結婚に対して“焦り”を感じているという方たちです。

特に多いのが、30代半ばから後半にかけての女性。
このくらいの年齢になると、特に「子供を早く産みたい」だったり「両親を安心させたい」だったりの悩みが多くなり、どうしても焦りを感じてしまうのも仕方がないことです。

「早く結婚しなきゃ」と結婚に焦りを感じれば感じるほど、ネガティブな感情になってしまいます。もちろん、ネガティブな感情のまま婚活をしても良い方向には進みません。
そして結果的に、婚活疲れや婚活鬱に陥ってしまうのです。

“婚活疲れ”や“婚活鬱”になりやすい人の特徴②真面目過ぎる、完璧主義者タイプの人

真面目なのはいいことですが、真面目過ぎだったり完璧主義者タイプだったりする人は、婚活疲れや婚活鬱に陥りやすい人と言えます。

そのような人は恋愛に対しても完璧を求めてしまう傾向があり、本で恋愛のノウハウを調べたり、ネットで婚活の攻略方法を調べたりして、それに一生懸命取り組み完璧を求めようとする方が非常に多いです。

また、完璧主義者の人は相手にも完璧を求めてしまいがちなため、結婚相手に対する条件を高めに設定してしまい、なかなか理想通りの相手に巡り合うことができません。

このように完璧を追求し、真面目に婚活を頑張りすぎることで、婚活疲れや婚活鬱になってしまうのです。

“婚活疲れ”や“婚活鬱”になりやすい人の特徴③結婚だけが幸せだと思っている人

あなたの“幸せ”は何ですか?

今、まさに婚活中だという人は大体の方が「結婚が一番の幸せ」だと思っていることでしょう。

その中でも、「結婚すれば幸せになるはず」、「結婚相手の人に幸せにしてもらおう」というように神風主義になってしまう方は要注意。結婚に対する理想像や相手に求める条件が高くなってしまい、“婚活成功”の文字とは程遠い現実が降り注ぎ、結果的に婚活疲れや婚活鬱に陥ってしまいます。

“婚活疲れ”や“婚活鬱”になりやすい人の特徴④自分に自信がない人

ネット婚活をしている中で、自分の条件に合った人が見つかった場合でもその人から振られてしまうケースは少なからずあると思います。

その際、「私は相手の条件に合わなかったんだろうなぁ」と思うことができれば、“仕方がない”という感情だけで次に切り替えることができます。

しかし、自分に自信がない人は振られるたびに「もしかして私に魅力がないのかも……」「私のことを好きになってくれる人なんているのだろうか……」とマイナスの感情だけが大きくなり、自分を責めて傷付いてしまいます。

そして結果的に、婚活疲れや婚活鬱に陥ってしまうのです。

“婚活疲れ”や“婚活鬱”になりやすい人の特徴⑤世間の価値観を重要視する人

「私は、“私が好きになった人”と結婚したい!」このような感情で婚活をする人は、成功に近付ける傾向にあるのですが、「どんな人が見ても“素敵”だと思う人がいい」、「周りから見て恥ずかしい人は嫌だ」というように、“世間の価値観”を重要視する人は、婚活疲れや婚活鬱に陥りやすい傾向にあります。

世間の固定観念にばかりとらわれてしまうと、相手に求める理想や条件が高くなりすぎることはもちろん、「私ってどんな人が好きなんだっけ……」「私はどんな人と結婚すればいいんだろう……」と、誰を選べばいいのかわからなくなってしまうこともあります。

その結果、婚活成功への道が塞がってしまうのです。

“婚活疲れ”や“婚活鬱”になりやすい人の特徴⑥婚活以外のことも頑張りすぎてしまう人

ネット婚活は決して簡単な活動ではなく、労力や時間、費用を使うものです。

仮に、婚活サイトに登録をして条件に合った人が現れ、実際にデートをしても「この人は何か違うな……」と自分が感じた場合はお付き合いまで至ることはありませんし、反対に相手に振られてしまっても、その後の話が進展することもありません。

つまり、いろいろな人と会って、ダメなら他に良い人を探す……ネット婚活はこれの繰り返しです。

婚活だけに集中して頑張るだけならいいのかもしれませんが、仕事や家事もありますし、女性であれば魅力的な女性になろうと努力をする人も少なくありません。

仕事、家事、自分磨き、婚活……これらを一度に頑張りすぎてしまうことで、ドッと疲れが溜まってしまうのです。

“婚活疲れ”や“婚活鬱”になりやすい人の特徴⑦長期に渡って婚活をしている

あなたはネット婚活を始めて、どのくらいの月日が経ちますか?

ネット婚活において、婚活成功までの期間は“3カ月~1年ほど”が平均だといわれています。
人によっては、「結婚相手と出会えるまで3、4年かかった」という方もいますが、婚活成功者のほとんどは、婚活サイトに登録をして3カ月~1年ほどで結婚を決めています。

もし、あなたが3カ月~1年以上の月日を婚活に当てているのであれば、“自分の婚活期間は長め”だと認識しておいてください。

もともと女性は長期的なストレスに弱い生き物なため、婚活期間が長期化すればするほどストレスが溜まり体調が崩れやすくなってしまいます。その結果、婚活疲れや婚活鬱に陥ってしまうのです。

なってからでは遅い!“婚活鬱”の予防法

“婚活鬱”と聞いても、何だかパッとしない、そんなに重いものじゃないのでは?と思う方が多いと思います。

しかし、決して婚活鬱は軽いものではありません。
婚活鬱を受診することができる専門医が存在するくらい、立派な病気です。

婚活鬱になってしまうと、ネガティブな感情が大きくなり婚活だけではなく普段の生活にまで支障が出てきてしまいます。そうならないためにも、少しでも心身の不調に気付いたら早めに対処しましょう。

下記で紹介する婚活鬱の予防法は、婚活においての失恋で“できるだけ苦しまないための予防法”としても期待できますので、ぜひチェックしておいてください。

“婚活鬱”の予防法①一人に対して執着しないようにする

自分の条件や理想にぴったりの男性が現れたとき、「この人がいい!」「絶対にこの人と結婚するんだ!」と執着しすぎないように気を付けてください。

相手に好意をもつということは悪いことではありませんが、特定の一人に大きな感情を持ってしまうと、良い結果を生まないことがほとんどです。

あなたが大きな感情を持っていたとしても、相手は何人もの女性をキープしていることだってあり得ます。
そのことを重々承知したうえで、ネット婚活をするようにしましょう。

結婚を前提にした本交際に至るまでは、視野を広げてたくさんの男性と連絡を取り、その中から素敵な人を選ぶ、くらいの大きな気持ちでいたほうが気も楽です。

“婚活鬱”の予防法②失敗しても自分を責めないようにする

婚活をしていくうえでなかなか成果を得ることができないと、「私に魅力がないからだ……」「私なんか結婚できないんだ……」と自分を責めてしまう人がいます。

自分を責める必要なんてこれっぽっちもありません。
自分を責めたって、落ち込むだけでいいことはありません。

そもそも、一度考えなおしてみてください。
なぜ、相手の方とうまくいかなかったのだと思いますか?

あなたのせいではなく、ただ単に“ご縁がなかったから”それだけです。
さらに、うまくいかなかった相手に対して悩むのもただただ時間がムダになっていく一方です。

自分を責めず、次に進もう!というポジティブな気持ちを常に持っていましょう。

“婚活鬱”の予防法③恋愛モードをいったんオフにする

何度もうまくいかず落ち込んだ時は、一度恋愛モードをオフにしてみてください。

“相手を好きになること”を求めて婚活するのではなく、“ごく普通の幸せな家庭を築ける相手を探すこと”を目標にして、クールな感情で婚活をするのです。

そうすることで、もしダメだったときも「まぁ仕方ないか」、もし交際まで至った場合でも「ラッキー!」くらいの軽い気持ちで婚活をすることができます。

“ときめき”を求めるのは二の次に。
交際に発展してからでもときめきを求めることはいくらでもできるので、相手を探す段階にいるときは、いったん恋愛モードをオフにして行動してみるようにしてください。

“婚活鬱”の予防法④初めから無理そうな相手にはアプローチしない

婚活サイトに登録していると、「この人モテそうだな……」「イイネを何件ももらっていそうだな……」という男性を見かけることがあるかと思います。

「こんなカッコイイ人と交際できたら幸せだろうなぁ……」と思ってしまう気持ちもわかりますが、最初からレベルの高いような相手にはアプローチしないことが、自衛に繋がるとも言えます。

「無理そうだな」と分かっていて近づいたとしても、本当に無理だったとき「やっぱり……」と落ち込んでしまうのは確かです。

高望みをせず、あくまで「この人ならギリギリ私の条件にぴったり!」くらいの相手とやりとりをすることが婚活成功のポイントになると思います。

“婚活鬱”の予防法⑤婚活を“ストレス”とは思わないようにする

あなたにとって婚活そのものがストレスになってしまっていては、確実に婚活鬱に陥ってしまいます。

そこで、婚活自体を“ストレス”ではなく、“楽しみ”に変えるようにしてください。

例えば……
「また今日も婚活サイトを開かないと……どうせ良い人なんか見つからないし、サイトを開くのすらもう疲れた」の考えを
「今日も婚活サイトを開こう!素敵な男性が見つかるといいな~♪」の考えに。

「条件に合わない人からのメールばかりで疲れた……もう返信もしたくない」の考えを
「メールをしてみれば相手の良いところに気付くことができるかも♪」の考えに。

このように考え方ひとつで、だいぶ違ってきますよね?

ストレスを感じながら婚活をしている人に比べると、楽しみながら婚活をしている人の方が異性からも魅力的に見られるのは当たり前のことです。このような感情は、雰囲気に出てしまいますからね。

“婚活鬱”の予防法⑥結婚に対して、固定概念を持たないようにする

「40歳になるまでに絶対に結婚する!」「結婚こそが女の幸せ」
そんな固定概念は捨てましょう。

うまくいかなかった時に、余計にイライラしたり焦ったり、不安になってしまう一方です。

婚活は“焦らず自分のペースで楽しむ”のが一番です。

“婚活鬱”の予防法⑦自分と周りの人を比べないようにする

親しい友人と婚活を始めたという方や、婚活中に他の婚活女性と仲良くなったという方も多いことでしょう。

もし、そのような身近な人が先に婚活成功をして卒業してしまっても、その人と自分を比べてはいけません。

「あの子が婚活成功したのに、なぜ私はダメなの……」「自分ばかり幸せそうでずるい」そんな感情が生まれてしまうのは仕方がないことですが、落ち込んでしまうとますます婚活成功とは程遠い結果になってしまいます。

婚活では、“他人は他人、自分は自分”この考えを忘れないことが大切です。

「ネット婚活、疲れた……」そんな人に試してほしい“婚活疲れ”の解消法

予防法の次は、“婚活疲れ”の解消法を紹介していきたいと思います。

少しでも「ネット婚活、疲れた……」という感情があるようでしたら、ぜひ試してみてください。たまにはリフレッシュすることも大切ですよ。

“婚活疲れ”の解消法①婚活サイトの新しい機能を利用してみる

ネット婚活で疲れが出てきたという方におすすめの対処法がコレ。

自分が登録している婚活サイトで、利用したことがない機能を試してみるという方法です。

例えば、日記の更新など。
多くの婚活サイトには、日記機能があり「自分はこんな人ですよ」「こんなことをするのが好きです」など、アピールをすることができます。

趣味などを日記に記載すれば、同じ趣味を持った男性からアプローチを受けるかもしれませんし、イイネやコメントがついたらそれだけで嬉しく進歩したような気がしますよね。

他にも婚活サイトによってさまざまな機能が設けられていると思うので、自分の刺激になるような機能を見つけ、進んで利用してみてください。

“婚活疲れ”の解消法②ネット婚活以外の婚活をしてみる

もともと「お見合いや街コンなどに参加しながら、ネット婚活も利用している!」という方であれば問題ありませんが、ネット婚活のみを中心に活動を行っている人は、それ以外の活動も視野に入れてみてください。

ネット婚活は、サイト内のメール機能などで気軽にやりとりをすることができますが、“リアルですぐに相手と会う”ことはできません。
そのため、なかなかモチベーションが上がらないという方も多いようです。

そんな時は、直接男性に会うことができる場所に出向いてみてください。
お見合い、街コン、婚活パーティー、なんでもOKです。

直接男性と会い、会話をしたり交流したりすることで、新しい刺激にもなりますしモチベーションアップにも繋がります。

“婚活疲れ”の解消法③やりとりする相手は少なすぎず多すぎずを心がける

婚活中は、特定の男性だけではなく複数の男性とメールでやりとりをしたりデートをしたりするのは当たり前のことです。

しかし、あまりに多くの男性とやりとりをしていると、メールをする時間やデートをする時間など、婚活に割く時間が増えて心身共に疲れがドッと溜まってきてしまいます。

さらに、多くの男性とやりとりをしていると、素敵な男性が見つかったときにしっかりとした対応ができなくなり、後悔してしまうこともあります。

ですので、やりとりをする男性は、自分に負担がかからない程度の数に制限しておきましょう。

“婚活疲れ”の解消法④1、2カ月、婚活から離れてみる

婚活が原因でストレスになってしまうのであれば、少しのあいだ婚活から離れてみるのもひとつの手です。

婚活休みの期間は、長すぎず短すぎずの1、2カ月がおすすめ。

この期間は、婚活のことをできるだけ忘れて、自分の趣味や好きなことに没頭してみましょう。

読書をたくさんする、週に一度映画を見に行く、好きなアーティストのコンサートに行く……なんでもOKです。
趣味がないという方は、これを機に探してみるのもいいかもしれませんね。

きっといいリフレッシュになり、清々しい気持ちで婚活を再開することができると思いますよ。

“婚活疲れ”の解消法⑤婚活とは関係のない場所にも進んで参加する

婚活を優先するあまり、家族や友人、職場の人との関係がおろそかになっていませんか?

「婚活とは関係のない場所に参加するなんて時間とお金のムダ!」そんな考えは捨てましょう。
何度も言っていますが、焦ってもいい結果は生まれません。

友人や職場の同僚と飲みに行く、両親との旅行を計画する……そんな活動も進んで行ってみてください。
もしかすると、その先に素敵な出会いがあるかもしれませんし、婚活の息抜きにもなりますからね。

“婚活疲れ”の解消法⑥婚活のことを相談できる相手を見つける

「婚活をしていることを誰にも知られたくない!」そんな気持ちもわかりますが、愚痴や相談を聞いてくれるような友人を見つけるのも、婚活疲れを解消するひとつの方法だと言えます。

女性は、悩み事や愚痴を口にすることで、少なからずストレス解消になりますしスッキリできるはずです。

婚活中に嫌な思いをした、失敗した、そんな経験も、友人との話のネタになると思えば、気持ちも和らぐと思いますよ。

とにかく心に余裕をもって婚活を試みて

婚活疲れや婚活鬱は、主に婚活がうまくいかないストレスによる症状です。

自分自身、少しでも「疲れたな」と感じたときは、早めに対処法を試みてリフレッシュすることが大切です。
また、普段から婚活鬱の予防も忘れずに。

頑張りすぎず、自分のペースで婚活を続けてくださいね!


  関連記事