みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

脱毛サロンに行く時の服装は?施術中の服装はどうなってるの?


datumouhukusou0805
脱毛サロンは基本的に来店時の服装に指定はありません。
ほとんどの脱毛サロンではタオルやガウンを用意しています。

ミュゼプラチナムでは、”専用のキャミソール、もしくはガウンに着替えていただくため、ご来店時の服装は問いません”と回答していますので、脱毛サロンに通う際はあなたの好きな服装でOKです。

ただし、施術後の肌はいつもよりデリケートな状態になっていますので、服装によっては肌トラブルを引き起こしてしまう可能性はあります。

ここでは、脱毛サロンに通う際におすすめの服装、施術中の格好について解説していきます。

施術を受ける時に望ましい服装とは

sejutuhukusou0805

①肌の露出はできるだけ少なくする

施術後の肌は、紫外線に弱くなっており、直射日光に当たると長いこと赤みが引かなかったり…と、場合によってはヤケドの原因になってしまうこともあります。

そのため、なるべく露出の少ない服装(UVカット効果のあるもの)が望ましいです。

特に、施術を受けた部位は直射日光に当たらないようにしっかり保護してください。

夏の暑い日でも涼しくカバーできるように、ストールやカーディガン等のように、羽織れる物で代用するのも良いですね。日焼け止めクリームと組み合わせるとより安心です。

参考:脱毛するなら日焼けは厳禁!その理由を解説

②肌への刺激は避ける

施術後は肌が敏感な状態になっていますので、ちょっとした刺激が肌トラブルの原因になることがあります。

適していない服装:
摩擦が起こりやすい/締め付けがある/チクチクする

例えば、ナイロンやポリエステル等の化学繊維が使われている、毛羽立っているといった服は控えて。

理想で言えばシルクです。シルクは肌に当たった時の衝撃も少ないですし、摩擦も起こりにくいのでインナーに取り入れてみてください。

なるべく締め付けの少ないキャミソールやブラ付きのトップス等を選ぶと良いですよ。

③通気性が良い

施術後の肌は火照った状態になっていますので、体温を上げてしまうような服装はおすすめできません。

暑い季節はもちろん、寒い季節でもできれば体温がこもらない通気性の良い服装が望ましいです。ナイロンやポリエステル等は、汗も吸収してくれませんし、刺激があるという意味でも避けたほうが無難です。

また、コットンに関しては肌への刺激は少ないものの、熱がこもりやすいという意味では心配です。レーヨンやリネン、シルク等を素材とした服を選びましょう。

④着替えやすい

直接肌に関係しないので、重要度は低いのですが、着替えやすいコーディネートにしてください。施術を受ける時には、脱毛サロンが用意した服に着替える必要がありますので、着替えやすい服装にしていれば楽ですよね。

重ね着を避ける、いつもよりアクセサリーを控えるというように、少しでも時間短縮出来るような格好が望ましいです。

また、常に清潔な状態にしておくのも大切です。
汗をかきやすい体質の人は、着替えを持って行くのも良いでしょう。

【メイクはしないほうが良いの?】
顔脱毛以外であれば、メイクをして行っても問題ありません。顔脱毛をする場合はなるべくメイクを薄くして行く事をおすすめします。

脱毛サロンによっては、施術前にクレンジングしてくれる所もありますが、自分で落とさないといけない所もあります。
どちらにしても、簡単に落とせるようにしていたほうがスムーズに施術に移行できます。

脱毛後のメイクについては、基本的に問題ないとされていますし、メイクルームも用意されていますので、たとえばデート前に脱毛の予定を入れることもできます。

ただし、脱毛後は肌が敏感な状態になっていますので、ナチュラルメイクのほうが安心ではあります。

施術中はどんな服装になるの?

sejututyuuhukusou0805
施術中の服装は、下着だけなのか?ガウンだけで中は全裸なのか?など、ちょっと気になりますよね。サロンではこんな服装になります。

ガウンタイプ/キャミソールタイプ/ワンピースタイプ 等

施術中の服は脱毛サロンや脱毛部位によっても違いますが、薄くて柔らかい、照射しやすい服装を用意しています。

とは言え、リラックスして施術を受けられるように、フラッシュを照射する部分だけ肌を露出という感じで、無駄な露出は極力ないように気を使ってくれます。

例えば、Vラインなら紙ショーツを少しめくって照射、また少しめくって照射…というように、恥ずかしい思いをさせないように配慮しているのです。

【どんな姿勢で脱毛するの?】
脱毛時の姿勢は、脱毛する部位によって違います。ワキなら仰向け、背中ならうつ伏せという感じ。

複数の部位を脱毛する場合は、スタッフから細かく指示されますので、指示に従って体勢を変えるという流れになります。

例えば、VIOライン脱毛をする場合はこんな風に姿勢を変えて照射していきます。

・Vライン…仰向けで足を閉じた姿勢
・Iライン…仰向けで片足の膝を立て、外側に倒した姿勢。反対側をする時は逆の姿勢になる
・Oライン…うつ伏せor四つん這いor横向きの姿勢

恥ずかしさを軽減しつつ、なるべく楽な姿勢で脱毛できるように調整してくれます。どうしても恥ずかしいという場合は、相談も可能です。

参考:VIO脱毛したいけど…どーしても恥ずかしい!というあなたの気持ちを軽くする情報まとめ


 

施術を受ける日は、オシャレも大切ですが、肌への負担を極力抑えられるような服装を心掛けてください。

カウンセリングでは、来店時の服装や施術時の格好について説明してくれますので、この時に不安や疑問があれば遠慮なく質問しておきましょう。


  関連記事