みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

家庭用脱毛器を種類別に解説。特徴・効果・メリット&デメリットのまとめ


kateiyoudatumouki1224
家庭用脱毛器でプロ並みの仕上がりを目指せる時代になりつつあります。大げさではなくて本当に素晴らしい商品が続々と登場しているんです。

ここで言う「仕上がり」は、2つを指しています。まずは肌の状態。カミソリや毛抜きとは比べ物にならないくらい、スベスベした美肌になります。

そしてもうひとつは、自己処理の回数を減らせるということ。

個人差はありますし、どの家庭用脱毛器を使用するかでも大きく変わってきますが、毎日処理に時間を割かなくてもキレイな肌を維持できるようになるのです。

ただし、気を付けて欲しいことはあります。

家庭用脱毛器は同じ種類であっても、メーカーによって性能が全く違うので、知識がないまま選んでしまうと、お金を無駄にしてしまうかもしれません。

このページでは、人気のある家庭用脱毛器を3種類紹介。

使い勝手の良さ、脱毛効果、特徴等、それぞれの違いについて説明していますので、あなたに合った商品を選んでください。
特に短所は要チェックです!長所だけ把握しても満足できる買い物はできませんから。

脱毛効果NO1!剛毛さんもお任せあれ…のレーザー方式

re-za-toria1224

レーザー方式の家庭用脱毛器・代表:トリア

【特徴】
レーザー方式の家庭用脱毛器は、黒色に反応する特殊な波長を照射する事により、毛を成長させている毛母細胞にレーザー光を送り込み、毛の再生力を破壊していくというのが特徴。

毛の黒い色素にだけ反応する特殊な光なので、肌への負担を抑えて脱毛できます。

ご存じの通り、レーザー脱毛はクリニックで導入している脱毛方式ですから、誰でも使えるように改良しているとは言え、家庭用脱毛器の中では最も脱毛効果が高いです。

これからお話するフラッシュ脱毛方式との大きな違いは、効果が現れるのが早いということと、男性のヒゲやVラインといった密集した濃い毛への効果が高いということ…の2つです。

【メリット&デメリット】

剛毛さんも大満足
トリアは太くて密集した毛の脱毛が得意。口コミでもかなりの高評価です。
トリアの開発者たちは、業務用のレーザー脱毛器を作った実績がありますので、その効果は保証できます。

保証が手厚い
もしもトリアが合わなかった場合、30日以内であれば全額返金してもらえます。もちろん使用後でもOK。

また、トリアはバッテリー式になっているのですが、劣化して使用できなくなった場合は1回に限り、特別価格で新品と交換してもらえます。

×痛みを強く感じる
高い脱毛効果が期待できる分、痛みを感じやすいというデメリットも。

太い毛が密集している部分はより強い痛みを感じます。
ただ、肌のスキンケアをしっかり行う事と、出力を下げる事で軽減できますので、慣れるまでは無理をせずに使用してください。

また、シミやほくろにも過剰に反応してしまい、ヤケドしてしまう事がありますので、絆創膏やコンシーラー、ファンデーションでカバーした上で照射してください。

×照射範囲が狭い
トリアは照射範囲が狭く直径約1cm程度。となると、脚や背中といった広範囲の部位はちょっと大変です。

ただ、大変というのは、時間がかかるという意味ではなく、痛い!と感じる回数が多くなるから。

特に皮膚が薄い部位や濃い毛が密集している部位は、初めから出力MAXで照射してしまうとものすごい衝撃を受けてしまいます。

まずは弱い出力から試してみて、少しずつ強くしていくのがおすすめです。

ちなみに、照射範囲が狭くても処理に時間がかからない理由は、処理速度はスピーディーだから。テンポ良く照射できますし、打ち漏れを防ぐための工夫も施されています。

→こんな人におすすめ
・男性のヒゲ脱毛にも使いたい
・Vライン脱毛に満足したい
・剛毛で悩んでいる
・クリニックの脱毛に興味があったものの、あまりに高い料金に断念した
・誰にでも同じ効果とは限らないので、返金保証をつけて欲しい

使いやすさNO1!細い毛にも効果あり…のフラッシュ方式

frashkenon1224

フラッシュ方式の家庭用脱毛器・代表:ケノン

【特徴】
フラッシュ方式の基本的な原理は、黒色に反応する特殊な波長で細胞を破壊するという点ではレーザーと同じ。

ですが、波長の種類がレーザーと違っていて広範囲に渡って照射できるのが、レーザーにはないメリットです。

レーザー方式と比べると出力はやや弱いものの、痛みのストレスはほとんどありません。そして肌が弱い人も安心の機能がついている&カートリッジの残量が明確に分かる&軽い…等々、使いやすさも抜群。

しかも、出力が弱いといってもそのデメリットは基本的に時間がかかるということだけですから、十分な脱毛効果を実感できます。
女性のムダ毛なら、ほぼ全ての部位を問題なく脱毛してくれるでしょう。

ただし、太い毛が集まっているVラインや男性のヒゲについては、効果が現れるまで他の部位よりも時間と回数が必要になります。

【メリット&デメリット】

スピーディーに脱毛できる
照射範囲の広さは家庭用脱毛器の中では一番ですから、もちろん短時間での脱毛が可能です。
ケノンの照射範囲は2.5cm×3.7cm。両ワキならわずか20秒くらいで完了します。

肌への刺激が少ない
フラッシュ方式は肌への負担がほとんどない上に、痛みの刺激が少ないのが魅力。10段階と細かい出力の調整ができるので、痛みに敏感な人も安心です。

高い脱毛効果が期待できる
フラッシュ方式も高い脱毛効果が期待できます。
使い続けるほどにムダ毛が細くなり、生えにくくなります。
最終的に何年もムダ毛が生えてこない状態まで仕上げることができますので、エステと同等の効果があるというのも言い過ぎではありません。

×値段が高い
ケノンの本体価格やカートリッジや特典もついて約7万円(価格は度々変動するので公式サイトをチェック)。

家庭用脱毛器にしては、結構な金額になりますよね。

もちろんお値段以上の脱毛効果は期待できますので、コストパフォーマンスは良いですが、初期投資の額としては躊躇してしまうかもしれません。(クレジットカード払いなら、月々3,000円からの分割も可能です)

→こんな人におすすめ
・コスパの良い家庭用脱毛器を探している
・敏感肌なので、肌に優しい物がいい
・面倒くさがりなので、脱毛に時間をかけたくない
・産毛ほどではないが、細い毛が生えている

ちなみに、このフラッシュ方式はケノンの他にも、ヒカリエピ、レイボーテプロ等、いくつかのメーカーが販売しています。

ケノンよりも安いですが、今のところ、ケノンを超えるコスパの良いフラッシュ脱毛器は他にありません。

肌に負担をかけない&チクチクしない!サーミコン方式

sa-mikon1224

サーミコン方式の家庭用脱毛器・代表:ノーノーヘア

【特徴】
熱線を使ってムダ毛を焼き切る事で処理するのが、サーミコン方式の家庭用脱毛器です。

ムダ毛の処理は毛抜きやカミソリと比べるととてもキレイな仕上がりになりますが、脱毛効果がある物を探しているのなら購入はおすすめしません。

【メリット&デメリット】

・チクチクしない
サーミコン方式では毛を焼き切り、先のほうが丸くなるのでチクチクしません。

例えばVラインのムダ毛は、カミソリでの自己処理をすると下着や水着から飛び出してしまいますが、サーミコン方式ならそんなことはありません。

・肌への負担がほぼ0
サーミコン方式は強く押しつけて熱線部分が直接肌に触れてしまわない限り、直接肌に触れる事がありませんので肌への負担はほとんどありません。

・長く使い続けると自己処理の回数が減る
熱線で処理をする時に、少なからず毛根部分に熱を与えているので、使用を続ける内に毛が生え変わる周期が遅くなる効果、毛が細くなっていく効果が期待できます

・持ち運びしやすい
コンパクトなサイズなので持ち運びしやすいです。
大体2つ折りの携帯電話くらいのサイズで、重さは約100gです。

・慣れるまでは使いにくいかも
使用方法自体は簡単ですが、早く動かし過ぎない、傾け過ぎない、本体の向きなど、使いこなすにはコツが必要です。

また、ノーノーヘアの特性上、ひざ小僧やヒジ等の凹凸のある部位の処理はとても難しいです。

→こんな人におすすめ
・今よりもムダ毛が生えにくく細くなってくれれば満足
・痛くない家庭用脱毛器を探している
・ムダ毛が生え始めた時にチクチクするのは嫌
・下着や水着からムダ毛が飛び出るのが気になる

 

家庭用脱毛器の進化で、自宅にいながら満足できる脱毛ができるようになりました。

ただ、エステやクリニックと全く同じか…と聞かれれば、違うでしょうねと答えます。

例え同じ脱毛方式であっても、業務用の脱毛機と比べるとやはり出力が劣りますから。

どちらにしようか迷っているのなら、まずはキャンペーンを用意しているエステやクリニックで試してみることも選択肢に加えてみてはどうでしょうか。

参考:知らないと損をする?家庭用脱毛器と脱毛エステの違い


  関連記事