みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

「痛くない」はウソ?VIO脱毛の痛みについて分かりやすく解説


kaisetu0912
脱毛は「ほぼ無痛」という情報が流れていますが、それは半分正解で半分不正解です。そのまま鵜呑みにしてはいけません。

そもそも痛みの程度とは、条件によって変わってくるものなんです。

・エステかクリニックか?
・どの部位を脱毛するのか?
・何回目の施術なのか?
・痛みへの耐性(個人差)は?

中でもVIOラインは強い痛みを感じたという体験談がとても多いですから、これから脱毛しようという人はそれなりの覚悟をしておいてくださいね。

…と、何だか脅すような感じになってしまいましたが、要はVIO脱毛は強い痛みがあると分かっているなら、対策を立てれば良いというだけの事。

このページでは、セルフケアで痛みを和らげるコツや、エステやクリニックが行っているケアについて詳しく解説していきます。
自己処理のトラブルから解放されて、ムダ毛とは無縁のツルツルお肌を手に入れましょう!

泣く人もいる?VIO脱毛の痛みの強さ

naku0912

VIO脱毛の痛みについては、ひと言で片付けるのはとても難しいです。そこで、様々な角度からVIO脱毛の痛みを分析してみました。

①個人差

痛みの感じ方は、脳の構造が関係していると言われていて、同じ刺激を受けたとしても、ある人は泣いてしまうほど痛いと感じたのに、別の人は全然耐えられるレベルの痛みだったという場合もあります。

痛みに対する感想なら、ネット検索すれば簡単に見つけられますが、それはあくまで参考程度に留めておいたほうが良いです。

痛いと思って意外に痛くなかった…ならホッとしますが、もしも逆ならすごく大きなストレスがかかってしまいますから。

特にVIOラインは、我慢できるかどうかは個人差があるものの、強い痛みを感じたという人が非常に多いです。

【なんでVIO脱毛は痛いの?】
脱毛はどの部位でも強い痛みを感じる訳ではありません。
エステのフラッシュ脱毛も、クリニックのレーザー脱毛も、黒い色素に反応します。

そして、この反応は「太くて濃い毛ほど」強く現れるのが普通なので、VIOラインは正にピッタリと当てはまります。

②エステorクリニック

エステとクリニックにはいくつか違いはありますが、痛みに関してだけ言えば、出力が違うから痛みの刺激に差があります。

出力が高いクリニックの脱毛は痛みを感じやすい反面、脱毛効果が早く現れますし、きちんと照射できていれば半永久的に毛は再生しません。

対して、エステの脱毛は痛みはそんなに強くない、もしくはほぼ無痛に近い刺激ではあるものの、効果の現れ方は緩やかですし、完全な無毛状態にしたい人にとっては満足できる仕上がりにならない可能性もあります。

痛みだけで言えばエステのほうがストレスなく通えるというのは間違いありませんが、脱毛効果の事も考えるとどちらが良いとは即決できないのが難しい所ですね。

ちなみに、VIO脱毛の痛みに関する口コミを集めてみると、次のようになりました。

【クリニック】IOラインは激痛/痛いというか衝撃が強い/ピンセットでムダ毛を引き抜いた感じと似ている/お尻が少し飛び上がった/最初の数回はとにかく痛みに耐えた 等
エステ】粘膜に近づくと強い痛みを感じた/ガマンできないほどの痛みではない/3回目までは痛かった/Oラインはくすぐったい感じ 等

③回数

脱毛に通うと、1回目よりは3回目、3回目よりは6回目…と徐々に毛が薄くなっていくものです。

つまり、強い痛みを感じやすい「太くて濃い毛」ではなくなるという事なので、回数を重ねていく内に痛みは軽減されていきます。

クリニックなら3回目を乗り越えられれば、後は何とかなったという人は多いですから、エステならもう少し早い段階で、痛みのストレスから解消されます。

回数を負う毎に痛みは軽くなる事が分かれば、大きな安心材料になりますよね。

でも世の中には、痛みの刺激にとっても弱い人もいます。
「やっぱり痛いのは怖い!」そんな人には、ここから先の情報が役に立ちます。

セルフケアでVIO脱毛の痛みを軽減するコツ

self0912

①体調が悪い時は施術を受けない

体調が悪い時というのは、いつもより敏感な状態…つまり、痛みを感じやすくなっています。
風邪気味や生理前後、睡眠不足だったりすると、痛みに敏感になっていますので、脱毛の施術は控えたほうが良いです。

ただ、そうは言っても気軽にキャンセル出来るほど、エステやクリニックに柔軟性がある訳ではありません。

特に夏はお客さんが殺到して、もしキャンセルしてしまったら数カ月待たされてしまうかもしれません。

施術日の数日前からは、最低でも6時間以上の睡眠を取るようにしたり、栄養バランスの良い食生活を心掛ける等、当日は万全の体調で施術を受けられるように体調管理をしておきましょう。

またVIO脱毛に限らず生理の時は施術を受けられないので、それも踏まえた上で予約の日程を決めてください。

②施術を受ける前は保湿を徹底する

肌が乾燥している状態だと、フラッシュ(エステ)やレーザー(クリニック)を照射した時に痛みを感じやすくなりますが、潤いのある肌だと照射による刺激が和らぎます。

デリケートゾーンを普段から保湿する習慣のある人は少ないと思いますが、脱毛に通うのを機に積極的な保湿ケアを始める事をおすすめします。

【VIOの保湿ケア方法】
・肌を清潔にする
保湿ケアを行う前に、まずはVIOラインを清潔な状態にしておきましょう。
デリケートゾーンは敏感な部分なので、ぬるま湯を使い、石鹸は弱アルカリ性を選ぶか、デリケートゾーン専用のソープを使用してください。

普通のボディ用石鹸は刺激が強く、余計に乾燥してしまったり肌トラブルを招いてしまうリスクがありますので、特に敏感肌の人は要注意です。

・専用アイテムでの保湿がおすすめ
出来ればデリケートゾーン専用の化粧水やクリームを使うようにしてください。
クリームには、黒ずみケアが出来る商品もありますから、黒いものに反応するフラッシュやレーザーの刺激を軽減させる効果があります。

顔用の化粧水やクリームでも保湿効果なら十分に期待できますよ。

エステやクリニックが行っている痛みを和らげるケア

esutekurinikku0912

エステやクリニックでは、強い痛みを感じないように様々なケアを行っています。

①エステは痛みの少ない脱毛機と、エステならではの肌ケアに注目

エステでは主に、痛みがほとんどない脱毛機を導入していたり、専用のジェルやローションで肌を守ってくれますし、施術前後のケアが充実している点が人気がある理由のひとつです。例えば、銀座カラーだと、保湿をする為だけの専用機器を開発するほどの力の入れっぷり。

保湿の他にも、ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタといった美肌成分を配合しているエステもあります。
こうしたケアは、肌を元気にするだけではなく、肌を強くするので痛みが和らぐのです。

それから、脱毛機にも注目してください。
エステで扱っている脱毛機は、肌への優しさと痛みの軽減に特化しています。

・SSC脱毛:抑毛効果のあるジェルを塗り、その上から照射する事でより高い脱毛効果が期待出来る。産毛にも効果を発揮する
・IPL脱毛:ジェルを塗って光を吸収しやすい状態にし、施術をする。脱毛効果はもちろん、ニキビ跡や毛穴の改善、くすみの改善等の効果が期待できる

どちらかと言えば、SSC脱毛よりもIPL脱毛のほうが痛みを感じやすいという特性があります。

とは言え、IPL脱毛を採用している脱毛エステでは、施術前の保湿を徹底する事によって痛みの軽減を行っていますので、大きな違いはないと考えて良いです。

②クリニックは医療行為が出来るからこその処置に注目

クリニックで行っている医療レーザー脱毛は、強い痛みを感じる事もありますが、麻酔をする事によって痛みの軽減が可能です。

麻酔以外にも、レーザーの出力を弱くする事によって痛みを軽減するという方法もあります。
ただ、出力を下げると脱毛効果は低くなってしまいますので、麻酔を使って軽減したほうが予定通りの脱毛回数で済みます。

相場としては3,000円程度、種類は主に麻酔クリームや笑気麻酔があります。

VIO脱毛は完全無痛ではありません。ですが、自分でできる対策もありますし、エステやクリニックでもしっかり対応してくれます。

痛みへの不安を抱えてネット検索を続けるよりも、話を直接聞きに言ったほうがずっと濃い情報を仕入れられます。

また、トライアル脱毛ができるクリニックなら、実際に体験してみたほうが、頭で考えるよりも確実に刺激の度合いを確かめる事ができます。


  関連記事