みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

「子どもの立場になって考えよう」ムダ毛で悩む子供に送るアドバイス


mudagekodomoo0426
身だしなみへの意識が高くなっている今時の女の子たちは、ムダ毛の悩みが早く訪れます。

数十年前であれば、小学生低学年の子どもがムダ毛処理をするのは割と珍しいことでしたが、今ではカミソリを始めとした自己処理アイテムで処理をしている子は増えています。

そして、ムダ毛の悩みが深い子ほど、母親に相談する傾向にあります。

ベネッセが実施したアンケートによると、ムダ毛をとても気にしている子どもの内、約8割近くは親に相談しているとのこと。

対して、ムダ毛処理に関して自信を持ってアドバイスできると回答した保護者の割合は半数程度しかいません。

カミソリや毛抜きといった家にあるアイテムを使えば手っ取り早いではあります。

でも、子どもの肌に適しているのか、安全性はどうなのか、成長期なのに大丈夫なのだろうか…と、大人である自分なら問題ないけど、子どもにはどうなんだろうと迷ってしまうのも無理はありません。

我が子の悩みはしっかり受け止めてあげたいけど、親としてどう対応したら良いのでしょうか。

(アンケート:子どものムダ毛処理、うちはこうしています!|ベネッセ教育情報サイト)

あなたが子どもだった頃とは時代が違います

jidaigatigau0426
子どもの悩みに寄り添うには、あなたの子ども時代との違いを理解しておく必要があるでしょう。

・子どもの発育が早い
小学生の間は悩んではいてもそのままで、中・高・大学生時代はカミソリを中心とした自己処理で頑張り、社会人になったら脱毛サロンやクリニックを検討する…。

それが親世代であるあなたが歩んできた道だと思います。

ですが、今は見ての通り、子どもの発育が早くなっていますよね。
たとえお子さんが小学校低学年であっても、ムダ毛で悩んでいることが分かったなら、真剣に耳を傾けてあげてください。

・ファッションへの関心が高い
子ども服ブランドが充実していますし、メイクやアクセサリーにも興味津々な子どもたち。

子どもの成長は早いからすぐに切れなくなってしまうのに、値の張る洋服をせがまれて困ってしまった経験も多いのではないでしょうか。

ファッションへの関心が高まると、ムダ毛の存在がとても邪魔になってしまいます。

・安全な処理方法がある
自己処理と言えば、カミソリや毛抜きが簡単ですが、今は安全にキレイに自己処理できるアイテムも増えてきました。

レディースシェーバーは機能が充実していますし、抑毛ローションは天然成分で作られている物が多いので、子どもの肌にも安心して使えます。

また、安全性を重視するなら脱毛エステがおすすめです。
あなたの世代からすれば、子どもがエステ!?と驚く人も多いですが、子ども向けの脱毛エステは今後もっと増えていくことが予想されます。

関連:「子供脱毛(キッズ脱毛)ってどう思う?」子供のムダ毛事情を探れ!」

腕や脚のムダ毛であれば、どの程度生えているかを把握できます。
ですが、脇やデリケートゾーンのムダ毛は、お子さん自身が隠そうと思えば気づかない場合もあるでしょう。

濃く、太い毛が生えてくることを恥ずかしいと感じる子供は多いです。
あなたのカミソリをこっそり拝借して、正しいやり方も分からず自己処理して肌を傷つけてしまうかもしれません。

子供の安全を守るためには、恥ずかしいことでもあなたになら相談できるという関係を、日頃から作っていくことが大切です。

子どもがムダ毛で悩んでいる時のアドバイス

adobaisu0426

ケース1)毛深いことで、いじめられていることが分かった

あなた自身もかつてムダ毛で悩んでいたことを話してあげてください。

毛深いことでみんなの前で笑われたり、陰口を叩かれたりすると、ムダ毛を処理するだけでは到底埋めることができない心の傷になってしまうことがあります。

ムダ毛については、本人の意思も尊重しながら解決していく必要はありますが、心の傷を癒してあげるひとつの方法として、あなたの体験談を話してあげるというものがあります。

子供にとってあなたの存在は偉大ですから、体験談を話してあげると親の存在が身近に感じられ、安心してくれるでしょう。

悩む気持ちは分かるけど、恥ずかしいことではないんだよ…と伝えてあげてください。

ケース2)「どうやってムダ毛を処理するの?」と聞かれた

ムダ毛の悩みをどう解決したいか、本人に確認してください。
ワキ毛であればツルツルの状態にしたいでしょうが、腕や脚のムダ毛なら処理していることに気付かれずに薄くしたいと思っている場合もあります。

具体的にムダ毛をどう処理したいかを確認した上で、おすすめのアイテムを教えてあげましょう。

たとえばカミソリでの処理を選ぶなら、あなたが実践しながら丁寧に説明してあげてください。

・カミソリの管理方法
・剃り方
・剃る頻度
・アフターケアの方法
・肌トラブルのリスク

この5つは最低限教えてあげる必要があります。
子供が自己処理をして、肌トラブルを起こすことはとても多いので注意しましょう。

カミソリであれば、力を入れ過ぎて切ってしまったり、劣化した刃を使って肌荒れしてしまった、カミソリ負けしてしまった…といった失敗が多いです。

こうした肌トラブルを減らすには、カミソリ以外の方法を試すことをおすすめします。

・レディースシェーバー、顔剃り用のシェーバーを使う
・抑毛ローションを使う
・皮膚科の先生に相談する
・家庭用脱毛器を使う
・脱毛エステに通う

ケース3)ムダ毛を処理したいと言われたけど、アトピー肌なので心配

自己処理は絶対にやってはいけないと伝え、まずは主治医に相談しましょう。

子どもの肌は元々デリケートですから、アトピー肌であれば、より注意しなくてはいけません。
アトピーは少しの刺激でも肌トラブルを起こしてしまうので、自己処理アイテムが進化したとは言え、おすすめできません。

アトピー肌のお子さんに最適なムダ毛処理法は、脱毛サロンに通うことです。
脱毛サロンは費用がかかりますし、定期的に通う必要はありますが、安全にムダ毛をなくすことができます。

ただ、小学生の脱毛の場合、元々脱毛できるサロンは限られていますし、アトピー肌の子におすすめの所は1箇所しかありません。

→アトピー肌OKの「ディオーネ」
・他サロンとは違う方法で脱毛する(ハイパースキン脱毛)
・3歳の子でも痛みを感じない
・通う間隔は1カ月に1回なので、他よりも早く通い終わる
・保護者も実際に体験して安全性を確認できる
・全身脱毛コースと部位毎のコースがある
・店舗数は全国に100店舗

アトピーの症状によっては、他の脱毛エステでも主治医の同意書があれば、施術できるとする所が多いです。
ですが、ディオーネよりも安全に子どもの脱毛ができる所はそうありません。

ハイパースキン脱毛は、高熱処理をしませんし(約38度なので温かいな感じる程度)、医療機関でも導入されているくらい安全性が高いです。


直接口には出さなくても、子どもがムダ毛で悩んでいる可能性があるなら、話しができる環境を意識的に作ることが大切です。

それから、悩みを受け入れようとする姿勢と、的確なアドバイスができるように情報収集も必要ですね。

あなた自身、正しい処理法を理解できていないかもしれませんので、親子で勉強していきましょう。


  関連記事