みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

VIO脱毛はいつから始めるべき?季節と脱毛エステの関係


itukara0228
脱毛エステのサイトを見てみると、年中魅力的なキャンペーンの広告で溢れています。
両ワキとVライン脱毛が通い放題で50円とか、組み合わせ自由のお試し脱毛が980円、全身脱毛が初月無料など…。

中には期間限定の特別価格になっている場合もあるので、今すぐに申し込まないと損をするのでは?という気持ちにさせられます。

ですが、いつ通うのか?については秋頃が良いというのが一般的な意見なんですよね。

私たちの都合で考えると、肌を露出する機会が増える夏に脱毛したくなりますし、脱毛エステも夏は特に力を入れてキャンペーンを行っているようですが、VIO脱毛(ハイジニーナ)もやっぱり秋から始めたほうが良いのでしょうか。

このページでは、なぜ秋からの脱毛が推奨されるのか、そして季節に関係なく通っても効果はあるのか…という疑問を、デリケートゾーンに絞ってお話しています。

VIO脱毛も秋からスタートしたほうがいいの?

akikara0228
いつから脱毛するのがベストか?と聞かれれば、その前にひとつ確認しておきたいことがあります。


秋まで自己処理せずに待つことができますか?

YESなら→秋を待って脱毛するのもアリ
NOなら→秋まで待つより今すぐ始めたほうがメリットが大きい

秋にVIO脱毛を始めるメリット

VIOラインに関してはワキや脚と違って、人に見られる心配がないので、自己処理を全くしていない女性も一定数います。
自己処理しない派は、秋を待って脱毛するメリットは大きいでしょう。

秋からの脱毛が推奨される理由
・紫外線量が減るから
・夏と比べると予約が取りやすいから

紫外線については、水着になった時にビキニラインが気になるくらいですが、夏のあのムシムシした環境はデリケートゾーンにとっては大問題です。

エステでの脱毛は、肌への負担が少ないことで知られています。でも、毛が生えてくる組織を無理に壊しているのですからやっぱり無傷という訳にはいかず…。赤みや腫れ、ヤケドといった肌トラブルを起こす可能性はあります。

肌トラブルの予防するには、第一に刺激を与えないのが重要になりますが、夏は汗をかきやすい上にムレやすいですから、肌トラブルが起こりやすいのです。

それに、清潔な状態を維持することも難しいため、お仕事帰りに脱毛へ…となるとニオイが気になってしまいますよね。

秋頃にスタートするVIO脱毛は、肌トラブルの予防やニオイ対策として有効だと言えます。

自己処理中の人は今すぐに脱毛エステへ!

秋からの脱毛が良いとされるのは、自己処理をしていない人だけ。
例えば、今は春だけど秋まで自己処理をしつつ待とうというのは、おすすめできません。

1年の中で最も肌トラブルや臭い問題が起こりやすい夏に脱毛するのは確かに問題もありますが、それより何より自己処理をしていることが大問題なんです。

自己処理が原因の肌トラブル
・毛のう炎
・埋没毛
・色素沈着
・内出血
・カミソリ負け
・かゆみ

アンダーヘアならまだしも、Iライン・Oラインは部位が部位なだけに、肌トラブルを起こしてしまうと粘膜まで傷つけてしまうことになります。

夏から始める脱毛はちょっと大変な面もありますが、対策が分かればいつからだって通えるのです。

→夏から始めるVIO脱毛も悪くない?と思えるマメ知識

・夏のキャンペーンはよりお得度UP
夏の終わり頃~秋から始めると良いと分かっていても、ムダ毛に本当に困る夏にならないと私たちの重い腰はあがりません。
夏の脱毛サロンは毎年お客さんが殺到するため、各脱毛サロンではよりお得なキャンペーンを用意していることが多いです。
キャンペーンをそれほど積極的には行っていない脱毛クリニックも、夏は要チェックです。

・ニオイ対策は意外に簡単
夏はVIOラインの臭いが特に気になる季節ですから、サロンに行くのも申し訳ない気持ちになってしまいます。
でも、意外に臭い対策って簡単なんです。

剃るだけでも臭いはかなり軽減できますよ。(自己処理を繰り返すのはおすすめしないと言いましたが、脱毛する1~2日前には自分で剃る必要があります)

 


 

VIO脱毛を始めるタイミングは、夏よりは秋頃から始めるほうが楽というだけで、基本的には紫外線さえ気を付けていれば季節を問わず始められます。

脱毛サロンに通う際の注意点は、季節が関係するものより、あなた自身の心掛けによるものが大きいですから、きちんと事前のカウンセリングで説明を受けてください。

また、脱毛は毛周期の関係で年単位で通うことになりますから、いつから通うのか?よりは、エステサロン選びを重視してみて。
特にVIO脱毛の料金に関しては、かなり開きがあるので比較してみましょう。


  関連記事