みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

脱毛エステで断られる理由って?安全&キレイになるために大切なこと


kotowarareru1217
脱毛エステに通うと、ムダ毛の処理は不要になるし、肌もキレイになるしで、そのメリットは言うまでもなく大きいです…が、残念ながら一部の人は施術を受けることはできません。

もし無理をして(事実を隠して)施術を受けてしまうと、色素沈着や赤みといった肌トラブルだけではなく、健康上のトラブルも引き起こすかもしれません。

効果を限りなく100%実感できるように、そして安全に脱毛できるように、このページでは脱毛エステで断られたとしたらどんな理由があるのかをまとめています。

中には、体調を維持するためにやむを得ず脱毛を諦める場合もありますが、多くはあなた自身の心掛けひとつでクリアできますので、敏感肌さんは特にチェックしてくださいね。

脱毛エステで断られたとしたら、こんな理由があるからです

①日焼けをしてしまったから

hiyake1216
脱毛エステに通っている間は、日焼けは厳禁と覚えていて。
日焼けをした状態で脱毛エステに行くと、まず間違いなく断られます。仮にあなたが日焼けをした状態で施術を受けると、このような危険があるからです。

・ヤケドしてしまう…かも
日焼けは程度は軽いものの、ヤケドをした状態になっていますし、脱毛時も軽いヤケドを負うことになります。

エステでの脱毛は肌に優しいですから日焼けしていない健康な肌であれば、ヤケドの心配はほぼないと言って良いです。

ですが、元々ヤケド(日焼け)している肌に、脱毛の施術を行ってしまうと途端にヤケドの症状が進んでしまい「程度の軽いヤケド」とは言えなくなってしまうかもしれないのです。
(どの程度のヤケドになってしまうかは、日焼けの度合いや肌の強さによって変わってきます)

日焼けをヤケドを認識する人は少ないですし、脱毛後にヤケドしたと感じる人もほとんどいないでしょう。
でも、この2つが合わさってしまうと、目に見えて分かるヤケドとしてあなたの肌を傷つける危険が高まってしまうのです。

・肌がダメージを受けてしまう…かも
日焼け後の脱毛は、ヤケドだけではなく、様々な肌トラブルを引き起こしやすい環境を作ってしまいます。
ブツブツやかゆみといった肌トラブルも覚悟しなくてはいけません。

・照射時に強い痛みを感じてしまう…かも
脱毛エステの施術は痛くないところが魅力ですよね。
ですが、日焼けした肌にエステのフラッシュ脱毛をしてしまうと強い痛みが走ります。
日焼けで弱った肌には、たとえ小さな刺激でも与えてはいけないのです。

日焼けした肌はこうしたリスクがあるので、どこのエステでもお断りされてしまいます。
更に、施術後の日焼けも厳禁ですから、エステに通い終わるまでは徹底した紫外線対策が必要になります。

参考:脱毛エステの効果を100%引き出す為の、あなたがやるべきアフターケア4個

②お酒を飲んでしまったから

osake1216
施術を受ける前日~当日の飲酒は控えなくてはいけません。
脱毛の施術と飲酒には、あまり関連性がないように思えるかもしれませんが、実は深い繋がりがあるんです。

それは、飲酒によって血行が促進され、肌が敏感な状態になってしまうから。

アルコールを摂取すると、肌を健康な状態に保ってくれるビタミンCやビタミンE等の活動を妨げ、肌トラブルを起こすリスクを高めてしまいます。
飲みすぎた翌日に、肌の調子が悪くなった…という経験はありませんか?

飲酒した後すぐに脱毛の施術を受けると、その刺激によって肌トラブルに繋がってしまうのです。

また、飲酒によって体温が上昇して、肌が火照った状態で施術を受ける事でヤケドのリスクを高めてしまうのも、断られる理由としては十分な不安要素となります。
施術を受ける前日~当日のアルコール摂取は控えるようにしてください。

例)ミュゼプラチナムでは、アルコールの摂取は施術前後の12時間は避けるようにと説明を受けます。

③毛抜きで処理してしまったから

エステへ行く前日には、ムダ毛を自己処理する必要がありますが、その方法を誤ってしまうと施術を受けられません。

エステ前の自己処理は、カミソリか電気シェーバーで行うこと!
毛抜きや除毛クリームは絶対に使ってはいけません。

エステのフラッシュ脱毛は、黒い色素に反応することによって脱毛効果が得られます。毛抜きで根っこからムダ毛を引き抜いてしまうと、黒い色素がなくなるので照射しても反応しないのです。

例)銀座カラーでは、毛抜きや除毛クリームを1カ月以内に使用した場合、施術をお断りしています。

④激しい運動をしてしまったから

運動は健康にも良いですし、ストレス発散にもなりますが、脱毛前に運動…しかもハードなものとなると話は変わってしまいます。

激しい運動をすると血行が促進され、体温も上昇しますよね。
肌表面に熱がこもった状態で、施術を受けると、肌がその刺激に過剰に反応してしまうリスクがあるんです。
過剰に反応した肌は、赤みやヤケドといった症状が現れます。

⑤生理中だったから

生理中=断られた…というように、生理中だからと言って施術NGには直結することはありません。
実際、VIOライン以外なら、生理中であっても施術OKとするエステサロンがほとんどですし。

ただ、生理中は肌も体も何かとデリケートですよね。
体調が優れない時に施術を受けてしまうと、悪化させてしまったり、肌トラブルも起こりやすくなります。

生理中に、いつもはできないニキビに悩まされたり、乾燥、または肌がベトついてしまったという経験は誰にでもあるはず。

脱毛効果を十分に発揮するには、生理周期も計算した上で予約を取るに越したことはありません。

⑥妊娠中だったから

ninnsinn1216
妊娠中はどこのエステサロンも行っても断られてしまいます。
ただ、誤解しないで欲しいのですが、フラッシュ脱毛が胎児に悪影響を与えるから施術ができないという訳ではありません。(クリニックのレーザー脱毛も同様です)

妊娠中は次の心配があるために、脱毛エステに通うことができません。

・お母さんとお腹の赤ちゃんの健康
脱毛は少なからず痛みを感じるものですが、妊娠していない状態なら特に大きな刺激ではありません。

でも、妊娠中はこの脱毛時の痛みで陣痛を引き起こしてしまうかもしれません。
それに施術中は少なからずストレスがかかりますので、これも母体と胎児の安全を考えると避けなくてはいけないのです。

・ホルモンバランスの乱れ
妊娠すると、ホルモンバランスが崩れてしまうという話は皆さんご存じだと思います。

ホルモンバランスの乱れは感情の起伏が激しくなるのが特徴的。今笑っていたと思ったら数秒後には涙を流して怒っている…なんてことも珍しくありません。
また、シミが出来やすくなったり、自律神経にも影響が出るので、本人はもちろん周囲も気を使ってあげる必要があります。

そしてホルモンバランスの乱れは、脱毛の邪魔をすることも分かっているんです。
妊娠中に施術を受けても、全く効果が得られなかったり、多毛症という毛が濃く生えてくる症状が現れることもあります。

・万が一の時に対処できない
妊娠中は言うまでもありませんが、命を育てている大切な時期にあたります。
この時に、施術を行ってもしものことがあればエステ側は責任が取れません。

フラッシュ脱毛は胎児への影響がないとお話しましたが、絶対に100%大丈夫か?と問われると分かりません。

人体に悪影響はないことは分かっていますが、胎児に実験するなんてことはできませんから、完璧なデータは取れないんです。

例)銀座カラーでは、出産してから生理が2回以上きてからの施術になります。また、両わき・乳輪の周り、胸の脱毛に関しては、授乳を終えてからの施術となります。

⑦薬を服用しているから

施術前は基本的に薬の服用はNGと覚えていてください。

施術前と言っても、あるエステサロンでは6時間前とする所もありますし、また他のサロンでは48時間前を「施術前」と定義する場合もあります。

服用中の薬や病状によっては、施術を断られることもありますので、持病がある人、または薬を服用する可能性がある人は必ず事前に確認してください。

服用したら脱毛NGな薬
抗不安薬/抗生物質/経口抗真菌薬/風邪薬/花粉症の薬/血圧関係の薬 等

もしうっかり服用してしまった場合は上記以外の薬であっても、軽く考えず必ずエステに連絡し、必要があれば別の日に予約を取り直してください。

持病がある人は、エステに問い合わせるよりも担当医に相談するのが近道です。
各エステサロンでは医師の許可があれば、薬を服用中でも施術OKとしている所も多いです。

薬を服用しているのにそれを隠して施術を受けるのは、絶対にやってはいけないことです。

その他にも施術NGになる可能性があるケースをまとめておきます。

・てんかん発作を起こすことがある
・原因がはっきりしない皮膚疾患がある
・タトゥーをしている
・色素沈着がある
・10日以内に予防接種を受けている
・肌が乾燥している 等

脱毛エステでは、契約前に必ずカウンセリングがありますので、肌や健康上の不安についてはこの時に相談しておきましょう。

【アトピー肌さんは担当医の許可があれば施術できます!】

少しの刺激が肌トラブルに繋がる恐れのあるアトピー肌。

肌が至って健康な人でも、脱毛の施術で肌トラブルを起こさないとは言い切れませんので、デリケートなアトピー肌さんなら尚更心配ですよね。

ですが、アトピー肌の人も症状が落ち着いていれば問題なく脱毛できます。
(脱毛機器はエステによって異なる為、アトピー肌に向かない脱毛器を導入しているエステでは断られる可能性はあります)

ただし、担当医の許可は必須になりますので、同意書を用意しておくと話はスムーズです。

→アトピー肌でも施術OKな脱毛エステ
銀座カラー/エピレ/ミュゼ/脱毛ラボ/ジェイエステティック/エタラビ/TBC 等


 

日焼けや毛抜きの使用、飲酒、激しい運動等…基本的にあなたが気を付けてさえいれば、脱毛の施術は問題なく受けられます。

安全に、そしてキレイに脱毛してもらえるように、エステ側の説明もしっかり聞いておきましょう。

持病がある人は、まずは担当医に相談することから。許可さえもらえれば、施術をしてくれるエステはたくさんありますよ。


  関連記事