みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

沖縄でなかなか出会いをつかめない男女にオススメする“とっておきの方法”


沖縄は出会いが少ない県でしょうか?

出会いは基本的に生産年齢人口(主に15歳以上65歳未満の人口のこと)に比例するので、都市圏になるほどチャンスは集中し、地方へ行くほどチャンスが少なくなります。

出会いが少ない、と思う男女で地方在住の人は沖縄だけでなく日本各地にいるわけですね。

生産年齢人口が少ないということは地場産業がないため、人口流出が激しい県ということにも繋がります。地方から都市圏に出てきた男女の多くはこの問題に直面していたことが理由でしょう。

そこで今回は日本各地の地方の代表例として「沖縄でなかなか出会いをつかめない男女にオススメする“とっておきの方法”」と題し、地方でも出会いを見つけられる最善の方法をご紹介します。

沖縄の人口増加率は東京都に次いで第2位!

地方の代表例として沖縄を取り上げ、生産年齢人口や人口流出を調べたところ、ちょっと意外な事実が分かりました。

2016年の国勢調査によると沖縄県の人口は約143万人で全国第25位、つまり全国47都道府県のほぼ中間ですが、人口推移を見ると1970年は約95万人で第39位だったのが年々増加、2010年には約139万人となって第30位、そして2016年の結果となり、2025年までは増加の見通しとなっています。

ちなみにこの増加率は東京都に次いで全国で第2位となっています。

さらに生産年齢人口を見ると沖縄県は90.3万人で63.6%。日本全国の生産人口割合が61.3%なので、それを上回っていることになります。もっとも高い東京でも66.2%なので沖縄の生産人口割合はかなり高いといえるでしょう。

本当に沖縄、秋田や大分などの地方都市のように出会いが少ないの?という疑問、湧いてきませんか?

美しく行動的な沖縄女性が目の前にいても出会いが少ない理由

沖縄の女性は(とひとくくりにするのは大変、心苦しく事実と反する部分もありますがここは便宜上ということでご容赦ください)一般的に行動力があって開放的といいます。

プロゴルファーの宮里兄妹を見ても藍さんが突出しているのに清志、優作兄弟はポテンシャルを発揮していません。(もっと頑張れ、宮里兄弟!)

沖縄女性の性格には異論もあるでしょうけれど、美人が多いということに関しては日本全国の男性に異論はないはず。実際、私は何度も沖縄に行っていますが、道を尋ねた時の高齢女性からも美しさを感じた時には驚きを禁じ得ませんでした。生産年齢人口内の女性なら、なおさらのことです。

女性が美しくて開放的、しかも行動力まで備わっているのであれば、男性は出会いに労することがありません。それなのに出会いが少ない、という事実には沖縄だけでなく地方共通の理由があったのです。

沖縄での「理想的な出会い」で低い割合を示したネット利用

沖縄で出会いが少ない理由の一端がわかったのは沖縄の意識調査アンケートを見つけたのがきっかけです。

その意識調査アンケートの項目で「理想とする出会いの場」を見ると、

1位:職場や学校(45%)
2位:友人からの紹介(33%)
3位:旅先:(11%)
4位:飲み会や食事など(3%)
5位:SNSや出会い系サイトなどのネットで(1.5%)
6位:婚活パーティ(1.4%)

となっていました。

1位や2位の順位は全国的に変わりありませんが、都市圏ではすでに当たり前になっているSNSや出会い系サイトなどネット利用が5位でしかも1.5%しかいません。「理想とする出会いの場」なので実際に出会っている場とは若干の違いがあるにせよ、ネットによる出会い率が低いのは間違いないでしょう。

地方で同県出身者が出会う場合、ネット経由であることはまだまだ否定的な見方をする風習が残っています。

しかし、今や都市圏においてネット経由で出会うのは手段のひとつとして十分に認知されています。

沖縄で出会いが少ない、と思っている男女の“とっておきの方法”、それはネット経由の出会いを利用することです。

遠距離を縮めるネット経由の出会いを活用する

ネット経由といってもいろいろあります。

ネットは地方と都市圏の情報格差を一気に縮めたとはいえ、実際の距離まで縮まったわけではないので当然、ネット内で男女が知り合ったとしても北海道と沖縄では現実的に恋人同士が頻繁に会える距離ではありません。

当然、沖縄県同士がベストとなりますが、沖縄県同士の男女が出会えるネットアプリは限られています。

とくに最近、若年層を中心に流行っているスマホ特化型の恋活アプリは登録者が都市圏に集中しており、地方の登録者が極端に少ないため、ほとんど利用価値がありません。

FaceBookなどのSNSを利用、友達を増やして恋人候補を紹介してもらう方法もありますが、いつ実現するか分からないというデメリットがあります。

ネットを活用した恋人探し、消去法でいくともっとも効果的なのは出会い系サイトを使うことです。

地方でも固定観念が変わりつつある「出会い系サイト」

ネット経由の恋人探し、地方では否定的な固定観念があると前述しました。

その固定観念から考えると、出会い系サイトはもっとも否定的な方法という見方になる可能性があります。

しかし出会い系サイトは現在、ずいぶんと変わりました。

とくに開設から10年以上経過している優良な出会い系サイトは恋活する男女のためのデザインやコンテンツを用意しており、これまで抵抗感があった男女でも違和感なく利用できる雰囲気を持っています。

沖縄で出会い系サイトを使うメリットは、同県人の検索を簡単に行えること、恋活アプリに比べて沖縄同県人の登録者が圧倒的に多いことです。

現在、日本最大級の恋活アプリ、pairs(ペアーズ)の沖縄会員登録数は約15000人、そのうち男性会員は約11000人で女性会員は約3800人しかいません。

しかしSNS的雰囲気で人気のある老舗優良出会い系サイト、ワクワクメールは沖縄会員数が約14000人とPairsよりも少ないのですが、男女比率は男性が約8300人、女性が約5700人とバランスが取れているため、男女ともに出会える確率が高くなっています。

pairs以外の恋活アプリになると、沖縄在住の会員登録者は一気に下がりますが、出会い系サイトはワクワクメール以外もほぼ同じ男女比率となっているので、出会い系サイトに複数登録するほど恋人探しを実現する可能性が高くなるということですね。

「YYC」は沖縄在住者の登録数がもっとも多い出会い系サイト

出会い系サイトにはワクワクメールの他に大人の会員が集うPCMAXなどもありますが、沖縄で恋人選びをするのであればYYCがおすすめです。

YYCは恋活に力を入れており、アダルト色を排除しているので出会い系サイト初心者でもスムーズに利用できること、沖縄在住登録者が約23000人ともっとも多いことが推薦理由となります。

またYYCにはPC版だけでなくスマホアプリも用意されています。デザインをスマホに特化しただけでコンテンツはPC版と同じなので、スマホだけでも利用可能です。いつでもどこでも出会いを逃さず利用できる点もメリットのひとつです。

YYCは日本最大級のSNS、mixiと同じDiverseが運営しているので、出会い系サイトというよりもSNSと考えれば、男女の出会いも抵抗感なく受け入れられるはず。恋活アプリにしたところで、実際は出会い系サイトなのですから。

メール1通50円という料金体系の安さも嬉しいポイントですね。

出会い系サイト「YYC」を有効活用するポイント

出会い系サイト「YYC」は真剣な出会いを求めている男女が集う貴重なコンテンツです。

基本的に今優良となっていて信頼できる出会い系サイトの多くはアダルト色を含みますし、そういった大人の出会いもカバーしているケースがほとんどです。だからこそ、多くの男女が出会い系サイトを利用するといった解釈もできるわけですが、純愛を目的としているユーザーにとってこれはウィークポイントでしかありませんよね。

ところが出会い系サイト「YYC」においては純愛のみを提供しているので、数ある出会い系サイトのなかでもかなり特殊、いや真面目な出会いが唯一できる出会い系サイトと言っても過言ではないんです。

だからこそ、あなたが沖縄でなかなか出会いを見つけることができず迷っているのであれば、ぜひとも出会い系サイト「YYC」を利用してみてほしいなと思います。

さて、出会い系サイト「YYC」を有効活用するポイントですが、大きく分けると2点あります。

1点目は「ガサツなアプローチをしない」ということ

YYCはその他出会い系サイトとは異なり、真剣に恋人探しをしているユーザーがほとんどなのでガサツなアプローチをしていると結構な確率で嫌われます。特に女性ユーザーはガサツな男性ユーザーを嫌う傾向にあり、真剣に相手を見極めているので真剣さを売りにしないといけません。

では、ガサツな人間ではないことをアピールするためにはどうすべきか?

それはまず、あなたのプロフィールを丁寧かつわかりやすいものに変化させることですね。

プロフィールはあなたの鏡なので、あなたという人間がよくわかるように書かれていないとまったくもって意味がありません。プロフィール項目に空欄があるなどもってのほかだと思ってください。

もちろん、絶対に答えたくない項目においては回答する必要はありませんが、できる限りすべて記入するように努めてください。きっとそれがいい出会いに結びつけてくれますから。

プロフィールを充実させたら、あとは丁寧なアプローチを心がけることですね。

いきなり恋愛を発展させるような質問などはせず、じっくり相手の話を聞いたり、相手の特徴を把握してそれに同調するやり方をしていくのがベストだと思います。お互いに打ち解けてきたらLINEなどを交換して、初デートの提案などをしましょう。

とにかく焦ってしまうとこれまでの積み重ねがすべて水の泡になってしまうこともあるので、十分に注意するようにしてください。

2点目は「ローカルネタをふんだんにいれる」こと

沖縄といえば、ローカルネタの宝庫といっても過言ではないと思います。

沖縄は大変美しい場所ですから、素晴らしいスポットが各地にありますし、ローカルならではのネタもあるはず。そういったローカルネタをふんだんに会話に入れるようにしましょう。

あなたと相手しか知らない情報を共有することができるようになれば、それだけで距離が縮まりますし、何よりも親密な関係になることができます。

何が言いたいのかというと、上辺だけの接し方をして何とかして落とせれば・・・という考え方を捨てないかぎり、いつまでたっても沖縄で恋人を作れないということ。

しっかりと相手のことを思い、相手を尊重した運びをしてください。

そういった意味ではしっかりと相手のプロフィールを確認しておくことが重要になります。

もし相手のプロフィールが物足りないようだったら、ほどほどに聞きたいことを質問するようにしましょう。くれぐれも質問攻めにならないようにご注意!

あくまで自然に話の流れに沿っていることが重要になります。

以上、これら2点を厳守すれば必ずやYYCで素敵な出会いをゲットできるはずです。

ぜひ沖縄の素晴らしい異性を見つけちゃってくださいね。

まとめ

以上、「沖縄でなかなか出会いをつかめない男女にオススメする“とっておきの方法”」でした。

沖縄には仏壇行事があります。

もっとも、沖縄独自のスタイルがあるように日本の地方各地には沖縄とスタイルこそ違えど先祖崇拝の行事が強く残っているところがまだまだあります。

現在は以前ほど仏壇行事が伝統にとらわれなくなったと言っても、完全になくなったわけではなく、現在でも仏壇行事が足かせとなって結婚できない、という長男もいるはず。

沖縄では4人に1人が生涯独身という、生涯独身率が高い背景には、この仏壇行事も若干は関わっていることでしょう。

他にも所得額の低さや沖縄男性気質など、生涯独身に関わるハードルはいくつもあって沖縄男性には確かにチャンスが少ないという部分はあります。

しかし、これまで前述したように現在は狭い範囲内で探すだけでなく、ネット経由で広い範囲から求めることができるようになりました。

沖縄の男性(もちろん女性も含見ます)は、高いハードルに負けず魅力的な出会いを果たしてください。心よりエールを送ります。

それでは素敵な出会い系ライフを〜。