みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

埋没毛でも脱毛できる?原因は何?改善策は?※埋没毛の経験がある人は必ず読んでください


maibotumou1224

【埋没毛とは】
本来ならムダ毛は皮膚の上に成長するものだが、何らかの刺激を受けて皮膚の下で成長してしまった毛を指す。
毛が生えていることは確認できるが、直接触ることはできない。

参考:ムダ毛の自己処理はトラブルの連続!肌を傷つけないためのと対策

ムダ毛の自己処理をやってきた人なら、ほとんどと言って良いくらいの人がこの症状に出くわした経験があるでしょう。

せっかくムダ毛を処理したのに、余計に毛が気になってしまうのは本当に困りますよね。

何故そうなってしまうのかは察しがついていると思いますが、自己処理の方法にがあります。

このページでは、埋没毛ができてしまうと改善策、そして、埋没毛でもエステサロンやクリニックで脱毛できるのか?という疑問に答えています。

毛深くて悩んでいるという人には特に読んで欲しい内容になっています。

埋没毛のとなる2つのアイテム

genintotaisaku1224
すごく怖い動画を見た事があります。

自分自身で毛抜きを使って皮膚を剥がし(?)、毛を引っ張り出している動画…。とても痛そうで思わず目を背けたくなりました。

とは言え、埋没毛を自分自身でどうにかしようと思ったら、毛抜きで引っ張り出す方法が頭をよぎってしまいますよね。気持ちは分かります。

間違っているんだろうなと思いつつも手っ取り早そうだから…と、つい手を出してしまう人が多いですが、本当にやめてくださいね!

埋没毛を引き起こしてしまう主なは2つあります。

まず最もリスクが高いのは毛抜きでの自己処理。

毛抜きでムダ毛を引き抜くと、部位によっては思わず声を上げてしまうくらいの痛みが走りますよね。
毛抜きは肌にとても強いダメージを与えてしまう自己処理法だと言えます。

引き抜いた毛をじっくり見たことはありますか?
下のほうは毛根なのでプクッと丸くなっていますが、この毛根は毛穴よりも大きいです。

毛抜きを使い続けていると、毛穴が大きくなっていきますし、ダメージを受けた肌は炎症を起こしやすい状態になってしまうのです。

その結果、埋没毛だけではなく、色素沈着のリスクも跳ね上がってしまいます。

次に考えられるのは、カミソリでの自己処理です。

カミソリは手軽にできる処理方法ではありますが、ムダ毛だけではなく肌表面にも刃を滑らせないといけないので、やっぱりダメージを与えてしまいます。

カミソリで痛めつけられた肌は、この刺激に負けないように再生しようとする力が働き、皮膚が分厚くなっていきます。

そうなると、発毛しようとしても毛が毛穴を通過できず、埋没毛を引き起こしてしまいます。

特に、強く力を入れたり、毛の流れに逆らって剃る人は危険です。

埋没毛は治せるの?自分でできる改善策を紹介

kaizensaku1224
埋没毛を改善させたいなら、上で挙げた毛抜きとカミソリでの処理をやめるのが一番の近道です。
手軽に出来る自己処理法ですが、肌へのダメージを考えるとやっぱりおすすめはできませんから。

とは言え、今はどうしても手放せないアイテムなの!という人は、正しい使い方を覚えるしかありません。

参考:安全&キレイに!ムダ毛の正しい自己処理の方法、教えます


 

時間はかかるかもしれませんが、肌は手をかけてあげれば、もう一度美しさを取り戻そうと頑張ってくれますので、地道に続けていきましょう。

埋没毛の症状の改善策は他にもいくつかあります。自分でできるちょっとした事なので、ぜひ実践してみて。

・肌への負担を軽減させる
自己処理の中で、肌への負担が少ない自己処理法は家庭用脱毛器の使用や抑毛ローションです。

家庭用脱毛器はケノンのようなフラッシュ脱毛方式、またはレーザー脱毛方式のトリアがおすすめ。

これなら肌への負担も少なくて済みますし、処理する頻度もカミソリや毛抜きより少ないので、肌を休ませてあげられます。

抑毛ローションについては、塗布し続ける事で少しずつ毛が薄くなっていくというアイテムです。

効果の現れ方が緩やかである点はデメリットになるものの、自然由来の成分を配合していますので肌にはとても優しいです。

・自己処理の回数を減らす
ムダ毛の自己処理を毎日のようにやっている人も多いですよね。
カミソリでの処理だと、1日も経たない内にチクチクとした肌触りになってしまいますから、毎日やりたくなる気持ちは分かります。

ですが、ちょっと伸びただけのムダ毛を剃ってしまうと埋没毛になりやすいです。
埋まってしまった毛が完全に出てくる前に剃ってしまうと、改善するチャンスを失ってしまうのです。

埋没毛は毛が成長するのを待てば、自然に皮膚の上に出てきますので自己処理の頻度を見直してみましょう。

・丁寧に保湿する
ムダ毛を処理する事自体、肌にとっては負担になります。それは専門家が行うレーザーやフラッシュ脱毛でも同じ。

自己処理はより肌への負担がかかりますから、アフターケアをしっかり行わなくてはいけません。

アフターケアは、処理直後は冷やす事、その後はたっぷり保湿する事、この2つを徹底して行いましょう。

・定期的にピーリングをする
自己処理をする前にピーリングをすると、肌の角質が柔らかくなって、毛が外に伸びやすくなります。
またはスクラブで優しくマッサージをするのも効果的です。

・サイズのキツい服は避ける
埋没毛と服のサイズはあまり関係ないかのように思うかもしれませんが、実は、サイズのキツい服を着る事も埋没毛ができるのひとつであると言われています。

その理由はサイズのキツい服を着ると、長時間毛根に圧力がかかってしまうから。
毛が外に向かって伸びる事ができなくなってしまい、毛穴の内側に向かって生えてしまう可能性があるのです。

大切なのは、肌へのダメージを避けること。そして毛穴を塞がないことです。

埋没毛でも、エステやクリニックで脱毛してもらえるの?

esuetosaron1224
ムダ毛を自己処理している限り、埋没毛のリスクを抱えることになります。そしてその他の肌トラブルも…。

埋没毛に悩まない環境を作るために一番手っ取り早い対策が、エステやクリニックで脱毛してもらうことです。

自己処理の回数は大幅に減り、肌に優しい方法でムダ毛をなくしていき、最終的には何もしなくても毛が生えてこない状態にできるので、ぜひ検討して。

もしも埋没毛がたくさんできていて早く治したいということであれば、エステよりもクリニックのほうがその希望に応えられると言えます。

ご存じの通り、クリニックはエステよりも強力なレーザー脱毛方式を導入していますから早く結果が出ます。

そして医療機関でもありますから、埋没毛が改善する確率を上げることもできるのです。

ただ、ひとつ注意点も。
埋没毛に関しての見解はどこのクリニックでも同じという訳ではなく、微妙に違っています。
そこで複数のクリニックの回答を紹介します。

質問:埋没毛でも脱毛は可能ですか?

【各クリニックの回答】

①リゼクリニック
脱毛は可能です。ただ皮膚の下で毛が横に寝ている状態なので、火傷をしてしまうリスクがあります。
火傷をする為に、脱毛マシンの照射レベルを下げて施術を行いますが、効果の現れ方は通常の毛と比べると薄くなってしまう事はあります。

②ドクター松井クリニック
埋もれてしまっていても、皮膚の表面に出せるものは専用のピンセットで取りだした後、レーザー脱毛を行います。
もし、皮膚の中から取り出す事ができない毛については、そのままになります。

③アリシアクリニック
通常の毛と比べると、レーザーの反応が悪くなってしまうので回数を重ねる必要があります。
埋没毛の症状については、軽減は出来ると思われます。

④新宿クレアクリニック
埋没毛の対処法は2つあります。ひとつはピンセットで埋まっている毛を取り出した後、毛根を破壊する方法。そしてもうひとつはそのままの状態でレーザー照射をして自然に毛が抜け出ていくのを待つ方法です。
どの方法にするかは、肌の状態を見てから判断になります。

強力なエネルギーを持つレーザー脱毛でさえ、埋没毛の改善は時間がかかります。
ですから、脱毛に通って埋没毛ができない環境を作ったり、することが大切なんです。


 

埋没毛は、正しいムダ毛の処理とスキンケアで改善できます。

一番良いのは、カミソリや毛抜きでの自己処理はやめて、クリニックやエステで脱毛してもらうこと。

もしそれが難しいなら、正しい自己処理法をマスターして肌への負担は最小限に留めてください。

そして、全てのおいての基本である、生活習慣の見直しも重要です。

埋没毛は、ムダ毛や肌との向き合い方を考え直さなくてはいけないというサイン。見逃してしまうと、その他の肌トラブルをも引き起こしてしまうかもしれません。


  関連記事