みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

「脱毛サロンは子供連れNG?」子育て中でも通えるサロンの条件


kodomodureng0913
子育て中のママさんにとって、自分のために時間を使うことはとても贅沢に感じますよね。特に美容系。

脱毛の場合だと、2~3カ月に1回、多くても月に2回時間を作ることができれば、通えるのですが、ちょっとの時間も惜しいと感じてしまうものです。

子供連れでもOKという脱毛エステがあれば、通えるかも…と気持ちのゆとりも出てくるかもしれません。

ですが、残念ながら大手のほとんどは施術だけではなく、カウンセリングであっても、お子さんと一緒に…というのは対応できないのが現状です。

施術で使用する精密機器は、子供がうっかり触ってしまうと危険ですし、どれも高額(300~400万円の機器もあります)ですから、万が一のことを考えれば、仕方ないと言えばそうなのですが…。

ここでは、小さなお子さんがいる中でも、気軽に脱毛サロンへ通うコツについてお話しています。

脱毛サロン選びの参考にしてください♪

子育て中でも通いやすい脱毛サロンの条件5つ

kodomojoukenn0913

営業時間が長い

子供中心の生活だと、なかなか予定を立てられません。

大人の思う通りには動いてくれませんし、たとえ保育園に預けていても急な発熱で連絡がきたら、すぐにお迎えに行かなくてはいけません。

脱毛サロン選びのコツその①は、営業時間が長いことです。

例えば、脱毛ラボなら22時まで営業しています(店舗によって営業時間は異なるので確認してください)。

それなら、旦那さんがお仕事から帰ってきてから、ちょっとだけ見てもらうということもできますよね。

キャンセルしてもお金が無駄にならない

月額制の脱毛プランが登場してから、月1万円くらいで全身脱毛ができるようになりました。

中には5,000円を切る所もあるくらいですから、利用する側として嬉しい限りです。

ですが、子育て中であれば、おすすめはできません。

月額制プランは予定通り通うことができればいいのですが、キャンセルしてしまうと、通っていない月でも料金が発生する仕組みになっています。

つまり、通っても通わなくても、月毎に料金が発生するプランはおすすめできないということです。

ただし、同じ月額制という表記があっても、月毎でお金を支払っていくのではなくて、回数で購入してローンを組むというタイプもあります。

それなら問題ありません。

回数でカウントするので、キャンセルしても次回に振り替えることが可能。初めからキャンセルする可能性を考慮してプランを選ぶことが大切なんです。

また、キャンセル料が発生する条件についても確認する必要があります。

・キャンセル料は発生するのか
・キャンセルするとしたら、いつまでに連絡すれば良いのか
・キャンセル料はいくらなのか

多くの場合、2日~前日までに連絡すればキャンセル料はかかりませんが、当日や無断でのキャンセルだと、1,000~3,000円くらい支払うことになります。

1,000円くらいなら、まだ仕方ないかな…と思える部分はあるかもしれません。

ですが、脱毛ラボのように月毎に料金が発生する料金プランに至っては、その月の脱毛はできなくなってしまうので、かなり高いキャンセル料になってしまうので注意してください。

ちなみに、ミュゼやエピレ、レイビスでは特にキャンセル料は発生しません。

参考:【キャンセルしたい】脱毛サロンに通えない日Q&A

キャンセル待ちしやすい

mati0918
子育て中って前以て…の予定は立てにくいですが、突然ぽっかり時間が空くことは結構ありませんか?

そんな時に役立つのが、キャンセル待ちしやすい脱毛サロンです。

例えばミュゼの場合、空き情報を常に確認できるアプリがあります。これがあれば、誰かが当日キャンセルをしたら、すぐに分かります。

運が良ければ…になってしまいますが、こうしたサービスがあると嬉しいですよね。

通う回数を出来るだけ少なくする

毛周期の関係で、好きな頻度で脱毛できないことは皆さんご存じだと思います。

部位によって毛周期は異なるものの、2~3カ月に1回脱毛していくというのが一般的な流れです。

ですが、どの脱毛サロンもこれくらいの頻度で通うことになるというわけではなく、実はみんなバラバラです。

脱毛サロンコース名通う頻度1回の施術範囲
レイビス全身35ヶ所全パーツ脱毛月に2回2分の1
シースリー360°美肌脱毛3ヶ月に1回全身
キレイモ全身定額プラン月に1回2分の1
銀座カラー新・全身脱毛1ヶ月~3ヶ月に1回全身
脱毛ラボ月額制パック脱毛プラン(全身脱毛48箇所月に1回4分の1

ここではレイビスとシースリーを例にあげて説明していきます。

レイビスは月に2回とありますが、これは同じ部位を2回脱毛するという意味ではありません。

全身35ヶ所全パーツ脱毛プランの場合、1回の施術範囲は全体の4分の1。
つまり、2カ月かけて全身1周分の脱毛が完了するということなんです。

*4ヶ所プランと10ヶ所プランの場合は、1カ月に1回の来店で2分の1を脱毛します。

対して、シースリーは3カ月に1回となっていますよね。

シースリーでは1回の施術で全身を脱毛します。だから毛周期に合わせて3カ月に1回でOKなんです。

自分時間がなかなか取れない中で、月に2回も時間を割くよりは、シースリーのように1回でまとめて脱毛してもらえるほうが気軽に通えます。

また、来店する回数が少ないということは、混み具合も緩和されることに繋がりますから、予約が取りやすい環境だとも言えるでしょう。

近くにサロンがある&施術時間が短い

できるだけ早くお子さんの元に帰りたいということであれば、移動時間を極力短くするというのも大切です。

大手のサロンであれば、店舗数が多いですので、自宅近くにあるサロンからリサーチしてみましょう。

また、施術時間も重要です。

両わきなど、範囲が狭くて1部位だけ…ということであれば、施術時間は10分以内で済みますので、すぐに帰れますが、全身脱毛となるとやっぱりそれだけ施術時間が長くなるのが普通。

ですが、最新の脱毛機器を導入しているサロンであれば、全身であっても施術時間は短くなるので細かいですが、そういった点もチェックしておきましょう。

例えば…

・シースリー→最短で45分
・脱毛ラボ→60~90分
・キレイモ→90~120分

 

理想で言えば、別室に無料のキッズスペースがあって、ちゃんと見ててくれるスタッフ(保育士)がいる中で施術を受けたいですよね。

ですが、脱毛サロンは安さ重視の時代ですから予算を組むことがなかなか難しいでしょうし、何より安全面を配慮してのことだと思います。

子供連れOKな所を見つけたいということであれば、個人経営のサロンをあたってみるとか、施術を受けている間だけ預かってくれる有料の施設を探すという方法もありますが、それだと、費用面が高くついてしまいます。

やっぱりリーズナブルであることは大切ですから、子供連れはNGであっても、通いやすいサロンを見つけることが大切だと思います。

 

また、色々調べてみた結果、今は通うのは断念しようかな…という人も中にはいるでしょう。

それなら、家庭用脱毛器を活用するというのもおすすめです。

お子さんが触ってしまわないように、保管方法には注意しなくてはいけませんが、最近の家庭用脱毛器は本当に高性能なんです。

何より自宅にいながら好きなタイミングで脱毛できるのが嬉しいですよね。

参考:家庭用脱毛器を種類別に解説。特徴・効果・メリット&デメリットのまとめ


  関連記事