みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

相席屋を利用してもまったく出会えない理由


もはや都市圏ではすっかり定着した感がある相席屋に、出会いがあるかどうか実地検証してきました。

街コンや恋活パーティなどに比べると、ずっと気分的にもリラックスできますし必ず女性と出会えるわけですから相席屋のチャンスはかなり高いですね。

なぜ相席屋に出かけたのかというと先日、30代サラリーマン男性から「なぜ相席屋で出会えないのか?」と相談を受けたからなのです。

行ってみた限り、回数をこなしていけばどんな男性でも女性友達の1人ぐらいはできるはず。

それなのに一期一会で終わっているのは不思議と思って、相席屋でどのような会話をしているのか聞いたところ、確かにそこには相席屋で出会えない理由がありました。

そこで今回は「相席屋を利用してもまったく出会えない理由」と題し、なぜチャンスの多い相席屋で男性が女性と出会えないのか、その理由について説明します。

まずは相席屋のシステムを知る

相席屋とは、店舗側が男性グループと女性グループを相席にしてくれる居酒屋のことです。すでに「相席屋」「相席酒場」「相席横丁」などいろいろなチェーン店がありますが、どの店舗も基本的にシステムは同じです。

女性は時間制限なしの飲む放題で男性は30分1,000〜1,500円で飲み放題。女性はつまみ2点まで無料とか男性の飲み放題料金が店舗によって若干の違いがありますが、概ね料金設定はこの範囲内です。

予約優先ですがフリーで来店することも可能。ただし男女グループの比率が合わない時は待たなければなりません。男性5人組で行った際、女性グループが2人組と3人組で待機していたら男性5人組が分担する場合もあります。

週末は女性グループの待機が多く、男性グループにとっては嬉しい限り。

出会い系ビジネス、本当に次々に新しい手段が登場してきますね。

意外にコストがかかる相席屋

「初めから女性と相席セッティングしてくれるなんて男にとって大チャンス!それで出会えないなんてよっぽどモテない男なんじゃないの!」と思った男性もいるでしょう。しかし実際に行ってみると、それほど甘いものではないことがすぐ分かります。

30分飲み放題の料金にはつまみが入っていません。これを別に頼めばそれだけ料金がかかります。女性が食べたいものを勧めるのは男性の常識だから、この費用も考えておく必要があります。

また30分なんてすぐに経ってしまうので、気に入った女性グループであれば当然、延長になって料金がかかります。予算は60分で4,000〜5,000円。

女性の飲み代持ちと考えれば高いとは言えませんが、継続性が不透明な女性を相手にしているわけですから、男性は勢い、なんとか元を取ろうと考えてしまいます。

これが、相席屋で出会えない理由のひとつ。

なぜ、週末になると女性グループの待機が多いのか冷静に考えてみましょう。

女性が相席屋に来る理由とは?

相席屋で週末、女性グループが多く待機しているのは、無料で飲み放題だから。

ある相席屋店舗が訪れた客500人にアンケートを取ったところ、男性は「恋人探し」が30%、「楽しく飲みたいから」が30%、女性は「安いから」が25%、「楽しく飲みたいから」が25%。つまり多数で男女ともに合致しているのは「楽しく飲みたいから」という理由。

つまりその場限り。

女性の「恋人探し」は15%しかいません。これでは確かに出会えないのも無理はありません。恋人探しで相席屋に行って、恋人探しの女性と出会える確率は8回行って1回しかないのです。もちろん出会ったから恋人に慣れるというわけではなく、そこから恋人作りの手法を繰り出していかなければなりません。しかも30分以内で。

これ、可能性から言ったら恋活パーティよりも出会えない確率、高いですね。

男性の予算は恋活パーティと変わりませんが、恋活パーティは女性が恋人探しに来ているという大前提があります。しかし相席屋は「安い」とか「飲み放題」が目的なので、恋人探しを目的の男性としてはかなりハードルが高くなってしまい、結果として出会えないわけです。

多数を占めている「楽しく飲みたいから」も無料で飲み放題が前提になっており、男性は無料で飲み放題に勝る魅力がない限り、出会えない=恋人探しができないという結果になるのは当然の帰結ですね。

相席屋で出会えない男性にはそれなりの理由がある

では、相席屋を利用してもまったく出会えないのか?と問われたら、それは否、と答えます。

最初に登場した、相談に来た出会えない男性の例を取っても、明らかに行動ミスがいくつもあり、それが出会えない理由となっています。それらの出会えない理由を自覚し、出会えないと最初から想定していくことで、逆に出会いのチャンスが生まれるのです。

実際、私は2回目まで出会えないの繰り返しでしたが、3回目の実地検証で女性2人組と仲良くなることができ、相棒とともにそれぞれ進行中です。

その時、周囲を見渡しても明らかに出会えない行動を取っている男性グループ、出会いの可能性がある盛り上がっている男性グループがはっきりと分かりました。

相席屋で男性が出会えない理由を潰していきながら、出会える方法を以下に説明します。

相席屋の女性も男性との出会いに期待を持っている

女性グループは飲み放題、楽しく飲めることが第一義であっても相席屋に来るということは、多少でも男性グループと一緒に飲みたい、どんな男性グループが来るのか?という期待感があるためです。

本当に飲み放題だけを目的に来ているわけではなく、女性グループだけで飲みたいのであれば女子会を開いているはず。飲み放題だけが楽しみで会話もせず、ガブガブ飲酒するようなアル中的女性であれば30分は諦めて他の女性グループに期待してください(店舗によってはチェンジ可能なところもあります)。

出会えない理由の中に出会いの芽がきちんと潜んでいるは相席屋に限らず、出会えないと言われるすべての場所に共通していることです。

出会えない理由としてあげられたのが30分以内で女性グループと親密になろうという姿勢ですね。いくら相席屋で開放的な気分になれるアルコールがあるからといっても、30分で初対面の女性と出会いを実現するのは恋愛テクニックの達人でも不可能なこと。

無料で飲み放題が前提にあるのなら、別に相席屋でなくてもいいわけです。

実際、楽しい雰囲気まで持っていけることができた場合、女性グループは必ず二次会についてきます。

その際、女性の好みの店に連れていくことが大切。相席屋は酒類もつまみ類も貧相なので「二次会、もうちょっと美味しいところに行かない?」とスマートに誘えば、二次会は確実です。

切羽詰まった雰囲気が女性に伝わるから出会えない

30分の間でいかに女性グループと楽しい雰囲気になれるか?

これが相席屋で出会えない結果に終わるか、それとも出会いのチャンスを広げられるか、その分岐点になります。「そんなことわかってるよ!」と思った人はその時点で出会えない可能性を作ってしまっているのでアウト。

30分で楽しい雰囲気を作り出すなんてことができるのならお笑い芸人になれます。

30分ですべきことは「安心できる」「ホッとした気分になれる」など、楽しい気分にさせる前に和ませることです。

何事も下地が大切。

気分を和ませることができれば、女性グループも本来は男性との楽しい会話を望んでいるのですから下地作りに成功となり、延長の30分または二次会で楽しませることができるわけですね。

それなのに30分しかない!と切羽詰まった心理状態で楽しませようとするからハイテンションになり、緊張感が女性グループに伝わってしまい、女性がついていけなくなる悪循環が発生するのです。

延長の30分や二次会で楽しい雰囲気作りができたら、次の飲み会の約束を取り付けましょう。そのためにはLINE IDやメルアドの交換が必要ですね。

相席屋でのアプローチはあくまでスマートに。

この原則はすべての女性に通用するわけではなく、出会えないこともありますが、続けていくうちに必ずヒットします。そのチャンスをしっかりモノにするのが相席屋で出会いを実現させるコツです。

確実性とコストパフォーマンスなら「出会い系サイト」

相席屋はフリーで行ってもすぐに素人の女性と会話ができるというメリットはありますが、考えて見るとデメリットの方がはるかに大きいように思われます。

相席する女性が必ずしも魅力的な女性ばかりではないこと(一緒に行った相棒はぽっちゃりの女性に対して「マツコデラックス?」と言って顰蹙を買っていました)、関係を作るまでのコストパフォーマンスが悪いことがデメリットとなります。

出会えない確率まで考えたら、出会い系サイトを使った方が断然効果的ですね。

たとえばPCMAXの場合、女性会員は出会いを目的としているのですから出会えない確率はここでかなり下がります。料金はメール1通50円を始めとするコンテンツ利用への課金制度なので早く出会いを実現できればコストパフォーマンスが高くなります。

またメールで女性といい雰囲気になったら当然、実際に出会う時のための写真交換をするわけですから、大きなハズレの時はその時点で打ち切ればいいため、無駄な時間を過ごす必要がありません。

相席屋のように出会えない「捨て金」を使わずに済むのです。

相席屋で出会えないのに頑張るくらいだったら、PCMAXなど出会い系サイトを使った方が確実です。

出会い系サイト「PCMAX」の魅力

出会い系サイト「PCMAX」の魅力は以下のとおり。

1)登録者数がとんでもなく多い
2)アクティブユーザー数もとんでもなく多い
3)各エリアすべてが充実している(過疎っていない)
4)その他出会い系サイトと比較すると異性とマッチングしやすい

PCMAXはいわゆる国内におけるモンスター級の出会い系サイトとなっており、女性誌にも数々の広告を出しているため、女性からの支持率、信頼度も高いんですよね。

通常、出会い系サイトって女性から警戒されるコンテンツなんですが、PCMAXにかぎってはそれがないんですよ。だからこそ、男女比が均等で素敵な出会いが日々生まれているんだと思います。

相席屋で出会いを求めるのも悪くはありませんが、私だったらマイペースかつ攻略法を見つけやすい出会い系サイトで女性を探しますね。出会い系サイトはスマホやパソコンを介してのやりとりになるので、考える時間が与えられますし、一発勝負というわけでもないので心に余裕がもてるんですよ。

もちろん、面と向かって会ったほうがいい!という人もいるわけですが、そうでないタイプなら出会い系サイトをおすすめしますね。

けっして相席屋自体が悪いわけではないですし、それをDisっているわけでもありません。

ただ、システム的に考えると損をしてしまう可能性が高いということです。

異性を落とすテクニックに優れている方なら相席屋を利用しても問題ないかと思いますが、そうでない方はじっくり攻めることのできる出会い系サイトをおすすめします。

特に異性とマッチングしやすい出会い系サイト「PCMAX」は必ずやこころ強い味方になってくれると思いますよ。

まとめ

以上、「相席屋を利用してもまったく出会えない理由」でした。

相席屋で出会えない、と嘆いていた男性に戦略法のアドバイスを行ったところ、二次会に連れ出すことに成功、LINE IDの交換まで実現した、と報告がありました。

かなり有頂天です。

失敗しなければいいな、と思っていたところ案の定、2回目のデート以降は連絡が途絶えたそうです。

相席屋で出会えない男性が相席屋で出会える戦略法をマスターしても、その後のデートで恋愛スキルが低ければ出会えないことと変わりがなくなってしまいます。逆に言えば恋愛スキルが高いほど、相席屋でも出会える可能性が高くなり、その後の展開も優位に運べることになります。

出会えないのは相席屋のせいではなく、恋愛スキルが低い男性の方に理由があるのです。

もちろん、誰でも最初から恋愛スキルが高いわけではありません。その意味において相席屋は恋愛スキルを磨くのに最適な場所といえます。コストパフォーマンスが悪いのは授業料と思えば納得もできるはず。

それでは素敵な出会い系ライフを〜。