みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

【顔のムダ毛】カミソリで安全&キレイに処理する方法まとめ


kaonomudage0421
顔のムダ毛ってどこまで処理していますか?
口周りや眉毛はこまめに処理するけど、それ以外は目立たないので放置しているという人も多いですよね。

目立たないのなら、わざわざ肌を傷つけてまで自己処理する必要はないと考えてのことでしょう。
小鼻のあたりや眉間は凹凸していて処理しにくいですし、肌も特別デリケートですから、刺激を与えずに済むならそれが一番です。

ですが、処理することのメリットも色々あります。

安全&キレイに自己処理ができると…
・肌がワントーン明るく見えて、透明感のある肌に
・産毛が皮脂に絡まることがないので、ニキビ予防になる
・ファンデーションが肌に密着するので、化粧ノリUP 等

ここでは、カミソリを使って安全に、そしてキレイに顔のムダ毛を処理するコツを紹介しています。
どうせなら、ムダ毛がなくなるだけではなくスキンケアもしっかりやって、美肌を目指しましょう!

用意する物
・L字型カミソリ(敏感肌さんはフェイス用の電動シェーバーがおすすめ)
・専用のクリームor乳液
・刺激の少ない化粧水・乳液

顔のムダ毛を安全&キレイに処理する手順

syoritejun0421

①保湿する

注意して欲しいのは、乾燥肌体質の人。
肌が乾燥していると、正しい手順で処理しても肌トラブルが起こる確率が高くなってしまいます。

日頃から保湿中心のスキンケアを大切にして、ムダ毛処理する前は化粧水でたっぷり潤してあげましょう。

②クリームを塗る

毛の流れに逆らって塗るのがコツ。すると産毛が立ってくるので処理しやすくなります。
また、時間が経つとクリームが乾いてしまうので、剃る直前に少しずつ塗っていくのがおすすめです。

洗顔料で刃を滑らせるのは絶対にNG!
肌に刃を立てるということは、たとえ目には見えなくてもダメージを受けているものだと思ってください。

本当にちょっとした刺激でも肌は傷ついてしまいますから、主に汚れを落とすことが目的の洗顔料で剃るのは、肌に必要な角質まで奪ってしまうことになってしまいます。
刃の滑りを良くするためのアイテムは、専用のクリーム、もしくはたっぷり乳液をつけてください。

③肌に出来るだけ負担をかけずに処理する

hutannwokakenai0421
・2~3週間に1回が基本
顔剃りは、手足の処理するようにこまめに行うのはおすすめできません。
美肌を目指すなら、2~3週間は間隔を空けてください。特にムダ毛が目立つ鼻下も1週間くらいは休息期間が必要です。

・こんな時は処理を控えよう
外出する前は紫外線の影響を受けやすいので、おすすめできません。夜自宅でくつろいでいる時がベストです。
生理前や体調不良時も、肌が敏感になり、カミソリ負けを起こしやすいので控えてください。

・処理のタイミングは入浴後がベスト
入浴後は肌が清潔な状態で、毛穴も開いていて、肌も柔らかくなっていますので、カミソリの刃がスムーズに滑ります。
入浴後が難しい日は、洗顔→蒸しタオル後に処理しましょう。

・カミソリは使い捨てor3回毎に新品に替える
お手入れの仕方にもよりますが、カミソリの刃は意外に早く劣化します。
切れ味が鈍ってしまうと、それだけ肌への負担が大きくなってしまうので注意してください。

・カミソリの刃は平行に
カミソリの刃を肌に垂直になるように当ててしまうと、肌が傷つきやすくなってしまいます。出来るだけ肌から平行になるように刃を当てるのが正解です。

・毛の流れに沿って剃る
剃る時は絶対に毛の流れに合わせて剃ってください。

毛の流れとは逆に剃ると、仕上がりがキレイに見えますが、このやり方だと必要な角質まで剥がされてしまうし、カミソリの刃が肌を傷つけてしまうしで良いことはありません。上から下に向かって剃る…が基本です。

また、利き手ではないほうで肌を少しひっぱりながら剃るとやりやすいです。

・何度も同じ部分を剃らない
1回の毛剃りで、同じ部分に繰り返し刃を当ててしまうと、刺激が強すぎて肌は耐えられません。
カミソリを滑らせるのは1回ずつ…が基本です。

また、キレイに剃ろうとして力を入れてしまうのも肌にとっては悪影響なので、優しくなでるように刃を滑らせていきましょう。

④再び保湿

ムダ毛処理後の保湿は特に丁寧にしなくてはいけません。
化粧水や乳液を優しく肌に浸透させていきましょう。自己処理後は保湿が主のスキンケアがおすすめなので、低刺激用の物を選ぶとより◎です。

アフターケアを怠ってしまうと、肌トラブルが頻発してしまいます。

→【部位別】ムダ毛処理のポイント

 ポイント
眉間眉間は皮脂が多く、汚れが残りやすいので洗顔で丁寧に落とす。不衛生な状態で処理すると肌トラブルの原因になる
眉毛の周り眉毛の上には筋肉がある。毛を処理してしまうと筋肉が変に目立ってしまうし、剃ると青っぽくなってしまうので出来るだけ触らないようにする
自己処理で乾燥しやすい状態になり毛穴が開きやすくなったり、かゆみが出るなどのトラブルが起こりやすいので、アフターケアは特に念入りに行う
もみあげ残す部分のもみあげに印をつける。見えにくい部位なので、左右対称に揃えるために少しずつ処理する。眉毛用のコームを使うと整えやすい
口周り鼻下は凹凸があり処理しにくいので、小さいヘッドのL字型カミソリが使いやすい。また口周りは皮膚が薄いため、色素沈着が起こりやすいので、カミソリの刃を優しく滑らせる

 

顔剃りをやってみると、肌がツルンとしてキレイになります。メイクをしてみると、より実感できるでしょう。

ですが、自己処理はしばらくしたら元通りになってしまうのが大きなデメリットです。

しかも、顔の場合、剃る間隔を3週間くらいは空けたほうが良いとされるくらい敏感な部位ですから、毛が生え始めてもすぐには処理ができません。

仮に、頻繁に処理してしまうと、色素沈着やカミソリ負けといった肌トラブルを抱えてしまうことになるので注意してください。

ムダ毛が目立ってしまう、ツルツルな状態を維持したいということであればやっぱり脱毛がおすすめです。
最近の脱毛サロンはとにかくキャンペーンが充実しています。とても安くなっているので試してみて損はありません。


  関連記事