みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

「VIO脱毛をしたいけどオリモノが恥かしくて…」安心して通うための対策


vio脱毛

脱毛するには誰にも見せたくない部分を見せる必要があります。メリットはよく分かっていても踏み出せない人が多いのは、恥かしさが大きく関係しています。

毛量や肌トラブル、体型…と恥かしいと思う理由は色々ありますが、今回取り上げたいのは”オリモノの量が多くて悩んでいる人”についてです。

オリモノが多いとIライン脱毛に対するストレスが大きくなります。それに臭いも心配です。

更に脱毛した事でオリモノが増えたという情報もチラホラあって、本当のところが気になります。

ここでは、VIO脱毛とオリモノの関係についてお話していきます。

オリモノについて最低限して知って欲しい4つの事

生理ナプキン

日常生活におけるオリモノの存在は、不快感でしかありません。量が多いと、おりものシートが手放せない人も多いです。

ですが、女性にとってオリモノはとても大切な役割を果たしているのです。

脱毛を検討するついでに、オリモノについての基本的な知識も蓄えておきましょう。

オリモノの正体は何?

子宮、膣、汗腺などから分泌された物、古い細胞が混ざり合った液体のこと。大人の女性なら誰でもおりてくるものですが、量やオリモノの状態には個人差が大きいです。

オリモノの状態から体の変化に気づく事もできるんですよ。

役割は?

オリモノの役割は2つあります。

細菌の繁殖を防ぐ事、そして受精を手伝ってくれるというものです。

どちらも女性にとって重要ですね。

オリモノがいつもと違う気が…

ニオイが強かったり、いつもと違うニオイがする場合には、何らかの原因があると考えられます。オリモノの色や状態も関係するので、あわせて確認しておきましょう。

たとえば…

・生理前にニオイが強くなる→経血が少量ずつオリモノに混ざっているためで、異常ではない
・ポロポロしたオリモノ+痒みがある→カンジダ膣炎の可能性あり
・黄~緑っぽいオリモノ+泡のような物が混ざっている→トリコモナス膣炎の可能性あり
・黄緑色の膿っぽい色をしている+悪臭+量が多い→クラミジア感染症、淋病などの可能性あり
・茶褐色~ピンクっぽい色+悪臭→子宮頸がん、子宮頸管ポリープなどの可能性あり
・茶褐色の膿っぽい色+悪臭が強い→タンポンやコンドームが中に残っている可能性あり

この他にも、体の変化があると、オリモノが教えてくれるサインはたくさんあります。いつもと違っているなと感じたら放置しないで、調べてみる・専門医に相談する事をおすすめします。

ニオイがあるのは何故?

オリモノは酸性ですから、すっぱい感じのニオイがするのが普通。元々無臭ではありません。ですが、いつもより強いニオイを発する場合は、こんな理由が考えられます。

何か大きなストレスを抱えている/雑菌が繁殖している/洗いすぎ/ホルモンバランスが不安定 など

VIO脱毛とオリモノに関するQ&A

orimonoqanda1116
オリモノについての基礎知識を理解してもらったところで、ここからが本題です。

脱毛サロンに通う際の悩みや、脱毛するとオリモノにどんな影響があるのか?について詳しくお話します。

Q オリモノの量が多くても施術してもらえる?

A もちろん施術には差し支えありません

元々、オリモノの量が多い体質の場合、施術に差し支えるのではないかと不安に思う人もいるでしょうが、施術には影響しないので安心してください。

オリモノの量が多いと言っても、たとえば尿のように一気に出てくるというわけではありませんし、Iラインは範囲が狭いですから施術時間も、5~10分くらいとあっという間です。

それに、エステサロンのスタッフは皆、他人のデリケートゾーンは見慣れていますし、何より同じ女性ですから何も言わなくても分かってくれます。

スタッフは施術に集中しているので、オリモノの量がどう…というのは、気にならないというか、気づかない場合がほとんどらしいですよ。

不安だったのは何だったんだというくらい、スムーズに施術が終わるでしょう。

Q 脱毛の施術中に濡れてしまったら…感じてしまったら…と思うと心配

A 恐らく、気にしている余裕がないほどに痛みが強いかと思います

デリケートな部位に触れられるわけですから、自分の意思に反して感じてしまったり、濡れてしまったり…と心配してしまう人も中にはいます。

確かに、脱毛中に反応してしまったら恥かしいと思う気持ちはよく分かります。

解決策かどうかは微妙なところですが、そんな心配が吹っ飛ぶくらいの痛みが待っていますので、ある意味大丈夫(?)です。

脱毛サロンの施術は、痛みがゼロ!とか、ほとんど感じないといった広告は多いですし、実際に施術を受けた人もそういう感想が多いです。

ですが、部位によっては、エステサロンの脱毛でも痛みを感じます。

個人差はありますが、VIOラインは3回目くらいまでは痛みとの戦いになると思っていたほうが良いでしょう。

参考:「痛くない」はウソ?VIO脱毛の痛みについて分かりやすく解説

Q VIO脱毛すると、オリモノの量は増えてしまうの?

A 脱毛の施術とオリモノの量は関係ありません

ムダ毛の悩みが解消されるのと引きかえにオリモノの量が増えてしまうなんて当然困りますよね。

脱毛した人の中には、増えたように感じたという声もありますが、これはIラインのムダ毛がなくなったためだと考えられます。

脱毛前は下着にオリモノが付着する前に、Iラインのムダ毛についていたはず。このワンクッションがなくなった事で、オリモノの量が増えたように感じるのです。

エステ通いの経験がなくても、自己処理でIラインをキレイにすると、オリモノの感触が伝わりやすくなります。

気になるなら、おりものシートを使うとかなり軽減されますので、試してみてください。

安心して通うためのオリモノ対策3個

ウェットティッシュ

そんなに心配しなくてもいいんだよと言われても、部位が部位なだけに気になって仕方がないという人は、積極的にオリモノ対策をしていきましょう。

しっかり脱毛するなら、10回以上通うのは普通ですから、苦痛にならないよう工夫するに越した事はありません。

①ウェットティッシュを用意する

デリケートゾーン専用のウェットティッシュを使ってみた事はありますか?

 💡 デリケートゾーン用ウェットティッシュの特徴
・コンパクトサイズなので持ち歩きしやすい
・オリモノをふき取るだけではなくニオイの元も一緒に取り除ける
・肌に優しい
・使った後はトイレに流せるので便利

脱毛サロンの着替えるスペースにウェットティッシュは用意されている可能性もありますが、一応自分で用意していたほうが良いでしょう。

敏感肌の人なら、赤ちゃん用のおしり拭きシートもおすすめです。お徳用を購入すれば経済的ですよ。

②通気性の良い下着をつける

デリケートゾーンは湿りやすい部位ですから、脱毛サロンへ通う日に限らず、通気性の良い下着つけるのは大切です。

普段からオリモノシートを手放せないという人なら、下着を変えるだけで嬉しい変化を実感できるでしょう。

オリモノの役割のひとつに雑菌の繁殖を予防するというものがあるとお話しました。

実はこの雑菌、下着の素材に問題があるために雑菌が繁殖しやすい環境を作っている可能性があります。性器への侵入を防ごうとして、オリモノが多く出てきたのです。

下着は綿100%の物を日常的につける事をおすすめします。脱毛サロンに通いやすいだけではなく、オリモノの量も軽減するでしょう。

また、オリモノシートも雑菌が繁殖しやすいと言われています。シートはこまめに取り替えるようにするか、サロン通いをきっかけに布ナプキンに変えるのもおすすめです。

布ナプキンは、肌に優しいですし、最近では可愛いデザインも多くなってきました。

③シャワーを浴びてから脱毛サロンへ

シャワーを浴びるとしばらくは清潔を保てますから、不安や恥かしさを軽減できます。

お仕事帰りにサロンへ行くならシャワーは難しいですが、エステ通いに慣れるまでの間だけでも休日に予約を取るようにしてみるのはどうでしょうか。


 

普段は絶対他人に見られないような部位をさらけ出すのは、ものすごく恥かしいです。たとえスタッフは女性であっても恥かしいものは恥かしいですよね。

ですが、スタッフ目線からすると施術をしているだけですから、全く気にしていません。相手は見慣れていますし、あなたも回数を追うごとにリラックスできるようになるでしょう。安心してください。


  関連記事