みんなの出会い系サイト体験レポート

みんなの出会い系サイトを利用した体験談を掲載しています。

広島で何をやっても出会いがない時の対処法


2017年プロ野球ペナントレースは2年連続して広島カープが制しました。

他球団に比べて市民球団的色合いが濃いのでファンの団結力が強く、マツダスタジアム(正式にはMazda Zoom-Zoom スタジアム広島と呼びます)のスタンドがチームカラーの真っ赤に染まる光景は野球ファンでなくとも見たことがあるはず。

広島で出会いがない男女の場合、広島カープをダシに使えば出会いを実現できます。

野球ファンじゃないからムリ?

大丈夫。大切なのは地元愛です。広島にカープがあるから応援する、これだけで十分、広島カープファンの資格があります。

カープ女子と騒がれている中には野球の試合に出場する選手構成が9人であることも知らない女性がたくさんいるのですから。

そこで今回は「広島で何をやっても出会いがない時の対処法」と題し、広島でこれまで出会いがなかった男女を対象に、広島カープ関連の出会いネタと広島の独自性を打ち出した出会い方法を紹介します。

広島カープを軸に対処法を駆使すれば出会いは確実

私事で恐縮ですが、広島カープ愛が強い事例をひとつ紹介。

2017年春、横浜の寄席「にぎわい座」の出来事です。

漫談で登場したコンビの1人が話の流れで「広島カープ優勝バンザイ!」って大声で叫び、しかもその時、明らかに「素」の状態で満面の笑顔を浮かべていました。

「こいつら、ベイスターズの本拠地でいい度胸じゃねーか!」と一歩足を踏み出したのですが、なぜか「にぎわい座」のお客様は大人の人が多く笑っていたので止めました。もしかしたらベイスターズに自虐性を感じていたのかもしれませんが。

それにしても広島カープファン、失礼です。

トリで出演した円楽師匠でさえ「ここはアウェイだから」と言って笑いを取っていたのに(ちなみに「にぎわい座」の館長は歌丸師匠で横浜出身)。

と、まあ、広島カープファンはそれだけ地元愛が強いので、地元愛を前面に出せば男女の共感が高まるのは間違いなく、出会いは簡単に生まれます。

コツは広島カープを軸に活動することです。

興奮を一緒に味わって親密度を高める

確実に出会いがあるのはマツダスタジアムであることは言うまでもありません。

最近は野球ファンの女性も増えてきましたが、これほど女性ファンが多い球団は他にありません。しかも球場が満員になるのですから隣同士が男女グループになる確率はかなり高くなります。何度か足を運べば女性グループに遭遇するはず。

用意するのは帽子とタオル、メガホンぐらいで十分です。ユニフォームまで揃えるとコアなファンだと思われるのでカープのある程度の情報やユニフォーム選手の成績、プロフィールなども会話で求められるので避けた方が賢明です。

なお、男性の場合は出会いに走るあまり、球場で連絡先交換などナンパ行為を始めることがありますが、これは厳禁。女性グループは一体感の興奮を目的に来ているのです。ナンパ行為はその気分に水を差すだけでなく場合によっては周囲から非難を浴びるハメにもなるので気をつけてくださいね。

あくまで球場では一緒に盛り上がることに専念してください。勝てば祝杯、負ければ残念会と称して二次会に連れ出すことに成功すれば、連絡先交換もスムーズに行えます。

スタジアムの外でも広島カープで出会いを実現させる

広島カープを軸に出会いの場を求める際、マツダスタジアムだけでないこともこの対処法のいいところ。

たとえば中区にある「大手町酒場 赤まる」は一見、昔ながらの大衆居酒屋ですが、カープファンが集まる店として有名です。隣席との距離が近いのでコミュニケーションが取りやすく、カープの話題さえあればすぐに出会いの第一歩を踏み出すことができます。

居酒屋系列でもっと濃いのが「カープ鳥 球場前スタジアム」。メニューが選手の名前っていうのが濃さを表しています。ホームだけでなくアウェイで試合がある日でも満席状態となり、実況中継で盛り上がるので男女が1人で行っても一体感を十分に味わえます。

居酒屋系列はオシャレじゃないからイヤ、という男女は「THE 50/50CLUB」がおすすめです。150インチワイドスクリーンと6台のモニターで観戦できるスポーツバーで、店内はボックス席の他に立ち飲み席があるため、見知らぬ男女でも距離は一気に縮まります。

ビール片手にビーフジャーキーをかじりながらカープ観戦なんて、メジャーリーグを見ているアメリカンな気分になれるので、男女を意識せずフランクに話せるはず。

他にも「ベースボールバー C」や「Cocktails&Dreams」などのスポーツバーも狙い目です。

野球以外にも出会いを実現させるいろいろな方法

男性でも女性でも、野球に興味はないし騒ぐのが苦手、という人は地元愛が強い広島にもいるはず。

そんな人達でも広島には出会いを演出する場所がたくさんあります。

世界遺産の巌島神社に出かけて観光客がいたら写真を撮ってあげるとか牡蠣のおいしい店を紹介するという方法もありますし、「ALFA」や「ORIENTAL LOUNGE BIT」といった相席ラウンジに行けばスタッフがマッチングをしてくれるので、手間をかけずに出会いを実現できます。

広島色満載で出会いを求めるなら新天地にある「お好み村」がベスト。

約25件もお好み焼き店が入っており、どの店もカウンター形式なので隣の客と打ち解けるのは時間の問題。地元であれば広島風お好み焼きの自慢をしあい、観光客であれば大阪のお好み焼きと広島お好み焼きの違いを説明すればウケること確実です。

これらの方法なら広島カープに振り回されずに出会いを見つけることができますね。

猫の小道で猫と異性と仲良くなる

野球と無縁の出会いスポットでもっともおすすめなのが尾道にある千光寺です。

広島では縁結びの神社として知られるだけに、彼氏や彼女がいない男女が多く訪れますが、ここでナンパはいかにも罰当たり行為ですね。もっとも、なにがしかの偶然性で出会いが実現できたらご利益があったと解釈することもできます。

千光寺はとりあえずお参りと祈願程度で済ませておき、本来の目的である猫の小道に進みましょう。千光寺まで続く坂道には外猫が自由気ままに闊歩しています。

今は空前の猫ブーム。外猫なので人になつきやすく、抱くことができる猫もいます。猫に好かれるようであれば男性でも女性でもいい人に見られるので利用しない手はありません。

猫を抱ける男性であれば女性は無防備に近寄ってきますし、猫を可愛がろうとしている女性がいたらすかさず「写真、撮りましょうか?」とアプローチするだけで女性との距離を縮めることが可能です。

この門前道にはカフェがたくさんあるので、仲良くなれたら一緒に猫を見ながらティータイムを迎えられるように頑張ってください。

広島の官民が一体となって出会いを求める男女を応援する「ひろサポ」

広島にも結婚相談所は数多く所在していますが、費用が高い上になかなか自分好みの相手を見つけることができません。何度も利用しているうちに結婚資金が底をついた、という本末転倒なケースもあるだけに、結婚相談所の利用は慎重に検討したいもの。

結婚相談所のように第三者に出会いを委ねるのであれば、結婚相談所の前に広島が官民協力して実施している出会いと結婚を応援する団体、ひろしま出会いサポートセンター(通称ひろサポ)に登録してみるのも有効な方法のひとつです。

ひろサポは広島県の健康福祉局や商工会議所連合会などによって発足、民間企業の協力やボランティアによって運営される組織で、独身男女が登録するとマッチングしてくれる結婚相談所のような役割から出会いの場を演出するイベント開催まで手がける恋活パーティのような役割まで行っています。

広島在住の会員登録数はすでに約8300人に達しており、マッチングカップルは786組が生まれています。結婚を視野に入れた出会いを求める男女には最適の支援事業といえます。

広島で出会いを見つけるならSNS的雰囲気の「イククル」で!

結婚までいきなり考えるような出会いはヘビーなので避けたい、でも相手はじっくり探したい、という広島の男女にぴったりなのが出会い系サイトです。

最近の出会い系サイトはSNS的雰囲気を重視しているので気軽に利用できることが特徴となっており、友達を探すような感覚で異性を見つけることができます。

しかし、どの出会い系サイトでもいいというわけではなく、広島近郊と限定するなら会員数が多いところで、しかも安心して利用できる信頼性が求められます。

おすすめなのが「イククル」。

イククルは開設以来10年以上経過してとくに問題もなく、会員数は累計1千万人を超えているので信頼性も会員数も及第点の出会い系サイトです。ジャンルには「まずは食事でも」や「地域メル友」があるので、このキーワードで検索がかかるようにしておけば安心できる異性とメッセージのやりとりが行えるので、自分に合った相手をじっくり探すことができます。

女性はコンテンツ使用料が無料、男性でもメッセージ1通送信が50円という安い料金体系も魅力のひとつですね。

出会い系サイト「イククル」を攻略するポイント

出会い系サイト「イククル」を攻略するためのポイントは大きく分けて2つあります。

ひとつは「プロフィールを充実させること」です。

なぜプロフィールを充実させることが攻略につながるのかといえば、単純にプロフィールはあなたを写す鏡になるからです。

つまり、プロフィールがいい加減だとその他ユーザーがあなたのことを何一つ理解できないので、アプローチされることはもちろんのこと、こちらがアプローチしてもプロフィールを見た時点で却下される可能性が高いわけです。

よく出会い系サイトに登録したまではいいものの、プロフィール記入が面倒くさくてほぼ空欄なんてユーザーがいますが、そういった方はほぼ間違いなく異性と出会うことはできいないと思います。

それにプロフィールをただ埋めればいいというわけでもありません。

「あなたという人間がわかる内容になっているか?」
「何を好み、何のために出会い系サイトに登録したのか?」
「恋人ができたらどんなことをしてみたいか?」

これらがわかるようにしてください。

あなたという人間がわかるプロフィールになっていれば、それだけマッチング率が高くなります。これは嘘のようで本当のことなので、ぜひプロフィールの充実を図ってくださいね。

 

さて、もうひとつの攻略のカギは「アプローチのやり方」です。

これはけっしてイククルのみに言えることではなく、優良出会い系サイトすべてに言えることです。

気になった異性に送るファーストメールの内容は、以下のことがまとめられた文章になっている必要があります。

「簡単なあなたのプロフィール」
「なぜアプローチしたのか、その理由」
「相手の趣味に合わせた終わり方」

あなたのプロフィールを要約したもの、なぜアプローチしたのかの理由、そして相手のプロフィールをじっくり確認しておき、どんなものが好きなのかを把握し、それに合わせた話題を振って終えることが重要になります。

たとえば、相手が○○というバンドの大ファンであったなら、「実は私も○○が好きで最近聞きはじめました。私は××(曲名)が好きなんですが、何かおすすめの曲はありますか?」といったように、疑問形で終えると相手からの返信率が高まります。

ましてや広島ならカープを話題にしたほうが上手くいくかもしれませんね。

これら2点を踏まえてイククルを利用すれば、間違いなく攻略できると思うのでぜひ試してみてください。

まとめ

以上、「広島で何をやっても出会いがない時の対処法」でした。

アメリカの古いノベルティソングに「Take me Out to the Ball game〜私を野球に連れてって」があります。

メジャーリーグでは7回が終了すると観客が総立ちになってこの歌を大声で歌い、同時に体を軽くほぐす「セブンス・イニング・ストレッチ」を行うのが慣例。そういえば最近のメジャーリーグでは球場特設のディスプレイに映し出された男女のカップルはキスをすること、という暗黙のルールも生まれています。

野球場に行けば、きっと何かが起こる、映画の中でそう言ったのは「フィールド・オブ・ドリームス」でした。

広島には、きっと何かが起こる球団と野球場があります。スポーツ観戦はアドレナリンが出やすいので男女のカップルも生まれやすい環境になっています。

何をやっても出会いがない、と嘆くより、まずは広島カープの本拠地、マツダスタジアムに出かけましょう。

野球場は、奇跡が起きる場所なのですから。

それでは素敵な出会い系ライフを〜。