みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

脱毛サロンに通いたい!でも歯列矯正も気になる!という人のためのQ&A


1siretukyousei0516
各脱毛サロンでは、少しでも体に悪い影響がないように、事前に色々と確認しなくてはいけないことがあります。

どこを脱毛したいのか、肌トラブルを抱えているか、悩んでいることは何か…といった基本的なことはもちろん、現在医療機関と関わりがあるという場合は、とても慎重になります。

歯列矯正もその中のひとつで、矯正器具の素材や装着方法によっては、顔脱毛…もっと細かく言えば口周りの脱毛ができない可能性も…。

ここでは、次の人におすすめの記事になります。

・現在歯列矯正中で、顔脱毛に興味がある人
・歯列矯正と脱毛のどちらも検討中だという人

どちらもそれなりの費用と期間が必要になりますので、慎重に考えたいですよね。

Q&A形式でまとめていますので、あなたに必要な情報をチェックしてみましょう。

それぞれの相場と期間が知りたい

2soubatokikan0516
相場については、個人差も大きいですし、どこで施術を受けるか…でも変わってきますので目安程度に考えてください。

ここでは次のように比較していきます。

・脱毛サロンはシースリー、脱毛クリニックは湘南美容外科を紹介
・脱毛に要する費用と期間は、全身脱毛コースで効果がしっかり現れるまで…が目安
・歯列矯正の費用・相場については「矯正歯科ネット」を参考に紹介

→シースリー

コース名全身脱毛
月額7,000金利手数料は0円
総額290,000
回数通い放題契約期間なしの生涯保証
期間2年~部位によって必要回数は異なるので、3年以上かかることもある
解約手数料必要返済額の10%もしくは2万円の内、金額が少ないほうが選択される

→湘南美容外科

コース名パーフェクト全身コース
分割料金6,400~金利手数料がかかる/ローンを組むには審査が必要/最大84回までOK
総額435,370
回数6クリニックのレーザー脱毛は強力なので6回で十分な効果を得られる
期間最短1年
解約手数料不要解約すると残っている回数分が返金される

→歯列矯正

総額80~120【費用の内訳】初診・相談料/検査料/診断料/装置料金/調整料金/定期健診料金(年に数回必要)
費用の計算方法総額制or別払い制【総額制】費用が予め決まっているので、追加料金がかからない【別払い制】治療の項目によって料金が決まっている※一般的なのは別払い制
期間1年半~2年半
その他医療費控除年間10万円以上の支払いがあった場合、確定申告で一部が戻ってくる可能性がある

料金や費用についてのポイントを解説

・脱毛サロンで完璧な脱毛をするなら、通い放題がおすすめ
シースリーは29万円の支払いを終えたら、一生通い放題という内容になっています。

脱毛サロンの回数は1回・3回・6回…と、回数を自由に選べるようになっていて、当然少ない回数だと費用も安くなるので始めやすいではあります。

ですが、脱毛サロンの場合、クリニックと比べると力が弱いので部位によっては20回以上通う必要があります。

また、数年すると再びムダ毛が生えてきたというケースもあるんです。

こうした点を踏まえると、一生通えるというのは大きな魅力です。

・クリニックは6回で十分な効果がある
脱毛クリニックでは、完璧な脱毛をしたい場合でも6回で十分な効果を得られます。

痛みは強くなりますし、費用も高いですが、短期間でしっかり効果が欲しいということであれば、クリニックを検討するのもありです。

・歯列矯正は歯の表側か、裏側かで料金が大きく異なる
歯列矯正と言えば、歯の表に装着するタイプをよく見かけますが、今は歯の裏側にもつけられるようになっています。

ただし、裏側での矯正は、難しく時間もかかるため、表側よりも1.5倍くらい高くなるのが普通です。

歯列矯正中でも脱毛に通える?

3siretukyouseityuu0516
歯列矯正中で脱毛に影響するとすれば、顔脱毛の時です。

おでこやもみあげといった部位は問題なく脱毛できますが、口周りの場合は条件が設けられています。

器具の素材・取り外しができるかどうか、そして各脱毛サロンの対応によって変わってきますので、必ず確認が必要です。

まずは、担当医に相談してみてください。

なぜ、歯列矯正中に顔脱毛ができない場合があるのか…については、次のようなリスクがあるためです。

・脱毛時の光の照射が、矯正器具に反応して問題を引き起こしてしまうことがある
・エステサロンは医療機関ではないので、もしもの時に対応できない
・歯の表側に矯正器具を装着している場合、強い痛みを感じることがある

→各脱毛サロンの対応

ミュゼプラチナム金属製の場合は顔脱NG/金属製以外であっても歯の外側を矯正している場合はNG
脱毛ラボ金属製の場合はNG
エピレ皮膚に影響がなければ施術OK
ディオーネ皮膚に影響がなければ施術OK
銀座カラー皮膚に影響がなければ施術OK
リンリン金属製の場合はNG/金属製以外でも歯の表側を矯正している場合はNG

こんな時はどうなるの?
【インプラント】金属が埋め込まれているので、顔脱毛ができない可能性が高いです。
【虫歯】虫歯自体は問題ありませんが、虫歯になっている辺りに脱毛の光を照射すると痛みを強く感じることがあります。
【銀歯】ガーゼやコットンなどで銀歯部分を覆ってから施術を行うのが普通です。

※ここで挙げたのは基本的な部分なので、詳細は直接サロンに確認してください。

ちなみに、脱毛クリニックでは多くの所が顔脱毛OKとしています。

もしもトラブルが起こった場合でも医療機関なので安心ですよね。

とは言え、痛みに関しては歯列矯正とは関係なしにエステサロンよりも強くなってしまいますし、料金も高くなるので、その辺は慎重に検討する必要がありそうです。

歯列矯正と脱毛、どっちを優先したほうがいい?

4yuusenjyuni0516
歯列矯正と脱毛を同時期にするとなると、費用面で心配になりますよね。特に歯列矯正は金額が大きいですから。

どちらを優先すべきか…という点については、歯並びやムダ毛の状態によっても変わってくると思いますが、基本的には歯列矯正のほうを優先させたほうが良いかと思います。

歯並びが悪いと、次のような心配があるためです。

・虫歯や歯周病になりやすい
・歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
・かみ合わせが悪くなる
・顎関節症になる可能性が高くなる
・顔が左右対称になる

歯は一生必要なものですから、状態を見てできるだけ早めに矯正を検討したほうが良いでしょう。

ただ、歯列矯正中であっても顔以外なら普通に脱毛できるわけですから、自己処理による肌へのダメージを考えると、無理のない範囲で両立を目指すのもありです。

全身脱毛だと費用が高くて不安になると思いますが、部分脱毛でお得なコースはたくさんあるので、それだと安くで済みます。


どちらも気になっているのであれば、とりあえずカウンセリングを受けてみてはどうでしょうか。

その上で、どちらのほうを優先すべきか、または両方やっていくのかを改めて検討したら良いかと思います。

一番気になるのは費用ですが、脱毛サロンは部位によって安い所が変わってきますし、キャンペーンの活用などでお得に通うことも可能ですから、色々比較してみてください。

参考:脱毛エステと○○を併用するとお得になる?3個の裏ワザ


  関連記事