みんなの婚活レポート

みんなの婚活体験談を掲載しています。あなたの婚活サイト選びの参考にどうぞ。

【別れて後悔している人へ】ヨリを戻すためにできる事4個



別れようと思った時は、それ相応の理由があったし、この気持ちは絶対に揺るがないと確信していたはずなのに…。

別れた後、時間が経つにつれ後悔に念に駆られてしまう人は多いです。

離れてみて気づく事もたくさんありますから、絶対に後悔しない別れ方というのは非常に難しいでしょう。

ここでは、恋人と別れた事を後悔して前へ進めない…。そんな悩みを抱えている人に向けてお話していきます。

やっぱりヨリを戻したい!・・・の前に考えて欲しい事


別れた事を後悔した時、行動としては3通り考えられると思います。

ヨリを戻す/新たな出会いを探す/ひたすら耐える

後悔すると真っ先に思い浮かぶのは『今もお付き合いをしていたらどうなっていたかなぁ・・・』という事です。

頭の中では、過去の幸せな出来事ばかりを思い出し、それらを取り戻したい気持ちで一杯になっているでしょう。

ですが、ヨリを戻すのは簡単に選べない道です。

自分だけではなく、相手の幸せも考えてあげなくてはいけません。

相手は既に前を向いて歩いているかもしれませんし、もしもあなたが振った立場であれば、ヨリを戻そうとするのは相手の気持ちをかき乱す行為なのかもしれません。

もちろん、こうやって想像するだけでは相手の状況は分かりません。相手の幸せを願って身を引こうと自己完結したけど、実際は相手も復縁を望んでいた・・・という場合もありますから。

ヨリを戻したいと思った時、すぐに行動へ移すのではなく、考えてもらいたい事があります。

本当にやり直したいの?

ヨリを戻したいと思っても、その動機が相手の心をいたずらに振り回すようであってはいけません。

例えば、次のような動機であれば、それはヨリを戻すかどうかではなく、あなたが一人で乗り越えていくべき問題だと考えます。

例えば・・・

・相手が新たな恋人を見つけたから悔しくなった
・一人でいる寂しさに耐えられなくなった
・楽しかった思い出ばかりしか浮かんでこない
・新しい恋愛・出会い探しに挫折感を味わっている

相手の幸せを壊そうとしたり、自分の所有物かのように考えてしまったり、自分の都合で相手を振り回そうとしたり・・・と、そんな動機では仮にヨリを戻せたとしても、上手くいくわけがありません。

楽しい思い出は復縁の動機にしてはいけない?


上の項目の中でひとつだけ、ヨリを戻す動機としても成り立つものが”過去の思い出”です。

例えば、自分の気持ちを押し付け合って、否定し合って、ドロドロな感情を持ったまま別れたとします。

怒りに任せて別れたものの、時間が経つにつれ、あれはなかったな・・・と反省した時に、過去の幸せな思い出が浮かんできたりするものです。

離れてみないと気付けない事もありますから、こうしたケースであればヨリを戻す可能性も考えつつ、もう一度冷静に話し合う機会は持つべきでしょう。

ですが、いわゆる”思い出補正”の場合、思い出を復縁の動機にするのは考えものです。

人は誰しも、自分に不都合な記憶は心の奥底に隠して、思い出さないようにするところがあります。

思い出補正の場合、別れるに至った原因は顧みずに、楽しい思い出だけを頼りにヨリを戻そうとするので、同じ問題が起こってしまう可能性は非常に高いのです。

そうならないためには、直接的な別れの原因を振り返ってみたり、どんなケンカをしたか、相手の何が嫌だったか・・・等、恋愛関係を築く上で障害になった部分を挙げてみてください。

その上でヨリを戻したいのであれば、思いきってぶつかってみるのもアリです。

参考:復縁は奇跡が起きないと無理?復縁する前にチェックしたい心理状況

いざ復縁へ!あなたがやるべき事4個

①自分の気持ちを考える


上でお話したヨリを戻したいかどうかも含めて、自分自身の気持ちの整理をしていきましょう。もう一度やり直したいと思っていても、一旦は何もかもリセットするのがおすすめです。

連絡は取らない、お互いの家にある私物は処分するか返却する、相手の行動範囲には入らない等、完全に別々の人生を送ってみるのです。

ただし、拒否にあたるような行動はやってはいけません。向こうから連絡があれば最低限の返信はする、職場が同じなら仕事での付き合いは変わりなく続けてください。

SNSについては、お互いの行動がよく見えてしまうので、相手に断りを入れた上でブロックするのは必要かもしれません。

2~3ヶ月くらいはお互いがいない生活を送ってみて、自分の気持ちを再確認しましょう。特に振られた立場だった場合は、失恋の傷を癒すための時間も大切です。

ヨリを戻す上で大切なのは、相手の魅力や楽しかった思い出ではなく、嫌だった・辛かった部分を積極的に思い出す事です。

同じ理由で再び別れる事がないように、どう乗り越えていくか、寄り添っていくかを考えてみましょう。

別の可能性も考えて

あなたにとってヨリを戻すのは絶対に必要なのでしょうか。別れた今だからこそ、付き合う・付き合わないは関係なく、新たな出会いを楽しんでください。

ヨリを戻すほうに気持ちが傾いていたとしても、せっかくフリーになったのですから、柔軟な心で周囲を見渡してみてください。

新たな恋が芽生えるかもしれませんし、改めて元恋人以上の人はいないと認識するならそれはそれで自分の気持ちを再確認できます。

参考:「この人と付き合うかも…!」恋の予感を無視してはいけない理由

②相手の気持ちを考える


自分の気持ちを確認できたらすぐに行動に移すのではなく、次は相手の気持ちを考えてみてください。行動するのはこの次のステップです。

振った立場なら・・・

あなたは心の準備をした上で別れを切り出せますが、相手にとっては寝耳の水だったという場合、仕方なかったとは言え、ものすごく傷つけてしまったでしょう。

別れた当時、相手のショックが大きいほどに、あなたのヨリを戻そうという提案は混乱や動揺を与えてしまうものだと思ってください。

今度はそう簡単に関係を終わらせる事はできません。その覚悟で話し合える余地はあるのか相手の考えを聞いてみましょう。

すごく傷つけてしまったなら・・・

浮気や暴言など、明らかにあなたに非があって別れた場合、二度と同じ事が起こらないようにするためにはどうすべきかをよく考えてから、話し合いの場を持ってください。

どんな事情があったにせよ、あなたが取った行動や言動、態度の責任は、あなたにあります。あの時は仕方なかった・・・なんて自分に都合の良い言い訳は絶対に通用しません。

二度と傷つけないと固く誓うのはもちろんですが、もしも同じ事が起こってしまった時でもやるべき事はあります。

相手を傷つけてしまった時は、謝る・誤解を解く・説明する等、相手の傷の治りが少しでも早くなるような言葉をかけてあげてください。

それも責任の取り方のひとつです。

③行動する


一人の時間を過ごしてみた、自分の気持ちは確認した、相手の立場になって考えてもみた。その結果、ヨリを戻したいという事であれば、一日でも早く話し合いの場を持てるよう働きかけてください。

相手は次の恋愛に向けて動いている可能性がありますから、気持ちは決まっているのに躊躇するのは時間がもったいないです。

マイナビの調査によると、別れてから新しい恋人ができるまでの期間は、次のようになったそうです。

1位:1年(35.8%)
2位:半年(26.4%)
3位:3年以上(25.4%)
4位:3ヶ月(16.7%)
5位:2年(13.8%)

別れを経験した人の4人に1人は、半年以内に新恋人を見つけているというのは、結構早いと感じませんか?

出来るだけ早い段階で、話し合いの場を持ちましょう。

どうやって誘うのかについては、電話かメールで一度会って話さない?とシンプルに聞いてみてください。

ヨリを戻したいという話は直接会ってからのほうが誤解も少ないですし、真剣な気持ちを伝えやすいと思います。

④相手にも考える時間をあげる


話し合いは1回で済むとは限りません。

相手にとってはやり直そうという提案が予想外だった、既に新しい出会いを探すために動いていた、恋愛に興味なくなったという場合は、すぐに結論は出せないでしょう。

自分の気持ちを押し付けるような事はせず、話し合いの機会を何度も持ったり、時間をかけたりと気長に答えを待ってあげてください。

【注意】こんなアプローチは絶対にNG


ヨリを戻したい気持ちがあまりに強いと、いつの間にかとんでもない行動をしてしまうものです。誰にでもあり得る事ですから、気をつけてください。

SNSを逐一チェックする/相手の友達に接触して探る/病気や大事件を装って相手の気持ちを試す/辛い気持ちをひたすら訴える

悲劇の主人公になってしまっては、やり直せる可能性を自分で潰してしまっているようなものです。

誰にも取られたくない気持ちは分かりますが、ヨリを戻すために自分がやるべき事を考え、実践していくほうがずっと意味があります。

理想はキレイになったな、かっこよくなったな等、プラスの変化を見せる事です。

参考:復縁を考えた時に絶対にやってはいけない7つの行動

まとめ:後悔を感謝の気持ちへ変えていこう

別れた事を後悔すると、ヨリを戻せるものなら・・・と考えるのが普通ですが、新たな出会いの中でこの気持ちを消化する事もできます。

『もっと頑張れたはずなのに』『あの時こうしておけば・・・』という気持ちは、次の恋愛で実践できます。後悔の気持ちが強いほどに、同じ失敗を繰り返さないように言葉選びや態度に慎重になれます。

『元恋人には大切な事を学ばせてもらったなぁ・・・』と、後悔を感謝の気持ちに変えられたなら、もうあなたは大丈夫。

ヨリを戻すにしても、新たな出会いを探すにしても、きっとポジティブに進んでいけるでしょう。

参考:「失恋から立ち直りたい」なら3ヶ月待とう!やる気の出し方と忘れ方


  関連記事