みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

出会いゼロの“オタク”に最適な出会い系アプリ2選


今回はちょっと視点を変えて、オタクに最適な出会い系アプリについて解説してみます。

私はネット文化というものにそれほどくわしいタイプではありません。またこういうものを書いていますが、本来はネット社会に密接につながって生活してもいません。なので、オタクと言う存在には、どちらかと言うと疎いほうです。

でも以前から、私なんかよりPCを上手に使いこなすオタクという存在に憧れのような気持ちがありました。ただ、意外にオタクユーザーの方って、出会い系アプリを使っていないのですね。

そこで今回は「出会いゼロの“オタク”に最適な出会い系アプリ2選」と題して、オタクにおすすめの出会い系アプリについてくわしく解説します。

恋人探しに真剣なら真面目な女性の多い出会い系アプリ「YYC」

出会い系アプリというよりも出会い系サイトとして知られている「YYC(ワイワイシー)」は2000年に誕生した老舗出会い系サイトのひとつです。

会員数は累計で1,000万人以上とも言われていますが、歴史の長い出会い系サイトということが、この数字からも伺えます(なお男女比ですが、大体7:3ではないかとの意見が多く読み取れます)。

YYCがほかの出会い系サイトと違う点は、運営会社が初代から大手IT系企業であるところです(liveddor → Line → mixiの100%子会社)。この点はサイトのUXにも表れており、ほかの出会い系とは一線を画するところです。

もともと、姉妹サイト(youbride)の恋活サイト版として誕生したYYCは、ほかの優良出会い系と比べてもプロフィールの設定が非常に細かくなっています。これがユーザーの質を向上させることにつながり、現在もレベルの高い優良出会い系として人気を集めています。YYCには、恋人探しに真剣で真面目な女性の多いとの評判は本当です。
YYCはほかの優良出会い系と同じく、女性は完全無料で使えるのですが、男性は前払いのポイント制(有料)になっています。またYYCは優良出会い系ではめずらしく、後払いも選べます。

料金体系

それではYYCの料金体系から見ていきましょう。

YYCの料金体系は優良出会い系の中では平均的なもので、メール送信に50pt(YYCはほかの出会い系と違い1ptが1円換算となります)で、プロフィール・投稿内容を見るのが10ptです。これはこの後で紹介するPCMAXと同じです。

ただPCMAXなどの標準的なサイトと違い、YYCの料金システムにはVIP会員制が用意されています。オタクユーザーは興味あるのではないですか?

VIP会員はクレジットカード決済でVIP会員になる方法と、ポイントで決済する方法に分かれます。ただしYYCの多くのユーザーはこのVIP会員を選択していません。と言うのも、VIP会員を選ぶ特典よりVIP会員になる方が、一般ユーザーからするとやや高すぎるからです。

VIP会員の特典はプロフィール・投稿内容の閲覧が無料になることだけですが、VIP会員を選ぶと5,000円を余計に決済しなければなりません(クレジットカードでは初回のみ7,000円)。

一般的な出会い系サイトは使っても3,000円ぐらいなのが普通です。よほどYYCを使い込んで気に入るまで、一般ユーザーとして使うことをオタクユーザーにもおすすめします。

なお、YYCは無料ポイントがやや少なく、350pt(ほかの出会い系の35pt分)ですが、友だちを紹介するとあらたに1,000pt(ほかの出会い系の100pt分)もらえます。

ストロングポイント

YYCのストロングポイントは、何と言ってもユーザーの質が良好なところです。

YYCはもともとlivedoorによって運営されていました。そのため、YYCはlivedoorのポータルサイト経由で登録するユーザーも多く、スタート時からユーザーの質が一般の出会い系サイトとは異なった雰囲気がありました。

以降もLINEやmixiといった大手IT系を親会社にもつYYCは、どことなくいまのマッチングサイトに似た部分があります。このあたりはオタクユーザーにも馴染みやすいのではと思います。

ただ、最近は貯めたポイント楽天ポイントに変えようとする女性ユーザーも増えており、キャッシュバッカーの再来が気になります。オタクユーザーも気をつけてYYCを利用してほしいところですし、YYC自体にもキャッシュバッカーの増加にさらなる注意を期待しています。

とにかく女性とのやりとりを増やしたいなら登録者数がダントツの出会い系アプリ「PCMAX」

YYCと同様、出会い系サイトの老舗と知られる「PCMAX(ピーシーマックス)」はテレクラの大手「リンリンハウス」で有名な株式会社マックスによって、2002年から営業をスタートさせた老舗出会い系サイトです。古くからのオタクユーザーなら聞いたことがあるかもしれませんね。

テレクラからスタートした優良出会い系では、ほかにミントC!Jメールがあります。二つの共通点はアダルトコンテンツに強い出会い系であることですが、そこを脱皮し、優良出会い系の頂点に登りつめたのが現在のPCMAXの姿と言って良いでしょう。

会員数は800万人〜900万人とも言われていますが、累計会員数よりアクティブユーザー数のほうが出会い系サイトにとって大事なのは言うまでもありません。その意味で、PCMAXはアクティブユーザー数がもっとも多い出会い系サイトだと言えますし、ユーザーにとっては非常に出会い率のいいアプリ(サイト)と言えるでしょう。

なお男女比は公式の発表ではありませんが、おおよそ6:4ではないかと言われています。

料金体系

PCMAXは、たとえば革新的に安い料金体系をもつワクワクメールなどと比べると保守的な体系を維持している言わざるを得ませんが、かと言って決して高くはなく、至って標準的とも言える料金を提案しています。

ポイント制前払いが基本の優良出会い系の場合、男性が負担する利用料金を調べるには、メール送信とプロフィール閲覧をチェックするのが定石です。PCMAXを見るとメール送信は5pt(50円)、プロフィール閲覧が1pt(10円)ですから出会い系の標準と言って良いでしょう。

ただしPCMAXで気をつけたいのは、プロフィール写真を見てしまうと3pt消費してしまうこと(ワクメ、ハピメは2pt消費)。プロフィール閲覧が1ptというのは紹介文と画像はアバターまでですから、この点はオタクの方も注意しましょう。

そのぶんPCMAXは時々話題の拡張イベントを開催しています。また毎日アクセスするだけで3マイルが貯められる企画や、はじめに入金しなければなりませんが毎日ログインすれば1週間で10pt、1ヶ月で40pt貰える企画も用意しています。

なお、PCMAXは年齢確認と電話番号登録で1,000円分の無料ポイントが付与されますので有効に使ってください。

ストロングポイント

PCMAXはすべての出会いアプリの中でも、間違いなくアクティブユーザー数がいちばん多いサイトだということは、少なくともあと数年間は変わらないと思います。

ただ、どんなに出会える率が高いPCMAXでも、業者の侵入は避けることはできません。残念ながらPCMAXにも業者らしき会員は認められます。

でも業者かどうかをかんたんに見分けられる方法がPCMAXには備わっているんです。それがオタクユーザーにもPCMAXのストロングポイントとしてすすめられる「裏プロフィール」です。

「裏プロフィール」はかんたんに言うと、アダルティック且つセクシャルな質問にユーザーが答えているコンテンツで、要はエロ系の問いにそれが好みのユーザーが答えると言うもの。普通ならスルーするエロコンテンツですが、逆に考えると、40近くある「裏プロフィール」に答えるというのは、その時点で業者の可能性が高い証拠とも言えるわけです。

なお「裏プロフィール」10pt(100円)ですから、消費ポイントは高いと言えます。ただし100円で業者の可能性を確認できるのですから、費用対効果は高いと言えるのではと思います。

PCMAXの隠れたストロングポイントとして、オタクユーザーにもおすすめします。

オタクだからといってSNSで女性にアプローチするのはNG

PCを使いこなすオタクなら説明するまでもありませんが、TwitterやFacebookなどで女性にアプローチしまくると、いわゆる“出会い厨”として悪評が立ち、最悪の場合吊るされる可能性もあります。

最後にネットで吊るされぬように、オタクユーザーに注意すべきことまとめておこうと思います。

もちろん、私はオタクユーザーの存在を否定するものではありません。現在の日本のネット社会は、ある意味でオタクユーザーの功績が多数を占めていると言っても差し支えないでしょう。

ただ、一部のオタクユーザーが“出会い厨”的に活動していれば、さまざまな場面で軋轢を生みます。そのことを、オタクユーザーに気づいていただきたかったのです。

そもそもSNSでの彼女探しは非効率的

SNSに登録している女性の多くはおかしなメッセージをスルーもしくはブロックするのが当たり前となっています。そのため、彼女探しをするなら出会い系アプリを使ったほうが効率的です。

出会い系アプリは出会いを目的として作られたコミュニティですから、もちろん女性にアプローチしまくるとしても規約違反にはなりません。しかしSNSで出会いにつながるアプローチした場合、一気に規約違反になってしまいます。

その理由は、一部のオタクの方がSNSで異性にアプローチしまくることが定常化してしまうと、SNS側がインターネット異性紹介事業として届出を出し認定番号を取得しなければならない上に、ユーザーにも年齢確認等の実施を促さなければなりません。

こうした事態を避けるためにも、インターネット異性紹介事業として届出を出し認定番号を取得している出会い系アプリで活動しなければいけないのですね。 ○吊るされると個人情報も特定されかねないので要注意! また女性にアプローチしまくるオタクの“出会い厨”は、ユーザーにとっても非常に迷惑な行為と認識されます。

大抵のオタクの“出会い厨”は無視されるところからスタートしますが、それが済むと吊るされて、個人情報も特定されかねません。

現在は個人特定されやすくなっているので、かんたんに身バレしてしまいます。オタクユーザーが出会い系アプリは未体験というなら、ぜひ使ってみることをおすすめします。

ただ、オタクユーザーの方に申したいのは、たとえ出会い系アプリであっても女性にアプローチしまくる姿勢では、一般ユーザーからは無視され続けてしまいます。とどの詰まり、業者のカモにされて終わりです。そうならないため、少なくともアプローチで押しまくるのはやめた方がいいでしょう。

ネット上でもリアルの出会い方を参考にすることが大切です。

まとめ

以上、「出会いゼロの“オタク”に最適な出会い系アプリ2選」でした。

もちろんこのほかにも、おすすめの出会い系アプリはあります。

たとえばミントC!Jメールは私もかなりハマっていましたから、おすすめポイントはいくらでもあります。それにむかしから好きだったワクワクメールも、オタクユーザーに合うのではないでしょうか?

ただ私より若いオタクの方は、Facebook系のマッチングアプリなどがいいかもしれません。

そうなると、これ一記事では足らなくなってしまいますので、機会を見て続編を書けたらとも思っています。

それでは快適な出会い系ライフを〜。