みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

女の子を特別だと思わない!モテる男が実践している女の子との接し方


onnnanokowotokubetu1010
誰しも異性の存在は気になるものです。年齢・男女を問わず心のどこかで異性の存在を意識するのが人間です。

恋愛事情を考えると、事情が変わりつつあるとはいえ男性からアプローチするのが通例ですが、自分自身では頑張っているつもりなのになかなか彼女が出来ないと嘆いている男性も多いのではないでしょうか。

男女の恋愛模様は努力云々ではなく、如何に相手に認めてもらえるかです。極論ですが、世界中の女性から嫌われていても意中の女性から好かれていれば恋人関係になれます。

つまり、恋愛は努力が目的ではなく相手に認めてもらうことが重要なのですが、理屈では分かっていてもなかなか出来ないものです。

女性を「特別な存在」だと思っている男性は多い

joseiwotokubetu1010
特に多いのがこのような男性です。女性への配慮は大切ですが、過ぎた配慮は女性としても息苦しいものです。

特にインターネット界隈を見ていると「奢るのが当たり前」「但しイケメンに限る」といったように、女性上位の恋愛模様に触れるので必要以上に気を使いすぎる男性が増えています。

適度な配慮は好印象ですが過度な配慮は女性としても息苦しいですし、「楽しい時間」にはならないでしょう。

ですが女性を特別視過ぎるあまり、少し雨が降っただけで慌てて傘のあるお店を探したり、少し女性が機嫌が悪そうにしていると笑わそうと必死になったり。

女性とて人間です。雨に濡れることもあれば、ついつい機嫌を損ねることとであります。

確かに男女は違う部分もありますが同じ部分とてあります。逆の立場で考えてみて下さい。少し機嫌が悪い時は、あれこれ話しかけられる方がイライラするはずです。

そのような時は、放置しておけばよいのです。

モテる男は女を特別視しません

tokubetusisinai1010
一方でモテる男は女性を特別視しません。例えば先の話の例で言うと、急に雨が降ってきた場合、傘を探すのではなく、一緒に濡れて大変だと騒ぐ。

急に慌て出して傘を探す男と一緒になって濡れつつも楽しませてくれる男。一緒に居てどちらが楽しいのかは言うまでもないはずです。

「女性の扱いに慣れている」という言葉もありますが、モテる男は確かに扱いが上手ですが、決して特別扱いするのに長けているのではなく、一緒の時間を楽しむことに慣れているのです。

お会計の際も、ネットの情報ばかりを集めていると「奢るのが当たり前」「女性が見ていない所で支払うのがスマート」といった声は多数ありますので、モテない男性は食事そのものを楽しむよりもスマートな会計ばかりに気を取られてしまい、会話も上の空。

これでは意味がありません。それよりも会計の際、冗談めかしながら「会計出してくれるの?」と茶化しつつも支払ってくれるような男性との時間の方が楽しいでしょう。

女性は完璧を求めているわけではありません

kanpekiwo1010
女性を特別視しがちな談背は、「女性は男に完璧を求めている」と勘違いする傾向にあります。

もちろんミスはしない方が良いのですが、女性が求める関係はミスも笑い合えるような関係です。

先の話で言えば、雨が降って来た際、女性にとっては濡れるか濡れないかが問題ではありません。

雨が降ったというシチュエーションで男性がどのような態度を取るかなのです。傘を買ってきて自分を濡れないようにしろと思う女性は極々少数派です。

それよりも濡れるシチュエーションをも楽しませようとしてくれる男性を求めているのです。何から何まで完璧を求める女性などそうそういません。

モテる男は上手く自分の隙を作り、笑顔を生んで女性との距離を縮めようとします。急に雨が降った時に女性が求めているのは傘ではなく、笑顔だと分かっているからです。

会話にも現れています

kaiwanimo1010
モテる男性はさぞ口が上手なんだろうな…と思っている人も多いでしょう。ですが、そもそも「口が上手い」を勘違いしている男性が多いです。

「口が上手い男はモテる」とは様々な所で囁かれていますので、この言葉からモテない男は「面白いことを言ったり女の子を褒めたり常に途切れない会話が出来る男」をイメージするでしょう。

ですがモテる男はお笑い芸人のようにずっと喋っている訳ではありません。これもまた、モテる男は女性が何を求めているのか分かっているからです。

「楽しい時間=笑わせて欲しい」ではないのです。女性に限らず、人間は自分が喋っている時が楽しいものです。もちろん例外もありますが自分が喋っている時が一番楽しいものです。

モテる男はそれが分かっていますので楽しい時間を「笑わせよう」というスタンスではなく、「喋ってもらおう」というスタンスで演出するのです。

女性が喋る。そこで相槌を打つ。女性は喋っていれば楽しいと感じますので、相槌を打つだけで十分なのですが、モテる男は相槌が上手です。

素っ気ない相槌ではなく、女の子がもっともっと喋ろうと思うような相槌を打つのです。

つまり、「モテる男は口が上手い」は、正しくは「相槌が上手い」なのです。相手の喋りを遮らず、無駄な主張をせず、あくまでもトスを上げる役割に徹底する。

そして女性が一段落したら自分が喋る。その喋りもあくまでも次の女性の喋りの呼び水として喋るのです。決して特別なことをするでもなく、これだけなのです。

モテるためには努力が必要だとの認識から、ついつい間違った努力に走る男性も多いのですが、モテる男は女性に対してフラットです。

あまり「女」と意識せず、一人の人間として一緒にいて楽しい時間をとの気持ちがあります。

そのような男性は男友達とも一緒でも楽しい時間を過ごせる存在でしょう。

つまり、女性相手であっても必要以上に女性だと意識せず、一人の人間として楽しい時間を過ごそうとする心がけがモテる秘訣なのです。


  関連記事